【労働時間・休日の満足度が高い】(株)トクヤマに転職するなら知っておきたいまとめ

【労働時間・休日の満足度が高い】(株)トクヤマに転職するなら知っておきたいまとめ

基礎化学品、セメント、エレクトロニクス関連材料など幅広い製品群の開発・製造をしている、山口県周南市に本社を置く大手総合化学工業メーカー。創業の地である周南市の徳山製造所は、単独売上高の約9割を生産する主要製造拠点である。プラスチックめがねレンズ材料、医薬品原薬・中間体など高付加価値製品の製造は鹿島工場が手がけている。


口コミ【残業や休日出勤については部署によって全く違う。研究開発でも、残業が少ない、またしてもきちんと支払われる部署が圧倒的に多いが…】株式会社トクヤマ | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/4150-overview.html?utm_source=tenshock&utm_campaign=tenshock_kutikomiList&utm_medium=link&dmai=TEN

株式会社トクヤマの年収・評判・転職面接といった転職・就活に役立つ情報を掲載しています。「残業や休日出勤については部署によって全く違う。研究開発でも、残業が少ない、またしてもきちんと支払われる部署が圧...」のような転職に役立つ口コミ・評判が観覧できます。

1. トクヤマってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

株式会社トクヤマ(英: Tokuyama Corporation)は、日本の大手総合化学工業メーカー。

1-2 創業者と沿革

岩井勝次郎
1863年5月生まれの日本の実業家。
明治後期から大正期にかけて、多くの岩井系企業を設立していった。その重要なものは関西ペイント・東亜紡織・日新製鋼・徳山曹達(現・株式会社トクヤマ)・大阪繊維工業(ダイセルの前身の一つ)などで、日本の産業革命期に多くの工業企業を設立して、自らも大正5年に岩井財閥の持株会社として合資会社岩井本店を創設し関西実業界の立役者になった。
出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E4%BA%95%E5%8B%9D%E6%AC%A1%E9%83%8E

1918年 2月
[ソーダ灰事業・創業]
山口県徳山町(現 周南市)に「日本曹達工業株式会社」設立」

1994年 4月
社名を「株式会社トクヤマ」に変更

沿革|会社概要|株式会社トクヤマ

http://www.tokuyama.co.jp/company/overview/history.html

株式会社トクヤマは90年以上の歴史の中で、環境の変化に挑みながら、経済の発展とともに成長し、現在では様々な分野に進出しています。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京本部
東京都千代田区外神田1-7-5
フロントプレイス秋葉原

出典:
http://www.tokuyama.co.jp/company/overview/

拠点・グループ会社(国内拠点)|株式会社トクヤマ

http://www.tokuyama.co.jp/company/address/japan.html

株式会社トクヤマは基礎化学品,セメント,エレクトロニクス関連材料など幅広い製品群を展開しております。トクヤマのホームページでは、国内グループ会社,海外グループ会社などをご覧いただけます。

拠点・グループ会社(国内グループ会社)|株式会社トクヤマ

http://www.tokuyama.co.jp/company/address/japangroup.html

株式会社トクヤマは基礎化学品,セメント,エレクトロニクス関連材料など幅広い製品群を展開しております。トクヤマのホームページでは、国内グループ会社などをご覧いただけます。

拠点・グループ会社(海外グループ会社)|株式会社トクヤマ

http://www.tokuyama.co.jp/company/address/globalgroup.html

株式会社トクヤマは基礎化学品,セメント,エレクトロニクス関連材料など幅広い製品群を展開しております。トクヤマのホームページでは、海外グループ会社などをご覧いただけます。

1-4 ビジョン・ミッション

▪存在意義
化学を通じて暮らしに役立つ価値を創造する

▪目指す姿
量から質へ
2025年度 先端材料世界トップ
      伝統事業日本トップ

▪価値観
・顧客満足が利益の源泉
・目線はより広くより高く
・前任を超える人材たれ
・誠実、根気、遊び心

2. トクヤマって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年度 2991億円
2015年度 3071億円
2014年度 3020億円

▲営業利益
2016年度 397億円
2015年度 230億円
2014年度 195億円

▲親会社株主に帰属する当期純利益又は純損失(△)
2016年度 521億円
2015年度 △1005億円
2014年度 △653億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2017年3月期)
化成品 833億円
特殊品 677億円
セメント 829億円
ライフアメニティー 507億円
その他       521億円

▲地域別売上高(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

日本 2391億4300万円
アジア 547億1400万円
その他の地域 132億5700万円

2-3 主力商品

■化成品部門
化成品部門は、皆様の暮らしに欠かせない様々な製品の原料となる基礎化学製品を取り扱っています。1918年の創業以来の事業であるソーダ灰、「煙突のあるところには必ず使用される」と言われる苛性ソーダ、塩素誘導品などの製品は非常に幅広い用途を持ち、各産業において必要不可欠なものとなっています。 また苛性ソーダの製造工程で発生する塩素と水素は当社の多結晶シリコンの製造工程で使用されており、当社の収益を下支えする基盤事業としての役割も担っています。

