【日本製鉄に社名変更】新日鐵住金(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【日本製鉄に社名変更】新日鐵住金(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

粗鋼生産量で国内最大手、世界3位の鉄鋼メーカーであり、新日鐵住金グループの事業持株会社。業界国内1位の新日本製鐵と同3位の住友金属工業が合併して2012年に発足。2017年3月に日新製鋼を子会社化。2019年4月に社名を「日本製鉄」に変更予定。


1.新日鐵住金ってどんな会社?

新日鉄住金、「日本製鉄」に社名変更 来年4月

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30575470W8A510C1000000/

 新日鉄住金は16日、2019年4月1日に「日本製鉄」に社名変更すると発表した。12年10月に旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合して、現社名になっていた。鉄鋼メーカーの国際競争が激しくなるなか、日

1-1 ひとことで言うと?

新日鉄住金は、製鉄、エンジニアリング、化学、新素材、システムソリューションの5事業を有する事業持株会社です。

官営八幡製鐵所の流れを汲む新日本製鐵と、住友グループの鉄鋼メーカーである住友金属工業が合併し、2012年に成立した。

略称はNSSMC。

1-2 創業者と沿革

【新日本製鉄】
1950年 八幡製鐵株式會社[Yawata Iron & Steel Co., Ltd.](八幡製鐵所)、
     富士製鐵株式會社[Fuji Iron & Steel Co., Ltd.](室蘭、釜石、広畑の各製鉄所と
     川崎製鋼所)がそれぞれ発足
1955年 八幡製鐵㈱が光製鐵所を設置
1958年 富士製鐵(株)と中部財界とが共同出資で東海製鐵(株)を創立
     八幡製鐵(株)が戸畑製造所を設置
1961年 八幡製鐵(株)が堺製鐵所を設置
1965年 八幡製鐵(株)が君津製鐵所を設置
1967年 富士製鐵(株)が東海製鐵(株)を合併し名古屋製鐵所と改称
1968年 八幡製鐵(株)が八幡鋼管(株)を合併

【住友金属】
1949年 新扶桑金属工業(株)[Shin-Fuso Metal Industries, Ltd.]を設立(会社設立)
1950年 製陶部門を分離し、鳴海製陶株式会社を設立
1952年 住友金属工業(株)[Sumitomo Metal Industries, Ltd.]に商号復帰
1953年 小倉製鋼(株)を合併し、小倉製鉄所を設置
1959年 伸銅、アルミニウム圧延部門を分離し、住友軽金属工業(株)を設立
     中央技術研究所を開設(現 尼崎研究開発センター)
1961年 航空機器事業部門を分離し、住友精密工業(株)を設立
1963年 磁鋼、電子材料製造部門を分離し、住友特殊金属(株)を設立
1966年 海南鋼管(株)を設立
1968年 鹿島製鉄所を開設

沿革 | 会社概要 | 企業情報 | 新日鉄住金

http://www.nssmc.com/company/about/history/index.html

新日鉄住金の沿革についてご紹介します。新日本製鉄と住友金属は2012年10月1日に統合しました。私たちは経営統合により、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都千代田区丸の内二丁目6番1号
丸の内パークビルディング

大阪支社など全国に10支社(11事業所)、技術開発本部/研究所が3か所

製鉄所 | 新日鉄住金

http://www.nssmc.com/works/index.html

新日鉄住金の製鉄所についてご紹介します。新日本製鉄と住友金属は2012年10月1日に統合しました。私たちは経営統合により、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指します。

鹿島、君津、名古屋、和歌山など

主要な国内グループ会社 | 企業情報 | 新日鉄住金

http://www.nssmc.com/company/group/index.html

新日鉄住金の国内グループ会社についてご紹介します。新日本製鉄と住友金属は2012年10月1日に統合しました。私たちは経営統合により、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No2の鉄鋼メーカー」を目指します。

海外事業所等 | 所在地 | 企業情報 | 新日鉄住金

http://www.nssmc.com/company/location/oversea.html

新日鉄住金の海外事業所についてご紹介します。新日本製鉄と住友金属は2012年10月1日に統合しました。私たちは経営統合により、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指します。

1-4 ビジョン・ミッション

新日鉄住金グループの企業理念

基本理念
新日鉄住金グループは、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、優れた製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献します。

経営理念
1.信用・信頼を大切にするグループであり続けます。
2.社会に役立つ製品・サービスを提供し、お客様とともに発展します。
3.常に世界最高の技術とものづくりの力を追求します。
4.変化を先取りし、自らの変革に努め、さらなる進歩を目指して挑戦します。
5.人を育て活かし、活力溢れるグループを築きます。

