【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪市に本社を置く空調機メーカー。空調事業の売上高は世界一。2兆円超の売上高のうち、空調・冷凍機事業が9割を占める。フッ素化学事業やフィルター事業も展開。世界約150か国で事業を行い、海外売上高比率が7割を超え、グループ全従業員数の8割が海外で働いている。単体の平均年間給与は733万円。


1. ダイキン工業ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ダイキンは、「空調」「化学」「フィルタ」を柱に事業を展開しています。人と空間を健康で快適にするために、国や地域ごとに異なる文化・価値観から生まれるニーズに応え、多彩な製品とサービスをグローバル市場で展開しています。

日本の大阪府大阪市に本社を置き、世界五大陸38ヶ国に拠点を持つ空調機、化学製品の世界的メーカーである。略称は「ダイキン」。空調事業の売上高は2010年からキヤリア社を抜き世界第1位、またフッ素化学製品でもデュポン社に次いで世界第2位、換気事業においても世界第1位のシェアを誇る。約150か国に事業展開し海外売上比率は7割、全従業員の8割が日本国外で働いている。日経平均株価採用銘柄。

ひと目でわかるダイキン | ダイキンについて | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/glance/

ダイキン工業のひと目でわかるダイキンをお伝えするページです。ダイキン工業はグローバル空調総合メーカーです

1-2 創業者と沿革

山田 晁(やまだ あきら、1884年(明治17年)11月12日 - 1973年(昭和48年)2月12日)
1924年(大正13年)、後にダイキン工業となる合資会社大阪金属工業所を設立、初代社長を務めた。フロン冷凍機技術とフッ素樹脂などを独自開発した事で知られ、ダイキンの主力となるエアコン開発の礎を築いた。

1924(大正13年)
山田晁、合資会社大阪金属工業所を大阪市に創立
飛行機用ラジエーターチューブの生産を開始
(…)
1963(昭和38年)
堺製作所 金岡工場を大阪府堺市に新設、業務用エアコンの本格生産開始
四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合樹脂『ネオフロン』の開発に着手、1974年商品化に成功
「大阪金属工業株式会社」を「ダイキン工業株式会社」に社名変更

HISTORY OF DAIKIN INNOVATION | ダイキンについて | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/summary/history/digest/

ダイキンの歴史は空調の歴史でもある。 ダイキン90年の歴史が、ここに。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
大阪市北区中崎西 2-4-12梅田センタービル

国内拠点 | ダイキンについて | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/summary/locations/jp/

ダイキン工業の国内拠点をお伝えするページです。ダイキン工業はグローバル空調総合メーカーです。

国内拠点:本社、支社、工場・製作所、研究開発拠点、研修所、ダイキン ソリューションプラザ/空調関係会社/フッ素化学関係会社/油圧機器関係会社/その他関係会社

海外拠点 | ダイキンについて | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/summary/locations/overseas/

ダイキン工業の海外拠点をお伝えするページです。ダイキン工業はグローバル空調総合メーカーです。

ダイキングループは、海外売上高比率が7割を超え、グループ全従業員数の8割が海外で働いているグローバルメーカーです。「空調」と「フッ素化学」の技術を両輪に、国や地域ごとに異なる文化・価値観から生まれるニーズに応え、人と空間を健康で快適にする製品を提供しています。

1-4 ビジョン・ミッション

ダイキンは空調世界No.1企業です | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/air/no1/index.html

快適な空気を届けること、空気の新たな可能性を追求すること、空気の大切さを人々にお伝えすることが、「空気の専門家」として、また世界の空調をリードするダイキンのミッションです。

私たちの使命 1 : 真に快適な空気をつくること/私たちの使命 2 : 空気の可能性を追求すること/私たちの使命 3 : 空気の大切さをお伝えすること

グループ経営理念(進化し続けるグループをめざして)