■セメント部門
トクヤマのセメント事業は、1938年徳山製造所内の副産物の有効活用という時代に先駆けた観点でスタートしました。徳山製造所南陽工場で製造するセメントやセメント系固化材など関連製品は、生コンクリートやコンクリート二次製品に形をかえ、住宅・ビル・ライフラインを支える構造物、港・橋・道路など社会資本になって人々の暮らしを支えています。

■特殊品部門
特殊品部門の製品分野はエネルギー、エレクトロニクス、環境など多方面に渡っています。例えば半導体や太陽電池に使われる高純度多結晶シリコンは、世界有数のシェアを持っています。またその副生物から製造する乾式シリカはシリコーンゴムや複写機トナーなどに使われています。放熱性という特長を持つ窒化アルミニウムは、半導体の製造装置をはじめ、インバーター、LEDなどの省エネルギー分野でも利用され、電子工業用高純度薬品は半導体、液晶パネルの製造などに役立っています。

3. トクヤマの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 会長執行役員
楠 正夫(くすのき まさお)

1948年1月3日生
1970年4月 当社入社
1995年12月 当社化成品営業第1部長
1997年6月 当社化成品営業部長
2000年6月 当社理事 セメント事業部副事業部長
2001年6月 当社取締役 セメント事業部副事業部長
2002年4月 当社取締役 セメント部門長
2003年4月 当社常務取締役 セメント部門長
2011年4月 当社常務取締役 執行役員 セメント部門管掌 兼 ESS プロジェクトグループ管掌
2011年6月 当社顧問
2011年7月 当社顧問 株式会社エクセルシャノン 代表取締役社長
2015年4月 当社執行役員
2015年6月 当社代表取締役 会長執行役員(現任)

代表取締役 社長執行役員
横田 浩(よこた ひろし)
1961年10月12日生
1985年4月 当社入社
2008年4月 当社ファインケミカル営業部長
2010年1月 当社機能性粉体営業部長
2014年4月 当社執行役員 特殊品部門長
2015年3月 当社社長執行役員
2015年6月 当社代表取締役 社長執行役員

3-2 発言、ブログ、エピソード

トクヤマは、1918年、山口県徳山町(現在の周南市)で、当時輸入品に依存していたソーダ灰の国産化を目指して設立されました。日本の化学工業の発展と共に、さまざまな化学製品を製品群に加え、現在では半導体関連製品の情報・電子分野、メガネ関連材料や歯科材料など生活・医療分野、太陽電池用途の多結晶シリコンや資源環境事業の環境・エネルギー分野を主なフィールドとして事業を展開しています。
私たちトクヤマグループは、化学を通じて、新しい価値を創造し、提供し続けることを通じて、人々の幸せや社会の発展に貢献してまいります。これからも一層のご支援とご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。(横田社長)

当社は、2016年3月期 第3四半期決算でトクヤママレーシア第二期プラントの1,234億円に上る減損損失を発表し未曾有の危機に陥りました。こうした事態を受け、東京本部の移転、本社機能の一部移転、中期経営計画・トクヤマのビジョン策定、減資・優先株発行などを実行し、トクヤマ再建に向けて自助努力でできうるあらゆる方策を実施するとともに、再建の道筋を示すことができました。
7月以降は、グループ会社の再編、トクヤママレーシア全株式の韓国OCI社への譲渡契約締結など実施しグループ収益力の 強化を図り、上期は一定の収益を上げることができ、ようやく再建のスタートラインに立つことができました。
今年はトクヤマグループの真の実力が問われる年となります。トクヤマのビジョンに掲げる「伝統事業日本トップ」「先端事業世界トップ」に向けて、以下の抜本的な改革の取り組みを着実に実行していきます。(横田社長)

4. トクヤマではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 5,759人
単体 1,888人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 42.24歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 20.79年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 602万4,685円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

永島 徹
研究開発部門 開発センター

私は「窒化アルミニウム(以下、AlN)単結晶の成長」をテーマに研究・開発を行っています。このテーマは東京農工大学と共同で研究を行っており、3年間私は同大学に出向し研究活動を行っていました。大学で先進的な研究をする機会が与えられ、充実した時間を過ごしました。現在はつくば研究所に戻り、実用化に向けた開発を行っています。「AlN単結晶」は、すでに製品化されている「AlN焼結体(多結晶)」に比べ、結晶方位が揃っており(原子が規則正しく配列している)、窒化ガリウム系紫外LED (発光ダイオード)の基板としての用途が見込まれています。多結晶AlNと異なり、単結晶AlNの成長(生産)は難しいところがあり、とてもチャレンジングなテーマです。

