【家賃の9割を補助】因幡電機産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【家賃の9割を補助】因幡電機産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

電線・配線器具等を扱う独立系の専門商社。因幡電機製作所として大阪で産声を上げたのが始まり。分社化を積極的に行い、別々の道を歩むことで専門性を高め、各事業の成長に寄与してきた。現在は電設資材事業、産業機器事業を中心とした事業を展開しており、創業時からの電機事業を主軸としたスタンスは変わらず、電設資材では業界首位を誇る。


口コミ【現在私は1人暮らしをしているのですが、会社からの住宅補助が家賃の9割となっており、年収以上に実質収入は高くなっ...】因幡電機産業株式会社 | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/11580-kutikomiList.html?filter_kutikomi=104?utm_source=tenshock&utm_campaign=tenshock_kutikomiList&utm_medium=link&dmai=TEN

因幡電機産業株式会社の評判・口コミ・評価などに関する情報です。「現在私は1人暮らしをしているのですが、会社からの住宅補助が家賃の9割となっており、年収以上に実質収入は高くなっ...」のような転職に役立つ口コミ・評判が観覧できます。

1. 因幡電機産業ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大阪府大阪市西区立売堀に本社を置く、電線や配線器具を専門的に取り扱う商社。

1-2 創業者と沿革

因幡電機産業では大阪、東京の2本社制を採用している。また、物流センターを大阪、東京の2箇所に、工場を茨城、奈良、福岡の3箇所に、営業所を北海道札幌から九州熊本まで全国21箇所に開設し、卸売事業、開発・製造事業、販売事業を繰り広げている。
創業者は因幡弥太郎(いなば・やたろう)氏。

電設資材の専門商社 因幡電機産業 歴史

https://www.inaba.co.jp/corporate/history.html

電設資材、制御機器、空調部材等、製造卸販売を行っている、因幡電機産業株式会社の歴史をご紹介いいたします。

1-3 本社所在地とネットワーク

大阪本社
大阪市西区立売堀4丁目11-14

東京本社
東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川

電設資材の専門商社 因幡電機産業 拠点一覧

https://www.inaba.co.jp/corporate/branch_office/

因幡電機産業グループの拠点所在地・電話番号の一覧です。

国内外の拠点・関係会社の一覧

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念

当社グループは、電設資材及び制御機器等の卸販売並びに空調部材等の製造販売を通じて「省エネルギー、省資源など地球環境に配慮し、豊かで快適な社会づくりに貢献する」ことを経営の基本理念としております。
信頼される企業であり続けるため、コンプライアンス経営を第一義として、成長と変革によって企業価値の最大化を図り、すべてのステークホルダー(株主、投資家、従業員、取引先、地域社会等の利害関係者)にご満足いただける企業を目指してまいります。

2. 因幡電機産業って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年度 2414億1700万円
2015年度 2500億6400万円
2014年度 2394億1100万円

▲経常利益
2016年度 125億1600万円
2015年度 129億5700万円
2014年度 138億円


▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年度 81億6900万円
2015年度 79億900万円
2014年度 87億4100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
電設資材事業 1707億9100万円
産業機器事業 273億3700万円
自社製品事業 519億300万円

2-3 主力事業

電設資材事業
住宅、オフィスビル、公共施設をはじめとした様々な建築物に対し、照明器具、エアコン、配分電盤など電気設備からコンセント、配線器具といった電設資材まで幅広い商品を供給しています。安全で安心な暮らしを支え、豊かで快適な社会づくりに貢献します。
また、グローバル社会の持続可能な発展に向けて、太陽光発電システム、LED照明など環境配慮型商品の販売を軸とした環境ビジネスを積極的に推進していきます。

自社製品事業
空調用配管化粧カバーや被覆銅管など空調部材を中心とした「INABA DENKO(因幡電工)」、デジタル時代の新築住宅には必需品ともいえるマルチメディア対応配線システム「Abaniact(アバニアクト)」といった自社ブランドを展開しています。
このほか、各家庭・部屋ごとのエネルギー使用量(電気、ガス、水道)をモニタリングし、エコライフを支援する「エムグラファー」など新しい分野にも取り組んでいくことにより、顧客ニーズに対応した付加価値の高い自社製品の開発を加速していきます。

産業機器事業
「ものづくり」の現場では、省エネルギー・省資源・省スペースによる生産性の向上、顧客から要求される厳しい品質管理、絶え間なく進化するテクノロジーの追求など多岐にわたる課題に直面しています。
このような課題に対して、高度な技術力と開発力により、センサ、スイッチ、リレーといった制御機器や液晶デバイス、コネクタ、コンデンサといった電子部品を組み合わせ、最適なソリューションを提供します。