2.新日鐵住金の業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
・2018年3月期:5兆6,686億6,300万円
・2017年3月期:4兆6,328億9,000万円
・2016年3月期:4兆9,074億2,900万円

▲経常利益(連結)
・2018年3月期:2,975億4,100万円
・2017年3月期:1,745億3,100万円 
・2016年3月期:2,009億2,900万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
・2018年3月期:1,950億6,100万円
・2017年3月期:1,309億4,600万円
・2016年3月期:1,454億1,900万円

新日鐵住金過去10年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメントごとの売上高(2018年3月期)
 製鉄事業 5兆172億4,500万円

出典:
http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2017_all.pdf

▲セグメントごとの売上高(2018年3月期)
 エンジニアリング事業 2,942億6,800万円

出典:
http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2017_all.pdf

▲セグメントごとの売上高(2018年3月期)
 化学事業 2,007億6,700万円

出典:
http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2017_all.pdf

▲セグメントごとの売上高(2018年3月期)
 新素材事業 370億5,000万円

出典:
http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2017_all.pdf

▲セグメントごとの売上高(2018年3月期)
 システムソリューション事業 2,442億円

出典:
http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2017_all.pdf

▲地域ごとの売上高(2018年3月期)
・日本:3兆7,086億4,400万円
・海外:1兆9,600億1,900万円

2-3 主力商品

■製鉄事業

「品種事業部基軸の運営」を通じて、製造・販売・技術一体で品種ごとの戦略をスピーディに実行します。

■エンジニアリング事業
(新日鉄住金エンジニアリング(株))

製鉄・環境・エネルギー関連のプラント建設から、超高層建築物や巨大鋼構造物など多様な領域で、国内外のインフラを支えます。

■システムソリューション事業
(新日鉄住金ソリューションズ(株))

長年、製鉄業のシステムを24時間365日支えてきた実績で、製造業に加えて、金融・流通・公共等、幅広いお客様に、先端的ITを活用した最適かつ安定したシステムを提供します。

3.新日鐵住金の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長  
宗岡 正二
昭和21年5月3日生

昭和45年4月 新日本製鐵㈱入社
平成11年6月 同社取締役秘書部長
平成15年4月 同社常務取締役薄板事業部長
平成17年4月 同社代表取締役副社長
平成20年4月 同社代表取締役社長
平成24年10月 当社代表取締役会長 兼 CEO
平成26年4月 当社代表取締役会長 現在に至る

出典:http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2016_all.pdf

代表取締役社長  
進藤 孝生
昭和24年9月14日生

昭和48年4月 新日本製鐵㈱入社
平成17年6月 同社取締役経営企画部長
平成18年6月 同社執行役員経営企画部長
平成19年4月 同社執行役員総務部長
平成21年4月 同社副社長執行役員
平成21年6月 同社代表取締役副社長
平成24年10月 当社代表取締役副社長
平成26年4月 当社代表取締役社長 現在に至る

出典:http://www.nssmc.com/ir/pdf/nssmc_jp_br_2016_all.pdf

3-2 発言・エピソード

当社の国内の粗鋼生産能力は約5,000万トンありますが、経営統合以来、設備の集約を進めながらも、技術の力で生産性を高めることで粗鋼生産能力を維持し、コスト競争力を強化しています。具体的には、経営統合時から2020年度末までに、高炉は14基から12基、転炉は32基から28基、連続鋳造設備は30基から27基へとそれぞれ集約することとしています。
(中略)私は、ものづくりは人づくりから始まると考えています。社会・経済は常に変化し、その流れは速く、また、ビジネスのステージもグローバルへと広がっています。しかし、企業が持続的に成長していくためには、どのような時代にあっても軸をぶらさず、長期的な視点をもって人を育み、そして人が誇りを持って働くことができる環境を作ることが大切であり、それが私の大きな務めであると考えています。(進藤社長)

ラグビーでいえば、主将はプレーがうまくて、チームに貢献できる度合いも高く、人格も立派で、チームワークを維持することに意欲を持っている人、これが理想です。しかし、そうではない場合もある。そのとき、僕はチームワークを維持する意欲の強さを重視します。
(中略)後を託すリーダーには、チームワークを大事にする人を選びます。どれだけ一人うまくても、勝てるスポーツじゃないからです。ビジネスでも同じです。世の中に一人でやる仕事はほとんどないのだから。僕はいろんな会社の社長や組織の長と話をしてきました。偏見かもしれませんが、どの組織もプレーヤーとしての能力が優れた人よりも、チームを維持することにたけた人が選ばれているな、と思いますね。 (進藤社長)

