最新の投稿


株式会社北洋銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北洋銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

札幌市に本店を置く第二地方銀行。1998年に経営破綻した北海道拓殖銀行の営業譲り受けや、2008年の札幌銀行との合併を通じ、大手の第一地銀と遜色ない規模に拡張。資金量・預金量は道内で最大。第二地方銀行でも最大の資金量を擁する。現頭取は拓銀出身。


株式会社広島銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社広島銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

広島市に本社を置く地方銀行。広島県内での存在感は大きく、県内企業の36%が「メインバンクは広島銀行」と答えたという調査もある。岡山県、愛知県、大阪府、東京都、愛媛県、島根県、山口県、福岡県にも支店を置き、中四国最大規模。上海、バンコク、シンガポールに駐在員事務所を設けて、取引先の海外ビジネスを支援している。


【東北最大】株式会社七十七銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【東北最大】株式会社七十七銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東北6県で最大の金融機関。宮城県内の預金シェアの56.4%、貸出金シェアの42.3%を占める。預金等の資金量は、地方銀行64行中7番目。読みは「しちじゅうしち」で、地元では「しちしち」と呼ばれる。現頭取の氏家照彦氏は創業家の流れを汲み、会長を約20年あまり務めた榮一氏の長男。


株式会社百五銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社百五銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三重県と愛知県を中心に支店を置く地方銀行。明治11年、国立銀行条例に基づく第百五国立銀行として設立。三重県内の預金シェア(43.2%)と貸出金シェア(36.6%)でトップ(2016年3月末現在。メガバンクを含む)。愛知県への出店を強化。陶芸家の川喜田半泥子が頭取を務めていたこともある。


株式会社メディパルホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メディパルホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メディパルホールディングスは、医療用医薬品、一般用医薬品、医療機器、日用品、化粧品、トイレタリーを主力取り扱い品目とする流通グループの持ち株会社である。東京都中央区に本社を置き、連結売上高は2兆5,000億円を越え、日本国内最大規模である。


あすか製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

あすか製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

あすか製薬は2005年10月1日に帝国臓器製薬とグレラン製薬が合併して誕生した製薬会社で、ホルモン製剤の新薬開発に優位性を持ち、特に合成技術の高さには定評がある。また、新薬研究開発費として年間約40億円を投じ、医薬品の開発を積極的に進めている企業である。


リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・板橋区に本社を置く粘着関連製品の総合メーカー。売上高では印刷材が最大だが、利益率は電子・光学関連事業が高い。「粘着応用技術」「表面改質技術」「特殊紙・剥離材製造技術」「システム化技術」を基盤とし、シール・ラベル用の粘着紙・粘着フィルムや、半導体チップの製造・実装工程に欠かせない特殊粘着テープ・関連装置が主力製品。


【ALSOK】綜合警備保障株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ALSOK】綜合警備保障株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

セコムに次ぐ国内2位の警備会社。メガバンク本店などの常駐警備の売上規模は国内1位。売上高の82.7%をセキュリティ事業が占めるが、防災事業や介護事業も手がける。現会長・CEOの村井温氏は、創業者の次男。2020年東京五輪などを追い風に、グループ売上規模1兆円の目標を掲げている。


キヤノンマーケティングジャパン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

複合機、カメラ、インクジェットプリンタなどキヤノン製品を国内で販売している企業。世界中で幅広い事業を展開しているキヤノングループの強みを活かし、多彩なビジネス機器とソフトウエア、運用サービスを連携させたマーケティング活動とソリューション提案を行っている。


株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

売上高の67%を清掃・衛生用品のレンタルなどのクリーン・ケアグループが、27%を「ミスタードーナツ」などのフードグループが占める。日本でいち早くフランチャイズシステムをとり入れた会社で、日本全国に多数の拠点を擁する。多角経営をしているが、現在は「ONE DUSKIN」というスローガンを掲げている。


住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ダンロップ」「ファルケン」のブランドを展開する大手自動車タイヤメーカー。国内シェアはブリヂストンに次ぐ2位、世界シェアは6位。2015年10月にグッドイヤーとの提携を解消した。タイヤ事業が売上高の86%を占めるが、ゴルフ・テニスのスポーツ事業や、制震ダンパーや精密ゴムなどの産業品事業も行っている。


東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タイヤ事業が8割を占める大阪市のゴム製品メーカー。TOYO TIRES(トーヨータイヤ)およびNITTO(ニットー)のブランド名で展開。ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムに次ぐ国内第4位。2008年にブリジストンと資本・業務提携を締結。タイヤ事業以外で2007年、2015年に性能偽装問題が発覚した。


横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

「ヨコハマタイヤ」のブランドで知られる自動車用タイヤ事業が、売上の約8割を占める。航空機用・オートバイ用のタイヤからは撤退しているが、工業資材や航空部品、建築用シーリング材・電材、ホース配管などの事業も行う。ゴルフ用品の「PRGR(プロギア)」を展開。


日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のエンジンに使うプラグやセラミック製品を開発・製造する会社。1936年創業。主力製品のスパークプラグは世界トップシェアで、F1などモータースポーツにも供給されている。コーポレート・メッセージは「心と夢に火をつけろ」。業界では「ニットク(日特)」と呼ばれる。


住友ベークライト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友ベークライト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手樹脂加工会社。半導体、電子部品、自動車、建材、包装、医療などの分野で利用される各種プラスチック製品の総合メーカー。売上の約半分は海外であり、世界トップシェアクラスの製品を複数持つなどグローバルに活躍。 住友化学株式会社の持分法適用会社である。


太平洋セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太平洋セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内首位のセメント会社。宇部興産、三菱マテリアル、住友大阪セメントを抑える。1998年に秩父小野田と日本セメントが合併して設立。1990年のピーク時と比べて需要が半分になる事業環境の中、大規模リストラで財務体質の改善を図る。北米にセメント工場を抱えており、「トランプ銘柄」の一角という見方も。


住友大阪セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友大阪セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1994年に住友セメントと大阪セメントが合併。セメント事業が売上の4分の3以上を占め、セメント販売において太平洋セメント、宇部三菱セメントに次いで国内3位のシェアを誇る。住友グループ広報委員会の参加企業。


日本電気硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電気硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電気硝子株式会社は元・NECグループのガラスメーカー。フラットパネルディスプレイ(FPD)用ガラスや液晶ディスプレイガラスの大手であり、特に液晶用ガラス基板では世界の生産量の20%を供給し、米コーニング、旭硝子とともに世界3強を誇る会社である。


日本板硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本板硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大手ガラスメーカー。国内では旭硝子に次ぐ2位。2006年には自社より売上高の大きい英ピルキントンを買収し、世界的大手となった。自動車のガラスに「NIPPON SAFETY」のロゴが入っているものは同社製。住友グループ広報委員会参加企業。


株式会社SUMCOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社SUMCOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1999年創業の東京都港区芝浦にある半導体用シリコンウェーハの製造・販売会社。東証一部に上場しており、従業員の規模は7,480名(2015年12月31日現在)。住友金属工業(株)三菱マテリアル(株)三菱マテリアルシリコン(株)の共同出資により(株)シリコンユナイテッドマニュファクチュアリングが設立。


キャリコネ