記事総数:19

公開済みの企業情報


プレシジョン・システム・サイエンス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1985年に設立されたバイオ関連機器製造会社である。本社は千葉県松戸市上本郷。「シンプル、コンパクト、メンテナンスフリー」を技術コンセプトとして、主力であるDNA自動抽出装置を世界的企業を通じ累計2万台以上をOME供給し、関連試薬の製品提供もしている。


株式会社UMNファーマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社UMNファーマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

独自技術を有する創薬ベンチャー企業。米国から導入した独自の製造プラットフォームBaculovirus Expression Vector System(BEVS)をベースに、バイオ医薬品開発および製造を行っている。主軸はインフルエンザワクチンの製造・開発である。秋田県秋田市に本社、神奈川県横浜市に横浜本社を置く。


株式会社ジーンテクノサイエンスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジーンテクノサイエンスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2001年に設立された創薬ベンチャー企業。北海道大学遺伝子病制御研究所が発祥。バイオ後続薬(バイオシミラー)とバイオ新薬の研究・開発を手がけており、がんや免疫系治療薬が主軸である。2016年3月にノーリツ鋼機株式会社と資本業務提携契約を締結。


株式会社カイオム・バイオサイエンスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社カイオム・バイオサイエンスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

理化学研究所発の創薬ベンチャー企業。独自の創薬基盤技術「ADLib(アドリブ)®システム」の実用化を目的とし、2005年2月に創業。この独自技術を核に国内外大手製薬企業及びバイオ企業等へ創薬事業、創薬支援事業の展開を行う。日本だけでなく中国、米国、欧州と海外の主要国でも特許を取得している。


株式会社キャンバスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社キャンバスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2000年に河邊拓己によって設立された抗がん剤に特化したバイオベンチャー企業である。細胞周期に関する基礎研究の成果を元に、正常細胞に影響が少ない新規抗がん剤の研究・開発を目指している。本社は静岡県沼津市。CBP501提携パートナーの探索を継続中である。


ナノキャリア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ナノキャリア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

がん領域に特化した創薬ベンチャー企業。1996年設立。独自のプラットフォーム技術である超微細粒子「ミセル化ナノ粒子」を応用し副作用の少ない新薬の研究・開発を目指す。高級化粧品のアルビオンと共同開発した化粧品向けに原料供給も行っている。


そーせいグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

そーせいグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1990年設立のバイオ医薬品企業(株)そーせいの持株会社。アルツハイマー病、統合失調症、がん免疫、偏頭痛、依存症等のバイオ医薬品の研究・開発に取り組む。Novartis社、AstraZeneca社、MedImmune社、武田薬品工業など国内外の製薬会社と販売提携し、国際的なバイオベンチャーとして注目されている。


オンコセラピー・サイエンス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オンコセラピー・サイエンス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2001年に設立された医薬品の研究・開発をする企業。創業者の一人にヒトゲノムの第一人者である中村祐輔がいる。東京大学医科学研究所初のベンチャー企業として、がん治療法の研究開発として、がん関連遺伝子および遺伝子産物を標的としたがん治療薬の研究・開発を行っている。


蛇の目ミシン工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

蛇の目ミシン工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界で初めて家庭用刺繍ミシン「グラフイカ」を開発・販売した。世界最大のミシンメーカーである。2013年には家庭用ミシンとして日本で始めて生産累計6,000万台を突破した。日本国内に80以上の直営店を展開している。ミシンのほかには24時間風呂の「湯名人」が有名である。愛称はジャノメ。


サンデンホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンデンホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界23カ国54拠点に事業展開。自動車用エアコンや自動販売機、エコキュートなどを主に生産している。主力商品はカークーラー用のコンプレッサー。国内自動車メーカーのみならずPSA・プジョーシトロエン、ルノー、フォードなど欧州を中心とした自動車メーカーにも納められている。


