【平均年収1616万円】株式会社ストライクに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1616万円】株式会社ストライクに転職するなら知っておきたい情報まとめ

公認会計士や税理士が主体となって、中小企業を中心にM&Aのマッチングを行う会社。インターネット上における日本初のM&A市場「SMART」を開始するなど、マッチングの効率化と可能性の幅を広げることに貢献してきた。後継者不在、民事再生案件などのサポート事業も行う。2017年6月23日にマザーズから東証一部へ市場変更。


1. ストライクってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

公認会計士が主体となって設立した”M&A専門”の会社

1-2 創業者と沿革

荒井 邦彦(あらい くにひこ)
1970年生まれ、千葉県出身。一橋大学商学部卒業。
1993年、公認会計士2次試験合格。同年、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所。株式公開支援、デューデリジェンスなどの業務を経験。
1997年、株式会社ストライクを設立、現在に至る。

出典:
http://www.tac-school.co.jp/netnews/kaikeijin/kaikeijin_156.html

株式会社ストライクは、M&A仲介会社。新日本監査法人出身の公認会計士であった荒井邦彦によって1997年に設立された日本のコンサルティング会社。

会社概要|沿革|株式会社ストライク

http://www.strike.co.jp/corporate/outline/index.html

ストライクの会社概要。M&A(合併と買収)の実務に精通した公認会計士が主体のストライク。日本初のM&A探索サービス「M&A市場SMART」を運営。事業承継や後継者不在の解決策である友好的M&Aも実績多数。全国対応。無料相談実施中。【東証マザーズ上場】

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都千代田区大手町一丁目9-2 
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ18階

営業拠点一覧|企業情報|株式会社ストライク

http://www.strike.co.jp/corporate/outline/list.html

ストライクの営業所一覧。M&A(合併と買収)の実務に精通した公認会計士が主体のストライク。日本初のM&A探索サービス「M&A市場SMART」を運営。事業承継や後継者不在の解決策である友好的M&Aも実績多数。全国対応。無料相談実施中。【東証マザーズ上場】

1-4 ビジョン・ミッション

企業理念「人を創り、人に尽くす」

中・長期成長イメージ
事業承継M&A市場での一層のシェア増大を図るとともに、新規分野の案件も積極的に開拓、M&A仲介市場でのリーダーを目指す

2. ストライクって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年8月期 20億600万円
2015年8月期 14億2300万円
2014年8月期 5億9000万円

▲営業利益
2016年8月期 7億9600万円
2015年8月期 5億4500万円
2014年8月期 9000万円

▲当期純利益
2016年8月期 5億1000万円
2015年8月期 3億2900万円
2014年8月期  8100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲M&A成約組数の推移
2016年8月期 48件
2015年8月期 42件
2014年8月期 26件
2013年8月期 29件
2012年8月期 20件

2-3 主力事業

企業の合併と買収というと、主に大企業同士の無味乾燥なニュースとしてとらわれがちです。
しかし現在、M&Aを経営戦略の中核に位置付ける経営者が増えています。
その理由は、M&Aがさまざまな企業の経営課題の解決策になりえるからです。
たとえば、「後継者がいない」「ビジネス環境の変化に対応したい」「事業を拡大したい」といった悩みや要望に対して、M&Aは有効なソリューションを提案・実現します。

経営課題を一挙解決 後継者不在を解消したい
・会社を次の世代へバトンタッチ。
現在、経営者が高齢になりながら後継者がいないという状況に直面している企業が増えています。この課題の抜本的な解決策として、M&Aは最善の方法です。次の経営を引き継ぐ企業を探し出すことに成功すれば、株式を譲渡して、借入金の連帯保証も解消され、そして次の経営を委ねることができるのです。
M&Aによって会社が次の世代へと承継されることで、さらなる発展も期待でき、そして希望が持てるようになります。M&Aを実行された経営者は「肩の荷が下りてホッとした」と言いながら幸せなリタイア生活を迎えられています。

・資本提携をテコにしてステップアップ。
ベンチャー企業の中には「新しいアイデアでビジョンを具現化したい。しかし、自社単独では経営資源が足りない」、「一度軌道に乗った事業を成長させるために別な経営者にバトンタッチしたい」と考える経営者も少なくありません。
会社を次のステージに引き上げるために必要なのは資金や多様な人材、経営ノウハウです。M&Aはそれらを効率的に結び付けます。短期間のうちに会社を成長させ、社会的な価値を向上させ、次の夢の活力を得られるようにするための最適な答えがまさにM&Aだと言えます。

3. ストライクの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役
荒井 邦彦

1970年 千葉県生まれ
一橋大学商学部卒
1993年 太田昭和監査法人(現新日本監査法人)入社。財務デューディリジェンス、株式公開の支援などの業務を経験。
1998年 当社設立、現在に至る。
公認会計士・税理士

3-2 発言、ブログ、エピソード

学生の頃から、いずれ自分で会社を起こそうと考えていました。読み書きソロバンという言葉がありますが、事業を起こす前にまずソロバンのことをしっかりマスターしておこうと、会計士からキャリアをスタートしました。
当時私が担当させていただいていた企業の中に、M&Aを行う企業があったのですが、そこでその企業が行っていくM&Aの大きな取引を目の当たりにすることになりました。売った側と買った側の双方が大きく変化を遂げて行く過程を間近で見て、これほどダイナミックな仕事があるのかと、私自身強くM&Aに惹きつけられたことが、ストライクの原点になっています。