1.「次の欲しい」を先取りし、新たな価値を創造する
2.世界をリードする技術で、社会に貢献する
3.企業価値を高め、新たな夢を実現する
4.地球規模で考え、行動する
5.柔らかで活力に満ちたグループ
1)しなやかなグループハーモニー
2)関係企業と刺激し合い、高め合う
6.環境社会をリードする
7.社会との関係を見つめ、行動し、信頼される
1)オープンである、フェアである、そして知ってもらう
2)地域に対して、私たちにしかできない貢献を
8.働く一人ひとりの誇りと喜びがグループを動かす力
1)一人ひとりの成長の総和がグループの発展の基盤
2)誇りとロイヤリティ
3)情熱と執念
9.世界に誇る「フラット&スピード」の人と組織の運営
1)参画し、納得し、実行する
2)チャレンジャーこそ多くのチャンスをつかむ
3)多彩な人材を糾合し、個人の力をチームの力に
10.自由な雰囲気、野性味、ベストプラクティス・マイウェイ

ダイキンのビジョン | ダイキンについて | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/vision/

ダイキン工業のビジョンをお伝えするページです。ダイキン工業はグローバル空調総合メーカーです。

2. ダイキン工業の業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲連結売上高
2013年度 1兆7,877億円
2014年度 1兆9,150億円
2015年度 2兆0,437億円
2016年度 2兆0,440億円
2017年度 2兆2,906億円
2018年度(計画)2兆4,800億円

▲連結営業利益
2013年度 1,565億円
2014年度 1,906億円
2015年度 2,179億円
2016年度 2,308億円
2017年度 2,537億円
2018年度(計画)2,700億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲2018年3月期 連結売上高構成比
空調・冷凍機事業 20,529億円(90%)
化学事業      1,831億円(8%)
その他事業      545億円(2%)

▲連結海外事業比率
2013年度 71%
2014年度 74%
2015年度 75%
2016年度 75%
2017年度 76%

2-3 主力事業

■空調事業
豊富な空調ソリューションで、お客様に快適な空間を提供する空調事業。住宅やオフィスなど身近な生活空間から、工場や空港といった大空間、また、病院や厨房のような特殊な空間に至るまで、全世界のあらゆる風土に合ったあらゆるニーズに応えています。

●空調部門(空調事業)
幅広い品揃えで全世界のあらゆる空調ニーズに応える、空調部門。環境負荷を減らしながら、人と空間が健康で快適な社会を実現するために、独自の技術と幅広い製品ラインアップでグローバルに事業を展開。空調市場を牽引し続けています。

●低温部門(空調事業)
マイナス35℃からプラス30℃までコントロールできる冷凍・冷蔵技術で世界の食品流通を支える、低温部門。きめ細かな温度制御ができる海上コンテナは、産地から消費地への生鮮食品輸送を叶え、倉庫や店頭では専用エアコンが活躍。世界の多様な食文化を支えています。

■化学事業
1933年、日本で初めて「フッ素化学」に取り組んで以来続くダイキンの化学事業。パイオニアとして独自の技術でフッ素樹脂、ゴム、ガスなど1800種類以上のフッ素化合物を世界に送り出し、豊かな社会を支えてきました。フッ素は今、省エネ・省資源にも大きく貢献しています。

■フィルタ事業
空気清浄機向け高機能フィルタや集塵フィルタで快適な空気づくりに貢献する、フィルタ事業。大気汚染の抑制や、家・オフィス・工場の空気環境改善など、人をとりまく空気に対するニーズは高まるばかりです。空調事業との融合によるあらたな市場の開拓など成長を続けています。

■油機事業
1929年、日本で初めて造船メーカーやエンジンメーカーの潤滑装置を手がけて以来、世界の産業発展に貢献し続ける、油機事業。空調で培った省エネ技術を応用し、機械の高精度化、静音性の向上、小型化をテーマに、環境に配慮した油圧ポンプや油圧ユニットなどの開発・生産を行っています。

■特機事業
防衛関連製品の研究開発と製造で培った「精密加工技術」でものづくりを展開する、特機事業。航空機部品や医療機器などの高機能・高品質を要求される分野のニーズにも、最高レベルの精度で応えています。安全や健康、快適な暮らしにつながる特別な技術が結集しています。

