【能力を発揮できる環境】(株)ヤマタネに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【能力を発揮できる環境】(株)ヤマタネに転職するなら知っておきたい情報まとめ

「物流」「食品」「情報」「不動産」を主要4事業にもつ、総合サービス企業である。高品質かつ安全のヤマタネブランドを確立した米の卸売は業界大手。準大手の倉庫業では、文書保管に重点を置く。日本の企業として初めて海外引越国際規格を取得。国境を超えた物流・引越にも強みを持つ。


口コミ【大きな企業のため、国際的な仕事に就ける。資格をとったりスキルアップがはかれる。やや年功序列の感はあるも...】株式会社ヤマタネ | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/5254-kutikomiList.html?filter_kutikomi=105?utm_source=tenshock&utm_campaign=tenshock_kutikomiList&utm_medium=link&dmai=TEN

株式会社ヤマタネの評判・口コミ・評価などに関する情報です。「大きな企業のため、国際的な仕事に就ける。 資格をとったりスキルアップがはかれる。 やや年功序列の感はあるも...」のような転職に役立つ口コミ・評判が観覧できます。

1. ヤマタネってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

株式会社ヤマタネは、倉庫業準大手、米(コメ)の卸売大手の企業。

1-2 創業者と沿革

創業者
山崎種二

1920年代から米相場に手を染め始め、石井定七や伊東ハンニを向こうに回して成功を収めた。専ら売り方に専念し、米相場において「売りの山種」として有名だった。1939年に米穀配給統制法によって米穀商品取引所が廃止される前後から(昭和8年頃と思われる)、本格的に株式相場に転進する。上昇相場が続いていたが途中から売り方に回り、その結果廃業寸前まで追い込まれるものの1936年2月末の二・二六事件で相場が大暴落。事後に付随する乱高下相場で、当時の金額にして500万円を稼いだと言われる。1944年には山崎証券を創業、戦後は買い方に回って「買いの山種」として成功を収める。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都江東区越中島一丁目2番21号

国内外の事業所一覧

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念
信は万事の本を為す

「信は万事の本を為す」──。
この言葉は、人の信用を得ることがすべての基本との思いから、ヤマタネグループの創業者である故山﨑種二が信奉していたもので、現在では、私たちヤマタネグループの企業理念となっている言葉です。
山﨑種二はこの言葉をあらゆる面で誠実に実行することで大きな信用を得て、ヤマタネの基盤を築きあげました。
 21世紀を迎え、国内外の社会情勢は大きく揺れ動いています。
しかし、いかなる時代になろうとも「信は万事の本を為す」という企業理念はあらゆる面で通じる言葉です。
たとえば、人と人との関係、仕事先との関係、そして国際外交の原則でも。
創業以来の企業理念を誠実に守りながら、新しい時代が求める企業へ、新しいステージへと、ヤマタネは常に、着実に階段を昇り続けてまいります。

■経営理念(山種経営三原則)
・分に応じた経営
・積み上げ主義
・予算経営

2. ヤマタネって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲連結売上高
2016年3月期 518億2600万円
2015年3月期 516億4000万円
2014年3月期 549億5100万円

▲連結営業利益
2016年3月期 48億300万円
2015年3月期 45億6500万円
2014年3月期 38億3800万円

▲連結当期利益
2016年3月期 22億6300万円
2015年3月期 20億4200万円
2014年3月期 15億1900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(平成28年3月期)
食品関連 244億800万円
物流関連 213億700万円
不動産関連 37億7100万円
情報関連 23億3800万円

2-3 主力事業

■食品事業

ヤマタネでは、「安全安心」なお米をお客様のもとへお届けするため、原料玄米の仕入から商品の出荷まで、徹底した品質管理・生産体制を整えております。

品質管理体制としては、原料玄米の入荷時にサンプル検体を採取し、農産物検査法の基準と当社の基準に照らし合わせて検査を実施しています。
また、より確かな品質管理体制を整えるため、自社内の規程だけでなく第三者機関の認証取得を行っており、ISO9001:2008取得に加えて、2014年2月にはGFSIが認証するSQFを取得しました。

■物流事業

ヤマタネは、早くから最新設備を誇る物流センターを首都圏・近畿圏につくり、倉庫業を中心とする総合物流サービスを提供してきました。
各種専用センター、東西2拠点運営、配送エリア別在庫配置等、ハード面・ソフト面からさまざまなご要望にお応えいたします。
長年の実績を誇る国際物流のための海外ネットワークも構築しております。

■不動産事業

ヤマタネの不動産事業は70年の歴史とノウハウを基に、あらゆる視点から時代が求める不動産をカタチにして事業展開を推進してまいりました。

オフィスビル事業では、グループ会社である山種不動産と共に、茅場町、門前仲町、西新宿、池袋、高崎等に数多くのオフィスビルを展開し、常にお客様の立場で満足度の高い快適なビジネス環境の実現を努めております。

ヤマタネ不動産事業部門は、これからも所有不動産の効率的な有効活用を図り、時代の変化と社会が求めるニーズにマッチした不動産施設による新しい価値を創造してまいります。

3. ヤマタネの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 山﨑 元裕

1988年4月:入社
1998年1月:食品本部長兼貿易部長
1998年6月:取締役食品本部長兼貿易部長
2008年4月:常務取締役食品本部長
2012年6月:代表取締役専務取締役管理本部長 不動産事業部・文化事業部担当

