【SPEEDA/NewsPicks】(株)ユーザベースに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【SPEEDA/NewsPicks】(株)ユーザベースに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「BtoBの世界で情報アクセスを効率的にしよう」と考えた3人が2008年に創業。経済情報インフラの提供を事業目的として、2016年10月に東証マザーズに上場した。世界最大級のビジネス情報プラットフォーム「SPEEDA」と、SNS型ニュース「NewsPicks」を運営。売上高の約7割を「SPEEDA」事業が占める。


1. ユーザベースってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

事業内容 企業活動の意思決定を支える情報インフラの提供

1-2 創業者と沿革

3人の創業者。左から、稲垣裕介(現・代表取締役社長)、梅田優祐(現・取締役 CCO)、新野良介(現・代表取締役社長)

新野と梅田は外資系証券会社の中途採用で同期でした。2人の仕事の大部分は、ビジネス情報の収集と整理。その際、企業データは金融情報サービスから、統計データは官公庁サイトから、決算データは各社サイトからと情報集めは非効率でした。
BtoCの世界では、Google や Facebook が効率的な情報アクセスを実現しているのに、BtoBの世界は非効率なままでした。そこで「BtoBの世界で情報アクセスを効率的にしよう」と考えた梅田に、同じ問題意識をもった新野が賛同しました。
描くビジョン実現にテクノロジー面で協力してくれたのが、梅田の高校時代の同級生・稲垣でした。3人は2008年、ユーザベースを創業し、翌年最初のサービス「SPEEDA」が誕生しました。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都渋谷区恵比寿1-18-14
恵比寿ファーストスクエア10F

会社概要

https://www.uzabase.com/company/about/

「経済情報で、世界をかえる」をビジョンに、「SPEEDA」「NewsPicks」を提供する株式会社ユーザベースの公式サイトです。

※グループ会社:Uzabase Asia Pacific Pte. Ltd./Uzabase Hong Kong Limited/Uzabase China Limited/株式会社ニューズピックス/NewsPicks USA, LLC/株式会社ジャパンベンチャーリサーチ/ピッチネス株式会社/株式会社ミーミル

1-4 ビジョン・ミッション

ミッション:経済情報で、世界をかえる
あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出し、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放する。
私たちは、世界中で愛される経済情報インフラをつくり、世界中の意思決定を支え、世界をかえる。

社名の由来
USER(B to Cの世界で当たり前のユーザー視点をB to Bにも)+BASE(経済情報の基盤インフラになる)

2. ユーザベースって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年12月期 30億8100万円
2015年12月期 19億1500万円
2014年12月期 11億2200万円

▲営業利益
2016年12月期 2億5000万円
2015年12月期 △3億3200万円
2014年12月期 △3億9500万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業ごとの売上高(2016年12月期)
「SPEEDA」事業 21億4000万円(69.7%)
「NewsPicks」事業 9億3000万円(30.3%)

2-3 主力商品

SPEEDA
世界380万社のデータが約550業界に分類・分析されたデータベース。さらに、180万件以上のM&A情報、10万系統以上の統計、ニュース、株価などが、企業・業界にひも付いており、求めている情報に一瞬でたどり着けます。

SPEEDA紹介動画

https://vimeo.com/198176708

SPEEDAはビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。現在、事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど500社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定、営業企画策定、マーケティングなど様々なビジネスシーンで活用されています。

NewsPicks
ニューズピックスは、経済情報に特化したニュース共有サービスです。
・国内外の主要ニュース
提携メディアの記事を中心に、主要なニュースが手に入ります
・専門家によるニュース解説
各界のプロがコメンテーターとなりニュースに視点を加えます
・編集部によるオリジナル特集
専属の経済記者が話題の業界や企業を深掘りした記事を届けます

3. ユーザベースの経営者ってどんな人?

3-1 経営陣のプロフィール

代表取締役社長(共同経営者) 新野 良介
生年月日 昭和52年11月24日
平成14年4月 三井物産株式会社入社
平成19年4月 UBS証券株式会社入社
平成20年9月 当社代表取締役(現任)
平成28年3月 上海優則倍思信息科技有限公司董事長(現任)

三井物産生活産業セグメントにおいて事業投資部隊に所属し、国内中間流通戦略の立案、事業投資の実行、企業再建に従事。その後、UBS証券投資銀行本部にて消費財・リテールセクターを担当し企業の財務戦略アドバイザー業務に従事。2008年、ユーザベースを設立。

