働き方改革の企業情報まとめ|TENSHOCK(テンショック)


働かないおじさんは「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパかける

働かないおじさんは「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパかける

リクルートキャリアの調査によると、今年3月の転職求人倍率は2か月連続で前年同月を下回ったという。原因は、転職市場の活性化を受けて転職希望の登録者数が増加したため。空前の売り手市場は、ミドルの転職にも恩恵をもたらすのか。

転職 働き方改革


サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

「働き方改革」の本来の目的は何なのか。昭和型の日本経営とサラリーマンの働き方を見直し、「ポスト平成型」の新しい姿を描くことではなかったか。現状では、その入り口にも至っていない。誰が「働かないおじさん」の首に鈴をつけることができるのか。

働き方改革


「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。

働き方改革


大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

2月28日に公開した「働き方改革とは、大企業の『働かないおじさん』問題である」は、ネット経由での多くの反応を得た。その中には筆者に対する反論もあったので、簡単に補足しておきたい。

働き方改革


アクセンチュアの激務はもはや過去のもの? ホワイト企業化した現在

アクセンチュアの激務はもはや過去のもの? ホワイト企業化した現在

2016年の電通過労自殺問題以降、長時間労働=ブラックと言われてしまう昨今、企業はその対応に追われています。「働き方改革」「ワーク・ライフ・バランス」といった労働環境改善が叫ばれる中、激務で有名だった外資系コンサルティングのアクセンチュアはどう対応したのでしょうか。それにより残業や年収に変化が起こったのでしょうか。

アクセンチュア 外資系 コンサルティング 働き方改革 ワーク・ライフ・バランス


働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

日本経済の喫緊の課題とされる「働き方改革」だが、生産性向上が必要なホワイトカラーとは誰なのか、いまひとつターゲットが明確になっていない。もしかすると、日本の大企業に勤める「働かないおじさん」ではないだろうか。

働き方改革


「裁量労働制」の運用に問題ある企業は多い? 「残業減ると業務追加」「定時出社しなかったら減給」

「裁量労働制」の運用に問題ある企業は多い? 「残業減ると業務追加」「定時出社しなかったら減給」

国会答弁に誤りがあったと認め、安倍首相が謝罪した。厚生労働省のずさん調査が原因だ。これで「働き方改革法案」の今国会成立が危うくなったとする指摘もあるが、果たしてどうなるのか。

働き方改革


'