3-2 発言、ブログ、エピソード

-信は万事の本を為す-

 この言葉は、人の信用を得ることがすべての基本との思いから、
ヤマタネグループ創業者である山﨑種二が信奉していたもので、
現在では私たちヤマタネグループの経営理念となっている言葉です。
山﨑種二はこの言葉をあらゆる面で誠実に実行することで大きな
信用を得て、ヤマタネの基盤を築きあげました。

 21世紀を迎え、国内外の世界情勢は大きく揺れ動いています。
しかし、いかなる時代になろうとも「信は万事の本を為す」という
理念はあらゆる面で通じる言葉です。たとえば、人と人との関係、仕事先との関係、
そして国際外交の原則でも。

 創業以来90余年、この企業理念を誠実に守りながら、新しい時代が
求める企業へ、新しいステージへと、ヤマタネは常に着実に階段を
昇り続けてまいります。

【めざすべき企業像】
◆お取引先様にとって『不可欠な存在(=ONLY ONE)』であり続ける
当社企業理念「信は万事の本を為す」及び、平成 27 年 12 月に定めました「コーポレート
ガバナンスに関する基本方針」の主旨を鑑み、
○「信義・信頼・信用」の 3 つの信を背景に
○当社の幅広いステークホルダーと適切な関係を構築し
企業価値を持続的に向上する企業をめざします。
そのために、企業活動に不可欠な「プラットホームの提供(*)」をビジネスの中心に据え、お取引
先様にとって「不可欠な存在(=ONLY ONE)」であり続けることをめざします。

4. ヤマタネではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 764名
単体 319名(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 41歳8ヶ月(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 16年8ヶ月(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 609万5000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

桑原 幸大
2010年入社
物流本部 関東支店 営業部

入社して1年目は、倉庫現場に配属。大手飲料メーカーの輸入基地となる倉庫で、海外から入ってくるコンテナ内製品の荷下ろし、検収、保管業務を行っていました。
日々、何十本も海外からコンテナが倉庫へ入ってきます。何千、何万ケースもの物量に対し、予定通りの製品や数が入庫されているかを検収、また、限られた倉庫スペースの中でそれらの物量をどこにどのように配置し、作業スペースを確保するかといった事を考えながら仕事をしていました。
先輩方は、翌日以降の入庫数を見通しながら、効率の良い保管方法・保管場所・出荷への対応等を次々に考えていましたが、1年目だった私は、先輩方から教えてもらう事に必死に付いていくばかりで「できる事をやる」という感じでした。

その後、物流の営業部に配属。既存のお客様の担当営業として、顧客満足度の向上及び業務拡大を目指し、奮闘中。
また、当社では初の”医療機器製造業”という業務許可を取得しました。医療業界の商慣習や専門的な話を理解し、業務拡大に繋げるべく、日々勉強中です。
そして、学んだ事を生かすべく、医療業界への営業活動に注力し、新規獲得を目指しています。

杉山 祐基
2012年入社
物流本部 関東支店 営業部 舞浜営業所

大手飲料メーカー様を担当しています。
入社後2年間は倉庫現場でフォークリフトに乗り、現場の作業担当者に指示を出しながら、日々業務をしていました。その後現場での経験を活かし、お客様と直接対応する仕事になりました。
現場での業務は、年上の方にも指示を出さなければいけない時があり、入社半年間はうまくいかない時もありましたが、経験を積むうちに自信が芽生え、今ではどんな事態にも対応できると自負するようになりました。

 

5. ヤマタネの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

当社の企業理念 「 信は万事の本を為す 」 に共感し
お客様の視点に立って、誠実に行動できる人を求めています。

★周囲とのコミュニケーションを大切にする方
★多彩な分野に興味を持ち、チャレンジ精神旺盛な方
★当たり前のことを手を抜かずにやりきる方
―――― を歓迎します。

知識は入社後に各部門で身に付けていくことができるので、文系・理系、学部学科は問いません。
また、人物本位での採用をしています。

5-2 育成に関する方針・施策

当社は人と組織のレベルアップのために社員に自己啓発の努力を求めると共に、教育体制を整え、教育・研修、自己啓発支援等を通じて社員一人一人の成長を支援します。

新入社員研修、フォローアップ研修、定額制セミナー、各種階層別研修など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与 2016年4月入社実績 
■総合職(4大卒) 初任給月給 205,000円
■事務職(短大・専門卒) 初任給月給 166,000円

諸手当
通勤手当、超過勤務、家族手当、資格手当、現業手当、住宅手当など

昇給
年1回 (4月)

賞与
年2回 (6月、11月)

6. ヤマタネ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

髙橋 久夫
東京団地倉庫社長

たかはし・ひさお=昭和26年3月22日生まれ、65歳。50年明大商卒、辰巳倉庫(現・ヤマタネ)入社、平成13年関東支店営業部長、19年取締役国際本部長、26年常務。26年東京団地倉庫社長。

7. ヤマタネの福利厚生は?

持株会、財形貯蓄、住宅資金融資、慶弔金、確定拠出年金、ベネフィット・ステーション(福利厚生パッケージ)など

8. ヤマタネの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


キャリコネ
wiget_w300 wiget_w300