【農機世界3位】(株)クボタに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【農機世界3位】(株)クボタに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

120年を超える歴史のなかで「食料・水・環境」分野を事業領域とし、トラクタをはじめとする農業機械や、建設機械、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンの研究開発・製造および販売をおこなう機械メーカー。農機メーカーとしては国内トップシェアを誇り、世界でも第3位。海外比率は65%にのぼる。


1. クボタってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大阪府大阪市浪速区に本社を置く産業機械(農業機械、建設機械等)、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンのメーカーである。

クボタは食料・水・環境の分野で事業・製品を世界に展開し、これに貢献しています。

クボタは、畑作と稲作の両方を手がける世界有数の農業機械メーカーです。

1-2 創業者と沿革

久保田 権四郎(くぼた ごんしろう、久保田 權四郎)
明治3年10月3日(1870年10月27日) - 昭和34年(1959年)11月11日)
広島県出身の実業家。発明家。久保田鉄工所(現クボタ)創業者。前名・大出權四郎。

回転式丸堅込鋳造法などの発明により1897年、国産初の直管の鋳鉄管製造に成功、1900年には実用化に成功し国益に大きく貢献した。のち外国産にも劣らぬ品質の鋳鉄管を大量生産する事にも成功し、大阪や東京の水道管・ガス管に大量に使用され会社発展の基礎となった。“日本の水道管の歴史はクボタの歴史”ともいわれる。
1900年には懇望されて久保田家の養子となり社名を「久保田鉄工所」と改名。この後、紡績機械、工作機械、農作機械、発動機なども手掛け事業を拡大。さらに満州久保田鋳鉄管、尼崎製鉄などの設立で事業の多角化を推進した。草創期の自動車製造にも乗り出し1919年、「実用自動車製造株式会社」を設立。しかし成果が得られず1926年、国産工業(現;日立金属)の子会社「合資会社ダット自動車商会」と合併し「ダット自動車製造株式会社」となり、この会社は日産自動車の母体となった。

KUBOTA | VIRTUAL MUSEUM

https://www.kubota.co.jp/museum/books/index.html

クボタ創業者、久保田権四郎翁の飽くなきチャレンジ精神と、物作りに捧げた生涯を紹介するオンライン伝記です。

1890年 鋳物メーカーとして創業。衡器用鋳物・日用品鋳物の製造開始。
1893年 水道用鋳鉄管の製造開始。1917年に尼崎工場を開設し生産設備を移転。
1897年 「大出鋳造所」を「久保田鉄工所」に改称。消火栓・制水弁など水道用付属品の
     製造開始。
1922年 「農工用石油発動機」、「節炭機」(廃ガス利用による省エネ装置)、「耐熱鋳鉄」の
     製造開始。
1930年 商工省が「クボタ石油発動機」を優良国産品に選定。
1939年 株式公開。各工場に「技能者養成所」を設置。
1947年 「耕うん機」を開発、製造・販売開始。
1953年 「株式会社久保田鉄工所」を「久保田鉄工株式会社」に社名変更。

沿革|会社情報|株式会社クボタ

http://www.kubota.co.jp/siryou/enkaku.html

株式会社クボタの会社情報。会社概要、クボタグループの「社是・経営理念」・「行動憲章・行動基準」・「スローガン」などの会社情報をご覧いただけます。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
大阪府大阪市浪速区敷津東1-2-47

事業所一覧|会社情報|株式会社クボタ

https://www.kubota.co.jp/siryou/jigyos.html

株式会社クボタの会社情報。会社概要、クボタグループの「社是・経営理念」・「行動憲章・行動基準」・「スローガン」などの会社情報をご覧いただけます。

国内主要関係会社|会社情報|株式会社クボタ

https://www.kubota.co.jp/siryou/kanren.html

株式会社クボタの会社情報。会社概要、クボタグループの「社是・経営理念」・「行動憲章・行動基準」・「スローガン」などの会社情報をご覧いただけます。

海外事務所・海外主要関係会社|会社情報|株式会社クボタ

https://www.kubota.co.jp/siryou/kaigai.html

株式会社クボタの会社情報。会社概要、クボタグループの「社是・経営理念」・「行動憲章・行動基準」・「スローガン」などの会社情報をご覧いただけます。

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念
「クボタグローバルアイデンティティ」

■スピリッツ(私たちの精神・姿勢)
一、総合力を生かしすぐれた製品と技術を通じて社会の発展につくそう
一、会社の繁栄と従業員の幸福を希ねがって 今日を築き明日を拓ひらこう
一、創意と勇気をもって未知の世界に挑戦しよう