弘中好美
特殊品部門 機能材料開発グループ

入社以来、私はファインチームにおいてジェネリック医薬品原体の開発に携わっています。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許期間が過ぎてから発売される医薬品のこと。私たちは、そのジェネリック医薬品の有効成分である原薬を開発し、ユーザーである医薬品メーカーに提供しています。現在、トクヤマでは既に数品目上市しており、今後もさらに多くの品目を上市していく予定です。

 

5. トクヤマの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

社会に出るにあたり「自分がどんな仕事をしたいのか、どのようなことを達成したいのか」というビジョンを持つことは大いに歓迎します。しかし、その思いにとらわれ過ぎて視野を狭くしてしまい「○○の仕事でなければ働きたくない」とは思わないでください。最初にお話したとおり、当社には多様な部門があり、バラエティーに富んだ業務を体験できる環境があります。そしてそのそれぞれが皆さんに大きな成長の機会を与えてくれます。思い込むあまりにそのチャンスを自ら放棄してしまうのはもったいないと思うのです。また変化の激しい時代を勝ち抜いていくためにも間口は広くしておいたほう有利だと思いませんか。「意志」は強く、「間口」は広く柔軟に、そんな人をお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

▪教育・研修制度

新入社員研修、階層別研修、目的別研修、MANJIRO制度(公募制グローバル人財育成研修)、ビジネスベーシック研修、分野別研修、国内外留学制度など。その他会社による自己啓発用通信教育。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・初任給
● 修士了:月給23万2,000円(つくば、周南地区)
● 大卒 :月給22万2,000円(東京地区)

・昇給 年1回(4月)
・賞与 年2回(6月、12月)

6. トクヤマ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

東京農工大学 先端産学連携研究推進センター
特任教授
高田 和哉 修士(工学)Kazuya TAKADA
■経歴
1976年東京工業大学工学部無機材料工学科卒業。1978年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。1978年株式会社トクヤマ(旧社名・徳山曹達株式会社)入社。新規事業分野におけるテーマ企画、研究開発、マーケティング等を担当。2014年7月から現職。

佐伯武俊(さえき・たけとし) ミカサ社長

広島市西区出身。現在の天満町にあった自宅が建物疎開されるため、1945年春に移った己斐小近くで被爆した。広島大工学部卒業後、徳山曹達(現トクヤマ)を経て明星ゴム工業(現ミカサ)入社。2003年から社長。74歳。

7. トクヤマの福利厚生は?

寮・社宅、厚生施設(保養所・グランド・体育館・スポーツ施設)、カフェテリアプラン制度、各種社会保険完備、各種財形貯蓄、持株制度、各種年金制度、各種融資制度、持家関連制度、クラブ・同好会 等

8. トクヤマの中途採用は?

採用情報|株式会社トクヤマ

https://www.tokuyama.co.jp/recruit/index.html

株式会社トクヤマは基礎化学品,セメント,エレクトロニクス関連材料など幅広い製品群を展開しております。トクヤマのホームページでは、採用情報などをご覧いただけます。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


最新の投稿


【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本社新宿】LINE(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤマダ・エスバイエルホームに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年に三成建築工業株式会社として創業されてから歴史が始まった、日本屈指の歴史を誇る住宅建設メーカー。社名変更、吸収合併などを経て、平成23年から株式会社ヤマダ電機と資本・業務提携を結び、平成25年に現在の社名となった。太陽光発電システムなど、次世代住宅の技術開発にも力を注いでいる。


株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京エネシスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に設立された東京エネシスは、水力発電所や変電所などの電力設備の建設・保守を行う企業である。 1960年以降は火力発電所、1970年代には原子力発電所にも進出し、日本の経済活動や人々の生活を支える社会インフラとしての電力設備の建設・保守事業では、トップクラスの実績を誇っている。


株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーエネックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1944年に電気工事会社として設立された企業。現在は中部電力グループとして、電気・情報通信・空調衛生・電力供給設備の企画・設計・施工・メンテナンスからエネルギー有効利用提案までを手がけている。平成26年10月に創立70周年を迎えるにあたって、マスコットキャラクター「つながルン」が公募により決定した。


世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世紀東急工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

"舗装のスペシャリスト"として道路建設を中心に、環境整備やスポーツ・レジャー施設、空港建設など、日本のインフラ整備に技術力を発揮する企業。60年以上の歴史を持ち、本社をはじめ全国に支店・営業所・技術研究所など約120の拠点を展開する東急グループ企業である。


wiget_w300 wiget_w300