【業界第2位】セントラルスポーツ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業界第2位】セントラルスポーツ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1970年設立。元オリンピック水泳代表の後藤忠治を中心に、世界に通用する水泳選手と体操選手の育成を目的に立ち上げられたのが始まり。スポーツクラブやスイミングスクールなど、全国に200以上(2016年3月末現在、受託含む)の店舗を展開。売上業界第2位である。現役の選手も所属し、競技活動を行っている。


1. セントラルスポーツってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東京都中央区に本社を置くスポーツクラブなどを運営する企業である。

1-2 創業者と沿革

[創業者]
現 代表取締役会長 後藤忠治

元水泳選手で1964年東京オリンピック代表であった後藤忠治を中心に、体操選手の小野喬、小野清子、遠藤幸雄らが参画して「世界に通用する水泳と体操の選手作り」を目的として設立された。所謂「スイミングスクール」を初めてビジネスとして成功させた企業でもある。

・昭和44年12月 セントラルスポーツクラブを創業、スポーツクラブ運営を開始。
・昭和45年5月 東京都新宿区百人町に(株)セントラルスポーツクラブを設立。東京都杉並区にスイミングスクールを開校し、スクール部門及び指導受託業務部門を開設。
・昭和52年3月 東京都新宿区百人町の本社事務所と千葉県市川市及び東京都新宿区にある営業所を併合し、本社として東京都中央区宝町に移転。
・昭和52年10月 東京都知事登録国内旅行業(第2152号)を取得し、旅行業を開始。
・昭和53年8月 セントラル産商(株)(後の(株)サンクレア、平成16年10月セントラルスポーツと合併)を東京都千代田区内幸町に設立し、当社の商事部門として営業を開始。
・昭和54年5月 セントラルスポーツ(株)に商号を変更。

沿革 | 会社情報/IR情報 | セントラルスポーツ >

http://company.central.co.jp/about/history/

セントラルスポーツの会社情報/IR情報ページです。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:
東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー

出典:
http://company.central.co.jp/about/profile/

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を経営理念に、皆様の“心とカラダの健康づくり”をサポートいたします。

スポーツという言葉はラテン語のデポルターレ(deportare:気晴らしする、遊ぶ)を語源としています。私たちはスポーツを通じて体を動かす楽しさをお伝えし、すべての人々が世代を超えて毎日をイキイキと過ごしていただけるような健康づくりを目指しています。

お子様がスイミングに通っている間にお父さんとお母さんはジムで運動、というようにファミリーで楽しく通っていただけるクラブ。また高齢化社会を迎えた昨今、シニア向けのプログラムの開発にも力を入れることで、二世代のみならず三世代でクラブに通っていただきたいと願っています。

セントラルスポーツは「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を経営理念に、スポーツ健康産業のパイオニアとして、皆さまの一生涯の健康づくりに貢献してまいります。

2. セントラルスポーツの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
2018年3月期 535億7600万円
2017年3月期 527億1200万円
2016年3月期 516億5800万円

▲営業利益(連結)
2018年3月期 43億4100万円
2017年3月期 42億5200万円
2016年3月期 35億1600万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
2018年3月期 29億2200万円
2017年3月期 27億2400万円
2016年3月期 19億3500万円

セントラルスポーツ過去10年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲部門別売上高(2018年3月期/連結)
フィットネス部門 305億7500万円
スクール部門 121億2100万円
業務受託部門 59億4000万円
その他(旅行業・販売など) 49億3800万円

2-3 主力事業

■フィットネス事業

わが国初となるフィットネスクラブを開設してから30年余り。充実した運動設備とあらゆる年代のニーズに応えるプログラムやサービスを提供しています。また、温浴施設やエステなどのボディケア施設を充実させた“ウェルネスクラブ”を展開し、幅広い層のお客様にリラクゼーションやコミュニティの場を提供しています。

■スクール事業

セントラルスポーツは、創業以来、45年以上にわたって子どもたちのスクール事業を行ってきました。運動能力の向上のみならず、社会性や自主性、積極性などを育み、子どもたちの健やかな成長と可能性を広げるお手伝いをしています。

■レジャー関連事業

さまざまなスポーツイベントやツアー(旅行)の企画・運営を通じて、お客様の豊かなライフスタイルの提案と、一生涯の感動づくりをサポートしています。マリンスポーツや登山(ハイキング)からお子様向けのキャンプまで、あらゆる年代に向けたスポーツ体験ツアー、イベントを開催しています。

3. セントラルスポーツの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役会長 (代表取締役)
後藤忠治

