【平均年収1905万円】M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1905万円】M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

金融系でもコンサル系でもない、不動産業界出身者が設立したM&A仲介サービスを手掛ける企業。事業承継M&Aが中心。独立系というしがらみのなさと成功報酬型の料金体系を看板に中小企業を中心にクライアント数を順調に伸ばす。平均年収1900万円超という高給でも注目を集めている。


1.M&Aキャピタルパートナーズってどんな会社?

1-1.ひとことで言うと

中堅・中小企業を対象としたM&A仲介サービスに特化した会社です。

1-2.創業者と沿革

創業者 中村悟(現 代表取締役社長)
1973年、福岡県生まれ。工学院大学工学部を卒業後、大手ハウスメーカー・積水ハウス株式会社で設計・営業として活躍。営業時代、土地オーナーが所有する店舗や会社の譲渡について相談を受けるようになり、M&Aに関心を持つ。中堅・中小企業の後継者問題の解決と発展的事業承継の実現のため、2005年にM&Aキャピタルパートナーズ株式会社を設立、代表取締役社長に就任。

平成17年10月 M&A仲介業務を事業目的とした、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社を設立
平成18年1月 第1号案件として健康食品通信販売会社のM&Aを成約
平成20年12月 M&Aセミナー開催を開始
平成25年11月 東京証券取引所マザーズに新規上場
平成26年3月 本社を東京都千代田区丸の内一丁目に移転
平成26年12月 東京証券取引所の市場第一部銘柄に指定

1-3.本社所在地とネットワーク

本社
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウノースタワー38階

企業概要 - M&A/事業承継のM&Aキャピタルパートナーズ【東証一部上場:6080】

http://www.ma-cp.com/corporate/

弊社の企業概要です。M&A仲介/事業承継専業。中堅・中小企業の事業承継問題を友好的なM&Aで発展的に解決。また、成長加速を目指す企業のM&A戦略活用を支援。弊社は友好的なM&Aのベストパートナーを目指します。【東証一部上場:6080】

1-4.ビジョン・ミッション

▲企業理念

行動指針

1.当社は世界最高峰のプロフェッショナル集団として高い知識・サービスレベル・チームワーク・新分野への挑戦と努力を続け、何より他社と比べ群を抜く誠実さと高い情熱で顧客の期待する解決・利益の実現のために取組みます。

2.当社の社員はより幅広く、より高いレベルでの業務を通じ、人間的成長・経済的豊かさ・家族の幸福を達成していきます。当社の業績と未来は優れた社員の活躍によってもたらされるものであることを当社は承知しています。

3.当社は小規模ブティックではなく、世界最高峰のブランドと人材・実力を持つ投資銀行へと常に前進・拡大していきます。信用を守るための徹底した機密保持・法令順守・資本の強化と最高の人材をひきつけるための高い収益性を維持していきます。

2.M&Aキャピタルパートナーズって何をする会社?

2-1.業績推移・見通し

▲売上高
2014年9月期 16億6700万円
2015年9月期 28億4700万円
2016年9月期 37億5500万円

▲経常利益
2014年9月期 8億800万円
2015年9月期 15億2400万円
2016年9月期 18億6000万円

▲当期純利益
2014年9月期 4億6800万円
2015年9月期 8億9200万円
2015年9月期 10億8100万円

2-2.事業セグメントと業績内訳

当社は、M&A仲介事業及びこれらの付随業務の単一セグメントであるため、セグメントに関わる記載は省略しております。

2-3.主力事業

▲アドバイザリーサービス
M&Aのアドバイザリーサービスについて従前までは、主に大手銀行・証券会社が手掛けるサービスであり、その対象は上場企業を中心とした大手企業をターゲットに行われるのが一般的で、国内の中堅・中小企業には、これらのサービスが行き届いていないのが実情でした。当社は、オーナー経営者様の高齢化を背景に、事業を次世代に承継する手法として、特に中堅・中小企業に対し友好的なM&A仲介サービスを提供し続け、今日まで実績を積み重ねております。

▲ファインディングサービス
当社では、具体的な買収ニーズや対象先をお持ちの企業様に対して、ファインディング(案件開拓)サービスのご提案を行っております。当社独自のチャネルや手法によって対象会社のオーナー経営者様にアプローチしM&Aの可能性を模索しフィードバックします。企業様が直接アプローチする場合の一番のブレイク要因となるハードな交渉過程も、仲介サービスを行う当社がしっかりとリードし、友好的なM&Aの成立に向けてサポートしていきます。

▲協業について
当社は、パートナー企業様から、事業承継について検討しているお客様のご紹介いただき、ともにM&Aアドバイザリーサービスを提供させていただいております。

3.M&Aキャピタルパートナーズの経営者ってどんな人?