■ブランドステートメント(私たちの約束)
「For Earth, For Life」 ─
クボタグループは、美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしをこれからも支えていくことを約束します。

■ミッション(私たちの使命)
人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境。
クボタグループは、優れた製品・技術・サービスを通じ、豊かで安定的な食料の生産、安心な水の供給と再生、快適な生活環境の創造に貢献し、地球と人の未来を支え続けます。

・クボタ・グローバル・ループ=「食料・水・環境」の関係
「食料」「水」「環境」は個別のテーマではなく、密接に結び付いたテーマ

2. クボタの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
2017年12月期 1兆7515億円
2016年12月期 1兆5961億円
2015年12月期 1兆2448億円

▲営業利益(連結)
2017年12月期 1988億円
2016年12月期 1888億円
2015年12月期 1669億円

▲当社株主に帰属する当期純利益(連結)
2017年12月期 1364億円
2016年12月期 1325億円
2015年12月期 1101億円

クボタ過去10年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメントごとの売上高(連結)
 機械   1兆4366億円
 水・環境 2861億円
 その他  289億円
(2017年12月期)

▲地域ごと売上高(連結)
 日本 5642億円
 北米 5461億円
 アジア 3429億円
 欧州 2267億円
 その他 717億円
(2017年12月期)

2-3 主力商品

主要製品においては、下記のようなシェアを有しています。(2016年9月時点)
・農業機械では国内1位・世界3位
・産業用小型エンジンでは世界1位
・6t以下ミニバックホー(建設機械)では2002年から14年連続世界1位
・タイのトラクタ市場において約70%のシェア獲得

■機械部門

クボタトラクタ グローブ
GLOBE M135G(135馬力)

強力なトルク、低燃費、低騒音。フル電子制御・コモンレールエンジン。

出典:http://www.jnouki.kubota.co.jp/product/tractor/globe/engine.html

■水・環境部門

耐震継手 GENEX(GX形)

受口に挿し口を挿し込むだけで接合できるプッシュオンタイプの耐震継手です。

■その他部門 ケービーエスクボタ株式会社

KALS 物流情報管理システム
・荷主様、運送会社様とリアルタイムで連携(EDI)した物流情報基幹システム。
・正確で鮮度の高い情報データベースにより、各種の統計分析をご提供します。

3. クボタの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
木股 昌俊

1951年6月22日生
1977年4月 当社に入社
2001年10月 当社筑波工場長
2005年6月 当社取締役
2007年4月 当社機械営業本部副本部長
2008年4月 当社常務取締役
2009年4月 当社取締役常務執行役員
2009年4月 当社機械事業本部副本部長、機械営業本部長
2009年6月 当社常務執行役員
2010年7月 当社専務執行役員
2010年8月 サイアムクボタコーポレーションCo.,Ltd.社長
2012年4月 当社水・環境ドメイン担当、東京本社事務所長
2012年6月 当社取締役専務執行役員
2012年8月 当社コーポレートスタッフ管掌、水処理事業部長
2013年4月 当社調達本部長
2014年4月 当社代表取締役副社長執行役員
2014年7月 当社代表取締役社長(現在)

3-2 発言、ブログ、エピソード

クボタグループがめざす「グローバル・メジャー・ブランド(以下、GMB)の実現」に向けた取り組みをさらに加速させます。
製品の開発から生産、販売などすべての事業プロセスにおいて、大幅なレベルアップを図ります。「お客様に感動をもたらす製品」づくりを追求するとともに、品質・コスト・納期のすべてにおいて世界一に挑戦する「感動を生み出す工場」を核とした生産体制の確立をめざします。「お客様第一主義」に基づく販売、サービスのさらなる実践が重要課題です。そして、これらの取り組みを可能にするため、「創意と勇気で未知の世界に挑戦する人材」の育成にも努めてまいります。
GMBの実現。それはすべての経営要素において「世界一」を追求することにほかなりません。経営陣を筆頭にすべての従業員がこの認識を共有することで、これまで以上に高い意識を持ち、それぞれの課題に取り組んでまいります。