昭和16年12月4日生

昭和39年4月 ㈱大丸入社
昭和39年12月 東京工機㈱入社
昭和44年12月 セントラルスポーツクラブ創業
昭和45年5月 ㈱セントラルスポーツクラブ(現:セントラルスポーツ㈱)設立 当社取締役就任
昭和51年5月 当社代表取締役副社長就任
昭和52年5月 当社代表取締役社長就任
昭和56年5月 セントラルトラスト㈱代表取締役社長就任(現任)
昭和62年10月 パレスセントラルスポーツ㈱ 取締役就任(現任)
平成20年4月 (財)(現:一財)社会スポーツセンター会長就任(現任)
平成26年4月 当社代表取締役会長就任(現任)


取締役社長 (代表取締役)
後藤聖治

昭和44年8月28日生

平成7年4月 三菱商事㈱入社 セントラルトラスト㈱取締役就任(現任)
平成10年4月 当社入社
平成11年5月 当社社長室長
平成11年6月 当社取締役就任
平成12年3月 Central Sports U.S.A.,Inc.取締役就任(現任) Meridian Central,Inc.取締役就任(現任)
平成13年3月 当社経営企画室長
平成15年6月 当社常務取締役就任
平成17年7月 当社営業本部副本部長
平成18年12月 Wellbridge Central,Inc.取締役就任(現任)
平成19年6月 当社専務取締役就任 当社営業本部長(現任)
平成23年10月 当社代表取締役副社長就任
平成25年8月 ㈱明治スポーツプラザ代表取締役社長就任(現任)
平成26年4月 当社代表取締役社長就任(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

セントラルスポーツは、世界に通用するオリンピック選手の育成を目標に、私を含め、小野喬さん、小野清子さん、遠藤幸雄さんら東京オリンピック出場者が1969年12月に創業いたしました。その結果、今日まで競泳競技でソウルオリンピック金メダリストの鈴木大地選手、体操競技でアテネオリンピック金メダリストの冨田洋之選手、鹿島丈博選手をはじめ延べ25名のオリンピック選手を輩出して参りました。一方で「健康づくり・体力づくり」「青少年の育成・情操教育」をテーマとしたスイミングスクール、スポーツクラブ事業をはじめとし、日本初のフィットネスクラブの開設、リラクセーションや癒しを取り入れたウェルネスクラブの開設へと業態を広げて参りました。また、本格的なスパ施設「THE SPA」を併設したウェルネスタウンの開設により運動はもちろんのこと、可能な限りお客様のニーズを取り入れ、楽しみながら健康を維持できる場を提供しております。(中略)
また、フィットネス業界でいち早く介護予防ビジネスに取り組み、運動を取り入れたデイサービス施設の運営、区市町村や各事業者からの「地域支援事業」に対応するプログラムの提供も行っています。
1982年に設立したセントラルスポーツ研究所では科学的分析により運動効果について検証を行い、各種プログラムに活かしてまいりました。また、最近の生活の多様性による個人の様々なニーズに対し、パーソナルトレーニングの提供を行い、お客様より大きな評価をいただいております。
今後もお客様にご満足いただけますよう「安心・安全・信頼」のサービスを提供すると共に、多くの皆様方がスポーツに触れ、体験し、楽しんでいただけるようスポーツの普及・振興にも努めて参ります。
(後藤忠治会長)

当連結会計年度におきましては、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、消費者の健康やスポーツに対する関心がますます高まっている中、より多くの皆様の健康に寄与できるよう高品質なサービスの提供に努めるとともに、健康・スポーツの重要性と素晴らしさを訴求してまいりました。出店につきましては、小型店や24時間営業の店舗を中心に行い、年度末の店舗数は、直営店154店舗、業務受託店61店舗、合計215店舗となりました。(中略)
スポーツクラブの枠を超えた事業としては、各種の健康サポート事業や介護予防事業、地域創生推進事業にも積極的に取り組んでおり、オフィス内でのストレッチやヨガ、イス体操の出張運動指導サービスなど、新たな需要を着実に捉えております。アスリート育成においても、競泳・体操に加えて、昨年4月に「セントラルスポーツ・ダイビング(飛込)チーム」を立ち上げたほか、男子体操競技部でもコーチを招聘して指導強化と環境整備に努めており、所属選手の活躍の場がさらに広がっています。CSR活動としては、毎年夏季に実施している小学校を対象とした無料の「着衣水泳教室」を開催し、全国で約2万名が参加しました。このほか、ダイビング事業を通じて、海中や海岸の清掃やサンゴ保護活動など海の環境保全活動も恒例で実施するとともに、障がい者スポーツの支援も実施しました。
(後藤聖治社長)

4. セントラルスポーツではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1090人(臨時従業員数 3101人)
単体 986人(同 2775人)

2018年3月31日現在

4-2 平均年齢

39.8歳(単体、2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

14.9年(単体、2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

597万1556円(単体、2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

寺本 英司 1997年入社
経営企画室 マネージャー

入社後、4年間は店舗でインストラクターとして勤務しました。お客様の笑顔に接しながら働けることに大きなやりがいを感じていたので、このころ目指していたのは「日本一のインストラクター」。そんな矢先に、上司から経営企画室への異動を告げられました。上場にともない新設された部署への異動だったので、どういう業務をやることになるのかは上司ですら想像がつかないという(笑)。すごく戸惑いましたね。

「会社の成長につながりそうなことは、なんでもやってみよう」を合言葉に、メンバーで仕事をつくりだしていったんです。もともと、セントラルスポーツには「出る杭は引っ張り上げろ」という風土があります。年齢や肩書を気にせず、自由に発言してはさまざまな取り組みに挑戦させてもらっていました。その結果、現在では、会社の中期経営計画の策定やグループ会社の統括、業界情報の収集や分析、異業種コラボレーションや企業間提携の窓口業務など、実にさまざまな職務領域をカバーするようになっています。

坂本 太朗 2012年入社
セントラルウェルネスクラブ上池袋 インストラクター

入社後は、上池袋にある店舗でインストラクターとして勤務しています。子ども向けのスイミングスクールや体育スクール、フィットネスジムでの指導を受け持っています。水に顔をつけることすらためらっていた子がスイスイ泳げるようになった姿や、すぐに息が上がっていた人が楽しそうに筋トレを続けている姿などを見ると、とても手ごたえを感じますね。

一方で、難しいなと思うのが、バランスのとり方です。例えば、水泳教室。レッスンに参加している子どもたちのなかには、レベルの低い子・高い子が混在しています。初心者のレベルを引き上げることばかりに気を取られると上級者は飽きてしまいますし、上級者のさらなるレベルアップばかりに傾倒すると、初心者はついていけずに断念してしまう。先輩の指導方法を見学したり、自分なりに考えた工夫を盛り込んだりして、どんな人にも面白さを感じ続けていただけるような指導方法を模索しているところです。

石内 麻友 2010年入社
セントラルウェルネスクラブときわ台 インストラクター

私は、入社以来インストラクターとして勤務しています。現在所属しているときわ台店は3店舗目ですが、成人向けのスタジオレッスンやキッズ向けの体育スクール、ダンススクールなどを担当しています。やはり、自分のレッスンを通じて「肩が上がるようになった」「痩せた」などと喜びの声を寄せていただけると、とてもやりがいを感じますね。

また、キッズダンススクールは最近誕生した新たなキッズスクールですが、自分の経験を活かせるようになってうれしく思っています。半面、人に教えることの難しさにも日々直面。スポーツの指導では、絶対の正解というものがありません。体力や関節の可動範囲、ケガの既往歴などは人によって異なりますから、当然、適した指導法も人によって変わってくるのです。そのため、目指すゴールは同じでも、導く道筋は人によって変える必要があるんですね。

柏瀬 淑子 2009年
セントラルウェルネスクラブ六甲道 レセプション

レセプションスタッフは、人の活躍を裏で支えることが好きな私に合った仕事だと感じています。お客様の事務手続き業務をはじめ、会費の管理、商品の販売、アシスタントの方の育成や管理・採用など、業務は多岐に渡りますが、その一つひとつが欠くことのできない大切な役割であり、日々いろいろな人たちとコミュニケーションをとりながら円滑にクラブを運営できるよう心がけています。

レセプションスタッフと聞くと、事務の仕事のみのイメージで捉えられるかもしれませんが、セントラルスポーツではそうではなく、スタッフ全員が様々な役割を果たすことができるよう、しっかりとした研修体制を整えています。そこがこの会社の魅力の一つだと思っています。

