株式会社Gunosyに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社Gunosyに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2012年設立。スマートフォンやタブレット向けに、新聞や雑誌などの記事を配信するアプリの開発や運営を主な事業としている。キュレーションアプリ「グノシー」は2016年に1,400万ダウンロードを突破した。「適切な人に適切な情報を届ける」ことを目標として、事業の展開を行っている。


1. Gunosyってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

「グノシー」や「ニュースパス」等の、情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリを開発・運営している企業

1-2 創業者と沿革

代表取締役 最高経営責任者(CEO)
福島 良典

東京大学大学院工学系研究科修了。大学院在学中に「Gunosy(グノシー)」のサービスを開発し、2012年11月に当社を創業、代表取締役に就任。2013年11月当社代表取締役最高経営責任者に就任。

グノシーのサービスは2011年、当時東大院生の福島、関喜史、吉田宏司らによって開発された。1年後の登録ユーザーは数万人、その6割が毎日利用していた。「ここまで日常的に使われるサービスはほかにないのではないか」。福島はある企業から内定を受けていたが、翌12年に法人化へ踏み切った。
自分はこれで成功するしかない、と思考が切り替わったという。もちろん周囲には止める者もいたが「他人の言うことは良い意味で信じない。正しいことを言う人ばかりだったら、この世の中はもっと成功しているはずだ。間違った考えをしている人のほうが多い」という大前提に立って決断した。

沿革 - 企業情報|株式会社Gunosy(グノシー)|情報を世界中の人に最適に届ける

http://gunosy.co.jp/corporate/history/

Gunosyは情報が増えつづける社会において、適切な人に適切な情報を届けることを目指しています。情報を適切に届けることで、ストレスなく自分の欲しい情報、コンテンツを楽しむことができる社会を実現します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー

出典:
http://gunosy.co.jp/corporate/

会社概要 - 企業情報|株式会社Gunosy(グノシー)|情報を世界中の人に最適に届ける

http://gunosy.co.jp/corporate/

Gunosyは情報が増えつづける社会において、適切な人に適切な情報を届けることを目指しています。情報を適切に届けることで、ストレスなく自分の欲しい情報、コンテンツを楽しむことができる社会を実現します。

グループ会社の情報

1-4 ビジョン・ミッション

企業理念
「情報を世界中の人に最適に届ける」

事業・戦略の概要:中長期のイメージ
 既存事業(「グノシー」、「ADNW」、「Game8」)に加え「ニュースパス」の
成長で高い成長を目指す
 将来の新たな収益の柱を構築すべく、海外展開を含む新規事業にも積極的に
資源配分(人材、資金)をしていく

2. Gunosyって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年5月期 45億9900万円(連結)
2015年5月期 31億6500万円(単体)
2014年5月期 3億5900万円(単体)

▲営業利益(損失)
2016年5月期 5億6200万円 (連結)
2015年5月期 1億9000万円(単体)
2014年5月期 △13億5800万円(単体)

▲当期純利益(純損失)
2016年5月期 6億500万円(連結)
2015年5月期 1億3600万円(単体)
2014年5月期 △13億9300万円(単体)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高
メディア事業 45億9981万1000円

(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

2-3 主力事業

グノシー

グノシーは情報キュレーションサービスです。
ネット上に存在する様々な情報を独自のアルゴリズムで収集し、評価付けを行い、ユーザーに届けます。

ニュースパス

ニュースパスは300媒体以上のニュースソースをベースに、新たに開発した情報解析・配信技術を用いて自動的に選定したニュースや情報をユーザーに届けます。



Gunosy Ads

Gunosy AdsはGunosy独自で所有する興味・関心クラスターデータを活用し、ターゲットユーザーへダイレクトにアプローチを行える広告です。情報を能動的に受取ろうとするユーザーを、関心に応じてセグメント入札できるため費用対効果の高い広告出稿が可能になります。

出典:
http://gunosy.co.jp/ad/

3. Gunosyの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 最高経営責任者(CEO)
福島 良典
昭和63年2月15日生
平成24年11月 当社設立 代表取締役(現任)

代表取締役 最高執行責任者(COO)
竹谷 祐哉
平成元年3月4日生
平成23年4月 グリー株式会社 入社
平成25年1月 当社 入社
平成25年8月 当社取締役
平成28年8月 当社代表取締役(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

持ち運べて、どこででもネットで世界とつながれるスマホは、革命的に人の生活を変えました。そこで情報を伝えるだけでなく、それ以外のこともできるようにするのは必然だと思っています。会社のミッションは、「情報を世界中の人に最適な形で届ける」です。メディアが伝えたいものではなく、ユーザーが欲しいものを最適な形で届けるにはどうしたらいいか。方法論として、アルゴリズムありき、「俺達はこういうメディアなんだ」ありきではなく、ユーザーがやりたくなることって環境によって変わるので、それに合わせて自分たちの目標も達成していくという考えです。(福島CEO)

今後のグノシーは、コンテンツを見て、何かしたくなった時にスムースにその後のアクションに移行できる、という「ライトなコンバージョン」を実現しようとしています。これは、ユーザーにとっての「なめらかさ」であると言い換えても良いかもしれません。ニュース以外のコンテンツも入口としつつ、余計なことを意識することなく、ユーザー体験が先に進んでいくことを大切にしていくつもりです。 (竹谷COO)

4. Gunosyではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結98人 単体95人(平成28年5月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均31.4歳(平成28年5月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均1.3年(平成28年5月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均685万5000円(平成28年5月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

開発本部 データ分析エンジニア
8年間システムインテグレータの技術部に勤務。仮想化環境の運用構築からWebサービスの開発まで多様な業務を経験。現在はデータ分析部にてログ基盤の整備、記事配信アルゴリズムの改善、データ分析業務を担当

Gunosyには、常識を覆すほどのスピード、変化、自由さがあります。施策立案からプロダクションリリースまでのスピード感、効果的で便利なWebサービスの活用、ソファやバランスボールで開発できる快適な環境など、上げると枚挙に暇がありません。

2013年当社入社
マーケティング本部 プロモーションプランナー
メディアリレーション担当を経て、現在はグノシーのプロモーションを担当

とにかくスピードが早く、ロジカル、かつエネルギーにあふれたメンバーで、毎日経験・知識をフルに吸収できる環境です!「情報を世界中の人に最適に届ける」のコーポレートミッション通り自分たちのプロダクトをたくさんの人に使ってもらいたい、という強い気持ちで皆がんばっています。

2014年当社入社
コーポレート本部 経営企画・経理

事業投資・ベンチャーキャピタル投資関連業務を中心に、経理・シンガポール法人のコーポレート業務・管理会計等、様々な業務に従事。

今後、社内外の環境が急激に変化していく中、そのような状況を楽しみ、自分自身も変わっていけるように働きたいと思っています。事業の成長を支え、促進することができる会社づくりをしていきたいです。
会社規模もまだまだ小さく、個々の裁量が大きい中、事業・会社の変化を感じながら仕事をすることができる希少な機会だと思います。

 

5. Gunosyの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

Gunosyでは、枠や形式にとらわれない、開かれた通年採用の形をとっています。

自分たちがそうであったように、新卒一括採用慣行にのらずスタートアップに果敢にチャレンジした若者、大学に行かず独自のサービスを創っている方、大企業からの転職者、そんな異なる個性を持った方々と、別け隔てなく、いつでもお会いしたいと考えています。

年齢、性別、人種、言語、様々な違いを超えて、多様な皆さんをチームにお迎えし、切磋琢磨しながら仕事に打ち込める組織を創っていきたいと考えています。

5-2 育成に関する方針・施策

新技術の研究、社外での新しい試み、社内外向けの勉強会の開催や、各々の好きな開発を行う"lunch hack"のような社内イベントも積極的に実施し、エンジニアが自発的に研究・発表を行っています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■メンバーの成長を支援する評価制度
Gunosyの人事評価は、「成果」と「行動」の2つの軸で実施。業績に対して定量化できる貢献(「成果」による評価)、中長期的なGunosyの文化や組織づくりへの貢献(「行動」による評価)、どちらもGunosyにとって重要な貢献であると考えているため、そのバランスは50:50としています。また、評価は4半期に一度、昇給・昇進は年二回という早いペースで実施し、スピーディな成長を支援する制度を整備しています。

6. Gunosy出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

木村新司 AnyPay創業者兼代表取締役
東京大学理学部物理学科卒業。ドリームインキュベータ、シリウステクノロジーズ取締役を経て、2007年にアトランティスを創業。2011年に同社をグリーに売却後、投資家としてGunosy創業に関与、共同最高経営責任者(CEO)を務める。同社上場(2015年4月)。Gunosy 共同最高経営責任者(CEO)退任後、個人投資家として、数十社のスタートアップ・ベンチャーに投資。2016年6月にAnyPayを設立。創業者兼代表取締役に就任

7. Gunosyの福利厚生は?

■安心して仕事に打ち込むために
Gunosyの健康診断・人間ドック制度は国内でも他に例を見ないような充実したものになっています。国内最高レベルの医療機関で、様々な病気に対して予防と早期発見に最善を尽くす内容です。これは、普段から安心して仕事に打ち込み、仕事によって各自が人生の達成感を得られるように、年に一度、しっかりと自身のからだと健康に向き合い、長期的に一緒に働きたいというGunosyの願いの表れです。

【待遇・福利厚生】
■賞与:年2回
■昇給:年2回
■手当:交通費支給(上限10万円)
■社会保険:関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険
■その他:慶弔見舞金制度、MVP表彰制度、ESOP

8. Gunosyの中途採用は?

採用情報|株式会社Gunosy(グノシー)|情報を世界中の人に最適に届ける

http://gunosy.co.jp/recruit/

Gunosyは情報が増え続ける社会において、適切な人に適切な情報を届けることを目指しています。情報を適切に届けることで、ストレスなく自分の欲しい情報、コンテンツを楽しむことができる社会を実現します。

 
 

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【キャリコネ+Voxer】株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリコネ+Voxer】株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ転職求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


最新の投稿


サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く不動産会社。ビルオーナーや資産家などが所有する不動産の仲介・管理・賃貸・売買等をワンストップで行うことに特化し、事業展開を行っている。2015年度売上高は306億円を超えており5期連続で増収。主力の不動産再生事業は268億円を超え、売上高の約80%を占めている。


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


wiget_w300 wiget_w300