■電子システム事業
1982年、空調製品開発の高度化のために自社開発した流体解析システムの外販から始まった、電子システム事業。製造業ならではのニーズや困りごとをお客さまと同じ目線で理解し、独自のITソリューションで支援します。

3. ダイキン工業の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 兼 CEO 
十河 政則(とがわ まさのり)
昭和24(1949)年1月11日生
昭和48(1973)年4月 当社入社
平成12(2000)年6月 秘書室長兼総務部長
平成14(2002)年6月 取締役
平成16(2004)年6月 取締役兼常務執行役員
平成19(2007)年6月 取締役兼専務執行役員
平成23(2011)年6月 代表取締役社長兼C0O
平成26(2014)年6月 代表取締役社長兼CEO(現)
平成28(2016)年6月 内部統制委員会委員長(現)

3-2 発言、エピソード

ダイキン工業は2018年6月6日、東京都内で会見を開き、2020年度(2021年3月期)を最終年度とする戦略経営計画「FUSION20」の後半計画(2018~2020年度)について説明した。2018年度の業績見通しである売上高2兆4800億円、営業利益2700億円に対して、2020年度には売上高2兆9000億円、営業利益3480億円まで伸ばす計画である。同社 社長兼CEOの十河政則氏は「これを必達目標として、FUSION20発表当初の2020年度のありたい姿として掲げていた売上高3兆円も諦めずチャレンジしたい」と語った。

当社の主力事業である空調は、健康で文化的な生活と経済の発展に欠かせない社会インフラである一方、使用時に多くの電力を消費します。当社グループは、温室効果ガス排出量削減による気候変動への影響緩和を、最も注力すべき社会課題と認識しています。
そのため主たる環境貢献技術である低温暖化冷媒R32と省エネインバータ技術を世界で普及させるべく尽力しています。R32冷媒は温暖化影響が従来比1/3であり、世界中のエアコンの冷媒がすべてR32に変われば、温暖化影響を約8億トン削減できます。当社グループが新興国で販売した省エネインバータ機とR32冷媒を使用したエアコンによって、2015年度は、温暖化影響を約3,500万トン抑制することに貢献しました。

空気の新たな価値を創造するのは、グローバル6万7,000人の従業員一人ひとりです。「人を基軸におく経営」を競争力の源泉と位置づける当社グループでは、多様な人材が活躍できるダイバーシティ・マネジメントを推進し、従業員が持てる力を最大限に発揮できる環境を整えています。さらに、これから空調市場の拡大が予想されるタイ、インドなどの地域では、空調の普及を支える人材を育てるために、現地の学生・若者への技術教育も行っています。

4. ダイキン工業ってどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 70,263人(臨時従業員数 8,574人)
 空調・冷凍機事業 64,873人(同 8,123人)
 化学事業 3,705人(同 270人)
 その他事業 989人(同 139人)
 全社(共通) 696人(同 42人)
単体 7,046人(同 1,150人)(2018年3月31日現在)

▲連結従業員数
2013年度 56,240人
2014年度 59,179人
2015年度 60,805人
2016年度 67,036人
2017年度 70,263人

4-2 平均年齢

40.0歳(単体、2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

16.0年(単体、2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

733万9,798円(単体、2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

テクノロジー・イノベーションセンター
理工学研究科 情報工学専攻 修了
松本 江里加 2014年入社
ダイキンは顧客ニーズにあった商品をタイムリーに供給する仕組みを高度化し、新たな顧客価値を創出しようとしています。それには通信やセンサなどICT技術の活用が欠かせません。めまぐるしく進化するICT技術の動向を常に把握し、ダイキンが提供したいサービスを実現するための有効な手段を提案できる技術者に成長していきたい。将来的には「○○と言えば松本」と先輩からも後輩からも頼られる存在になりたいと願っています。