4.新日鐵住金ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

【連結】
・製鉄:79,501人[臨時従業員:15,023人]
・エンジニアリング:4,602人[臨時従業員:701人]
・化学:1,685人[臨時従業員:203人]
・新素材:1,466人[臨時従業員:385人]
・システムソリューション:6,303人[臨時従業員:49人]
合計:93,557人[臨時従業員:16,361人]

【単体】
・製鉄:25,101人[臨時従業員:4,357人]
合計:25,101人

(2018年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体 37.4歳(2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体 15.4年(2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体 597万2,567円(2018年3月31日現在)

4-5 社員インタビュー・コメント

福田 浩司
2000年入社
本社 厚板営業部 厚板第一室 国内営業(厚板)

ブルドーザーやショベルカーなど、建設機械向けの厚板を扱う部署でプレイングマネージャー的なポジションを担う。建設機械に関わる国際情勢や経済のトレンドやお客様の動向をもとに販売戦略を練り、それを実施する。
営業としての仕事の幅のみならず、自分の知識や人脈の幅を広げることもできます。その他、現在の仕事の特徴として、業務のグローバル化があげられます。海外での営業活動は、乗り越えなければならない壁も多くありますが、大きな伸びが期待される未知の市場への挑戦はとても刺激的です。

井上 彩
2004年入社
本社 総務部 総務室 総務

全部門・全製鉄所に関する課題を解決するために「業務の仕組みや組織の改編」「経営陣と社員の橋渡し」などを行う。会社がより良い方向に向かって持続的に成長していけるように、改善の「旗振り役」となる。
単純にルールをつくってあてはめたり、数字をクリアしたりするだけでは、うまくいかないのが難しいところです。また全社内のあらゆる立場の意見や想いを汲み取りつつ、物事を進めなくてはなりません。時に苦しくもありますが、そこを乗り越えて全社の基盤をつくることこそ、総務の醍醐味であると感じています。

井内 興
2007年入社
本社 設備・保全技術センター 
システム制御技術部 システム制御技術室 
設備技術(電気)

製鋼工場でつくられたスラブを加熱炉で再加熱し、複数の圧延機で連続して薄く延ばしていく熱延工程。その製造工程能力を向上させるための計測・制御関連の技術開発と、実際の製造設備への適用を担う。
新日鐵住金が抱く価値観ははっきりしています。「現場で良いものをつくることが、社会にとっても良いことだ」。そうした認識を社員全員が持つことを強みに、新しい未来を築く仕事に関わっていくことができます。

杉浦 夏子
1992年入社
技術開発本部 鉄鋼研究所 薄板研究部 研究開発

薄板のなかでも自動車や建設機械の部品などに用いられる熱延鋼板の研究開発を担当する。
各製鉄所の技術者、本社の品質管理部や商品技術部とも連携しながら、先進的な市鋼板の実現に挑戦している。
思うような結果が得られず落ち込むことも多いのですが、困難が大きいほど、多くの技術者と一緒になって取り組んだ研究開発が結実し、製品として出荷されるときの喜びもたまらなく大きくなります。

5.新日鐵住金の人材採用・育成方針

5-1 採用に関する方針・施策

新日鐵住金は、創業以来、鉄づくりを通じて社会を支えるという重要な役割を担い続けてきました。今、私たちは、これまで以上にグローバルな視点で需要を捉え、収益を上げ、企業として成長を実現することを通じて、総合力世界No.1の鉄鋼メーカーとしてのプレゼンスを揺るぎないものとすること、そして、鉄づくりを通じて社会を支えるという重要な役割を、よりグローバルなスケールで担っていくことを目指しています。
その実現を支えるのは個々人の力とチームワーク。いずれも「人の力」です。鉄という素材の製造、ソリューションの提供は1人では決してできません。「One for all, All for one」の精神で国内外の事務系、技術系、現場オペレーターが連携することで初めて成し遂げられます。
更に、私たちは「ものづくりは人づくりから」という考えを持ち、社員の人材育成にも力を入れています。また、新日鐵住金には人間的に成長する場としても大きなフィールドが広がっています。どうか多様な社員に接し、当社を感じて頂ければ幸いです。
このような私たちの考え方をご理解頂き、新日鐵住金の将来を担うという気概をもった皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

■採用活動について
採用活動にあたっては、日本経済団体連合会の倫理憲章に基づき公平・公正な採用活動を展開しています。なお、当社における2016年度の自己都合での離職率は0.8%でした。