「M&Aは何かを手に入れるための手段であって、目的ではありません。M&Aを通じて譲渡企業のオーナーにはすばらしい第二の人生を、買収企業には会社の将来を提供していくことが、私たちM&A仲介会社の役割だと思っています。」

4. ストライクではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 34人 (平成28年8月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 34.9歳 (平成28年8月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.6年 (平成28年8月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 1616万2000円 (平成28年8月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません

 

5. ストライクの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

ストライクで働く上で、なによりも大事なことは、人の役に立つ、人にいい未来を提供できるM&Aを作っていくという信念です。技能や能力があるのはもちろんのことですが、まずこの信念の部分が理解でき、そうしていきたいという共感を持てるということが大前提になります。

5-2 育成に関する方針・施策

入社後は、先輩の指導を受けながら仕事の一連の流れを身に着けます。

・M&Aのニーズを持つ企業から依頼を受ける「受託」
・M&Aの相手先をみつけ交渉をする「マッチング」
・交渉が妥結し契約を実行する「クロージング」

が大きな流れです。この流れを何度か経験した後、一人で業務を推進していきます。
仕事の基礎はレクチャーしますが、強い当事者意識を持って行動する人ほど早く一人前になれます。
また、会計・税務、バリュエーションやストラクチャーの組成の知識については公認会計士の資格を持つ先輩社員が丁寧に指導してくれます。専門的なことであってもすぐに質問できるのも、当社ならではのことです

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

新卒:年俸 350万円+成果報酬
中途:年俸 400万円~800万円(前職考慮いたします)+成果報酬
※成果報酬に上限はありません
交通費全額支給
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

6. ストライク出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

竹内 寛暁(たけうち ひろあき)
株式会社MAパートナーズ 代表取締役
1971年 富山県生まれ
1994年 横浜国立大学経済学部卒業
1994年 株式会社北陸銀行に入行
1998年 流通業界に特化した独立系M&Aコンサルティング会社にて、M&A仲介業務の経験を積む。
2000年 公認会計士と共にインターネットを活用した中小企業のM&A仲介会社(株式会社ストライク 現東証マザーズ上場)を立ち上げ、取締役企業提携部長として、2009年までの10年間で50件超のM&Aを成約に導く。
2009年 当社設立 調剤薬局業界、介護業界を中心にM&A仲介業務を開始。
2011年 国による事業引継ぎ支援事業に参画(東京都事業引継ぎ支援センター開設から現在まで中小企業の事業承継、M&Aのアドバイスを行なう(非常勤))

7. ストライクの福利厚生は?

■賞与年2回
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費全額支給

8. ストライクの中途採用は?

採用情報|M&A仲介とM&A市場SMART運営のストライク

http://www.strike.co.jp/recruitment/recruit.html

ストライクの採用情報。募集要項や仕事内容を紹介。M&A(合併と買収)の実務に精通した公認会計士が主体のストライク。日本初のM&A探索サービス「M&A市場SMART」を運営。事業承継や後継者不在の解決策である友好的M&Aも実績多数。【東証マザーズ上場】

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


NCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2016年4月1日に日本コンベヤ株式会社を株式移転完全子会社とする単独株式移転の方法により、NCホールディングス株式会社となる。「コンベヤ事業」「立体駐車装置事業」「システム開発事業」を中心とした多角的事業を展開。主力の立体駐車装置事業では六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなど有名施設にも導入されている。


株式会社丸山製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社丸山製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

丸山製作所は消火器、噴霧器等の製造を主力事業とするメーカー。本社所在地は東京都千代田区。創業120年を超える歴史を有する。特に農業用噴霧器では国内トップクラスのシェアを誇り、また100ヶ国以上に製品を輸出するなど海外展開にも積極的である。


信越ポリマー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

信越ポリマー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1960年創業の、プラスチック製品の製造・加工及び販売を行う会社。近年では情報デバイスや半導体、シリコンゴム成型等その事業範囲を大きく拡大している。中でも、ガラスのようなシリコン製のカップ「shupua」は各種メディアで注目を集め話題となった。


OATアグリオ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OATアグリオ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OATアグリオは、「防除技術」「施肥灌水技術」「バイオスティミュラント」という3つの食糧増産技術に注力し、農薬・肥料の研究開発、製造、販売を行う会社。2010年に大塚化学株式会社からMBOにより分離独立した。また、殺虫剤などを海外へ向けて販売し、東南アジアや欧米各国のパートナー会社と開発の関係強化を行っている。


リケンテクノス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リケンテクノス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

食品ラップを始めとして様々な分野で商品を産みだしている製造メーカー。表面を細かく研磨する為のコンパウンドは、ボールペンや車のシフトレバー、家屋の建築時にまで幅広く使用されている。他にも冷蔵庫やPC等で使用するフィルムや、医療機器分野でのバッグ用ゴム栓・透明チューブ等、幅広い分野で事業を展開している。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300