【フランスで大型トラクターの生産に乗り出しましたが。】
われわれの得意分野は米作用機械です。(中略)現在、ありがたいことに受注に生産が全然追い付いていない、そういった状況です。(中略)今後は、欧州の生産能力も限界に近づくでしょうし、北米の需要も高いですから米国にも拠点をつくらねば、そういったことを考えています。稲作を基盤に畑作にも事業領域を広げたことで、商機も広がったということです。

【ただ、生産拠点はまだ海外が30%程度です。円高の影響を受けるのでは。】
確かに厳しいですが、部品調達も海外から行っていますから、ひところに比べれば影響は軽微になっています。海外生産に関しても、いつになるかは分かりませんが、いずれ5割は必要かなと思います。でも、それは現地でしか売れないものは現地でという意味で、コアの技術になるエンジンやトランスミッション、電子制御といったものは日本で開発、生産と考えています。

4. クボタではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 39,410人 (臨時従業員3,031人)
 機械 29,139人 (同2,454人)
 水・環境 7,084人 (同371人)
 その他 1,526人 (同206人)
 全社(共通) 1,661人

単体 11,266人

(2017年12月31日現在)

4-2 平均年齢

40.5歳(単体、2017年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

15.5年(単体、2017年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

792万2008円(単体、2017年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

宮本 真帆
2014年入社
アグリソリューション推進部 国内営業

入社初年度から1年間、四国の農機販売会社に出向し、農機営業の最前線を肌で体感。2年目から現在の部署に所属し、大規模農家向け営農支援システム「クボタスマートアグリシステム」の販売促進を担当している。
展示会にKSASを利用されているお客様が来られて、私と一緒に他の農家にPRして頂いたこともあります。さまざまな出会いを通じて自分の仕事が農家の皆さんの悩み解決に役立っていると実感できる点がもっとも大きなやりがいであり、仕事を楽しめている理由だと思っています。

平川 順一
2011年入社
収穫機技術部 設計

以前は第一次サプライヤーとして部品を供給する立場でしたが、いまは完成機メーカーとして、プロジェクト全体を見ています。私の担当するコンバインは「稲刈り~脱穀」までを行う農機。ひとりで見る図面の量は以前よりも増えましたが、それでも設計のポイントは変わらないと感じています。たとえば、設計のベースがあって、そこをどう改良するか。改良にあたって、どんな不具合が予想されるか。公差を指定する際も、付け加える機能は本当に必要なのか。組み立てやすい図面になっているかどうかなど、設計を手がけていた方なら、クボタで活躍いただける機会は大いにあります。

丸尾 昌弘
2011年入社
農機技術本部 原価企画

私は今、北米工場で生産している芝刈り機を担当しています。
前職での経験から樹脂には詳しかったのですが、板金や鋳物に関しては入社してから学びました。早いうちから全体を任せてもらえることで、覚えるスピードも早かったように思います。会社の利益に直結する仕事だけに責任も重く「想定外のことを想定外にしない備えを持つ」ことなど、求められることは多いですが、挑戦する楽しみも感じています。

甲藤 智子
2009年入社
宇都宮工場 機械系 品質保証

入社後の研修を経て、収穫機技術部に配属。主に自脱コンバインの設計を担当し、日本国内各地の田んぼに出張して研究活動を実施してきた。2012年に宇都宮工場検査課に異動し、コンバイン・田植機の品質保証業務を担当。
時には、販売会社から夕方4時頃に「明日までにこの部品を送ってほしい」という要求を受けることもあります。「部品を送付できなければ、数日後は雨の予報で、お客様は一週間程度稲刈りができないかもしれない」。そんな時、自分の担っている仕事の責任の大きさを実感します。在庫を確認し、部品を梱包して無事に送付できた時は、ほっとすると同時に達成感を強く感じます。