代表取締役社長(共同経営者)稲垣 裕介
生年月日 昭和56年5月12日
平成16年3月 埼玉大学工学部電気電子システム工学科卒業
平成16年4月 アビームコンサルティング株式会社入社
平成20年4月 当社設立 取締役 就任
平成29年3月 当社代表取締役社長(現任)

アビームコンサルティング テクノロジーインテグレーション事業部にて、プロジェクト責任者として全社システム戦略の立案、構築、金融機関の大規模データベースの設計、構築等に従事。2008年に梅田・新野とともにユーザベースを設立。豊富なシステム技術の知識、経験を基に技術部門を中心に業務執行を統括している。

取締役CCO 梅田 優祐
2004年に横浜国立大学経営学部を卒業後、株式会社コーポレイトディレクション(CDI)に入社。製造業、商社を中心とした全社成長戦略、再生戦略の立案・実行支援、食品メーカー等のBPRを中心に従事。その後、UBS証券投資銀行本部にて、事業会社の財務戦略の立案、資金調達支援、自己勘定投資に従事。2008年、ユーザベースを設立。

3-2 発言、エピソード

情報自体はあちこちにあると思うんですが、例えば、市場規模はこっちから取ろうとか、各社の財務はここから取ろうとか、ワンストップになっていなかったんです。
もちろん会社にも金融関連のデータベースがあるのですが、いっぱいおカネを使っているわりに現場の人はなかなか早く帰れない。現場のニーズにしたがって、ワンストップで提供できる仕組みをつくろうとしたのがスタートです。(新野社長)

――[NewsPicksが]ダウ・ジョーンズと組むことになった経緯は。
「CEO(最高経営責任者)のウィリアム・ルイスさんが昨年5月、『日本に面白いメディアがあるらしい』と当社を訪ねてくれた。ビジネスモデルを説明したところ非常に面白がってくれた。彼はジャーナリスト出身で、メディアの将来に強い危機感を持っていた。特にフェイクニュース(虚偽のニュース)がネットで拡散されることは非常に大きな問題だと感じていた。解決するには、自分たちも有料で責任あるプラットフォームを持つ必要があると思ったようだ」(梅田氏)

4. ユーザベースではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 190人(臨時従業員数19人)
 SPEEDA事業 126人(同16人)
 NewsPicks事業 44人(同2人)
単体 105人(同17人)(2016年12月31日現在)

4-2 平均年齢

32.9歳(単体、2016年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

2.8年(単体、2016年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

609万4000円(単体、2016年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

竹内秀行 2011年入社 技術チーム
SPEEDAの新機能の開発、新規サービスのスタートアッププロジェクト
これまでで一番うれしかった瞬間は、SPEEDAが無事にリリースされ、そのサービスが世の中で利用されていることが実感できたときです。経営者3人のサービス・クオリティの追求には際限がなく、リリース直前まで、より使いやすく便利になるように、仕様変更・バージョンアップが繰り返され、非常に苦労して生み出したものです。サービスが利用されその感謝の言葉が耳に入るようになったときには何とも言えない喜びがありました。

山中 祐輝 2014年入社 法人営業チーム 国内営業責任者
長期的には「ユーザベースやその事業・サービスが世界トップティアになる」ことが個人としての目標でもあります。そのために自分には何ができるかを考えながら、「山中にしかできないこと」「山中だからできること」にコミットしていきたいと思っています。短期的には、まずは国内の営業チームをパワーアップしていきたいです。

 