5-2 育成に関する方針・施策

■人材育成方針
当社は、「世界最高の技術とものづくりは人づくりから」を合言葉に、「現場力」と「技術先進性」を高め、製造実力の向上に取り組んでいます。「人材育成は仕事そのもの」との共通認識の下、上司-部下間の対話により、各職場で求められる能力・スキルの明確化と職務遂行能力の向上に取り組む日々のOJTをベースに、マネジメントスキルに関する階層別研修や技術教育プログラムなど、OJTを補完する各種OFF-JTを行っています。なお、当社は全社共通の研修をはじめとして、部門単位、事業所単位などで、様々なOFF-JTをラインナップしていますが、2016年度の本社の人事部門主催の研修の受講者数は7,000人、延べ研修時間は205,000時間となりました。

また、製造現場においては、高い品質と生産性を支える熟練従業員の経験やスキルを、若手従業員に伝承していくため、従業員の新規採用を安定的に行うことはもとより、作業手順のビジュアル化、理解度試験等、伝承方法の進化を図っています。

■海外事業展開を支える人材育成
当社は世界トップレベルの技術力を活かし、海外成長市場への積極的な事業展開を行っており、海外事業拠点では、多くの当社従業員が合弁パートナーや現地従業員と力を合わせてプロジェクトを進めています。当社はベトナムやタイ、インドネシアなどの東南アジア、中東、北米、南米など幅広く事業を展開しておりますが、合弁会社を含めて、これら海外拠点においては、従業員を現地採用し、雇用機会の創出を通じた現地社会への貢献も果しております。ますます拡大する海外事業展開を支える人材の育成のため、異文化理解研修や留学派遣等、国際化教育に力を入れています。

■グローバルグループスタッフ(事務系・技術系 総合職)
(充実した教育・研修制度):新日鐵住金は、「現場力」と「技術先進性」を高め、製造実力を向上させることを通じ、変化する時代のなかで、つねに世界最高の技術とものづくりの力を追求します。それを支えるのはいうまでもなく人材です。「世界最高の技術とものづくりは、人づくりから」という理念のもと、充実した教育・研修制度を備えています。

【OJT-研修】
上司と部下が目標と成果を共有し、日々の対話を重ねながら物事の判断基準や業務スキルを伝えていきます。その基本となるのが日常業務を通じて行われるOJTであり、「上司・部下の直接対話」により「一人一人に着目」して計画・実行していきます。

【コーチャー制度】
先輩社員がマンツーマンでサポートする制度です。新入社員の悩みを公私にわたり受け止め、フォローします。

【OFF-JT研修】
OJTではカバーしきれない特定スキルの学習やテーマ研究、また各階層別に身に付けなければならないスキルの習得を目的として、OFF-JT研修を実施しています。

【階層別研修】
新入社員や部長層に至るまで、資格・役職に応じたテーマに基づき集合方式で実施するものであり、各階層に求められる知識やスキルを各人が習得し、社員全員の能力向上を図ることを目的としています。

【スキル研修】
ビジネスを進めていく上で個々人の職務に必要なスキルを高めるために計画された「ビジネススキル研修」と、技術者として必要なスキルを身に付けるための基礎教育の強化や、各分野の要素技術の習得を目指す「技術教育プログラム」を実施しています。

【国際化教育】
グローバルに活躍するために必要な知識・スキルの習得を目指した語学研修を充実させています。

■オペレーター・設備メンテナンス業務
"心・技・体"を兼ね備えた鉄人を目指して
職場でのOJTを補完する仕組みとして、新日鐵住金ではOFF-JTも充実させています。
(入社後に受講する特別教育・技能講習の例)
・玉掛け技能講習
・クレーン運転技能講習
・ガス溶接技能講習
・アーク溶接等の業務に係る特別教育
・粉じん作業に係る特別教育
・酸素欠乏危険作業に係る特別教育
・騒音作業衛生教育等

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

当社の人事処遇制度は、すべての社員が入社から退職まで、成長への意欲を保ちながら職務に精励するためのインセンティブとしての機能を有しており、日々の上司-部下間での対話を通じ、一人ひとりの能力・成果について、人材育成施策と一貫した公正な評価を行い、それらを的確に処遇に反映する仕組みとしています。
また、2013年4月には、育児のための在宅勤務制度や、育児・介護等のために退職した社員の再入社制度などを導入するなど、仕事と家庭生活の両立を支援するための施策の充実を図っています。

■給与
 高専卒/187,000円
 学部卒/210,000円
 修士了/235,000円
■諸手当
 時間外手当、深夜手当、通勤交通費 など
■昇給・賞与
 昇給 年1回(4月)
 賞与 年2回(6月、12月)