5. クボタの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

▪クボタは求める人材像として次の3つを掲げています。

・自らの成長を求めてチャレンジし続ける人材
・誠実さと粘り強さを兼ね備えた人材
・多様性を受け入れ、チームワークを尊重する人材

皆さんに求めるのは、自律的に「挑戦」し続ける力。どんな困難にも真正面から立ち向かう「誠実さ」と「粘り強さ」を兼ね備え、チームワークで乗り越えていく力。常に自己研鑽を怠らず、自分の成長を追求していく力。国境や言葉の壁を越えた多様性を尊重し受け入れる力です。

Q2:異業種・異職種から転職することは可能ですか?
A2:もちろん可能です。
クボタでは異業種で活躍された方々も積極的に採用しており、既に異業種から転職された方々が多数活躍されています。
(自動車/自動車部品/総合電機/家電/空調機器/画像機器/照明器具/医療機器/電子部品/機能素材/IT通信等、多数実績あり)
職種についても、ご経験を活かしながらキャリアチェンジして活躍されている方が多数いますので、気になる職種がありましたら、まずはご相談ください。


Q3:前職経験が浅いのですが、応募は可能ですか?
A3:もちろん可能です。
これまでの中途入社者も、前職経験2年程度から10年超の方まで幅広くご入社いただいています。ご経験に合ったポジションを検討いたしますので、ご興味をお持ちいただけましたら、まずはご応募ください。

5-2 育成に関する方針・施策

・研修制度
世界へ視野を広げ、志高く仕事に取り組める人。クボタでは、そんな人材育成を目指し、ビジネスパーソンとしての基礎はもちろん、チャレンジ精神や創造力を養う、さまざまな研修メニューを実践。新入社員教育にはじまり、入社後もつづくきめ細かい教育研修制度で、社員一人ひとりのキャリアアップを応援します。

・教育制度
新入社員以降も、キャリアステップに応じ、ビジネスパーソンとして求められる要素を獲得するための講座や、それぞれの業務に実際に役立つための専門講座を取り揃えています。業務を通じた成長に加え、Off-JTで学ぶ機会を設けることで、自己の成長を実現するサポートをおこなっています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【人事に関する基本方針】
“挑戦”と“創造”を重視した活気みなぎる企業風土の醸成
従業員一人一人の能力・意欲に基づいた“適材適所”の人材活用

|人事制度運営の基本的な考え方
1. 機会均等 すべての従業員にさまざまな役割・職務へチャレンジできる機会があります。
2. 適材適所 従業員一人一人の能力と意欲に基づいて、適材適所の活躍ができるようにします。

人事制度の主な内容
・役割と職務が異なるエキスパート職・スタッフ職・テクニカル職という3つのコースがあり、
 各々のコースに応じた人材 の育成・活用・処遇を行う人事制度です。
・従業員の能力・意欲に基づいて、コースは変わることができます。

■評価
【エキスパート職(管理職クラス)】【スタッフ職(事技職一般クラス)】
 ・期初に上司との面談により目標を設定します。期中に進捗状況についての面談をし、期末には
  達成状況の自己評価と面談を実施します。
 ・上司はプロセス・職務上の行動面を含めて評価します。
【テクニカル職(技能職クラス)】
  一部、エキスパート職・スタッフ職と同じような仕組みで評価します。

■給与
  58才まで(エキスパート職は56才)毎年月俸改定を行います。各等級に月俸の上下限額を
  定めています。

■賞与
 【エキスパート職(管理職クラス)】
  グループ連結業績・所属事業業績・個人評価を反映する仕組みです。
 【スタッフ職(事技職一般クラス)】【テクニカル職(技能職クラス)】
  春季労使交渉により基準となる賞与額が決まり、個人評価を反映する仕組みです。

■月給
 大卒初任給 217,000円
 修士卒初任給 237,000円 ※2016年4月実績
 《年収参考例》 
 539.2万円/27歳(扶養家族1名、住宅手当有の場合、残業代を除く)
 715.8万円/34歳(扶養家族3名、住宅手当有の場合、残業代を除く)
■賞与 年2回(業績、評価によって6月・12月支給)
■給与改定 年1回(1月)
■保険 雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険
■手当
 通勤手当 ※会社規定による
 家族手当 扶養家族 一人目13,000円 二人目3,500円 三人目3,500円
 ※上限20,000円 ※会社規定による
 住宅手当 11,000円 ※会社規定による(寮・社宅利用時は適応外)

