【厳しいけどチャンスもくれた】転職希望者が目を通しておきたい、楽天に勤務していた人の「退職エントリー」集

【厳しいけどチャンスもくれた】転職希望者が目を通しておきたい、楽天に勤務していた人の「退職エントリー」集

ネットには楽天の内情をよく知る元社員による「退職エントリー」が見られる。ただし「楽天クリムゾンハウス」が建設された2015年以前の内容が多く、現在では状況が大きく変わっている可能性がある点に注意が必要だ。


「ネットベンチャーではいらない人種」とは?

やはりインターネットビジネスはある意味、
クレイジービジネスです。

そのクレイジービジネスを楽しむには
ノリのよさが極めて重要だと思います。

「これやってみようか?」という問いに対し、
「いいね!」と二つ返事で返して、「そしたら
これをこうしたらもっと面白くなるかも?」
といった提案が出てくるようなノリです。

「それやって意味あるんですか?」
というアイスブロック的な受け答えをする人は
間違いなくコミュニケーション力が低く
仕事ができない人だと思います。

ネットベンチャーではいらない人種です。

2000年1月から2011年1月31日まで、10年以上楽天を支えてきたという内田直氏の退職エントリー。31歳でECコンサルタントとしてスタートし、努力して部長、営業事業部門長にスピード出世。編成・マーケティング部門長、営業企画部門長を歴任後、インフォシークのメディア事業部長に就任。「英語公用語化プロジェクト」(通称English-nization)に従事後に円満退職したとのこと。

なおしブログ ハワイで起業した100の夢を持つ社長のブログ:楽天ブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/naoshi/

なおしブログへようこそ。楽天時代の第1部、ハワイ時代の第2部、そしてハワイで起業の第3部へと進化し続けています。

「同日入社が110人。この繋がりが大きかった」

たくさんの人がいて、いろんな人と関わって、いろんなことをして、なんだかんだで楽しかったと思います。特に、同日入社の同期が110人もいて、この同期の繋がりは大きかった。よく飲んだり愚痴ったり、大切な仲間です。

2013年6月に退職したエンジニアの退職エントリー。「5年間、いくつかのサービスや事業に関わり、自分なりに一定の経験と成果を残せたこと。そしてエンジニア人生10年が経ち30歳になり、新たなステージに挑戦しようと思ったのが主な退職理由」とのこと。なお、リクナビ2017には「採用人数 昨年度実績(見込)301名~」とあり、同期入社の数はさらに増えているようだ。

soheiのはてなブログ(仮)

http://sohei.hatenablog.com/

スマホ業界ではたらくガジェット好きエンジニアによるブログ。Mac, iPhone, Android, Tizen, BlackBerryまで

「三木谷さんは厳しいけど、必ずチャンスを与えてくれる」

楽天は実際に働いてみると、想像していたような体育会系のところはなく、待遇もよく、居心地のいい会社でした。

ただこれは部署や、ポジションによっても感じ方が違ったり差はありそう。グループ全体で1万人以上もいるので、部署によってかなり違いがあるように思います。

上司に恵まれていましたし、とてもやりやすい環境で働かせてもらえたのかな。

でも全般的には待遇がいいと思います。三木谷さんは厳しいことを言うときがありますが、必ずチャンスを与えたり、猶予をあたえますし、全般的にいい人が多い会社だと思います。

2011年8月31日を最終出社日として、楽天にほぼ4年間勤めた方の退職エントリー。「楽天としての最初の海外展開であった台湾の楽天市場の開発」に携わった後、米国企業に出向するなど、一貫して海外で勤務。震災を機に転職を決めたとのこと。

foolontheweb12

https://foolontheweb12.wordpress.com/

This WordPress.com site is the cat’s pajamas

人事部からエンジニアに異動して1か月半でMVPに

異動の時にいくつかの部署と配属面談をしたんですが、配属されたのは楽天の中では小さい方のサービスで、確かサービスインから2年ぐらいの時だったと思います。配属初日、マネージャーとの面談で、「今日からあなたはプロジェクトリーダーです。メンバーはあなた一人です。進め方から考えてください。」というものすごい振られ方をしました。すげーこれが楽天の開発現場か!とわくわくしたものです。(略)

異動して初プロジェクトを1月半でスピードリリースしたということで、楽天賞MVPという楽天グループ全体の月間MVP的な賞をいただきましたが、プロジェクト自体はそんな感じだったのでぼくの力がどうこうというよりは、人事からの異動の経緯も含めて色んな人にプレゼントしてもらったという感じでした。

経済学部から2010年に新卒入社し、1年目は人事で新卒採用、2年目から退職までの3年間はエンジニアとして過ごしたという村田佑介さんのブログ。ベンチャーらしい楽天のダイナミックな働き方が垣間見られる。現在はベンチャー企業のCTOとして活躍中。

MURATAYUSUKE.COM

https://www.muratayusuke.com/

muratayusuke official website

「ノルマで吊るされて退職」する現実もある?