5. セントラルスポーツの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

どのような人材像が求められるかといえば、まず、私たちの仕事がサービス業であることの自覚が必要です。つまり、人と接することに喜びを感じて仕事のできる人であることは基本といえます。ゼネラリストであろうがエキスパートであろうが、豊かな人間性を備えていることも大切でしょう。人と人の付き合いの中からビジネスを創造していくのですから、個人の持つ人間性は仕事の上で重要なファクターです。これらを基本として、私が強く求めるのは、“創造力”です。時代は大きく変わりつつあります。これからの新しい時代に向けて、今までにないような斬新で画期的なビジネスを生み出していくには、創造力が不可欠。私たちは、スポーツクラブの運営という健康産業をベースにして、その周辺の付帯事業を積極的に推進していく考えです。そのためには、豊かな創造力、あるいは発想力で、新たな事業を作りだすタレントが求められます。

Q.スポーツ、体育を専門に学んでいませんが大丈夫ですか。
A.全く問題ありません。
仕事に必要な知識は、会社に入ってから研修や実務を通じて身につけていきます。
当然入社後は、担当するプログラムなどの知識、指導技術について勉強する必要がありますが、入社前はスポーツへの好奇心、探究心が重要かと思います。

5-2 育成に関する方針・施策

セントラルスポーツでは、社員をはじめスタッフ一人ひとりが提供するサービスを最大の経営資源と考え、「人が企業を成長させる」という強い信念のもと、人材育成に取り組んでいます。この信念に基づき、各種研修や制度のあり方、その内容を検討し、目的やキャリアに応じた教育・研修システムを実施しています。
とくに、20代の若手社員に対する教育は、セントラルスポーツの社員として、社会人としてさまざまな可能性を開花させるためのベースを育む時期でもあるため、緻密で多様な研修プログラムを用意しています。

●新入社員研修
当社社員として必要な基本的な習得と、OJTによりサービス内容の理解を深めます。
●IBS研修
インストラクター・ベーシック・セミナー。
インストラクターとして『指導のプロ』に必要な知識、技術の習得、インストラクター間の情報交換の場です。
●IIS研修
インストラクター・インターミディエット・セミナー。
メンバーの要望、目的に沿った運動プログラムの提供、指導及び店舗運営のできる幅広い応用力のあるインストラクターを目指し、知識の確認と最新情報の収集、及び自己啓発を行います。
●アシスタントチーフインストラクター/副店長/主任研修
アシスタントチーフインストラクター・副店長・主任昇格者対象。会社の規定、労務管理、経理処理等、店舗運営に必要な基本的知識の修得を目的とします。
●チーフインストラクター/店長/マネージャー研修
店長・チーフインストラクター・マネージャー昇格者対象。店舗運営の管理監督者として不可欠な知識と心構えを学んでいく。さらに、店舗経営戦略を自らで構築していく力をつけていきます。


5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■初任給
総合職
全国コース(大卒)月給 218,500円
エリアコース(大卒)月給 191,000円
(短大卒・専門学校卒)月給 187,700円
一般職群コース(大卒)月給 188,818円
(短大卒・専門学校卒)月給 181,209円

■昇給
年1回(4月)

■賞与
年2回(7月・12月)

6. セントラルスポーツ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

鹿島丈博
1980年7月16日生まれ/大阪府出身
アテネ・北京オリンピック体操日本代表
大東文化大学 スポーツ健康科学部 講師

2003年4月 セントラルスポーツ株式会社 入社・順天堂大学大学院 入学
2008年12月 現役引退
2009年3月 セントラルスポーツ株式会社退社
2009年4月 大東文化大学 スポーツ健康科学部 講師
アテネ・北京オリンピック体操日本代表
大東文化大学 スポーツ健康科学部 講師

新島卓矢
One on One 代表
One on One 講師・体操競技パフォーマー

2005年 洛南高校 普通科スポーツクラス卒業
2009年 順天堂大学 スポーツ健康科学部スポーツ学科卒業
2011年 順天堂大学院 スポーツ学科修了
2008~12年 セントラルスポーツ(株)
2013~15年 サムライ・ロック・オーケストラ所属
2013年 One on Oneバク転・アクロバット教室 開校
2016年 One on OneアクロバットスタジオOPEN

7. セントラルスポーツの福利厚生は?

■福利厚生
保険:健康・厚生年金・雇用・労災・団体定期保険
保養施設:ハワイ、蓼科に別荘
同好会活動:スキー、スクーバダイビング、野球、サッカーetc
自社施設利用制度:自社・テナントクラブを自由に利用できます
その他:定期健康診断、財形貯蓄制度、社員持株会

8. セントラルスポーツの新卒採用、中途採用の求人は?