空調営業本部 事業戦略室 営業推進グループ
経済学部 経済学科
藤本 恭弘 2009年入社
業務用エアコンの販売店様の新規開拓を行っています。ターゲットとなるのは、全国に拠点を構える大規模法人様。過去に経験してきた販売会社での最前線営業や、本部での販売店支援と異なり、一から対象を探し、提案を行って合意につなげます。さらに、販売店様の事業のスキームを共に作り上げ、時には専用の商品開発も検討し、事業として育てていきます。

社員紹介 | ダイキン工業の人と仕事 | 大学卒・大学院修了採用TOP | 新卒採用情報 | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/recruit/gradu/person/index.html

ダイキン工業の新卒採用サイトです。国境はない。マニュアルも無い。だから、ダイキン工業の仕事は面白い。

5. ダイキン工業の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

ダイキンの求める人材
グローバル市場で勝ち続けるために必要な人材

多様性の中で自らの「個性」を発揮し、周りの人の「個性」を活かす人材
人には皆それぞれ個性があり、生まれ育ちや考え方の違いから多様な意見を持っています。ダイキンは多様な価値観を持った人や尖った人、異質な人など、一人ひとりが持つ個性を是とし受け止める会社です。皆さん自身の個性を発揮するとともに、周りの人の個性を尊重し、活かす人を求めています。

CONCEPT MESSAGE
国境は無い。マニュアルも無い。
だから、ダイキン工業の仕事は面白い。

求む。空気で世界を変える人材。
人の幸せは、いい空気がつくる。
そう信じて、行こう、空調の最前線へ。

採用コンセプト | 採用基本情報 | 大学卒・大学院修了採用TOP | 新卒採用情報 | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/recruit/gradu/info/concept.html

ダイキン工業の新卒採用サイトです。国境はない。マニュアルも無い。だから、ダイキン工業の仕事は面白い。

5-2 育成に関する方針・施策

大切なのは、個々人の可能性を自ら開花させること
ダイキングループの経営の根本にあるもの。それは、「人」は無限の可能性を秘めたかけがえのない存在であり、一人ひとりの成長があって初めて企業は発展するという信念です。“企業は「人」なり”という言葉がありますが、当社はさらに一歩踏み込み、“真に人を大切にするということは、人を育てて、成長させていくことである”と考えています。そして個々人が生き生きとやりがいを持って働き、持てる力を最大限に発揮して成長できる環境をつくることが会社の使命でもあると思っています。

Q7 研修制度はありますか?
A7 導入教育が終ると、その先は社員一律の研修はありません。
自ら向上しようと努力する人を支援し、その能力を最大に発揮できる環境づくりをしていきたいと考えているからです。
現在は、海外拠点実践研修・語学研修・通信教育などの機会を提供し、多くの社員が成長のきっかけにしています。

研修制度の一例 海外拠点実践研修
グローバル人材の育成がテーマです。毎年、各部門から選抜された40人前後の若手が海外拠点へ研修出向。派遣先は日本人社員のいない新興国の事業所が中心で、マーケッター、プランナーなどとしての即戦力も発揮しなければなりません。「修羅場に飛び込む厳しさ」を通じて、グローバルに活躍する人材に成長してほしい。それがこの研修にこめた当社の願いです。

研修制度の一例 ブリッジパーソン研修
海外グループ会社とダイキン工業の架け橋となる人材の育成がテーマです。英語によるコミュニケーション能力や、「人を基軸におく経営」の理解向上を目指す、1年間のプログラムを実施。この研修を通じて、異なる文化・環境で働く従業員へ企業理念などの周知徹底を図れるビジネスパーソンの育成を図っています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与 初任給
・博士了 268,800円
・修士了 244,800円
・大学卒 225,000円
・高専・短大卒 197,000円
(2017年4月実績)
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)
勤務時間 標準労働時間 7時間45分
本社・支社 9:00~17:30
製作所 8:30~17:00
※フレックスタイム制、裁量労働制あり
休日休暇 完全週休2日制、夏季休暇、年末年始など年間休日124日、年次有給22日(初年度14日)、慶弔、育児・介護休職制度、5連休制度

Q8 配属後の異動について教えてください。
A8 期間を確定したローテーション制度はありません。部門の人材ニーズと従業員の長期的育成の観点から適性な異動を行っています。
1年に一度、自己申告の機会としてフリーに会社に希望を伝える制度もあります。