6. クボタ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

臼井 冬彦 北海道大学観光学高等研究センター客員教授
1977年京都大学法学部卒。クボタ鉄工株式会社(現 株式会社クボタ)に入社し、21年間、海外部門を中心に、企画・管理、営業、マーケティング、新規 事業、投資・提携業務に従事。この間、1986年米国ワシントン大学MBA取得。1988年からシリコンバレー地区に7年半駐在し、米国の アーリーステージのITベンチャーへの戦略投資、立ち上げ、支援に関わる。
1998年にクボタを退社後、米国系の半導体会社(C-Cube/LSI Logic)並びに3次元CADソフトウエア会社(SolidWorks)の日本法人の代表取締役社長を歴任。2009年3月北海道大学大学院観光創造専攻 修士課程 修了。神戸夙川学院大学 産官学地域連携センター長を経て、北海道大学観光学高等研究センター、大学院観光創造専攻特任教授を歴任。現在は臼井事務所代表、北海道大学観光学高等研究センター客員教授として、地域発のビジネスの組成をテーマに地域活動に貢献。

鈴木 隆 ファンクションベイ株式会社 代表取締役社長
1959年、大阪府堺市生まれ。1981年、大阪大学工学部機械工学科卒。(株)クボタ入社。8年間実験技術者として製品開発に従事。
1989年、米国コーネル大学、大学院留学。ダイナミクス、シミュレーションを学ぶ。
1990年、米国ミシガン大学夏期コースにて機構解析に出会い、その理論を学ぶ。
1991年、修士号取得し帰国。ラズナ(株)(後にクボタソリッドテクノロジー(株)に社名変更)入社。
2000年、RecurDynに出会い、11月事業スタート。
2005年、当社設立。代表取締役社長に就任。

養安 准
株式会社キュービック 代表取締役 副社長
1991年 大阪大学 産業機械工学科卒
1991年 株式会社クボタ入社
     ~ 3D CAD/CAMシステムの開発に従事
1998年 株式会社クボタ退社
     ~ 株式会社キュービック入社

7. クボタの福利厚生は?

■保険
 雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険
■手当
 通勤手当 ※会社規定による
 家族手当 扶養家族 一人目13,000円 二人目3,500円 三人目3,500円
  ※上限20,000円 ※会社規定による
 住宅手当 11,000円 ※会社規定による(寮・社宅利用時は適応外)
  寮・社宅
  有 保有社宅または借上社宅
  ※配属地近隣物件の空き状況、家族構成等による
■その他福利厚生
 【退職金、貯蓄制度】
  財形貯蓄制度(財形年金、住宅財形)、団体貯蓄保険、クボタファンド(従業員持株会)
 【慶弔・保険】
  慶弔見舞金制度、ファミリーライフサポート保険、災害補償、各種損害保険等
 【健康・レクリエーション】
  カフェテリアプラン(スポーツ施設利用補助、旅行費補助等)、各種健康診断、
  人間ドック補助

Q4:育児支援制度について教えてください。

A4: クボタでは女性だけではなく、男性も「自分の働き方を見直し、子育てに積極的に関わる」
ことを実現するために、男性の育児休暇取得を促進しています。
育児休暇については勤続1年以上の方から対象となり、子が生後2歳になるまで取得可能です。
その他、短時間勤務(小学校3年終了まで取得可能)や、
学業サポート休暇(学校行事への参加や学校事情により休校になった場合等)などの制度も整っています。
また、配偶者の出産に伴い、出産予定日を含む1か月前ないし出産当日を含む1か月以内に
連続又は分割して3日間付与される特別休暇もあります。

8. クボタの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報|株式会社クボタ

https://www.kubota.co.jp/recruit/index.html

株式会社クボタの会社情報。会社概要、クボタグループの「社是・経営理念」・「行動憲章・行動基準」・「スローガン」などの会社情報をご覧いただけます。

9. クボタのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. クボタの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