6.新日鐵住金の出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

株式会社ジェイ・スポーツ 編成部長 池田泰斗氏
慶應義塾大学経済学部卒業後、新日本製鐵(株)(現新日鐵住金(株))に入社し、管理会計、営業、営業システム開発を経験。2003年に(株)ジェイ・スカイ・スポーツ(現(株)ジェイ・スポーツ)に入社すると、様々な事業担当を経て、2013年より現職に就く。J SPORTSの4チャンネルの編成ビジョン・方針・戦略やコンテンツ戦略の構築に従事

斉藤 昭宏
日本ファウンドリー株式会社 代表取締役副社長 営業グループゼネラルマネージャー

1989年4月 新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)入社
1995年5月 日鉄セミコンダクター株式会社 出向
1999年4月 日本ファウンドリー株式会社 転籍
2002年1月 当社入社
2004年4月 当社営業グループシニアマネージャー
2006年6月 当社取締役営業グループ アシスタントゼネラルマネージャー
2010年6月 当社取締役営業グループゼネラルマネージャー
2012年6月 当社代表取締役副社長営業グループ ゼネラルマネージャー(現任)

7.新日鐵住金の福利厚生は?

社会保険/雇用保険、健康保険、厚生年金、介護保険、労災保険
社宅・寮/各事業所に完備
その他制度/グループ保険、各種財形貯蓄、住宅融資制度、持株制度、ワークライフサポート制度(育児施設利用補助、レジャー補助)など

8.新日鐵住金の新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報 | 新日鉄住金

http://www.nssmc.com/recruit/

新日鉄住金の採用情報についてご紹介します。新日本製鉄と住友金属は2012年10月1日に統合しました。私たちは経営統合により、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No1の鉄鋼メーカー」を目指します。

9. 新日鐵住金のキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 新日鐵住金の、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体や電子部品の加工装置メーカー。本社京都。主要製品はCVD装置とエッチング装置、洗浄装置。半導体基板の表面に薄い膜を形成する「薄膜形成分野」、半導体基板の表面に緻密な加工を施す「微細加工分野」、半導体基板の表面を洗浄する「洗浄分野」の技術を持つ。半導体ウエハーのSUMCO(東京)とは別会社であることに注意。

電機・電子 京都府 東証一部 半導体製造装置


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部分品をはじめ、輸送用や産業用の機械器具・システムの製造販売を行う日立グループの会社。エンジン機器を主力とし、エンジンの吸入空気量を検出する装置であるエアーフローセンサーでは世界でトップクラスのシェアを誇る。近年では、中国と米国の2大市場で拡販強化を行い事業伸長に取り組んでいる。

茨城県 東京都千代田区 非上場 自動車関連 日立グループ


株式会社長大に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長大に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1968年設立。本社を東京都中央区に置く建設コンサルティング会社である。道路・橋梁などの建設コンサルタントを主とする。その他に環境分野、情報・電気通信分野、PPP等マネジメント分野、都市再生等まちづくり分野においてコンサルティングを行っている。また震災などの大規模な災害発生の際は専門家を派遣し復興に貢献している。

東京都中央区 コンサルティング 東証一部


最新の投稿


日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1950年創業の石油関連の事業を主軸とするエネルギー商社。サービスステーション「ENEOS」の運営や、石油化学製品の販売、またケンタッキーフライドチキンやタリーズコーヒーなどのFC店舗の展開、太陽光発電機器の販売、不動産事業など幅広い事業展開を行っている。

東京都港区 東証二部 商社


川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大気・土壌・水質やシックハウス症候群など、人と環境にやさしい塗料づくりを行う総合塗料メーカーである。100年以上に渡る塗料の製造・販売で、住宅や機械、金属、工業用品、家電製品など、あらゆる業界の大手企業を取引先にもち、それぞれの異なるニーズに応えられる高い品質とハイレベルな技術力が評価されている。

兵庫県 化学・繊維 東証二部


【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体や電子部品の加工装置メーカー。本社京都。主要製品はCVD装置とエッチング装置、洗浄装置。半導体基板の表面に薄い膜を形成する「薄膜形成分野」、半導体基板の表面に緻密な加工を施す「微細加工分野」、半導体基板の表面を洗浄する「洗浄分野」の技術を持つ。半導体ウエハーのSUMCO(東京)とは別会社であることに注意。

電機・電子 京都府 東証一部 半導体製造装置


三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年創業の遊戯機械、舞台機構、昇降機などの事業を中心とする企業。1952年に日本初のジェットコースターを製造し、1966年には当時世界一の長さを誇った富士急ハイランドのジャイアントコースターを製造。新国立劇場のエレベーターは世界一の高さを誇るなど、豊富な実績を誇る。

大阪府 電機・電子 東証二部


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


wiget_w300 wiget_w300