リネットジャパングループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リネットジャパングループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

インターネットを介したリユース、リサイクルをグループ事業としている。幅広いリユース商品を扱うNETOFFと、小型家電リサイクルの回収を行うReNet.jpの2つのサービスをインターネット展開している。リユース商品の豊富な在庫数は100万点にも上り、全国エリア対象で小型家電リサイクル法の認定を受けた初の事業者でもある。


1. リネットジャパングループってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

宅配便を活用した「宅配買取」のプラットフォームを確立したパイオニア企業

1-2 創業者と沿革

創業者
黒田 武志
現 代表取締役社長 
1965年大阪府生まれ。1989年トヨタ自動車(株)に入社し、国内・海外のアフターマーケット部門の企画業務に従事。1998年同社を退社後、ブックオフコーポレーション(株)の起業家支援制度の第1号として(株)ブックオフウェーブを設立。2000年には(株)イーブックオフを設立し、2005年にネットオフ(株)に社名変更する。2013年リネットジャパン(株)を設立し、ネットリサイクル事業を開始。「宅配リサイクルで世界を変える会社」を目指し、世界に類を見ないユニークなビジネスモデルを日々進化させている。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
愛知県大府市一屋町三丁目45番地

http://corp.renet.jp/company/outline.html

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念 philosophy

ビジネスを通じて「偉大な作品」を創る

「偉大な作品」とは、収益を稼ぐ本業のビジネスの中に社会貢献を組み込んだ
志の高い仕組みの事で、後世に永く受け継がれていくもの。

ビジネスすることが、社会貢献につながり、また、社会貢献することで本業も後押しされ、相互に支え合う関係で事業を発展させていく。

企業ビジョン vision

5年後、10年後に日本の津々浦々の家庭で、不要な物を捨てるのではなく、自宅で箱詰めして、宅配便でリユース、リサイクルされる。
そんな世の中を実現したい。
そして、アメリカやヨーロッパからではなく、日本人の「もったいない」精神が活きた日本オリジナルのサービスとして、世界の循環型社会の構築を牽引したい。

我々は、「宅配リサイクル」で、泥臭く、世界を変えていく。

2. リネットジャパングループって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
第17期(平成28年9月期) 37億2933万円
第16期(平成27年9月期) 32億2628万1000円
第15期(平成26年9月期) 30億3985万3000円

▲経常利益(連結)
第17期(平成28年9月期) 1億7175万9000円
第16期(平成27年9月期) 1億715万7000円
第15期(平成26年9月期) 1億28万3000円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
第17期(平成28年9月期) 1億4927万円
第16期(平成27年9月期) 9580万円
第15期(平成26年9月期) 9605万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業セグメント別売上高(2016年9月期)
 ネットリユース事業 35億400万円
 ネットリサイクル事業 2億2500万円

2-3 主力事業

会社紹介の動画

ネットリユース事業「NET OFF」
当事業は、NETOFFブランドで自社サイトを開設し、ユーザーよりインターネットを通じて買取の申し込みを受け付け、対象商品を宅配便で集荷後、査定額を指定口座に支払う宅配買取と、自社で運営するインターネット中古書店やAmazon等の提携会社を通じてインターネット販売を行う、インターネットに特化した非対面・非リアルの宅配買取・販売サービスを提供しております。

ネットリユース事業「宅オク」
ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスなど宅配オークション代行なら『宅オク』

ネットリサイクル事業「Re Net」
当社連結子会社のリネットジャパン株式会社が、平成26年1月23日に全国エリアを対象とする小型家電リサイクル法の認定事業者となり、同年7月からユーザーからのインターネット申込により、直接、不用となった使用済のパソコン、携帯電話、その他小型家電を有償で宅配回収するサービスを提供しています。

3. リネットジャパングループの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
黒田 武志
昭和40年11月5日生
平成元年4月 トヨタ自動車株式会社入社
平成10年4月 株式会社ブックオフウェーブ 代表取締役社長
平成12年7月 当社設立 代表取締役社長(現任)
平成20年7月 株式会社ブックチャンス設立 代表取締役社長
平成23年12月 株式会社ネットオフ・ソーシャル設立 代表取締役社長(現任)
平成25年3月 リネットジャパン株式会社設立 代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

やがて日本が世界を牽引するリサイクル先進国となったときに、私たちが普及させたからだと言われるような存在になりたい。そう強く願ってきました。

--00年に宅配便を利用して中古本を買い取り、インターネットで販売する中古書店を起業しました。

 ◆利用者がネットで買い取りを申し込むと、箱詰めした古本を宅配業者が自宅まで取りに来てくれます。買い取った分のお金は後日、指定口座に振り込まれるため、利用者は店に足を運ぶ必要がありません。古本やCDだけでなく、09年以降は服や貴金属なども買い取り対象に加え、会員数は現在、約242万人に増えました。