Q9 海外勤務について教えてください。
A9 海外では、ダイキングループ現地従業員がたくさん活躍しています。日本からの出向者のほとんどは、現地幹部の立場で行くケースが多く、日本での経験・ノウハウを伝える役割を担っています。また、グローバル事業の拡大に伴い海外拠点(事務所・工場)の立上げスタッフのニーズが増えています。

6. ダイキン工業出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

株式会社マザーネット 代表取締役社長
上田 理恵子(うえだ・りえこ)
1961年12月 鳥取県米子市生まれ
1984年3月 大阪市立大学生活科学部被服学科卒業
1984年4月 ダイキン工業株式会社入社
業務用食器洗浄機の開発や、新規事業開発に従事  社内ベンチャー制度の評価委員も兼務
1994年7月 「『キャリアと家庭』両立をめざす会」設立
1999年7月 ワーキングマザー向け月刊情報誌「Career&Family」創刊
2001年8月 ダイキン工業株式会社退社
株式会社マザーネット創業。家庭に「ケアリスト」と呼ばれるスタッフを派遣し、家事・育児の細かいニーズに応えるサービスを開始

長岡技術科学大学 准教授
芳賀 仁 (ハガ ヒトシ)
工学部 電気電子情報工学専攻 電気エネルギーシステム・制御工学講座
ダイキン工業株式会社, 研究員, 2004年09月01日 ~ 2007年09月30日
仙台電波工業高等専門学校, 助教, 2007年10月01日 ~ 2010年04月01日
本務, 長岡技術科学大学, 助教, 2010年04月01日 ~ 2016年03月31日
本務, 長岡技術科学大学, 准教授, 2016年04月01日 ~ 継続中

7. ダイキン工業の福利厚生は?

福利厚生 独身寮・社宅完備、保養所(蓼科、宝塚、那須)、退職年金制度、住宅融資制度、財形貯蓄制度、持ち株制度等あり
保険 雇用・労災・健康・厚生年金保険加入
教育 新入社員導入教育、海外拠点実践研修制度、社内専任講師による語学研修、新任基幹職研修、国内留学制度、通信教育制度ほか

Q10 女性が働きやすい環境ですか?(産休・育児制度など)
A10 長期的に仕事を続けたい人にとって、その環境が整いつつあるといえます。一般職を廃止したことで、入社後も男性同様の仕事を担当しています。また、『仕事と育児の両立支援』『女性の仕事の領域拡大』『意識改革運動の展開』に会社をあげて取り組み、各部門で活躍する女性が増えていることから、2005年、厚生労働省から均等推進企業表彰で優良賞を受賞しました。また、女性活躍推進の取り組みなどが評価され、2012年の日経産業新聞社「働きやすい会社」調査では、4位にランキングされました。

8. ダイキン工業の新卒採用、中途採用の求人は?

ダイキン工業 新卒採用情報 DAIKIN RECRUITING WEB

https://www.daikin.co.jp/recruit/gradu/

ダイキン工業の新卒採用サイトです。国境はない。マニュアルも無い。だから、ダイキン工業の仕事は面白い。

ダイキン工業株式会社|キャリア採用情報

https://www.daikin.co.jp/recruit/career/index.html

ダイキン工業のキャリア採用情報を掲載しています。

採用情報 | ダイキン工業株式会社

https://www.daikin.co.jp/recruit/

ダイキン工業の採用情報をお伝えします。

9. ダイキン工業のキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. ダイキン工業の、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック株式会社を親会社とする、総合エレクトロニクス商社。電設資材、電子機器、制御・通信機器などを取り扱う。住宅やビルなどさまざまな分野で、電材と呼ばれる照明や、分電盤などを提供する他、システムインテグレーションや設置、保守・運用サービスを行なっている。