5. ユーザベースの人材採用・育成方法

■「7つのルール」とは
社員数が30名を超えた頃、私たちは内部崩壊の危機にありました。個性豊かなメンバーたちの見ている景色がすこしずつ異なるようになってしまっていたのです。多様な人材は私たちの競争力の源泉です。ですから、それを一色に染めることはしたくありませんでした。そこで、それぞれの生き方を尊重しながらも、力を結集するために共通の価値観を設けました。それが「7つのルール」です。
◆ルール①:自由主義で行こう
自由は、楽しい。精神をあらゆる方向へ解放し、可能性を無限に引き出してくれる。自由な環境の中でこそ、私たちの創造力は最高のパフォーマンスを発揮する。一方、自由は私たち一人ひとりに責任を要求する。それは自由を奪うものではなく、自由であるためのもう片方の翼である。
◆ルール②:創造性がなければ意味がない
そこに未知なる驚きがあるか?それはユーザーの期待値を超えているか?答えがNOなら世には出さない。私たちはチームの力を結集し、優れた技術力と独自のビジネスマインドを融合させることで、創造性にあふれる商品とサービスを提供し続ける。それが私たちの価値である。
◆ルール③:ユーザーの理想から始める
自分たちの出来ることから考え始めてはならない。ユーザーの理想の実現に知恵を絞る。謙虚にユーザーの気持ちに耳を澄ませる。細部までこだわり抜き、なおかつシンプルな商品とサービスを追求する。結果、ユーザーの日常に深く入り込み、なくてはならない存在として愛されていく。
◆ルール④:スピードで驚かす
どこよりも早く開発し、どこよりも早く改善する。スピードは私たちの文化だ。私たちは、商品・サービスの進化、意志決定のスピード、業務の効率化、ユーザーへのレスポンスなど、経営にかかわるすべての局面においてつねに最速を目指し、社内から一切のムダを排除する。
◆ルール⑤:迷ったら挑戦する道を選ぶ
正解のない道を、私たちは歩いている。迷ったら挑戦する道を選ぼう。挑戦すれば失敗の確率が高くなる。全員で大いに失敗し、検証のPDCAを高速回転させよう。私たちの世界では、失敗は成功への近道なのだ。そこから強さが育ってくる。絶え間ない革新が生まれていく。
◆ルール⑥:渦中の友を助ける
私たち一人ひとりはスーパーマンではない。しかし、チームとして強い仲間意識で結ばれたとき、個の力は何乗にも増幅する。真価を問われるのは、誰もが投げ出したくなるような過酷な状況のとき。そんなときこそ、自ら仲間に手を差し伸べ、チームの力で最高の結果に変えていく。
◆ルール⑦:異能は才能
異能の集まりには、何が飛び出すかわからないパワーがある。私たちは価値観、人種、宗教、性別、性的指向の違いを認め合い、互いに尊重することで、未来を動かす力を生み出していく。そのために、思ったことはダイレクトに伝える。フェアでオープンなコミュニケーションを徹底する。

5-1 採用に関する方針・施策

ユーザベースの働き方
「経済情報で、世界をかえる」を実現するために、私たちは多様なプロフェッショナルが集まる会社でありたいと考えています。様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まるからこそ、それぞれの持つ個性を最大限発揮するために、「スーパーフレックス(コアタイムなし)」「リモートワークOK」「複業OK」「ロングバケーション制度(最大年間10日)」「自由研究」といった制度も導入しています。
経済情報で、世界をかえたい方の挑戦をお待ちしています。

提示年収の上限額が出せる人材像は?
ユーザーに向けて、大量のデータから気づきを与えることを可能にするための知識や技術をお持ちの方。
1つの技術に特化せず、極めて幅広い分野に関する知識をお持ちの方。
1つの技術に特化している場合、突き抜けている方。

5-2 育成に関する方針・施策

社員一人ひとりが自らのもつ個性を発揮し、互いに連携しあうことで、「今」を超えるアイデアを生み出し続けているUZABASE。私たちは、社員にとって、働く喜びだけにとどまらず、成長する喜び、夢を実現する喜び、社会に貢献する喜び、家族と暮らす喜び、趣味を楽しむ喜びなど、すべてのプラットフォームとして、一人ひとりの働き方と、生き方を応援し、その喜びを共にしたいと考えています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

年収350万 〜 800万

6. ユーザベース出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. ユーザベースの福利厚生は?

楽しく働き、ゆっくり休む

ユーザベースでは会社で楽しく働ける環境を提供しつつ、しっかり休める制度づくりを進めています。例えばロングバケーション制度では、5日の長期休暇を1年に複数回取得することが可能です。このような制度を利用して、社員は長期旅行などに行っています。
休みだけでなく、会社内でも和気あいあいとした関係で働いています。辛いものが好きな社員同士で集まった「辛い部」、走るのが好きな人で集まった「駅伝部」等、取り組む事業とチームの垣根を越えて社員同士でつながっています。

8. ユーザベースの中途採用求人は?

