採用担当者があなたの会社を魅力的にするの企業情報まとめ|TENSHOCK(テンショック)


中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「新卒採用」について考えます。中小・ベンチャーは新卒採用ができないと考えがち。確かに担当者は効率的で楽かもしれませんが、それでは不十分ではないかという話です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人材紹介会社の使い方について考えます。「人材紹介会社に依頼しても、なかなか人を紹介してくれない」という悩みを持つ採用担当者の方は、やってはいけないことをやっていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は最終選考を終え、会社から応募者に採用を伝える「内定」について考えます。あとは応募者に入社を承諾してもらうだけ、という大事な段階なのに、採用担当者は無味乾燥な対応をしていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。社長など「最終面接官」のジャッジは絶対というのが、多くの会社の決まりでしょう。しかし曽和氏は、応募者を一番よく知る採用担当者がその結果に納得できなければ、責任をもって物申すべきだと指摘します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。上司から幕末の歴史小説を勧められた経験のある人は少なくないでしょう。しかし曽和氏は、生身の人間を知るために“人事は「近現代のノンフィクション」を読むこと”を勧めます。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


応募者の「自社への志望度」を高めるのは採用担当者の仕事だ

応募者の「自社への志望度」を高めるのは採用担当者の仕事だ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。採用ブランドだけに頼った採用では、本当に欲しいレベルの人は採れません。曽和氏は“採用担当者は「志望度は高めるものであって、評価するものではない」と心得るべき”と指摘します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。第2回目は、就活に熱心だからといって、優秀な学生とは限らないという話。そのうえ優秀な学生は、人気企業に流れてしまいます。普通の会社の採用担当者は、就活に熱心ではなくても優秀な学生をターゲットにすべきでしょう。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が「会社の未来を創る人」になりうる理由

採用担当者が「会社の未来を創る人」になりうる理由

人材研究所代表・曽和利光氏の新連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。第1回目は、採用担当者が考えて採用を行えば、間接的に「会社の未来を創る人」にもなりうるというお話です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


wiget_w300