大阪府 非上場 パナソニックグループ 電機・電子


東芝デバイス&ストレージ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝デバイス&ストレージ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界有数の性能を誇るHDDや、自動車や工場のロボット、OA機器等に使用される世界最高水準の半導体等を開発、製造、販売している会社。国内の駐在所や営業所、工場だけではなく、タイやフィリピン等海外にも生産拠点を持つ。東芝の社内カンパニー、ストレージ&デバイスソリューション社が分割されて、2017年に設立された。

非上場 東京都港区 電機・電子 東芝グループ


パナソニック ライティングシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック ライティングシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

照明器具の開発設計、製造を行う会社。主にLED照明を扱う。最先端技術を駆使した省エネで寿命の長い「EVERLEDS」シリーズをはじめ高品質の明かりを開発し住宅・店舗・施設や屋外に提供している。また、「東京スカイツリー」や「山種美術館」など施設にも採用された。施設や環境に応じたオリジナル照明も提供している。

非上場 大阪府 電機・電子 パナソニックグループ


パナソニック産機システムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック産機システムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に業務用設備機器およびシステムの販売を行う会社。空調機器、太陽光発電シス業務用冷蔵庫や商業施設のテムなど多岐にわたる商材を取り扱う。また販売から施工、購入後のメンテナンスまでのすべてを自社で一貫して行っている。近年では、エコ商品の提案にも注力しており、独自のエネルギーマネジメントシステムを構築している。

東京都墨田区 非上場 電機・電子 パナソニックグループ


パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体デバイスや電子部材等の開発・製造を行う会社。これまで培ってきた技術力を活かし「半導体」「電子部材」「ファンドリー&OSAT」の3事業展開している。デバイスのみならず、ソフトウェアに関する技術も含めたセンシング分野とパワーマネージメント分野のソリューションを、車載・産業・民生の分野に対して提供している。

京都府 非上場 電機・電子 パナソニックグループ


最新の投稿


パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

電気・電子などの各種機器に関するシステムの開発や、製造販売を行う会社。官公庁・自治体、金融の業界などの法人に対して、幅広い「パナソニック製品」と「ITソリューション」を組み合わせたシステムを提供している。ビジネスの現場で発生するリアルな課題を解決できる体制を強みとし、設計から構築・運用までを一貫して手がけている。

東京都中央区 非上場 パナソニックグループ ITサービス・ソフトウエア


パナソニック カーエレクトロニクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

カーエレクトロニクス専門販売会社。主に「Strada」「Gorilla」のカーナビブランドを扱うほか、ETCやドライブレコーダー、バッテリーなど幅広い商品を取り扱っている。近年では、業務用カーナビを使用した運行管理クラウドサービスの事業立上げや、映像システムの構築を行うなど新たな商品の提案活動に取り組んでいる。

東京都品川区 非上場 自動車関連 パナソニックグループ


福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック株式会社を親会社とする、総合エレクトロニクス商社。電設資材、電子機器、制御・通信機器などを取り扱う。住宅やビルなどさまざまな分野で、電材と呼ばれる照明や、分電盤などを提供する他、システムインテグレーションや設置、保守・運用サービスを行なっている。

大阪府 非上場 パナソニックグループ 電機・電子


アイジー工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アイジー工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

山形県に本社を置く建築用外壁材・屋根材のメーカー。金属に特化した製品の研究開発、製造、販売をすべて一貫して自社で行う。2017年に金属製外壁材 [SF-ビレクト]でグッドデザイン賞を受賞。また、日経アーキテクチャの建材・設備メーカーランキング2018で金属サイディング部門1位を獲得など、独創的な挑戦を続けている。

山形県 鉄鋼・非鉄金属 非上場 住友商事グループ


東芝デバイス&ストレージ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝デバイス&ストレージ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界有数の性能を誇るHDDや、自動車や工場のロボット、OA機器等に使用される世界最高水準の半導体等を開発、製造、販売している会社。国内の駐在所や営業所、工場だけではなく、タイやフィリピン等海外にも生産拠点を持つ。東芝の社内カンパニー、ストレージ&デバイスソリューション社が分割されて、2017年に設立された。

非上場 東京都港区 電機・電子 東芝グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300