株式会社アクアラインに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アクアラインに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1995年に創業。暮らしに欠かせない「水」に関わるさまざまな事業を展開している。水まわり緊急修理サービス事業では「水道屋本舗」の屋号で水道トラブルなどに対応。ウォーターディスペンサーや備蓄水を扱うミネラルウォーター事業も手がける。2015年8月、東証マザーズへの上場を果たす。本社は広島県広島市。


1. アクアラインってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

水まわりの緊急修理サービスを通じて皆さまのライフラインの確保を行う企業

1-2 創業者と沿革

代表取締役社長
大垣内 剛

私がアクアラインを創業したのは、22歳の頃です。お客様からの依頼電話に自分で応対し、補修に向かう。 手が足りない時は知り合いに応援を頼む、といった状況でした。
豊富な資金など当然ありません。だからこそ私は、何より人とのつながりを重視しました。 お金のない状況で起業した私にとって、財産と呼べるのは「人」だけだったのです。

出典:
http://www.aqualine.jp/company/greet.html

株式会社アクアライン | 会社概要 | 沿革

http://www.aqualine.jp/company/history.html

株式会社アクアライン すべての人のFIRST BEST。技術・サービス・マナーetc.あらゆる面で「ファースト・ベスト」を目指します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地

広島県広島市中区上八丁堀8番8号
第1ウエノヤビル6F

出典:
http://www.aqualine.jp/company/index.html

株式会社アクアライン | 会社概要(本社・東京支社・大阪事務所)

http://www.aqualine.jp/company/index.html

株式会社アクアライン すべての人のFIRST BEST。技術・サービス・マナーetc.あらゆる面で「ファースト・ベスト」を目指します。

1-4 ビジョン・ミッション

企業理念
・時代と共に歩み、お客様から学び、従業員と共に成長します。

アクアラインは生活に欠かすことのできない「水」をテーマに皆さまの住環境の充実、生活の質の向上に貢献します。
私たちアクアラインは、お客様、従業員、取引先様、株主・投資家様、社会のすべての方々にとっての「FIRST BEST」であることを目指します。

2. アクアラインって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年2月期 43億600万円
2016年2月期 36億9900万円
2015年2月期 33億200万円

▲営業利益
2017年2月期 3億4200万円
2016年2月期 3億2900万円
2015年2月期 1億8400万円

▲当期純利益
2017年2月期 2億1900万円
2016年2月期 1億9500万円
2015年2月期 9200万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別売上高(2017年2月期)
水まわり事業 39億2800万円
その他事業 3億7700万円

2-3 主力事業

水まわり緊急修理サービス事業
水まわりの急なトラブルの解消に24時間365日の緊急対応の『水道屋本舗』としてサービスを提供しております。

水まわり緊急修理サービス事業
リノベーション
アクアラインでは、ちょっとした製品の交換から大規模な水まわりのリノベーションまで、お客様のニーズに合わせてご対応いたします。

その他の事業
ミネラルウォーター事業
ミネラルウォーターの自社ブランドである「aqua aqua」による商品展開を行うと共に、ミネラルウォーターのペットボトルのラベルをオリジナルでデザインするプライベートブランドの商品のご提案、備蓄用の保存水の販売及びウォーターディスペンサーの取り扱いを行っております。

出典:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2360793

3. アクアラインの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
大垣内 剛

昭和48年6月14日生
平成7年11月 有限会社アクアライン(現株式会社アクアライン)設立 代表取締役社長(現任)

出典:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2360793

3-2 発言、ブログ、エピソード

当社の競争力を支えているのは優秀な人材であり、今後の成長のためには優秀なサービススタッフをより多く確保していく必要があります。上場後は中途採用が非常に好調ですが、今後は新卒採用にも乗り出そうと考えています。人を大切に、人材育成を最大の武器として、いっそうの成長を実現することで、応援してくださる株主・投資家の皆様のご期待にお応えしてまいります。

誠実さを大事にするお客様ほど、誠実でない会社とのつき合いは避けるもの。能力を十分に発揮したいと考える社員ほど、人材を活かせない会社には寄りつかないものです。そうした人たちとつき合えるレベルの会社にしておくことが、私の役割です。

「今年で創業21年を迎えた。最初の10年間で技術を磨き、次の10年はサービスの質で一番を目指した。これからの10年でコンプライアンスを強化していく。雇用は最大の社会貢献だと考えており、1000人規模を目標に会社を大きくしていきたい。全スタッフを正社員として雇用する『社員制』にこだわっている

4. アクアラインではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 259人(平成28年2月29日現在)

4-2 平均年齢

単体平均36.1歳(平成28年2月29日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均2.8年(平成28年2月29日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均352万9000円(平成28年2月29日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

多田
営業部サービススタッフ

お客様のお宅にお邪魔して、水まわりの修理や交換を行っています。

お客様に感謝の言葉をかけていただいた時です。
「また、あなたに頼みたい」や「また依頼したら、またあなたが来てくれるの?」など指名のお言葉をいただいた時も嬉しいです。
日本中に家庭から水まわりのトラブルをなくしたいです。