JUKI株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

JUKI株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都多摩市に本社を置く企業。主力事業である工業用ミシンは日本および世界のトップシェアを誇り、世界シェアは約3割。輸出先としてアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国にグループ企業を展開し、世界およそ180カ国で使用されている。「JUKI品質」として世界中のアパレル企業から品質・技術力・サービス力の高評価を得ている。


【話題の新商品を次々リリース】(株)ドウシシャに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【話題の新商品を次々リリース】(株)ドウシシャに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自社ブランド商品の企画・開発・販売、有名ブランド商品の仕入・販売および小売支援を中心とした事業を展開。「より良い商品をより安く、より専門的に」をモットーに、ニッチなマーケットに的を絞った商品供給に強みを持っている。ヒット商品としては年間150万個を売り上げる「のみごろタンブラー」がある。


【いきいき働ける】三菱食品(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【いきいき働ける】三菱食品(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱グループの食品卸業者であった菱食が、明治屋商事、サンエス、フードサービスネットワークの3社を吸収合併して2011年に誕生した。東京都大田区に本社を置き、加工食品や低温食品、酒類・菓子などの卸売をメインとする。売上高は2兆円を超え、食品卸業界におけるシェアは第1位である。


【ガンバ大阪のユニホームパートナー】シップヘルスケアホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ガンバ大阪のユニホームパートナー】シップヘルスケアホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

医療機関向けのトータルソリューションの提供やメディカルサプライ事業などを主力とするグループの持株会社。グループ会社数は2016年9月1日現在で49社、連結売上高1兆円を目標として掲げる。調剤薬局・介護付き老人ホームの運営や、病院の新規開業・移転・増改築支援などのコンサルティングも行う。大阪府吹田市に本社を置く。


【M&Aに1000億円】(株)TOKAIホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【M&Aに1000億円】(株)TOKAIホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

ガスなどのエネルギー事業と成長著しいCATVなどの情報通信事業を核に、生活に関わる様々な事業を展開する企業。事業拠点は国内124拠点、海外3拠点の計127拠点(2016年3月末時点)。関東エリア及び静岡県を中心に継続利用顧客件数256万件。静岡県静岡市葵区に本社を置く。


【半年間の海外研修制度あり】(株)UKCホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【半年間の海外研修制度あり】(株)UKCホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2009年に(株)ユーエスシーと共信テクノソニック(株)の共同持株会社として設立。ソニーを中心とした国内外メーカーの電子部品を取り扱う国内トップクラスの半導体商社である。主力製品としては、世界有数のシェアを誇るソニー製イメージセンサーなどがある。東京都品川区に本社を置く。


【平均年収(東京除く関東)第1位】マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収(東京除く関東)第1位】マクニカ・富士エレ ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年4月に(株)マクニカと富士エレクトロニクス(株)が統合し誕生した共同持株会社。独立系エレクトロニクス商社として日本最大級の規模と技術力を有する。半導体、電子デバイス、セキュリティ関連商品、ネットワーク関連機器、ソフトウェアなどの高付加価値商品とサービスを提供している。国外にも多くの拠点を有し、海外展開に注力。


西松建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

西松建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

西松建設は明治7年の創業以来、140年を超える長い歴史と伝統によって培われた高度な技術力を強みに、ダム・トンネル等大型官庁土木を得意とする会社。ゼネコンとしては準大手Aゼネコンの一角として強固な財務体質を備え、同じく準大手Aの建築を主体とする戸田建設との業務提携を結んでいる。


株式会社北洋銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北洋銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

札幌市に本店を置く第二地方銀行。1998年に経営破綻した北海道拓殖銀行の営業譲り受けや、2008年の札幌銀行との合併を通じ、大手の第一地銀と遜色ない規模に拡張。資金量・預金量は道内で最大。第二地方銀行でも最大の資金量を擁する。現頭取は拓銀出身。


wiget_w300 wiget_w300