 創業期はITバブルの全盛期でしたが、「株価や収益を上げることだけが成功なのか」と常に感じていました。そこで、買い取り金の一部を利用者が寄付できる制度を設けました。活動資金の調達に苦労しているNPOを支援するのが狙いです。今では利用者の10人に1人が寄付に協力してくれています。

4. リネットジャパングループではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 59名
単体 59名(平成28年9月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 39.4歳(平成28年9月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.6年(平成28年9月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 408万1000円(平成28年9月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

眞弓 啓
WEB サービス部 マネージャー

当社のネットリユース事業「ネットオフ」は、自社のEC サイト上で本やCD、DVDなどの宅配買取と販売を行っています。私は、WEB サービス部のWEB エンジニアとしてサイトの企画・開発を担当しています。サイトに訪問いただいたお客様に、ネットオフなら「なんでも揃っている」「使いやすくて便利」「またサイト来たい」と、満足してもらえるそんなサイト創りを常に心がけています。

メイン業務は、企画セクションや商品担当バイヤーの「あれをやりたい!これをやってみたい!」というアイデアや企画を、具体的にWEB サイト上で表現することです。

森野 洋
リユース事業部 主任

私はコミックとDVD のバイヤーとして、ネットオフのサイト上で商品の買取価格と販売価格の設定を行っています。ネットオフでは年間2000 万点以上の買取を行い、常時50 万タイトル、在庫数100 万点以上を抱えているので、一つひとつの商品を見て価格を決める事は困難です。価格は主に商品の発売日や過去の売り上げデータに従って自社オリジナルのシステムを活用しています。しかし、新商品や最近の話題作等は、様々な角度からマーケットをウオッチし、最適な価格を一点毎に私が判断し決めています。
この場合、買取価格と販売価格はマーケットでどれくらい流通しているかという指標で決まります。在庫が「溢れないかつ切らさない」範囲内で回転させる事が重要です。

 

5. リネットジャパングループの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

「インターネットによるリサイクル・リユース事業を任せられる人だけでなく、海外事業に興味がある人にも会いたい」と 黒田社長。

熱い思いを持った方
どのようなことでも、責任を持って前向きに遂行しようと努力する方
論理的思考で物事を考えられる方
仕事が好きな人、楽しいと思っている方

リネットジャパングループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウェブサイトなどを参照してください

5-2 育成に関する方針・施策

ジョブローテーションで様々な職種を体験できる
教育制度 OJT(社内の基本的な業務は、現場に入り取得していきます。)

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

実力主義の給与体系・評価制度を導入
昇給 年1回(10月)
賞与 年2回(4月、10月)

6. リネットジャパングループ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

磯貝 剛成
とうふプロジェクトジャパン株式会社 代表取締役

日本豆腐マイスター協会 代表理事・とうふプロジェクトジャパン(株) 代表取締役。NTTやインターネット通販のベンチャーなどで長年キャリアを積み、2009年に独立して現職。一般財団法人全国豆腐連合会・賛助会員として、情報発信を 請負う。その他にも豆腐フェア事務局、一般社団法人豆腐機械工業会の理事、NPO法人だいずきっず幹事、日本地豆腐倶楽部事務局など豆腐業界内の幅広い組 織をサポートしている。

7. リネットジャパングループの福利厚生は?

社会保険完備、従業員持株会制度、前払退職金制度、社内表彰制度
時短勤務制度あり、産休・育児休暇取得実績あり

8. リネットジャパングループの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東証マザーズ 愛知県 小売

関連する投稿


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ドン・キホーテホールディングス傘下の総合不動産会社。主にドン・キホーテの商業施設の不動産賃貸・不動産管理を事業としている。全国各地に保有する商業施設の賃貸からビル管理・運営、保守・メンテナンスまでワンストップサービスを提供。その他事業として、エネルギーの効率化によるコスト削減のコンサルティングサービスも手がける。


最新の投稿


サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く不動産会社。ビルオーナーや資産家などが所有する不動産の仲介・管理・賃貸・売買等をワンストップで行うことに特化し、事業展開を行っている。2015年度売上高は306億円を超えており5期連続で増収。主力の不動産再生事業は268億円を超え、売上高の約80%を占めている。


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


wiget_w300 wiget_w300