8-1.中途採用求人の全体傾向

ユーザベースは、2016年10月に東証マザーズに上場したばかりのベンチャー企業です。今後の成長性が期待され、事業拡大に向けて求人意欲も旺盛とみられます。高い専門性を有した人材を求めているので、実績を積んだ経験者には挑戦しがいのある会社でしょう。

8-2.「コーポレートサイト」のキャリア採用求人

採用サイトには「ユーザベース」(コーポレート部門)と「SPEEDA事業」「NewsPicks事業」「entrepedia事業」の4つのチームの求人が掲載されています。社員インタビューには、各人の仕事やバックグラウンドなどが書かれていますので、参考になるかもしれません。

募集職種

https://www.uzabase.com/recruit/occupation/

「経済情報で、世界をかえる」をビジョンに、「SPEEDA」「NewsPicks」を提供する株式会社ユーザベースの公式サイトです。

8-3.「求人情報サイト」の公開求人

求人情報サイトに掲載されている募集は、採用に緊急性を求められていたり、採用数が多かったりする可能性が高いです。8月22日現在、上場企業を対象とした「SPEEDA」の法人コンサルタントの案件が掲載されています。年収レンジは450万円~615万円。競争力の高いサービスですので、自信をもって関わることのできる仕事ではないでしょうか。

 

8-4.「転職エージェント」に提供される非公開求人

このほか、応募者の質向上や極秘プロジェクトの人材確保を目的として、転職エージェントにのみ「非公開求人」の情報が提供されている場合があります。
大手人材紹介サービスの「リクルートエージェント」や「PASONA(パソナ)」「マイナビエージェント」や「DODA(デューダ)」に登録すると、希望に合った非公開求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえることがあります。

キャリコネがおすすめする、信頼の大手人材紹介サービス4社

https://careerconnection.jp/consultant/agent.html?utm_source=tenshock&utm_medium=2100&utm_campaign=body&utm_content=link_8-4&dmai=TEN

信頼の大手人材紹介サービス会社「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「PASONA(パソナ)」や「DODA(デューダ)」に登録

DODAの「合格診断」は、転職人気企業ランキングの上位300社のうち、現在求人募集中の企業から合格可能性のある転職先候補を診断し、メールでお知らせしてくれるサービスです。有名人気企業について、今「受かる」可能性があるのかどうか事前に診断してもらえます。診断によっては、自分が思いもよらなかった企業との出会いが得られるチャンスもあるようです。ユーザベースはまだランキングされていないですが、今後食い込んでくる可能性は高いでしょう。

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


サイオス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

サイオス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

オープンソースソフトウェアを軸に、WebアプリケーションやOS(基本ソフトウェア)、クラウドを加えたITシステムの開発/基盤構築/運用サポート等の事業を展開。2017年10月にサイオス株式会社を持株会社とする経営体制へ移行、サイオステクノロジーが事業を承継。サイオス株式会社はサイオスグループのバックオフィス機能を担う。


鈴与シンワート株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

鈴与シンワート株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

コンピュータのソフトウェアの設計・プログラム開発、及び保守運用等ソフトウェア受託開発、データセンター運営などの情報サービスを主な事業としている。「S-PAYCIAL with 電子給与明細」がITトレンドランキング2017 給与明細電子化部門において3年連続1位を獲得。鈴与グループに1993年加入。


旭情報サービス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旭情報サービス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1962年創業の情報サービス会社。2001年に東証二部に上場。ネットワークサービス事業を主軸にシステム開発・システム運用事業も展開。本社は東京都千代田区。創業の精神である社是「誠」を普遍の信条とする"AISビジョン体系"を制定し、独立系IT企業としてICT社会の発展に努める。


株式会社ピクセラに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ピクセラに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1982年創業。テレビ、パソコン、スマートフォン、周辺機器の製造、開発、販売を行う。2016年AV関連事業売上高は24.3億円。Android TVの機能を多彩に拡張するSmart Boxを新開発、ピクセラモバイルやピクセラ光といった通信事業への新規参入は、自社開発製品LTE対応USBドングルの展開に一役買っている。


最新の投稿


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用コントロールケーブルでの世界最大手メーカー。他を圧倒する技術・開発力と一貫生産体制で国内トップシェアを占め、世界14ヶ国に30を超える拠点を構える。その技術力を応用した新規市場開拓にも力を入れており、すでに進めている医療分野では癌治療用マイクロカテーテルがTV「夢の扉」で取り上げられた。


朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1976年7月に設立された医療機器の開発・製造・販売を行う会社。本社を愛知県名古屋市に置く。「ガイドワイヤー」をはじめとするカテーテル治療に不可欠な医療製品を主力としている。創業以来グローバル規模でこの医療製品市場のシェアを拡大し続けている。


「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。


【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は倉庫業界のトップ3社について見ていきます。倉庫会社というと「荷物を置く場所を貸す仕事」という印象くらいしかなく、就職・転職先としてイメージが湧かないかもしれません。しかし調べてみると、さまざまな仕事を行っていることが分かります。


wiget_w300 wiget_w300