三洋工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三洋工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

集合住宅やオフィスビル、文化施設等広い範囲で使用される製品を製造している建材商社。鶏口となるも牛後となるなかれ、お客様第一を経営の精神としており付加価値の高い製品づくりと、きめ細やかなサービスの提供を日々行っている。販売・工事まで一貫して行われ、体育館の天井・床・壁の下地材は業界トップクラスのシェアを誇っている。


1. 三洋工業ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

三洋工業株式会社は、東証第1部上場の総合金属建材メーカーであります。

1-2 創業者と沿革

元取締役社長 故 山岸福次郎
東京都港区に三洋商会創業

沿革| 三洋工業株式会社

http://www.sanyo-industries.co.jp/company/history.html

三洋工業の会社案内の中から、沿革についてご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都江東区亀戸六丁目20番7号

出典:http://www.sanyo-industries.co.jp/company/outline.html

事業所一覧| 三洋工業株式会社

http://www.sanyo-industries.co.jp/company/location.html

三洋工業の会社案内の中から、事業所一覧についてご紹介します。

グループ会社| 三洋工業株式会社

http://www.sanyo-industries.co.jp/company/group.html

三洋工業の会社案内の中から、グループ会社についてご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
私たちは国際化社会の中で、社員1人ひとりの自己の成長と企業の安定・発展をはかり、快適空間の創造を通じて社会に貢献します。

■基本経営方針
<オンリーワン企業を目指そう>
1. 人間尊重の経営
2. お客様第一の経営
3. 地域・社会と共生する経営

2. 三洋工業って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
平成28年3月(第82期)287億7900万円
平成27年3月(第81期)294億8300万円
平成26年3月(第80期)286億2100万円

▲経常損益
平成28年3月(第82期)10億100万円
平成27年3月(第81期)10億6000万円
平成26年3月(第80期)11億2100万円

▲親会社に帰属する当期純損益
平成28年3月(第82期)6億9700万円
平成27年3月(第81期)8億7700万円
平成26年3月(第80期)10億2200万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

当社グループは、当社及び連結子会社で構成されており、それぞれが独立した経営単位として、包
括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。三洋工業株式会社では、建築用金物・資材の
製造、販売及び施工を行っており、システム子会社4社では建築用金物・資材のうち、主に床シス
テムの施工を行っております。
したがって、当社グループは三洋工業を中心とした会社別のセグメントから構成されており、
「三洋工業」及び「システム子会社」の2つを報告セグメントとしております。

▲セグメント別売上高(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
三洋工業 219億900万円
システム子会社 62億4100万円
その他 6億2900万円

2-3 主力商品

建築用鋼製下地材/天井
SICS JIS規格品
SICS(シックス)は高品質なJIS規格品です。各部材の寸法精度が高いため、部材同士の結合時にガタや緩みが生じにくく、堅固な天井下地に仕上がります。

ホームベースe
集合住宅における、階下への生活騒音を考慮したホームベースe独自の合理的な床構造が、静けさと快適に満ちた居室環境を作ります。
数多くのアイデアが幾つも盛り込まれ、試行錯誤を繰り返して開発されたホームベースe。材質・形状の選定による遮音性能の追及、施工時の扱い易さ、品質の安定性、コストパフォーマンスなど様々な角度から取り組み、開発されたホームベースeは20数年を経た現在でも安心と信頼のブランドとして広く使われ続けています。

マジックフロア
300kgまでの荷重に対応しているため、様々な用途に幅広くお使いいただけます。限りある資源を大切にした100%リサイクル材から作られています。
シンプルな置敷施工で、フレキシブル&機能的な床環境を実現するOAフロアシステムです。施工が簡単で、新築のみならずリニューアル工事にも最適です。

3. 三洋工業の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長 山岸 文男(写真右)

昭和14年9月14日生
昭和45年5月当社入社
昭和53年3月当社取締役
昭和55年3月当社常務取締役、製造部長
昭和56年4月当社製造部長兼購買部長
昭和58年4月当社購買部長兼経営企画室長
昭和59年3月当社専務取締役、関連会社管掌、購買部長兼務
昭和61年3月当社代表取締役社長
平成23年6月当社代表取締役会長
平成27年6月当社取締役会長(現在)

代表取締役社長 菊地 政義

昭和23年8月26日生
昭和42年4月 当社入社
昭和61年4月 ㈱三洋工業東北システム代表取締役社長
平成19年6月 当社取締役関連会社管掌兼㈱三洋工業東北システム代表取締役社長
平成21年4月 当社取締役営業統括部長兼子会社管掌兼㈱三洋工業東北システム代表取締役社長
平成21年6月 当社取締役、営業統括部長、子会社管掌
平成23年6月 当社代表取締役社長(現在)

