株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヨシムラ・フード、楽陽食品、ジョイ・ダイニング・プロダクツ、桜顔酒造、オーブン、ダイショウ、雄北水産、純和食品、榮川酒造、エスケーフーズの11の食品に関する中小企業をM&Aにより子会社化した持株会社。各社の持つ強みで、他の子会社の弱点を補う独自のビジネスモデルを展開している。


1. ヨシムラ・フード・ホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

中小の食品会社を傘下に持つ持株会社である。

1-2 創業者と沿革

吉村 元久
代表取締役CEO

1988年、一橋大学商学部(金融論専攻)卒業後、大和證券株式会社へ入社。事業法人部にて上場企業の資金調達や資産の証券化業務に携わる。1994年ペンシルベニア大学ウォートン校(MBA)を卒業。1997年モルガンスタンレー事業法人部。2008年3月、株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス設立、代表取締役CEOに就任。2016年3月、東証マザーズ市場に上場、現在に至る。

当社は、食品の製造および販売をおこなう日本全国の中小企業の支援・活性化を目的として、平成20年3月に吉村元久(現 代表取締役CEO)により設立されました(設立時の商号は、株式会社エルパートナーズでありましたが、商号変更を経て、現 株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスとなっております。)。
当社は、設立以来、事業承継問題を抱える企業や単独での経営に行き詰まった企業をグループ化し、相互に補完、成長する仕組み(中小企業支援プラットフォーム)を構築してまいりました。

(有価証券報告書・P4より)

平成20年3月
東京都港区において、中小企業の支援・活性化を目的として株式会社エルパートナーズを設立
平成20年8月
商号を株式会社レバレッジパートナーズへ変更
平成20年12月
業務用食材の企画・販売を主な事業とする株式会社ミズホ(現株式会社ヨシムラ・フード)、およびシウマイの製造・販売を主な事業とする楽陽食品株式会社の株式を株式会社篠崎屋から譲り受け
平成21年8月
商号を株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスへ変更

(有価証券報告書・P4より)

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都千代田区内幸町二丁目2番2号
富国生命ビル18階

グループ企業一覧|株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス

http://y-food-h.com/group/index.html

ヨシムラ・フード・ホールディングスは、ヨシムラ・フード、楽陽食品、白石興産、ジョイ・ダイニング・プロダクツ、桜顔酒造、オーブン、ダイショウ、雄北水産、純和食品、榮川酒造、エスケーフーズの11社をグループ会社とする持ち株会社です。

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念

私たちは、常に創造的に思考し、
旧来にとらわれず活動することで、
より豊かで品格のある社会づくりに貢献します。

2. ヨシムラ・フード・ホールディングスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高

2016年2月期 128億3300万円
2015年2月期 113億7700万円
2014年2月期 105億9800万円

▲経常利益

2016年2月期 3億2800万円
2015年2月期 2億3700万円
2014年2月期 3億100万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益

2016年2月期 4億6100万円
2015年2月期 2億3100万円
2014年2月期 1億2600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲売上高の状況(セグメント別)(2016年2月期)
製造事業セグメント 87億4800万円
 楽陽食品 40億円
 オーブン 25億3500万円
 白石興産 9億500万円
 ダイショウ 5億8900万円
 雄北水産 4億8500万円
 桜顔酒造 3億5700万円
販売事業セグメント 40億8500万円
 ヨシムラ・フード 43億8400万円
 ジョイ・ダイニング・P 8億7000万円 

※個別の業績につきましては、セグメント間の取引が含まれているため、各個別業績の合計とセグメント別の数値は一致いたしません。

2-3 主力事業

株式会社ヨシムラフード
業務用食材の企画、開発、販売

「安心・安全・健康」な食材を提供する食品の総合商社です。

楽陽食品
チルド・冷凍調理食品の製造及び販売

シウマイといえば、横浜中華街名物。
その本場の味にこだわり続けてきた楽陽食品は、良質の豚肉を使ったおいしさが特徴です。
通称「赤箱」で親しまれています。
楽陽食品 1番人気の定番商品です。

株式会社オーブン

業務用冷凍かきフライ、鳥なんこつ揚げ、ささみカツ、カニ爪付フライなどの冷凍食品の製造・販売

3. ヨシムラ・フード・ホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 CEO 吉村 元久

昭和39年4月9日生
昭和63年4月 大和証券株式会社入社
平成9年10月 モルガン・スタンレー証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)入社
平成17年2月 株式会社日本コーバン代表取締役
平成20年3月 株式会社エルパートナーズ設立 代表取締役社長
(現株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス代表取締役CEO)(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

