メドピア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

メドピア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を運営している企業。創業者(現社長)が現役の内科医であり"医師の集合知"に焦点を当てたサイトの立ち上げを目指し設立。情報サイト「MedPeer」は国内医師の3人に1人が参加しているサイトへ成長し、医師にとって重要なファクターを占めている。人材紹介会社へ医師の求職者情報も提供。


1. メドピアってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

医師専用サイト「MedPeer」のサービスを行っている企業である。

1-2 創業者と沿革

石見 陽

1999年、信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 研究テーマは、血管再生医学。 2003年12月に若手医師のネットワーク「ネット医局」を設立し、代表に就任。 2004年12月に株式会社メディカル・オブリージュ(現メドピア株式会社)を設立。 2014年6月に東証マザーズ市場へ上場。現在も、一週間に一度の診療を継続し、医療現場に立つ。 日本内科学会認定内科医。

メドピア株式会社 沿革

https://medpeer.co.jp/company/history.html

(沿革)医師集合知サービス・医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社の沿革です。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17階

出典:
https://medpeer.co.jp/company/profile.html

メドピア株式会社(子会社、関連会社)

https://medpeer.co.jp/company/profile.html

(子会社・関連会社)医師集合知サービス・医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社の会社概要です。

1-4 ビジョン・ミッション

メドピアは、医師と同じ目線で人を救うことをMission(存在意義)としています。
そして医師たちとともに、これまでにない理想の医療を創造することを目指して挑戦しています。

Mission
・Supporting Doctors, Helping Patients. 医師を支援すること。そして患者を救うこと

Vision
・集合知により医療を再発明する

2. メドピアって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年9月期 9億7300万円
2015年9月期 10億3900万円
2014年9月期 9億5800万円

▲営業利益
2016年9月期 5700万円
2015年9月期 1億3600万円
2014年9月期 2億6400万円

▲当期純利益
2016年9月期 2300万円
2015年9月期 7000万円
2014年9月期 1億5000万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲サービス区分別売上推移(2016年9月期)
医師集合知サービス 8億8197万9000円
医師求人情報サービス 9166万8000円

出典: http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS92984/9efd417b/8b0b/45c0/90e5/7e8ba7bdfc74/S1009CCP.pdf

2-3 主力商品

MedPeer
国内医師の3人に1人が参加する、国内最大級の医師専用コミュニティサイト。
医薬品や疾患から、日々の生活・キャリアに関することまで、医師同士でしか話せない悩みや経験を共有。多くのコミュニケーションによって形成された「集合知」で医師の臨床をサポートしています。

firstcall
テレビ電話を使ってオンラインで医師に医療相談を行うことができるオンライン医療相談プラットフォーム。
小児科や産婦人科、精神科、内科など、多様な診療科目の医師たちが参加。自身や家族の体調についての悩み、健康に関するちょっとした相談にも、医師が丁寧に回答します。

MedPeer キャリア
業界最大級の求人掲載数を誇る医師求人情報ポータルサイト。
転職からアルバイト情報まで、提携する医師転職支援会社の求人情報を多数掲載。
医師に幅広い働き方の選択肢を提供することで、多様化する医師のキャリアを支援しQOLを向上させるとともに、医師の人材配分最適化に貢献します。

3. メドピアの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 CEO (医師・医学博士)
石見 陽

昭和49年3月9日生
平成11年4月 東京女子医科大学病院入職
平成16年12月 株式会社メディカル・オブリージュ(現当社)設立 当社取締役
平成17年6月 当社代表取締役社長(現任)
平成26年10月 株式会社綜合臨床ホールディングス社外取締役(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

今後、日本は超高齢社会を迎え、限られた資源の中で高度な医療・介護サービスの展開を求められることになります。同時に、高齢先進国として世界のお手本となるべく、様々な挑戦的な取り組みをすべきフェーズに突入していると言えます。健康増進、未病、疾病管理から再発防止に至るまで、医師や栄養士を含む医療従事者の役割はますます重くなるばかりです。当社はこの市場背景を的確に捉えながら、医療従事者のプラットフォームから得られる集合知を蓄積し利用可能なものにしていくことで社会に貢献してまいります。

社会人として世の中に出たのは1999年でした。当然はじめは何もできない研修医だったわけですから、辛いことも多かったです。何もできない割に、いきなり医療チームのトップとして看護師に指示を出したりしなければならないのが医師の仕事です。この頃に意識をしていたのは、チームのメンバーに根拠に基づいた指示を出すことでした。経験はまだ少ないかもしれないけれど、自分が色々と調べて考えた理屈を例えば「こういう理由で今は利尿剤は使いません。」などと説明することで、少しずつチームの信頼を勝ち取っていこうと考えていました。これは上司に対しても一緒で、言われたとおりに反射的に動けるフットワークももちろん大事ですが、「こいつは何も考えていないな」と思われたらおしまいだと思っていましたので、時には上司と対等にディスカッションすることも厭いませんでした。今思うと生意気だったと思いますが(笑)、ただ、患者を治す、という目的は医師にとって絶対に変えられないものなので、この辺りは他の業界と異なって、経験に関係なくフェアな議論をできる業界だったのだと思います。

4. メドピアではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 48名
単体 46名
(平成28年9月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 33.5歳(平成28年9月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 1.9年(平成28年9月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 597万5000円(平成28年9月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

眞鍋 歩
株式会社Mediplat 医師

2016年6月にMediplatがメドピアグループに入り、今はオンライン医療相談プラットフォーム「first call」の企画や医師へのマーケティングを中心に、メドピア全体のサービス開発についても、医師としての視点を活かして関与しています。現在は、ビジネスが8割、臨床が2割くらいで、大半はビジネスにコミットしています。
メドピアに入って感じたことは、代表の石見を含めた社内での壁がほとんどなく、誰とでもフランクに話せる雰囲気です。会議中も笑い声が聞かれ、オープンなディスカッションがされているな、という印象です。オフィスも一目で見渡すことができ、企業で働いた経験のなかった自分でもすぐに溶け込むことができました。

高橋 睦
ビジネスソリューション部

主に製薬企業向けの営業を担当しています。医師は様々な情報をもとに薬を処方しますが、情報の多くを開発元の製薬企業が保有しています。医師が求める情報を、製薬企業が適切な形で効率的に提供するために、「MedPeer」のプラットフォームを活用いただいています。営業は、製薬企業のニーズを基に、医師のニーズも鑑みながら、最適なソリューションを企画・提供するのが仕事です。当たり前ですが、各企業・各製品によって求められることが異なるので、常に顧客にとっての本当の価値を考えながら進めるのは、難しくもありやりがいもあります。
営業メンバーは、普段は独立して動いていますがチームになると和気あいあいです。メンバー皆とても意識が高く、常に新しいアイディアや改善案を議論しあう環境でとても刺激を受けています。

 

5. メドピアの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

メドピアでは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」の理念を軸に、「集合知により医療を再発明する」ことを目指して事業を運営しています。その上で、チーム一丸となってビジョンを実現するための行動指針として定めているのが5つの「Credo(約束)」です。
新しくメンバーを迎える際にはこれらへの共感を大事にしており、同じ志を持った方と一緒に事業を成長させていきたいと思っています。

5-2 育成に関する方針・施策

外部の講師を招いての勉強会を定期開催したり、必要な外部セミナーへの参加は会社で費用を負担しています。エンジニアは、LT大会や開発合宿を開催したり、メンバーが自発的に勉強会も開催しています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

人事評価は年に2回(10月、4月)に実施し、その都度昇給・昇格に反映しています。半期ごとに上長と設定した目標に対して、中間フィードバックも挟みながら、最終的な成果とそこに向けたプロセスで評価します。

6. メドピア出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. メドピアの福利厚生は?

【福利厚生】
・各種社会保険(厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険)
・通勤手当
・育児休業制度
・健康診断
・オンライン医療相談(first call)
・インフルエンザ予防接種

8. メドピアの中途採用は?

メドピア株式会社

https://medpeer.co.jp/recruit/

あなたの力で、人を救うことができる - 医師集合知サービス・医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社の採用情報です。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


フリュー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

フリュー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プリントシール機や家庭用ゲーム、モバイルコンテンツ・プライズの開発・製造・販売、インターネット通信販売などを行う総合エンターテイメント企業。主力であるプリントシール機は国内シェア70%で業界トップであり、画像取得・閲覧サービス「ピクトリンク」は利用者が1,000万人を突破している。


イノテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イノテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を構える、商社とメーカーの二つの機能を持つ会社。企業を対象としたBtoBビジネスを担い、EDA(半導体設計用)ソフトウェアや車載用ソフトウェアなどの輸入販売のほか、自社製の半導体検査装置や組み込みボードなどの開発・販売も行っている。


株式会社フォーバルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社フォーバルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

中小企業に対し、情報通信・環境・海外・人材、教育の分野で「次世代経営コンサルティング」を行う会社。 2年ごとに倍増し続けているといわれているビッグデータから、顧客一人一人が求める情報を企業と結びつける「BtoI」のビジネスモデルを提唱している。


北沢産業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

北沢産業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

食品加工機械・調理機器など、業務用厨房器具を扱う専門商社。本社は東京都渋谷区にあり、日本全国に50以上の販売拠点を構えている。自社ブランドの国内製品のほか、欧米の厨房機器の輸入・販売も行う。販売だけでなく、設計や施工も含めたキッチンコーディネートなども業務用・家庭用問わずに手掛けている。


【独身寮・社宅あり】協栄産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【独身寮・社宅あり】協栄産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

協栄産業は東京都渋谷区に本社を置くエレクトロニクス製品を扱う商社。販売・開発・製造をの三本柱を軸に、半導体、電子機器や産業機械の卸、配線基板の生産を行っている。エレクトロニクス技術商社機能、システムインテグレーター機能、エレクトロニクスメーカー機能が一体となった独自のフォーメーションで、顧客のニーズに対応している。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300