最新の投稿


日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセルは、電器・コンシューマー、産業用部材、電池といった製品の製造・販売を手がける日立製作所の関連会社。カセットテープを日本で初めて製品化した会社としても知られている。近年ではプロジェクターやLEDヘッドランプ用レンズ、エステ家電なども製造。一旦日立製作所に完全子会社化されたが、後に独立を果たした。


千代田インテグレ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

千代田インテグレ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「軟らかい素材」を自在に高精度加工する「ソフトプレス」という技術を用いて、多くの分野にマーケットを持つ総合部品メーカーである。中国や東南アジアを中心に欧米にも拠点や工場を持つグローバルな企業へと成長し続けている。国内10拠点、海外25拠点を持ち、2017年の春にはメキシコ工場が新たに稼働予定。


アルパイン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルパイン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルパインは車載音響機器、情報通信機器の開発から製造、販売までを手掛けるメーカー。電子部品メーカーのアルプス電気を親会社に置くアルプスグループに属する。早くから積極的に海外展開を進めており、現在の売上比率も9割近くを海外が占めている。2000年にいわき本社で映画「千と千尋の神隠し」の制作協力が行われた。


レーザーテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

レーザーテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界初の装置を通じて新たな市場を開拓し、牽引している企業。「毎年一つの新製品を開発しよう、それも世界で初めてのものを」というスピリットを掲げ、「LSIフォトマスク欠陥検査装置」や「走査型カラーレーザー顕微鏡」、「位相シフト量測定器」など、世界初の装置を開発し続けている。


船井電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船井電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船井電機は設立当初から海外への輸出に積極的で、北米では高いブランド認知度を誇り、ウォルマートなどを中心とした広範な販路を持つ。欧州でも順調に販路を広げ、LEDバックライトを搭載する液晶テレビは“KATANA LED”ブランドで販売され、「高品質」「高信頼性」の製品づくりには定評がある。


日本セラミック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本セラミック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

セラミックセンサや超音波センサ、フェライト、モジュール製品等の開発・製造・販売をしている会社である。特に赤外線センサの分野では世界シェアの6~7割で日本セラミックの製品が採用されていて、今後もセキュリティ製品の人感センサとしての活用が期待される。


OBARA GROUP株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OBARA GROUP株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OBARA GROUP株式会社は、自動車業界で活用される「抵抗溶接機器」や造船・建設の分野で利用される「アーク溶接機器」の開発・製造を行っている企業。企業グループの経営戦略の策定・推進などを通して経営効率を高めるために設立された純粋持ち株会社である。


株式会社エンプラスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エンプラスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

エンプラスは車などのギヤや半導体機器、LED光源用拡散レンズなどを作っている会社である。埼玉県の本社の他に、東京都千代田区にグローバル本社なるものを設置しており、グローバルネットワークでつながっているのは世界16の国と地域24社となっている。また、海外売上高比率は約80%を誇っている。(連結2016年3月末時点)


新光電気工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新光電気工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新光電子工業は半導体パッケージなどの製品を作っている会社である。全国各地に製造工場や開発センターを持っており、海外にも多数の拠点がある。第81期報告書によると、平成27年度の事業状況としては連結売上高が1434億5300万円で、前期比0.4%増になっている。


元リクナビNEXT編集長が明かす「転職してはいけない人」 未来の成長を諦めれば良い出会いは来なくなる

元リクナビNEXT編集長が明かす「転職してはいけない人」 未来の成長を諦めれば良い出会いは来なくなる

「年齢が上なほど自分を過大評価しがち」「頭脳明晰だが中身はからっぽ、と思われないために」「よく練られた模範解答など面接官は求めていない」など厳しい言葉が並ぶ、黒田真行氏の最新刊。安易に転職を考える人を戒める内容になっているが、それではどんな人であれば転職に向いているのだろうか?


SMK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

SMK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

テレビリモコンやタッチパネル等電子部品の製造を主とする企業。東京都品川区に本社を構え、B to Bビジネスを展開する。アジアやヨーロッパなど世界16カ国に拠点を持ち、海外進出や人材活用のグローバル化も盛ん。創業者の池田平四郎は財団法人である昭和池田記念財団を設立している。


パイオニア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パイオニア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

音響機器メーカーとして創業したが、現在はカーエレクトロニクス事業を基幹産業としている。世界初のGPS搭載カーナビゲーションシステムを開発し、カーコンポーネント事業では世界一の技術とシェアを持つ。長年培ってきた技術力と新しい発想で、照明・医療機器分野で新事業を立ち上げている。


ローランド ディー. ジー.株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ローランド ディー. ジー.株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

看板・広告用の大型インクジェットプリンターやカッティングマシンを中心に、コンピュータ周辺機器の販売を行う。インクジェットの技術力は世界屈指と評価され、海外市場の売上も高い。近年注目される3Dプリンターや3次元切削加工機といった、デジタルデータを利用した「ものづくり」を提案し市場開拓を進めている。


フォスター電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

フォスター電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スピーカーやヘッドフォンなどの音響機器を製造・販売している。他社ブランドの製品製造が主軸であり、ソニー、ヤマハ、アップル社のiPod、iPhoneに製品が供給されている。車載スピーカーにおいては世界シェアの10%を持つ。メルセデス・ベンツ、フォードにも使用されている。自社ブランドでは自作用のスピーカーユニットを販売。


日本信号株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本信号株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本信号株式会社は、鉄道信号技術の高さを海外で学んだ創業者が複数の工場や企業を合併することにより、誕生した会社。現在は信号機だけでなく、様々な管理システム、制御装置を開発・販売することに成功し、日本国内において無二の需要を誇る商品を売り出している。


リョービ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リョービ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1943年にダイカストメーカーとして出発し、主に自動車産業の分野でさまざまな構成部品をつくり出してきた。培った独自の技術を活かし、1960年代からはパワーツール、建築用品、印刷機器などの完成商品分野にも事業を展開している世界トップクラスのダイカストメーカー。


クラリオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

クラリオン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カーAV(カーオーディオやカーナビゲーション)機器として世界で初めて、国際宇宙ステーション内に取り付けられた実績をもつ企業。国内路線バス向け音声合成システム市場においては、約7割のシェアを持つ。日立グループ(日立製作所の連結子会社)に属し、社名は、高音域の巻管楽器クラリオン(ビューグル)に由来する。


EIZO株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

EIZO株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

EIZO株式会社は、ディスプレイ装置の専業メーカーで開発から品質管理までを一貫し行う。コンピュータ用ディスプレイ装置・医療用ディスプレイ装置・アーム式液晶マルチモニタ・薄型テレビなどを製造し、国内だけではなくドイツ・アメリカ・中国にも生産拠点を持ち、70以上の地域・国にグローバルに「EiZOブランド」を展開している。


エレコム株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エレコム株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカー、及び仮想移動体通信事業者で売上高は6期連続の増収、2015年度は811億円を越える。BCN AWARDによると、マウスやスマートフォンケースは2015年、業界1位の販売数を誇る。パソコン周辺機器やスマートフォン関連の他にも体組成計などのヘルスケア製品も製造販売している。


日本無線株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本無線株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中野区に本社を置く老舗の大手通信機器メーカーで、現在は親会社日清紡ホールディングスの中核であるエレクトロニクス部門に属する。気象レーダーや防災システムを管理するソリューション・特機事業が2015年度は売上高641億円を越え、主力となっている。


キャリコネ