【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

社員の自殺が労災認定され、社会問題となった株式会社電通。2017年1月に就任した山本敏博社長は「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げたが、その影響で新たな採用が増えているという噂は本当なのか。現役の電通社員に内情を聞いた。


久しぶりに正社員の大規模な中途採用を行った電通

社員の自殺問題を受けて、会社は2017年1月、久々に正社員の大規模な中途採用を行ったようです。といっても基本的にスタートは契約社員採用で、そのうち正社員に上がれるのは5%程度の狭き門と言われています。

契約社員の中途採用は、これまでも毎月定期的にやってきましたが、正社員への可能性がある中途採用は10年以上ぶりだったのではないでしょうか。残念ながら締め切りは過ぎていますが、電通の正社員になりたい人には大きなチャンスだったと思います。

「電通は14日、労働環境の改善に70億円を投じると発表した。(中略)人員増強はすでに緊急対策として200人以上の採用を決めている。その上で恒常的な人員増に向けた採用も進める。一部の業務の機械化などにも資金を投じる」(2017年2月14日付け日経新聞)

クリエイティブ職以外の契約社員であれば、業界経験者はもちろんのこと、業界未経験者でも求められるスキルさえあれば、割りと入りやすいと思います。スキルは、例えば語学力や担当予定のクライアントに関する知見、メディア知識などです。

しかし通常は、契約社員は正社員に上がれない可能性が高く、最長でも5年契約なので、働き盛りの30代にはあまり人気がありません。また、期間満了前に辞めるときには、たいてい代わりの人を紹介するように言われるようです。

ストプラ職ではコンサル会社の経験が有利に働く

コンサル会社からの転職を成功させた人のネット書き込みが話題になっているようですが、確かにマーケティング職やクリエイティブ職(ただしストラテジックプランナー職に限る)では、コンサルタント職の経験が有利になるかもしれません。

ただし、そもそも電通はマーケティング系が他社に比べてあまり強くなく、外注が多く社内の人数が限られているので、あまり中途入社の方には出会わないのが正直なところです。その他の部署では、コンサル会社出身が有利という印象は受けないです。

私がよく局内で聞くのは「地頭がいい、体力とやる気がある人が欲しい」ということで、そのイメージに当てはまる人たちが入ってきている気がします。

局長になれず年収1500万円に達しない50代も

年収の上がり方については、30代前半までは商社含め日系企業の同世代の平均年収よりは高いと思います。ただしネットの書き込みに「たぶん局長でも1500(万円)くらい」とある件については、局によってかなり異なるので信憑性は何ともいえません。

実際、同期の部署の局長は2000万円以上もらっていることは確実のようです。とはいえ役職がメーカーなどに比べて少ないことは確かで、局長にならないと1500万円に届かない50代もいるらしいので、伸び率は微妙かもしれません。

プロパー(新卒入社)と中途採用では、年収の上がり具合が違うと聞きます。また、昨年までは残業代は月100時間オーバーしようと、平社員なら申請した分の全額が支払われていたので、職位ではないところで年収が上がったり下がったりする会社です。しかし最近では残業規制が厳しいので、これも意味のない話になってしまいました。

ネームバリューのある会社からの転職は有利

職種別に見ると営業局やメディア系、デジタル系、エンタメ系の部署は、クリエイティブ系と比べて比較的中途入社しやすいと思います。クリエイティブ職は仕事の外注化が増えている中で、新卒を含めた採用がどんどん減っています。

バックヤードは契約社員でまかなっている部分が多く、人の入れ替わりが激しいです。応募資格も幅広く、特に営業に関しては業界未経験者でも何かしら過去の実績があれば入れる可能性は充分にあります。その実績は仕事だけでなく、プロアスリートなどの経歴が評価される場合もあります。

転職者はやはり業界経験者が多く、外資系や他の日系の広告代理店からの人が多いです。媒体系やエンタメ系は同業者に加え、媒体やエンタメ会社の出身者がほとんどです。

なお、契約社員の採用であれば部長や局長など現場レベルだけで決まるので、ネームバリューのある会社であることも重要です。規模の小さな広告代理店経験者よりも、募集枠のクライアントの業界にいた広告業界未経験者の方が確実に有利といえるでしょう。

ラグビーW杯と東京五輪に向け「転職エージェント」に非公開求人も

――以上、現役の電通社員に内情を聞きました。

電通のコーポレートサイトを見ると、「労働環境の改革」を前提としつつ、2019年の「ラグビーワールドカップ日本大会」および2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、スポーツビジネス要員の契約社員を募集しているようです。

