【有休取得を推奨】アズワン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【有休取得を推奨】アズワン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

研究機関で使用する検査機器や消耗品、病院・介護現場で使用する介護用品などを扱う卸会社。調達先企業は2600社で、調達力は業界でもトップクラス。全国の販売網は1万拠点を誇る。メーカー品の卸販売だけでなく、独自に規格したオリジナル商品の販売も手がけ、カタログ記載商品は7万点を超える。


1. アズワンってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

研究用機器機材、看護・介護用品、その他科学機器の販売をしている企業

1-2 創業者と沿革

創業者 井内盛一
大阪ガラス発祥の地に井内盛栄堂商舗を開設
科学機器事業への第一歩、(株)井内盛栄堂の設立と研究用カタログ第1号の発刊

1-3 本社所在地とネットワーク

大阪市西区江戸堀二丁目1番27号

出典:
https://www.as-1.co.jp/company/profile/

事業所拠点一覧 | アズワン

https://www.as-1.co.jp/company/offices/

アズワンは、日本国内、さらには海外へ。市場の動向をいち早く捉え、ニーズに応えていくためのネットワークを構築しています。

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
「革新と創造」
フロンティア精神を胸に常に挑戦し続ける企業でありたい

アズワンは、「革新と創造」を経営理念に掲げ、常に変化を求め、現状維持を好まず、歩みを止めることがありません。
また、それまでなかったものを、オンリーワンの何かを創り出します。
それは、新しい商品であり、新しい価値であり、新しい仕組みであります。

■経営ビジョン
アズワンは、「科学」・「医療」を中心とした専門分野を主な事業領域とし、顧客が必要とする商品・サービス・情報を提供することで、社会に貢献する企業を目指します。

2. アズワンって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年3月期 559億4700万円
2016年3月期 535億7600万円
2015年3月期 520億4100万円

▲営業利益
2017年3月期 60億9300万円
2016年3月期 58億4300万円
2015年3月期 59億8400万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2017年3月期 42億1200万円
2016年3月期 38億7800万円
2015年3月期 38億6900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業部門別売上高(平成28年3月期)
科学機器分野 312億500万円
産業機器分野 112億1000万円
病院・介護用品分野 111億6000万円

2-3 主力商品

・科学機器分野
汎用機器・計測機器
実験・研究の基礎となる冷却・加熱・撹拌・吸引・加圧及び移送に使用される汎用機器を始めとして、温度・湿度管理、測定・計測機器まで広範囲に揃えています。

・産業分野
洗浄・滅菌・清掃
洗浄・乾燥用超音波洗浄器、洗浄剤、乾燥器具を始めとして、滅菌・消毒関連用品と清掃用品等を揃えています。

・病院・介護用品分野
急速な高齢化社会の進展や障がい者の社会参加ニーズの高まりを背景に介護福祉市場は成長期から成熟期へ移行しつつある段階にあり、商品においてもQOLの向上のための機能やサービスの付加価値が求められています。アズワンは病院や高齢者施設向けに商品を供給してきたノウハウを生かし、介護分野向け商品をいち早く展開。介護車や介護ベッドから入浴用品、衛生用品に至るまでラインアップを充実させ、より使い易く快適な商品の供給に努めてきました。「使う人の立場に立った商品」というコンセプトを大切にし、「ナビス」ブランドによる商品展開に力を注いでいきます。

3. アズワンの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 井内 卓嗣
昭和43年8月27日生
平成3年3月 関西大学商学部卒業
平成3年4月 日鐵商事株式会社(現:日鉄住金物産株式会社)入社
平成6年3月 当社入社
平成14年4月 国際部長
平成17年6月 当社取締役 国際部長兼商品購買部長
平成18年4月 商品本部長兼国際部長
平成19年4月 商品本部長兼商品購買部長
平成19年4月 亜速旺(上海)商貿有限公司董事長
平成20年4月 当社専務取締役 商品本部長兼情報戦略本部長兼商品購買部長
平成20年6月 商品本部長兼情報戦略本部長兼事業開発本部長兼商品購買部長
平成21年6月 当社代表取締役社長(現任)
平成22年4月 兼営業本部長
平成23年4月 兼マーケティング本部長
平成27年1月 兼営業本部長

