【飲食店の運営も】(株)第一興商に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【飲食店の運営も】(株)第一興商に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カラオケ店舗BIGECHOの展開や業務用通信カラオケCyberDAMを手がける会社。BIGECOブランドはCyberDAM等自社製品を積極的に使用する他に、祭り一丁やバナナクラブ等地域店舗と積極的に繋がる動きを見せている。カラオケの他にも飲食店舗では花咲酒蔵ウメ子の家や海と大地楽蔵うたげ等多数の店舗を運営している。


1. 第一興商ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

業務用カラオケ・コンテンツ関連の会社。

1-2 創業者と沿革

創業者 保志忠彦

会社沿革 [第一興商]

http://www.dkkaraoke.co.jp/corporate/history.html

カラオケと音楽エンターテインメントの第一興商の企業サイト。会社概要、IR情報、事業案内、商品をご紹介しております。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都品川区北品川5-5-26

出典:http://www.dkkaraoke.co.jp/corporate/images/map_02.pdf

事業所一覧 [第一興商]

http://www.dkkaraoke.co.jp/corporate/businesslist/index.html

カラオケと音楽エンターテインメントの第一興商の企業サイト。会社概要、IR情報、事業案内、商品をご紹介しております。

1-4 ビジョン・ミッション

■2.1企業活動
 DKグループは、「もっと音楽を世に、もっとサービスを世に」をグループ理念とし、「カラオケを通じた音楽の振興と、楽しいコミュニケーションの場を提供すること」を経営の基本方針としております。この方針に基づき、常に情報技術を駆使した新しいサービスを創造し、総合的に「音楽・カラオケ・エンタテインメント」を提供するため、高い企業倫理と社会倫理をもって、積極的に健全な企業活動を行います。

■2.2法令遵守
(1)
DKグループはいかなるときも、利潤の追求だけに行動せず、社会秩序を重要視し、社会との調和、社会への貢献のために、あらゆる場において関係法令は遵守し、高い企業倫理と社会倫理に則った企業活動を展開します。
(2)
万一問題が発生したときでも、その責任を明確にし、迅速に対応を行い厳正な態度で臨みます。

■2.3地域社会との調和
 DKグループは、音楽を通じて社会へ貢献し、役職員等の一人一人が地域社会との調和に努め、地域社会が企業存立の基盤であることを日々認識するよう心がけます。

2. 第一興商って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年3月期 1406億4000万円
2016年3月期 1413億1000万円
2015年3月期 1331億1100万円

▲経常利益
2017年3月期 225億3900万円
2016年3月期 211億2700万円
2015年3月期 210億8200万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2017年3月期 111億1500万円
2016年3月期 125億9900万円
2015年3月期 136億5000万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高 平成28年度3月期
業務用カラオケ事業 685億5700万円
カラオケ・飲食店舗事業 567億5900万円
音楽ソフト事業 90億2700万円
その他 69億66000万円

2-3 主力商品

【業務用カラオケ事業】
・他社の追随を許さない強力な通信カラオケ機器ラインアップ
業務用カラオケ事業では、業務用カラオケ機器の販売及び賃貸ならびに通信カラオケへの音源・映像・企画コンテンツなどの提供を行っています。
創業の時代より、8トラック、LD、通信カラオケと、そのシステムが移り変わる中、リーディングカンパニーとして、ハード・ソフト両面において多様化・高度化するニーズに対応してきました。
通信カラオケシステム主流の現在においても、市場で高いシェアを持つ当社の「DAM」は、ブロードバンド環境にいち早く対応し、その商品力と抜群の信頼性で高い評価を獲得しています。
特に、最高位機種の「LIVE DAM STADIUM」は、スタジアムライブの圧倒的な迫力と臨場感を実現するこだわりの「音」とデュアルモニターによる多彩な空間演出を可能にします。
また、近年では、高齢者の「口腔・運動・認知」機能の改善を支援する生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」の普及に努めています。

【カラオケ・飲食店舗事業】
カラオケルーム ビッグエコーは、清潔で過ごしやすい空間に、最新のカラオケ機器と優れた映像・音響装置を設置した、歌う楽しさとコミュニケーションの場の提供を行い、カラオケファンの満足度を高めています。また、お客様の立場に立った、教育の行き届いたスタッフによる接客と、安心・安全を心がけた施設開発・運営を行っています。

【音楽ソフト事業】
・総合的な事業展開で音楽産業の振興を促進
音楽ソフト事業では、音楽・映像ソフトの制作、販売を行っています。将来性あふれるアーティストを発掘・育成し、広く受け入れられる良質なヒット曲の創造に注力しながら、音楽文化の発展に寄与してまいります。また、第一興商が行う他の事業との相乗効果を高めることで、音楽作品のプロモーション、カラオケ店舗への集客、カラオケの利用促進などが有機的に結びついていきます。