東亜バルブエンジニアリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東亜バルブエンジニアリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県に本社を置く、国内外の発電プラント向けをはじめとする各種バルブや鋳鋼製品の製造販売を行う会社。これまで世界中の大型プラントに納入した実績を誇り、高温・高圧領域で耐えうる素材や加工技術、またこれらのメンテナンスまでのサポート体制を強みとする。近年では、グローバル展開を図るとともに、更なる事業展開に取り組んでいる。

建機・工機 兵庫県 東証二部


株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都大田区に本社を置く、風水力機械、廃水処理装置等の製造販売を行う会社。創業100年を超える歴史の中で培った高度な技術力と開発力を強みとし、最近では省スペース化を実現させた立軸ポンプや、世界最高レベルの効率をもつ省エネルギー化の高圧ポンプを開発。近年は海外展開に力を入れ、国際基準に従った物づくりに取り組んでいる。

東京都大田区 東証二部 建機・工機


田岡化学工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

田岡化学工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1919年に前身となる「田岡商店」を創業。本社を大阪市淀川区に置く。医薬中間体や農薬中間体等の精密化学品などを中心に生産、販売する住友化学グループの化学メーカーである。環境・安全面の対策を実行し、改善を図っていく自主管理活動としてレスポンシブル・ケア活動を推進している。

東証二部 大阪府 化学・繊維


株式会社大水に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大水に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪市中央卸売市場内の本社をはじめ、京都、神戸の主要卸売市場に拠点を構える1939年創業の老舗食品卸売会社。国内・海外を含む4,000社を超える仕入先から鮮魚、冷凍魚、塩干物、加工品など60,000アイテムを超える商品の仕入・販売を行っている。京阪神の主要都市を結ぶ卸売体制は、他に例がない同社の強みである。

東証二部 大阪府 商社


株式会社ロイヤルホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ロイヤルホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

前身である「新大阪ホテル」は、1935年に大阪財政界から「賓客のための近代的ホテルを大阪に」という要望から誕生した。その後、改称し、現在は11ものグループホテルを全国に展開している。大阪に本店があるリーガロイヤルホテルは、国賓、皇室をはじめ外国の政府関係者が利用することから「大阪の迎賓館」と呼ばれている。

大阪府 旅行・ホテル 東証二部


最新の投稿


【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

2018年度の「最低賃金」(時給)の改定額が8月10日、各都道府県の労働局から揃いました。最も高かったのは東京都の985円(958円から27円引上げ)、最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円引上げ)でした。全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円引き上げられています。なお、発効は10月です。

年収 最低賃金


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。


東亜バルブエンジニアリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東亜バルブエンジニアリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県に本社を置く、国内外の発電プラント向けをはじめとする各種バルブや鋳鋼製品の製造販売を行う会社。これまで世界中の大型プラントに納入した実績を誇り、高温・高圧領域で耐えうる素材や加工技術、またこれらのメンテナンスまでのサポート体制を強みとする。近年では、グローバル展開を図るとともに、更なる事業展開に取り組んでいる。

建機・工機 兵庫県 東証二部


株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都大田区に本社を置く、風水力機械、廃水処理装置等の製造販売を行う会社。創業100年を超える歴史の中で培った高度な技術力と開発力を強みとし、最近では省スペース化を実現させた立軸ポンプや、世界最高レベルの効率をもつ省エネルギー化の高圧ポンプを開発。近年は海外展開に力を入れ、国際基準に従った物づくりに取り組んでいる。

東京都大田区 東証二部 建機・工機


【カラオケの鉄人】株式会社鉄人化計画に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【カラオケの鉄人】株式会社鉄人化計画に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都、神奈川県を中心に空間提供型アミューズメント施設の運営を行う会社。カラオケルーム運営事業を主力とし、独自に開発した集中管理システムの「鉄人システム」は50万曲を超える楽曲数や顧客情報のデータベース化などのサービス提供をしている。近年では、グループの特色を活かしたコラボ企画を行い更なる収益力の向上に取り組んでいる。

東京都目黒区 東証二部 レジャー


wiget_w300 wiget_w300