株式会社総医研ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社総医研ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

臨床研究支援を行う(株)総合医科学研究所や「イミダペプチド」を販売する日本予防医薬(株)などを傘下に持つ純粋持株会社である。バイオマーカー技術によるエビデンスに基づいた事業を展開しているのが特徴。医薬品、化粧品、食品など、さまざまな分野でサービスや商品を提供している。


1. 総医研ホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

医科学の研究成果を事業化し、人々の健康で安全な生活の実現に寄与する

1-2 創業者と沿革

創業者
梶本 修身

大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授
大阪大学大学院医学研究科卒業。医学博士・医師
産官学連携「疲労定量化および抗疲労食薬開発プロジェクト」(2003~、研究予算16億円)統括責任者

当社グループは、平成6年7月に当社取締役梶本修身が、バイオマーカーの開発およびそれを用いた生体評価システムの確立を通して、新規医薬品及び機能性食品等の研究開発に貢献することを目的に設立した大阪大学発バイオベンチャー企業であります。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
大阪府豊中市新千里東町1丁目4番2号
千里ライフサイエンスセンター13階

出典:
http://www.soiken.com/company/history/

グループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念

当社グループは、大学発のバイオマーカー技術に基づく「エビデンス」を
様々な領域で構築、活用することにより、人々の健康で安全な暮らしを実現し、
医療費の抑制や生活快適性の向上等に貢献することを目指します。

2. 総医研ホールディングスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年6月期 32億1300万円
2015年6月期 25億4800万円
2014年6月期 23億4200万円

▲営業利益
2016年6月期 1億8200万円
2015年6月期 △900万円
2014年6月期 2700万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年6月期 4600万円
2015年6月期 △500万円
2014年6月期 2600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年6月期)
評価試験事業 1億8900万円
医薬臨床研究支援事業 4億3600万円
ヘルスケアサポート事業 1億6800万円
化粧品事業 12億5000万円
マーケティング事業 500万円
健康補助食品事業 11億6000万円 

2-3 主力事業

化粧品事業
化粧品事業を行う株式会社ビービーラボラトリーズは、プラセンタを主力成分とする機能性を重視した化粧品の開発および販売を行っております。

健康補助食品事業
健康補助食品事業を行う日本予防医薬株式会社は、疲労プロジェクトから生まれたイミダペプチドのドリンクおよびソフトカプセルを主に通信販売で販売しております。イミダペプチドは、数千キロも飛び続ける渡り鳥の持続力の鍵であるイミダゾールジペプチドを配合しています。

医薬品臨床研究支援事業
医薬臨床研究支援事業は、EBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠に基づく医療)の構築等を目的として医療・医学に関連した財団法人、特定非営利法人等が主体となって行う医師主導型の医薬品等の臨床研究および疫学研究等の支援業務を受託する事業です。当社グループの有する医療機関パネル、様々な医師組織・団体とのネットワーク、専門性の高い人材、エビデンス構築のためのノウハウや経験等の強みが活きる事業となっております。

3. 総医研ホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役社長(代表取締役) 小池 眞也
昭和45年5月10日生

平成6年4月 ノボノルディスクファーマ㈱入社
平成16年1月 同社マーケティング本部ダイアビーティスグループ プロダクトマネージャー
平成16年7月 当社入社 事業開発部
平成18年4月 当社企画室長
平成18年9月 当社取締役就任
平成21年9月 当社代表取締役社長就任(現任)
平成23年1月 ㈱ビービーラボラトリーズ代表取締役社長就任
平成28年2月 ㈱ビービーラボラトリーズ代表取締役社長退任

3-2 発言、ブログ、エピソード

我が国では、高齢化を背景として医療費の増加が続いており、社会全体として、いかにして医療を効率的に運営できるか、また、疾病の予防に取り組むことができるかが、極めて重要な課題となっております。このような状況下、EBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠に基づく医療)の推進や、平成20年度に導入されたメタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導をはじめとする官民あげての予防医療への動きが活発になっております。また、化粧品や健康補助食品といったヘルスケア商品に関しても、ユーザーの意識の高まりや様々な公的な規制等から、エビデンスのある商品のニーズが高まってきております。一方、海外に目を向けますと、一般にヘルスケア商品の需要が高まるのは、ある程度経済が豊かになってからですので、アジアを中心とした新興国において今後そのような商品の需要が高まることが予想されます。

4. 総医研ホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 78人
単体 5人(平成28年6月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 40歳11ヶ月(平成28年6月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 4年0ヶ月(平成28年6月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 539万161円(平成28年6月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありません

 
 

5. 総医研ホールディングスの人材採用・育成方法

ここでは主力事業会社の株式会社総合医科学研究所の採用情報を紹介します。
総医研グループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください。

5-1 採用に関する方針・施策

事業部署名:医薬品臨床研究支援事業部 職名:臨床研究モニターおよびCRC職

応募資格

・民間企業での社会人経験者
・MR、CRC、CRO、SMO実務経験者歓迎
・臨床検査技師、看護師、薬剤師有資格者歓迎
(株式会社総合医科学研究所)

5-2 育成に関する方針・施策

情報がありません

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給料

経験・能力等を考慮し、当社規定により優遇
※初年度年俸は、キャリア・前職の賃金を参考に相談の上、決定。
次年度以降は、実績により評価を行います(毎年7月)。
(株式会社総合医科学研究所)

6. 総医研ホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません

7. 総医研ホールディングスの福利厚生は?

交通費全額支給、各種社会保険完備
(株式会社総合医科学研究所)

8. 総医研ホールディングスの中途採用は?

総医研グループの中途採用については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください。

 
 

関連する投稿


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ドン・キホーテホールディングス傘下の総合不動産会社。主にドン・キホーテの商業施設の不動産賃貸・不動産管理を事業としている。全国各地に保有する商業施設の賃貸からビル管理・運営、保守・メンテナンスまでワンストップサービスを提供。その他事業として、エネルギーの効率化によるコスト削減のコンサルティングサービスも手がける。


最新の投稿


サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く不動産会社。ビルオーナーや資産家などが所有する不動産の仲介・管理・賃貸・売買等をワンストップで行うことに特化し、事業展開を行っている。2015年度売上高は306億円を超えており5期連続で増収。主力の不動産再生事業は268億円を超え、売上高の約80%を占めている。


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


wiget_w300 wiget_w300