3-1.社長のプロフィール

代表取締役社長
中村 悟

昭和48年3月30日生まれ
平成7年4月 積水ハウス株式会社入社
平成17年10月 当社設立、代表取締役社長就任(現任)
平成28年10月 株式会社レコフ取締役就任(現任)
平成28年10月 株式会社レコフデータ取締役就任(現任)

3-2.発言、ブログ、エピソード

難手術に挑まれる社長のお見舞いで病室にお伺いした際、ご兄弟より、「この縁談の話があるので、安心している」とのお言葉を頂き、手術の成功を祈って社長と固い握手を交わしました。責任の重大さを痛感し、全身全霊で取り組むことを深く心に誓った瞬間でした。

最初は私一人で、資本金300万円で始めましたが、オフィスは借りず、知り合いの会社に月5万円で間借りしました。机ひとつと電話を借りてそこへ通い、アポが取れれば出向き、ないときは実務本を読んで勉強をするという日々。あまり仕事はなく、実績がないとM&Aの仕事ができないという点を甘く見ていたところがありました。

私は、ハウスメーカーの営業をしていた前職当時、お客さまの資産運用や相続対策の相談に乗っていました。そのとき、飲食店や清掃会社の譲渡の相談を持ちかけられ、M&Aに興味を持ちました。一方、中堅・中小企業の経営者の後継者不在問題は深刻で、解決のための手助けをしたいと思ったのです。

4.M&Aキャピタルパートナーズではどんな社員が働いているの?

4-1.従業員数

50名(単体、2016年9月30日現在)

4-2.平均年齢

31.1歳(単体、2016年9月30日現在)

4-3.平均勤続年数

2.99年(単体、2016年9月30日現在)

4-4.平均年間給与

1905万2000円(単体、2016年9月30日現在)

4-5.活躍する社員インタビュー、コメント

鈴木 亮祐 企業情報第四部
前職の証券営業時代は、業務がルーティン化していたため、学んだ知識や専門性をお客様に提供できないジレンマを抱えていたのです。そう考えていた矢先のこと、M&Aを実行されたオーナー様が心から喜んでいる姿を目の当たりにしたことがありました。この分野なら、自分の知識や専門性を駆使して、より多くの人を笑顔にすることができる、と確信しました。

平山 優也 企業情報第七部
最初の面接でいきなり、代表の中村が出てきたことに驚きました。次に面接が始まると、前職での経験や業務内容、成果だけではなく、努力してきたことなどを高校時代までさかのぼって聞いてくれ、私のパーソナリティを大切にしてくれていると感じました。

 

5.M&Aキャピタルパートナーズの人材採用・育成方法

5-1.採用に関する方針・施策

直近4年間(2016年9月現在)ではコンサルタント退職者は『0』名と高い定着率のもと、企業の成長と共に高い向上心を持って行動できるメンバーを募集しております。

※業界未経験者OKですが、以下の経験は特に活かせます。
◆証券会社での営業経験
◆銀行での新規開拓中心の融資営業経験
◆投資銀行業務の経験
◆コンサルティング、提案型営業の経験
◆財務会計の知識

5-2.育成に関する方針・施策

週に一度、営業ロープレを実施しています。また、定期的に勉強会を開き会計・財務など業務上必要とされる知識向上を図っています。

5-3.評価・報酬に関する方針・施策

固定給+インセンティブ+業績連動賞与(年2回)
※固定給については、前職の給与・実績等を考慮した上で当社規定に基づき決定致します。
※インセンティブについては上限の無い支給となります

昇給・昇格(年2回・4月・10月)
・評価方法は営業評価のみでなく、全従業員による360度評価も実施
・年2回の昇給・昇格により、実績に対して素早い評価を実施致します

6.M&Aキャピタルパートナーズ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

M&Aキャピタルパートナーズ出身者(OB・OG)の情報はありません。

7.M&Aキャピタルパートナーズの福利厚生は?

社内表彰制度あり(四半期毎)
納会(四半期毎)
社員旅行(年1回)

8.M&Aキャピタルパートナーズの中途採用は?

採用情報トップページ-株式会社M&Aキャピタルパートナーズ【東証一部上場:6080】

http://www.ma-cp.com/recruit/

株式会社M&Aキャピタルパートナーズの公式採用サイトです。【東証一部上場:6080】

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和55年に設立。夢真ホールディングスの前身は建築設計事務所であり、生産設計分野をリードしてきた存在である。現在の主力事業は建築技術者派遣やエンジニア派遣で、株式会社夢テクノロジー、株式会社夢エージェント、株式会社夢エデュケーションなど、連結子会社7社で構成されている。


アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュアは、世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア(Accenture PLC)の日本法人である。戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの分野でサービスを提供し、FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業」に2003年から15年連続で選ばれている。


最新の投稿


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

社員の自殺が労災認定され、社会問題となった株式会社電通。2017年1月に就任した山本敏博社長は「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げたが、その影響で新たな採用が増えているという噂は本当なのか。現役の電通社員に内情を聞いた。


wiget_w300 wiget_w300