 

なお、応募者の質向上や極秘プロジェクトの人材確保を目的として、転職エージェントにのみ「非公開求人」の情報が提供されている場合があります。

大手人材紹介サービスの「リクルートエージェント」や「PASONA(パソナ)」「マイナビエージェント」や「DODA(デューダ)」に登録すると、希望に合った非公開求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえることがあります。

キャリコネがおすすめする、信頼の大手人材紹介サービス4社

https://careerconnection.jp/consultant/agent.html?utm_source=tenshock&utm_medium=2186&utm_campaign=body&utm_content=link_8-4&dmai=TEN

信頼の大手人材紹介サービス会社「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「PASONA(パソナ)」や「DODA(デューダ)」に登録

DODAの「合格診断」は、転職人気企業ランキングの上位300社のうち、現在求人募集中の企業から合格可能性のある転職先候補を診断し、メールでお知らせしてくれるサービスです。

電通は総合ランキング32位でかなり人気が高いですが、未経験者のアカウント・エグゼクティブ(法人営業職)の求人もありますので、今「受かる」可能性があるのかどうか事前に診断してもらえます。診断によっては、自分が思いもよらなかった企業との出会いが得られるチャンスもあるようです。

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


電通 転職 残業 裁判

関連する投稿


新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

明らかに労働基準法に違反しているのに、「どこの会社でも同じだよ」「この程度でブラックなんて言ってたら成り立つ会社はない」なんて話をよく聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか?


面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接慣れをしてくると「人間なんて5分で分かるよ」と言いたくなる気持ちも分かります。しかし、それはやっぱり思い上がりなのではないのでしょうか。入社後に成果を上げる「良い人材」の定義もままならないようです。



ブラック企業を辞めて転職したいけど「退職したい」と切り出せない! どうしたらいい?

ブラック企業を辞めて転職したいけど「退職したい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


神奈川県の正社員で「月給16.5万円」 これって本当に「最低賃金」を上回っていますか?

神奈川県の正社員で「月給16.5万円」 これって本当に「最低賃金」を上回っていますか?

2017年10月に各地の最低賃金が改定されました。各地で最低賃金が引き上げられており、東京は932円から958円へ、神奈川県は930円から956円となっています。これを下回る水準の給与は違法となりますので、経営者や担当者はもちろん、正社員の方もいちど確認しておいた方がいいかもしれません。


最新の投稿


新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

明らかに労働基準法に違反しているのに、「どこの会社でも同じだよ」「この程度でブラックなんて言ってたら成り立つ会社はない」なんて話をよく聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか?


【SI業界研究】大塚商会・野村総研・伊藤忠テクノソリューションズ比較――就職・転職するならどの会社?

【SI業界研究】大塚商会・野村総研・伊藤忠テクノソリューションズ比較――就職・転職するならどの会社?

情報システムの構築から運用までをサポートするのが「システムインタグレーター」(SI、SIer)と呼ばれるIT企業です。今回は大塚商会と野村総研、伊藤忠テクノソリューションズの大手3社のタイプを整理してみます。SI業界への就職・転職に役立てば幸いです。


面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接慣れをしてくると「人間なんて5分で分かるよ」と言いたくなる気持ちも分かります。しかし、それはやっぱり思い上がりなのではないのでしょうか。入社後に成果を上げる「良い人材」の定義もままならないようです。


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の給与・年収はどれくらいなのか?【求人・転職サイトを渡り歩いて調べてみました】

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の給与・年収はどれくらいなのか?【求人・転職サイトを渡り歩いて調べてみました】

日本最大級のファッションショッピングサイトZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイ。国内の人気ブランドを扱い、送料や支払い方法では攻めの姿勢でサービスを充実させてきました。そんな同社で働いてみたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、信用度が高い転職・求人サイトや口コミの情報をまとめてみます


DeNAの給与・年収はどれくらいなのか?【転職・求人サイトを渡り歩いて調べてみました】

DeNAの給与・年収はどれくらいなのか?【転職・求人サイトを渡り歩いて調べてみました】

オークションサイトから始まり今ではモバイルゲームが主力の株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)。フリマ、自動運転やAI、ヘルスケア、球団運営など多角的な事業展開に乗り出し、ますます存在感を高める同社。働きたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、転職・求人サイトや口コミの情報から調べてみました。


wiget_w300 wiget_w300