【セントラルスポーツ株式会社】採用情報

http://company.central.co.jp/recruit/

セントラルスポーツの会社情報/IR情報ページです。

9. セントラルスポーツのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. セントラルスポーツの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

関連する投稿


【三菱商事系コンサル】(株)シグマクシスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【三菱商事系コンサル】(株)シグマクシスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2008年に設立された三菱商事系のコンサルティング企業。顧客が目指す成果をよりスピーディーに実現するため、社内外の戦力を自在に組み合わせ提供するサービスが強み。設立5年で年間売上100億円を突破し、東証マザーズへの上場も果たした。海外戦略にも注力しており、インド・ASEANや欧米への進出支援も行っている。

コンサルティング 東京都港区 東証一部


株式会社CSSホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社CSSホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に料飲ビジネスと空間プロデュースを行う持株会社。国内シェアトップの食器洗浄や衛生管理業務を請け負う株式会社セントラルサービスシステムと、業務用音響機器の輸入・卸売・販売を行う東洋メディアリンクス株式会社が中核。ホテル、レストラン、商業施設、金融機関、学校、病院、介護施設など広い分野でサービスを提供している。

東証ジャスダック 外食 東京都中央区


【港湾運送最大手】(株)上組に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【港湾運送最大手】(株)上組に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

港湾運送の最大手企業。港湾運送業・倉庫業・重量物運搬を行う。国内6大港におけるシェアトップを誇る。2003年に業界初となる港運業者単独運営の上組神戸コンテナターミナル(KGKT)を、翌年に同じく単独運営の上組東京コンテナターミナル(KGTT)を開設。2017年に創業150周年を迎えた。[かみぐみ]

兵庫県 陸運・倉庫 東証一部


ULSグループ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ULSグループ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2000年に前身となるウルシステムズ(株)を創業。2011年に現在の社名となり持株会社へ移行している。子会社にウルシステムズ(株)と、ピースミール・テクノロジー(株)があり、ITシステムの設計・構築・などコンサルティング業務を主軸としている。

東京都中央区 ITサービス・ソフトウエア 東証ジャスダック


日本精蝋株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本精蝋株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年に設立。東京都に本社を置く国内唯一のワックス専業メーカー。主力のパラフィンワックス製造のほか、重油も取り扱う。山口県周南市に位置する徳山工場では、主力製品を一手に引き受けている。また、国外においてはアメリカを中心に中南米、オセアニア、東南アジアなど世界約30カ国へ輸出している。

東京都中央区 東証二部 石油


最新の投稿


イッツ・コミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

イッツ・コミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ケーブルテレビ放送局とインターネットサービスプロバイダ事業を行う、東京急行電鉄の100%子会社。対象エリアは東急沿線、対象世帯数は1,331,456世帯(2018年10月末日現在)。また法人向けには、事業者がホームページの管理を効率的に行えるCMSの提供など、ネットワークソリューション事業も手掛ける。

東京都世田谷区 マスコミ 非上場


BNPパリバ証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

BNPパリバ証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

欧州を本拠地とし、金融サービスを提供するBNPパリバグループの一社。BNPパリバの歴史は古く、1860年にアジア太平洋地域に拠点を開設以来、日本でも長期にわたり実績を蓄積し、日本市場に外資系金融機関としての地位を築いた。コーポレートバンキングや資産運用など、革新的で高度な幅広い金融サービスを提供している。

東京都千代田区 証券 非上場 BNPパリバグループ


中央紙器工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央紙器工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛知県清須市に本社を置く段ボールメーカー。1957年に創立。トヨタグループの会社で、トヨタ向けに自動車部品用段ボールの製造・販売を行っている。段ボール事業の他に、化成品事業、新規事業を行っている。愛知県に工場を置き、中国、マレーシアに工場がある。

愛知県 印刷・製紙


メック情報開発株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

メック情報開発株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所グループに対するシステムの企画開発及び運用を行う会社。グループ内の情報システム部門としてICTの側面から支えており、IT戦略の新領域に対して積極的に展開している。主なシステムはビルの請求・入金業務等をトータル管理運用する「BMS」をはじめ、商業施設運営をトータル的にサポートする「SMS」などを運営している。

東京都千代田区 非上場 ITサービス・ソフトウエア 三菱地所グループ


三菱地所リアルエステートサービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所リアルエステートサービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所グループの傘下として不動産サービス事業を展開する会社。不動産の売買仲介や賃貸経営サポートなどのビジネス全般を行うほか、不動産情報を一元管理するクラウド型システムの「CRE@M」を運営しており情報基盤の構築をサポートしている。また企業価値を最大化にするためのCRE戦略を活用したコンサルティングも手がけている。

東京都千代田区 非上場 不動産 三菱地所グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300