現在、中小食品会社の多くは、すばらしい商品やすばらしい技術力を持っていますが、少子高齢化による市場の縮小、後継者不在などにより単独での生き残りや成長が難しくなるなど、多くの問題をかかえております。私たちは、このような会社をグループ化し、グループ各社が持つ「強み」を伸ばし、「弱み」を補い合うためのプラットフォームを構築することで、中小食品企業の再生・活性化を行っております。

中小食品企業では事業継承ニーズが高まる一方で受け皿となる会社や組織が少ないのが現状です。この点に注目、つまり、食品の製造・販売を行う中小企業の支援・活性化を目的として当社は2008年に創業しました。大和証券事業法人部時代の経験もあります。投資ファンドは単独での高い成長と数年以内の売却を目的としていることから成熟市場にある中小企業は投資対象になり難いのです。われわれは、投資し子会社化した企業と共に成長する、ある意味、運命共同体的にやっていくというのがファンドと一番の違いです。また、指摘のとおり、子会社化した企業は地方に拠点がありますが、子会社を活性化することは地方の活性化に貢献することにつながると思っています。最近は、海外での日本食が注目されていることから今後は海外での展開にも取り組んでいきます。

4. ヨシムラ・フード・ホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 268人
単体 15人(平成28年2月29日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 40.5歳(平成28年2月29日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.2年(平成28年2月29日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 638万7000円(平成28年2月29日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありません。

 

5. ヨシムラ・フード・ホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■経理業務に携わっていた方
└売・買掛金のデータ入力ができればOK
★現職の雇用形態や離職期間は問いません。
★ゆくゆくは各種決算業務に携わっていただきたいと考えています。
<第二新卒歓迎>

※2013年「経理アシスタント」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラフードホールディングス)

■要件定義からマネジメントまでの経験をお持ちの方
└携わったプロジェクトの規模は問いません。
■インフラ・ネットワーク・データベースに携わった経験をお持ちの方

※2013年「社内SE」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラフードホールディングス)

高卒以上、要普通免許(ペーパードライバー不可)
経験不問

※2013年「企画提案営業」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラ・フード)

株式会社ヨシムラ・フード

http://www.mizuho-foods.co.jp/recruit.html

株式会社ヨシムラ・フード 食材総合商社

ヨシムラフードグループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウェブサイトなどを参照してください

5-2 育成に関する方針・施策

情報がありません。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

月給 50万円以上
※経験やスキルに応じて、決定します。
年収例
入社初年度の想定年収:600万円以上

※2013年「社内SE」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラフードホールディングス)

月給 25万円~27万円
※経験やスキルに応じて、決定します。
年収例
入社初年度の想定年収:300万円~320万円

※2013年「経理アシスタント」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラフードホールディングス)

月給250000円~350000円
※年齢・経験を考慮

※2013年「企画提案営業」募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラ・フード)

賞与あり 前年度実績 年2回

(楽陽食品株式会社 関東事業所 秩父工場)

6. ヨシムラ・フード・ホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. ヨシムラ・フード・ホールディングスの福利厚生は?

■昇給年1回(5月)
■通勤手当(全額支給)
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■残業手当
■退職金制度

※2013年募集時の掲載情報です
(株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス)

8. ヨシムラ・フード・ホールディングスの中途採用は?

グループ企業一覧|株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス

http://y-food-h.com/group/index.html

ヨシムラ・フード・ホールディングスは、ヨシムラ・フード、楽陽食品、白石興産、ジョイ・ダイニング・プロダクツ、桜顔酒造、オーブン、ダイショウ、雄北水産、純和食品、榮川酒造、エスケーフーズの11社をグループ会社とする持ち株会社です。

ヨシムラ・フードグループの中途採用については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

首都圏を中心に多数の保育所や学童クラブなどを運営する、子育て支援事業を行う企業。2015年に(株)グローバルキッズと(株)ろくの2社の持株会社として誕生した。「豊かに生きる力を育てる」を理念とし、独自のノウハウを活用した保育は保育士業界でも人気。2016年度末現在で、約100施設を運営している。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300