3-2 発言、ブログ、エピソード

近年、人々の求めているものは、単に物の豊かさではなく「健康」や「安全」という基本的なことがら、そして「ゆとり」「やすらぎ」「潤い」といった心の豊かさではないかと思います。当社では、こうした時代の要請、お客様の要望をしっかりと受け止め、当社の製品を通じて、『そこに住まう人』、『そこに働く人』に、安心して心地よく過ごしていただく「快適空間」をお届けしてまいりたいと考えております。
当社は、常にお客様の視点に立った三洋工業ならではのモノづくりとサービスに心血を注ぎ、お客様から信頼され、社会に貢献できる企業を目指してまいります。今後ともご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。(菊地社長)

株主および投資家の皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
三洋工業グループは、1948年(昭和23年)の創業以来、「お客様第一の経営」を基本姿勢として、真にお客様に喜んでいただける付加価値の高い製品づくりときめ細かなサービスの提供に努めてまいりました。時代の変遷に伴い、社会的な要請や市場ニーズは時々刻々と変化しており、取り分け今日の社会においては、「環境・省エネ」「安心・安全」「耐震・防災」への関心が非常に高まりを見せております。わたしたちは、こうした社会や市場の動向を成長に向けた重要なファクターと捉え、常に時代の要請に応えられる総合金属建材メーカーとして新製品開発の強化と拡販に努め、グループの経営理念である「快適空間の創造」を通じて社会に貢献してまいりたいと考えております。(菊地社長)

4. 三洋工業ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結438人
単体336人
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均43.0歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均18.1年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均538万2959円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

岸田 英俊
千葉営業所

全国のビル・マンション等に使われる製品を販売しています。主に、床・壁・天井等に使われる下地材と呼ばれる製品です。
私が担当しているお客様は大手企業が中心で、日々の営業活動を通じてニーズを掘り起こし、新たな受注に繋げています。また、販売した製品の工事を管理するのも大事な仕事です。スーツから作業着に着替え、現場で一日を過ごすこともあります。製品がどのような場所でどのように使われるのか肌で感じることができるので、深く製品を知ることができます。
私たちの製品は建築物の一部にしか使われませんが、自分が関わった仕事がカタチとして残ることにやりがいを感じています。

菊川 幸浩
技術研究所

私はスポーツ施設の建材の開発を担当しています。
小中学校の体育館からアリーナまで規模は様々ですが、主にフロアを中心に製品開発を行っています。日頃、あまり気に留めることのないスポーツ施設のフロアですが、競技に応じた快適な使用感と安全性に配慮した設計が求められます。設計、試作、実験、改良を何度も繰返しながら、より快適で安全なスポーツフロアの製品開発を行っています。

 

5. 三洋工業の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

・営業職/担当する製品の法人(企業)向け営業を行います。
     お客様は設計事務所やゼネコン、内外装工事店や商社。
     ニーズに合う製品を提案し、受注に繋げてください。
     また、製品を取り付ける工事の管理も行います。
     幅広い製品と仕事を通じて、いち早く成長を実現できます。

・技術職/工場で生産管理・品質管理を行います。
     入社当初は工場のライン一つひとつから覚えてください。
     将来の幹部候補としての募集ですので、
     モノづくりを支えるコアメンバーとして成長してほしいと思います。

・研究開発職/技術研究所で新製品の企画・開発を行います。
       入社当初は営業現場での研修を通じて、
       お客様や現場の声、製品の流れを経験していただく場合もあります。
       その経験がプロの開発者への近道となります。

・事務職/総務・経理などの管理系職種。
     営業をバックアップする職種です。

5-2 育成に関する方針・施策

■研修制度
全新入社員に対し、入社後約2週間のビジネスマナー研修の実施。
また、自己啓発支援として、通信教育講座受講者で講座修了者に対して受講料の半額を補助。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■基本給 月給20万5,600円
※2017年4月大卒初任給予定
※勤務地手当を含みます(上記月給は東京勤務の場合)
■昇給
年1回(7月)
■賞与
年2回(6月、12月)

6. 三洋工業出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありませんでした。

7. 三洋工業の福利厚生は?

■保険
各種社会保険完備

■福利厚生
社宅、独身寮制度
社員持株会
財形貯蓄
保養所(熱川)

8. 三洋工業の中途採用は?

採用情報 | 三洋工業株式会社

http://www.sanyo-industries.co.jp/recruit/

三洋工業の採用情報についてご案内します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和55年に設立。夢真ホールディングスの前身は建築設計事務所であり、生産設計分野をリードしてきた存在である。現在の主力事業は建築技術者派遣やエンジニア派遣で、株式会社夢テクノロジー、株式会社夢エージェント、株式会社夢エデュケーションなど、連結子会社7社で構成されている。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


wiget_w300 wiget_w300