3. 第一興商の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役社長(代表取締役)
保志 忠郊
昭和46年3月6日生
平成9年1月 有限会社まるよし入社
平成11年2月 当社入社
平成16年4月 制作管理部部付部長
平成17年5月 レコード子会社管理部長
平成17年6月 執行役員就任 音楽ソフト事業本部副本部長
平成19年4月 直轄営業部長
平成19年6月 取締役就任 営業統括本部副本部長
平成21年9月 常務取締役兼上席執行役員就任
平成23年6月 営業統括本部長
平成27年6月 専務取締役兼上席執行役員就任
平成29年6月 代表取締役社長就任(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

近年、カラオケの利用機会は非常に多様化しており、
これまでの身近なエンターテインメント性に加えて、
超高齢化社会における健康への貢献といった役割も注目を集めています。
これらの期待に的確に対応していくことこそが、
サービスの付加価値向上と、ビジネスの発展に繋がっていくと考えております。

「もっとわかりやく、さらに使いやすく」。
私たちは、これからもそのような想いを基本として、
カラオケを中心としたサービスの向上に努めるとともに、
新たなビジネスにも積極的にチャレンジすることで、
利用者の皆様の喜びと楽しみに貢献し続けるよう邁進してまいります。

4. 第一興商ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 3,266人(平成28年3月31日現在)
単体 1,716人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 39.1歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 10.1年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 623万3445円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

眞島信次 2013年入社
横浜支店 横浜支店リーダー

お客様に最適な音響空間の提案から工事・メンテナンスまで、お客様のお店をトータルプロデュースします。DAMを導入して頂いているお客様は、カラオケボックスや飲食店など様々です。また近年、新しい事業領域へ向けた業務展開も行っており、高齢者の介護予防・健康維持を支援する商品・サービスの提供にも力を注ぎ、健康産業と言う側面からも社会に貢献が出来る仕事です。

佐藤大河 2011年入社
BIG ECO 神奈川エリア 横浜西口駅前本店教育店長 

ビッグエコー及びダイニングバー業態店舗にて、店舗運営全般を行います。店舗運営が確りと出来るようになったら運営をお任せします。戦略立案・マーケティング・人事・教育などの業務を習得して頂き、将来は店長・マネージャーとして、大型店舗・複合店舗の運営をお任せします。

 

5. 第一興商の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

★業界を引っ張っていく会社で働きたいという方
★アルバイトスタッフに影響を与えていく仕事をしたい方
★コミュニケーション力を向上させたい方
★仕事・プライベートともに充実させたいという方
→→第一興商なら、あなたの希望がきっと叶います!!

5-2 育成に関する方針・施策

●キャリアアップできる環境
店舗運営がしっかりできるようになったら、あなたの将来の道も広がっていきます。店長職のプロフェッショナルとして大型店舗・複合施設の運営、またはマネージャー・SVへという選択肢や本部での運営統括業務など、キャリアプランは豊富にご用意。ぜひビッグエコーで、キャリアアップを実現させてください。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■初任給/手当
<営業職>
専門・短大・高専卒 月給174,000円
大卒 月給195,000円
院卒 月給203,000円
<店舗職>
専門・短大・高専卒 月給234,000円(固定残業30時間分60,000円含む)
大卒 月給241,000円(固定残業30時間分60,000円含む)
<開発職・制作職>
大卒 月給195,000円
院卒 月給203,000円

・勤務地手当、残業手当、通勤費(全額支給)、役職手当、業績手当等
・昇給 年1回、賞与 年2回(7月、12月)

6. 第一興商出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

川口 徹(かわぐちとおる) 
1968年生 山梨県富士吉田市出身
ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部認定講師
企業のセールスマネジメント、ビジネスモデル・マーケティングシステム・営業組織構築の支援、個人の営業スキルアップ、脳力開発トレーニングを専門とするコンサルタント

大学卒業後、第一興商、ホテル・アミューズメント企業で営業及び店舗マネージャーを経験し、1997年世界最大級の脳力開発企業エス・エス・アイに、BtoC営業兼脳力開発インストラクターとして入社。
2年目に年間個人売上2億円を超すトップセールス賞及び、ベストセールスマネージャー賞を受賞し営業本部長に昇進。
翌年にはプロパーとして最速最年少で取締役就任。
250名を超える組織のマネージャーとして、営業、出版、研修、カスタマーサポート部門を統括し、会社を業界世界最大の売上へ成長せることに貢献。
2007年5月株式会社エス・エス・アイ代表取締役に就任。
創業者で日本の自己啓発業界のパイオニアである田中孝顕氏を始め、国内外の権威からの直接指導、業務提携を経験し、2010年12月独立。

7. 第一興商の福利厚生は?

★社会保険完備
★交通費全額支給
★保養所有
★従業員割引
★退職金制度
★役職手当
★残業代支給(当社規定)
★財形貯蓄、社員持株会

8. 第一興商の中途採用は?

企業情報 [第一興商]

http://www.dkkaraoke.co.jp/corporate/careers/recruit_list.html?type=dk_career

カラオケと音楽エンターテインメントの第一興商の企業サイト。会社概要、IR情報、事業案内、商品をご紹介しております。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


【新オフィスは新宿】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【新オフィスは新宿】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

就職・転職するならLINE。月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


wiget_w300 wiget_w300