3. 因幡電機産業の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 守谷承弘

昭和26年9月20日生
昭和49年3月 当社入社
平成4年4月 西日本支社拠点営業部名古屋営業所所長
平成10年4月 電設事業部長
平成10年6月 取締役電設事業部長
平成13年4月 取締役電設本部長兼電設事業部長
平成14年4月 取締役電設本部長
平成15年4月 常務取締役電設本部長
平成16年4月 代表取締役社長兼電設本部長
平成17年4月 代表取締役社長
平成22年4月 代表取締役社長兼営業本部長
平成24年4月 代表取締役社長(現任)

3-2 発言、 ブログ、 エピソード

当社グループの係わる電設資材業界は、低金利や相続税対策により住宅投資が増加した一方、太陽光発電市場の冷え込みにより関連需要が低迷するなど、停滞感が漂いました。

また、自社製品の係わる空調業界は、西日本における猛暑の影響により2016年度のルームエアコンの国内出荷台数が852万台(前年同期比4.4%増)となり、堅調に推移いたしました。

4. 因幡電機産業ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1848人
単体 1204人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 38.9歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 15.2年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 749万9212円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

城田昌典 2011年入社
【商社部門】電材西日本事業部 第2営業部 

建物づくりに欠かせない照明器具・受配電機器・配線ケーブルなどの電設資材や、エアコンなどの空調機器といった、電気に関わる幅広い商材を電材問屋さんに向けてPRし、受注につなげるのが私の仕事です。担当は北陸エリア。お客様とは電話でのやり取りも多いので、顔が見えない分、口調は「明るく・元気よく」を心がけながら商品をご提案しています。取扱商品は数十万種類あるため、通常は入社1年程度はサポート業務にあたり、商品知識をつけてから営業デビューするのですが、私の場合は4カ月で営業に出ることに。上司の「思い切ってやってこい。失敗したら尻拭いはするから」という言葉に背中を押され、お客様の懐に飛び込み独り立ちしました。

岩井雄太 2012年入社
【メーカー部門】環境システム事業部 アバニアクト営業部

部署名にある「アバニアクト」というのは、当社が独自開発したマルチメディア情報配線システムなどのブランド名。住宅を建てる際に先行配線を施すことで、どの部屋からでもインターネットやテレビ、電話などが快適に利用できるシステムです。

私はまだまだ若手ですが、大手ハウスメーカー2社を任せてもらっています。新仕様の住宅に対して当社のシステムをご提案したり、全国にあるお客様の支店を訪問してニーズを聞き出し、設計担当の方にフィードバックしたりしています。

 

5. 因幡電機産業の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

コミュニケーション力、自考力、チャレンジ精神・胆力を持った人材を求めています。それぞれの解釈は次の通りです。
【コミュニケーション力】
・相手の話を正しく理解し、円滑に対話できる
・臆することなく考えを明確に述べ、説得できる
・相手がどう感じているか読み取ることができる
【自考力】
・現状や慣例を当たり前と捉えず、自分なりに解決策を探し出すことができる
【チャレンジ精神・胆力】
・失敗を恐れず前に踏み出せる
・困難から逃げずに向き合い、乗り越えられる

5-2 育成に関する方針・施策

当社では総合職の内定者全員に第二種電気工事士の国家資格取得を目指す勉強会を行っています。入社後には社会人としての心構えやビジネスマナー、会社の基本的な知識、社内ルールなどの研修を実施しています。その後は各配属先により、具体的な商品知識や実際の仕事内容など多岐にわたった研修を行います。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

当社が導入している「MBO(Management by Objectives:目標管理制度)」は、あらかじめ社員一人ひとりが、自らの目標を設定し、その達成度に応じて評価が行われる制度です。「どこまで達成できたか」に加え、「どんなアクションを起こしたか」という、目標達成に向けたプロセスも評価対象になります。自分自身で設定した目標に向かって努力することは、社員のやりがいと充実感につながっています。

6. 因幡電機産業(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません。

7. 因幡電機産業の福利厚生は?

・施設 / 借上社宅(総合職)、契約保養所 他
・制度 / 従業員持株会制度、財形貯蓄奨励金制度、同好会 他

8. 因幡電機産業の中途採用は?

電設資材の専門商社 因幡電機産業 | 採用情報

https://www.inaba.co.jp/recruit/index.html

因幡電機産業の会社概要や事業内容などをご紹介いたします。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


最新の投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


wiget_w300 wiget_w300