コラム

就職・転職について考える読み物コラムです。


コラムの企業情報一覧

中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「新卒採用」について考えます。中小・ベンチャーは新卒採用ができないと考えがち。確かに担当者は効率的で楽かもしれませんが、それでは不十分ではないかという話です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人材紹介会社の使い方について考えます。「人材紹介会社に依頼しても、なかなか人を紹介してくれない」という悩みを持つ採用担当者の方は、やってはいけないことをやっていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


ZOZOの前澤友作社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ZOZOの前澤友作社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長がニュースで話題になっています。どうしてあんなにたくさんお金を持っているのでしょうか? 意外と知られていないスタートトゥデイの業績やビジネスモデルについてチェックし、莫大な資産の背景を見ていきましょう。(ライター:拓蔵)

IT 年収 アパレル ゾゾタウン ZOZOTOWN ZOZO スタートトゥデイ


内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は最終選考を終え、会社から応募者に採用を伝える「内定」について考えます。あとは応募者に入社を承諾してもらうだけ、という大事な段階なのに、採用担当者は無味乾燥な対応をしていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


新卒より「専門性の高い経験者採用」を優先? NTTデータとパナソニックが方針転換

新卒より「専門性の高い経験者採用」を優先? NTTデータとパナソニックが方針転換

日本型経営といえば「新卒一括採用」と「終身雇用」、それに「年功序列」が鉄の掟といわれてきたが、有名大企業でその一角が崩れるかもしれない。背景にはテクノロジー分野での事業環境の大変化と、若年層の急速な人口減少がある。転職・中途採用市場に変化は起こるか?

転職 中途採用


「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。社長など「最終面接官」のジャッジは絶対というのが、多くの会社の決まりでしょう。しかし曽和氏は、応募者を一番よく知る採用担当者がその結果に納得できなければ、責任をもって物申すべきだと指摘します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。上司から幕末の歴史小説を勧められた経験のある人は少なくないでしょう。しかし曽和氏は、生身の人間を知るために“人事は「近現代のノンフィクション」を読むこと”を勧めます。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


応募者の「自社への志望度」を高めるのは採用担当者の仕事だ

応募者の「自社への志望度」を高めるのは採用担当者の仕事だ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。採用ブランドだけに頼った採用では、本当に欲しいレベルの人は採れません。曽和氏は“採用担当者は「志望度は高めるものであって、評価するものではない」と心得るべき”と指摘します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


「待遇は会社よりも職種に依存する」 富士通社員が口コミで就活生に内情明かす

「待遇は会社よりも職種に依存する」 富士通社員が口コミで就活生に内情明かす

「大企業に入ったら一生安泰」。有名大学から脇目も振らず、有名企業に入社した人にありがちな思い込みです。しかし仕事のきつさもリストラのリスクも、部署や職種によって大きく変わります。自分できちんと情報収集を行い、自分の判断で動けるようにしましょう。

口コミ


採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。第2回目は、就活に熱心だからといって、優秀な学生とは限らないという話。そのうえ優秀な学生は、人気企業に流れてしまいます。普通の会社の採用担当者は、就活に熱心ではなくても優秀な学生をターゲットにすべきでしょう。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が「会社の未来を創る人」になりうる理由

採用担当者が「会社の未来を創る人」になりうる理由

人材研究所代表・曽和利光氏の新連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。第1回目は、採用担当者が考えて採用を行えば、間接的に「会社の未来を創る人」にもなりうるというお話です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


19卒大生の「内定辞退率」66% 「口コミ見て不安」の声も

19卒大生の「内定辞退率」66% 「口コミ見て不安」の声も

リクルートキャリアの研究機関「就職みらい研究所」が、2019年卒の就活生に実施した「就職プロセス調査」の結果を公開した。10月1日時点での大学生の就職内定率は94.0%。前年同月比で1.9ポイント高くなった。

転職 就職


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


楽天の三木谷浩史会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金をもっているの?

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金をもっているの?

国内EC最大手の楽天株式会社。世界29か国・地域でグローバルに事業展開する同社を率いるのは、創業者で代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏(53歳)です。今回は、三木谷氏の巨額の資産の理由について情報を整理してみます。

楽天グループ


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


ソフトバンクの孫正義会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ソフトバンクの孫正義会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

世界展開を積極的に進めるソフトバンクグループ株式会社を率いる孫正義代表取締役会長兼社長。莫大な資産家としても知られていますが、その背景にある同社の業績やビジネスモデルについてチェックしてみましょう。

ITサービス・ソフトウェア


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ファストファッションブランド「ユニクロ」のファーストリテイリングを率いる柳井正・会長兼社長。莫大な資産家としても知られていますが、その背景にある同社の業績やビジネスモデルについてチェックしてみましょう。

ユニクロ ファーストリテイリング アパレル


【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

2018年度の「最低賃金」(時給)の改定額が8月10日、各都道府県の労働局から揃いました。最も高かったのは東京都の985円(958円から27円引上げ)、最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円引上げ)でした。全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円引き上げられています。なお、発効は10月です。

年収 最低賃金


wiget_w300