3-2 発言、ブログ、エピソード

当社は、今後も「革新と創造」という経営理念のもと、新しい分野を切り開き、高度化・多様化するお客様のニーズを捉え、お客様に喜んでいただける商品とサービスをご提供してまいります。

社員には、せっかく人生の大半を過ごす会社での時間を有意義なものと感じて欲しい。会社は安定しており大きな不満は無くとも、充実感も無いのではないか。私は、社員それぞれが思い描く「いい会社」を実現したい。「いい会社」とは漠然とした言い方だが、自分の一番大切な人、息子・娘、彼・彼女、親友に対し「こんなええ会社ないで。絶対入りや!!」と心の底から言えるだろうか。残念ながらそうは思えないことが多々ある・・・。ならば、そう言えない理由である身の回りの小さなデコボコの放置をやめ、みんなでコツコツ埋めよう。5年10年振り返ってみた時、「ほんまええ会社になったわ」と思い合いたいと考えている。

4. アズワンではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 463人
単体 339人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 37.9歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 11.6年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 622万9935円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

山崎 智子(左)
営業企画グループ

・なぜ、アズワンで働こうと思ったのですか?

他社の面接ではこちらの知識を試すような設問が多い中、アズワンだけが「どんなアルバイトをしていましたか?」と私自身に興味をもって真剣に聞いてくださったんです。一つ答えるとそこから話が広がって…と自然な会話が続きました。この面接が一番の決め手ですね。

南 健太(右)
大阪ナビスヘルスケア課

・なぜ、アズワンで働こうと思ったのですか?

私は学生時代にアメリカンフットボールをしていました。アズワンは『アズワンブラックイーグルス』というクラブチームのスポンサーをしていたので、興味を持ったのがきっかけですね。面接のときに冗談を言ったら反応が良かったので、ますますいい印象に(笑)。

 

5. アズワンの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人物像・選考基準
仕組みを使って未来を切り拓き続けるアズワンには、道が決められたレールは存在しません。従って、いろんなことに興味を持つ旺盛な好奇心、失敗に学ぶ素直さと柔軟さ、10年後を見据えるヴィジョン形成力・自分を磨きつづける学習力、そして交渉力とコミュニケーション力、これらを持った人こそ、新たな荒野に自らのレールを敷き、成功を収めることが出来る人材です。アズワンはそんな観点から採用活動を行います。

5-2 育成に関する方針・施策

当社はさまざまなものをつないでいく機能、すなわち『HUB』としての役割を担うことが、社会的な使命であると考えています。
物流としての『HUB』、情報と情報とをつなぐ『HUB』、そして「ひと」と「ひと」とをつなぐ『HUB』も大切な役割です。
なかでも「ひと」と「ひと」とをつなぐ『HUB』となる人財を育成することこそが、商社である当社においては全てであると言っても過言ではありません。
当社で働く社員が魅力的な人財として成長し続けること―。社会のためにお役に立てる人財として活躍できること―。
そのために、これからも人財育成への投資を惜しむことなく続けていきます。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■給与 2016年4月初任給実績
大学院卒総合職  月給22万7000円
大学卒総合職   月給21万円
大学卒一般職   月給19万3000円
短大卒一般職   月給17万4800円
(一律手当込、通勤交通費別途)

■昇給 年1回(4月)
■賞与 年3回(4月、7月、12月)

6. アズワン出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. アズワンの福利厚生は?

・有給休暇について

・ポジティブ・オフ制度

3ヶ月(四半期)に1日、有給休暇を必ず計画的に取得する制度を導入しています。
「ポジティブ・オフ」と命名した本制度には、仕事を離れて積極的に休日を楽しんで欲しい、社員がリフレッシュをして仕事への活力を生み出して欲しいとの想いを込めています。「ポジティブ・オフ」計画表により取得状況を確認しており、本制度の実行性を高めています。また、社員間の略語として「ポジ・オフ」と呼ばれるなど、社内にも広く浸透している制度です。
通常の休日では味わうことのできない体験談などは、社内報「mint」において紹介されることもあります。次の「ポジティブ・オフ」に何をしようかと考えることも、社員が精力的に仕事をする上でのモチベーションとなっています。

退職金制度、企業年金制度、財形貯蓄、社員持株会制度、国内契約保養所、借上社宅制度、社員親睦会制度、クラブ活動補助、社員旅行、福利厚生倶楽部 他

8. アズワンの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


最新の投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


wiget_w300 wiget_w300