川上
営業部マネジメント

チームをひとつ任せていただき、そのチームの指導教育を行っています。新人の現場での教育、チームスタッフのサービス向上を目指しています。

トイレの修理を行った時、高齢のお客様が拝むような勢いで感謝して下さり、この仕事の大切さを痛感しました。以来、常に笑顔で、修理するだけではなくお客様にとって最良の提案は何か、喜んでいただくにはどうすればよいかを考え、実践しています。毎日違う「ありがとう」を聞けるやりがいは大きいですよ。

 

5. アクアラインの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

【水まわりメンテナンススタッフ】
〈 こんな方は歓迎 〉
◎ありがとうと直接感謝される仕事がしたい
◎しっかり収入アップを目指したい
◎水という生活インフラを支える専門技術を身につけたい
◎一人でする仕事の方が向いている

5-2 育成に関する方針・施策

・新人研修 ~未経験でも1からスタートできる充実した研修~
当社の新人研修では、実務研修やサービス同行研修など、あらゆる場面を想定した研修プログラムを設けています。
専用の研修センターがあり、当社正社員としての専門的な技術はもちろんのこと、笑顔・言葉遣い・気配りなどのマナーを身に付けることにも力を入れております。
お客様のさまざまなニーズに対応するための「水まわりのスペシャリスト」を育成しています。

・技術研修 ~仕事開始後も独り立ちするまで先輩が徹底サポート~
新人研修から3ヵ月後には、サービススタッフに対して再び技術研修を実施します。ここでは、新人研修で学んだ内容をもう一度確認するだけでなく、現場で生じた疑問・問題の解消や、より高度な技術の習得を目指します。
納得がいくまで先輩サービススタッフとコミュニケーションをとりながら、着実に知識を深めることができ、無理のないスキルアップが可能となっています。

・管理職研修 ~教える側もスペシャリストであるために~
より良いサービスを円滑にご提供するため、管理職向けの特別研修も定期的に実施しています。
当社は、研修の質に対しても「維持」ではなく「向上」にこだわっています。同じ研修内容を繰り返すのではなく、より効率的な方法はないか。日々模索し、教える側も「スペシャリストを育てるスペシャリスト」として、研修プログラムの検討・見直しに余念がありません。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【水まわりメンテナンススタッフ】
給与
◆月給30万円以上(固定残業手当77,000円/月45時間相当分含む/超過分別途支給)+能力給制度
…東京23区

昇給・賞与
昇給/年2回

6. アクアライン出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

アクアライン出身者の情報はありません

7. アクアラインの福利厚生は

各種社会保険完備、定期健康診断あり
毎月褒賞金支給制度あり、持ち株会制度あり
教育研修制度あり、昇給制度年2回実施
社員旅行あり(2012年沖縄・上海、2014年香港)

8. アクアラインの中途採用は?

株式会社アクアライン | ヒトとシゴト | 募集要項

http://www.aqualine.jp/recruit/info.html

株式会社アクアライン すべての人のFIRST BEST。技術・サービス・マナーetc.あらゆる面で「ファースト・ベスト」を目指します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東証マザーズ 広島県 住宅

関連する投稿


ローツェ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ローツェ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ローツェは半導体及び液晶用ガラス基板搬送装置などを開発、製造するメーカー。本社所在地は広島県福山市。特に半導体ウエハ移載システムのシェアは世界でもトップクラスであり、他にスマートフォンやタブレット端末などの分野でも堅調な業績を維持している。


戸田工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

戸田工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1823年の創業以来の材料合成技術を武器に、デジタルネットワーク社会の基盤を支えてきた、日本の一大メーカーである。粉体金属化合物をメインに取り扱っている。メーカーとして、自社工場と専門技術を携えた研究者や技術者が多数所属していることが強みの一つである。モットーは「素材のチカラを未来のタカラに」。


【業界初のシステムキッチン】クリナップ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業界初のシステムキッチン】クリナップ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1949年創業。座卓の製造販売からスタートし、ステンレス流し台の製造を始める。商標である「クリナップ」は野球の「クリーンアップ」から命名された。業界初の簡易施工型システムキッチン「クリンレディ」は、現在でも同社の代表的ブランドである。親子シンク、水切りプレート付流し台など、数々のヒット商品も生み出している。


【住宅資材の大手メーカー】(株)大建工業に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【住宅資材の大手メーカー】(株)大建工業に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1945年大建産業の分離化により設立された住宅建材メーカー。主に住空間、エコ、エンジニアリング事業を行っている。売上の50%以上を占める住空間事業では今後、インドネシア市場での製造販売を計画中。2015年に創業70周年を迎えたことを機に、2025年までに売上高2500億を目標にグループ一丸となって躍進中である。


【フローリング材のトップメーカー】永大産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【フローリング材のトップメーカー】永大産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1949年設立。建材や内装システム、パーティクルボードなどの製造を主な事業としている。特にパーティクルボード分野は、国内最大級のメーカーとして知られる。環境に配慮しながら、木材を活用した安心・安全な製品づくりを行うことで、よりよい住環境をつくることを目指している企業。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300