自分がやりたいことを
積極的に提案していけば、
それをやらせてくれる環境が整っている。


またそれを促すイベントやランキングも
豊富にある。
ただ一方で、


でも、仕事が減るわけではなく、
忙しさに忙殺されている上司から、
どんどん仕事が丸投げされ、
ノルマで吊るされる。



それで退職。

これが悲しい現実だ。

楽天で7年間働いたという人の退職エントリー。ブログ名は「元楽天社員の『大事なことは日本語で!』」。2014年9月でエントリーが止まっている。あるエントリーによると、社内イントラネットには「会社に黙って副業」した社員の懲戒処分などがあがっていたという。

元楽天社員の『大事なことは日本語で!』

http://anime90nen.ldblog.jp/

元楽天社員が、楽天の英語の社内公用語化や無料のランチ、部署やグループ会社内での問題、離職率の高いECコンサルタント、外国人から評判の悪い朝会(朝礼)など楽天で7年間働き、社内にいないとわからない出来事をお伝えしていきます。

英語公用語の中で「世界から集まる人材」との差を感じた

楽天は英語公用語。社内で強く感じたのは、日本と世界から集まる人材とのキャリアへの意識の差でした。



あるとき新卒採用面接を少し手伝わさせてもらいました。こんな子たちがいました。

「4年間の居酒屋でのバイトを通して人に喜んでもらうことを学んだ。私の特技は笑顔。」
という日本人の子。

「高2でアジアで活躍したいと考え、日本語を1年学び、日本の大学へ留学、その後アメリカへ。企業インターンシップを3社経験し、ベンチャー企業ではマーケの責任者を担った。」
と日本語で話す中国人の子。



2人並ばれたらどちらを採用するのか。
これからの将来、答えはきっと明白です。





世界との差は生まれている。
実感を伴って。

7年半勤めた楽天を2013年7月で退職した人の退職エントリー。ECコンサルタントを振り出しに「楽天市場に関わる川上から川下まで」経験。退職前の上司との面談で「イイコトとツライコトが51対49でした」と話したところ、「そのツライコトが君の血となり肉となってるんだよ」と返されたという。

株式会社ユニイク | アウトプット教育・コンサルティング

http://uniek-jp.com/

誰もが誰かに貢献できる世界をつくるを経営理念として、アウトプット教育とコンサルティング事業を展開

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


楽天 退職エントリー

関連する投稿


「楽天ゲームズ」が正式オープン でも「なんで今更ブラウザゲーなんだろ?」と疑問の声も

「楽天ゲームズ」が正式オープン でも「なんで今更ブラウザゲーなんだろ?」と疑問の声も

楽天が運営するソーシャルゲーム・プラットフォーム「R Games」が2017年4月4日、正式提供を開始した。スマホアプリが全盛の中で、HTML5対応のブラウザゲームだけを集めたサイトを運営するのは、先進的な取り組みとはいえない。しかしアプリゲームが過当競争になるなかで、意外といいやり方ではないかと評価する声もある。


「福利厚生がアメリカの会社のように充実していて最高」――楽天株式会社のクリエイティブ職経験者が語る「転職のススメ」

「福利厚生がアメリカの会社のように充実していて最高」――楽天株式会社のクリエイティブ職経験者が語る「転職のススメ」

日本最大級のECモール「楽天市場」を運営する、株式会社楽天。2015年には世田谷区二子玉川に「楽天クリムゾンハウス」を建設し、社員の働きやすさに配慮した様々なサービスを提供している。「DODA転職人気企業ランキング2016」では、総合6位にランクインした。


【口コミあり】楽天株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【口コミあり】楽天株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

主力事業のECモール「楽天市場」は、2017年5月で開設20周年。カード、銀行、証券などのフィンテック事業にも進出し、売上7800億円を超える企業に成長した。2015年に世田谷区玉川の「楽天クリムゾンハウス」に本社移転。「成功の5つのコンセプト」など会社の考えを「楽天主義」としてまとめている。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300