不動産・建設

不動産、建設、住宅に携わる会社です。

不動産・建設に関連するキーワード

不動産
>>不動産・建設に関連するキーワード一覧

不動産・建設の企業情報一覧

ベステラ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ベステラ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1974年設立。プラント解体事業、3D計測サービス、人材サービスを事業の主な柱とする。建造のプロセスを逆にたどるのではなく、まったく新しい視点からのプラント解体として、りんごの皮を剝くような独特の解体方法を編み出した。工期短縮・コスト削減、さらに安全に配慮した特殊な工法により、「解体の専門集団」としての地位を確立。


株式会社日本アクアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本アクアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

平成16年11月に設立された、戸建住宅吹付断熱シェアNo.1企業。「日本の住環境を変えたい」というコンセプトのもと、水の力で発泡する断熱材「アクアフォーム」を原料開発から施工まで行っているのが特徴である。高断熱・高気密の素材により住環境の改善に積極的に取り組み、地球規模での温暖化防止の一翼を担っている。


株式会社エムビーエスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エムビーエスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

独自の工法を持ち、常に技術向上を目指しながら、住宅や建物の外装・内装リフォームを全般を行うベンチャー企業。「ホームメイキャップ」という登録商標を持ち、環境への耐性を強化サービスを持つ。1997年6月に山口県宇部市に設立。西日本高速道路(株)や株式会社オータニなど幅広い業種の取引先を持つ建築工事を行う企業である。


千代田化工建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

千代田化工建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1948年設立。石油・ガス関連、医薬品、ファインケミカル、産業設備などの幅広い分野でプラント建設を行う。国内外で多くの業績を持ち、国内で「エンジニアリング御三家」と呼ばれるうちの一つ。LNGの製造プラントにおいては48%という驚異的なシェア。プラント建設実績は40か国以上で、世界ブランドとしても揺ぎ無い地位を誇る。


株式会社大氣社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大氣社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大型ビルやメーカー工場の空調設備を手掛ける企業。国内大手の実績を誇る。空調のコア技術を活かした塗装プラント事業へも進出し、自動車塗装設備では世界トップクラスのシェアを占める。約40年前から海外現地法人を展開しており、現在の総売上高の5割以上が海外という、グローバル企業である。


五洋建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

五洋建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

五洋建設は、1896年広島県呉市で水野組として創設以来、海の土木から、陸の土木、建築へと業容を拡大してきた。海外大型工事の先駆で、海洋土木(マリコン)最大手としても知られる。グローバルな臨海部ナンバーワン企業として、進取の精神を持つ特徴ある総合建設会社を目指している。


前田道路株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前田道路株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前田道路は土木建設・道路舗装業。経営理念は「ひろく社会資本の整備に貢献し、地域社会の豊かな生活の向上に寄与することを企業活動の使命と自覚する」。顧客に愛される姿勢を基本に道路建設だけでなく、身近にある生活に直結した小さな工事やアスファルト合材の提供を軸に活動。多様化する地域の豊かなインフラ形成に貢献している。


戸田建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

戸田建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内にある準大手ゼネコンの1社。教育施設の建設や都市インフラ施設の構成、新エネルギーに関する技術提案などを行う。中でも医療や福祉関連設備に強く、“病院の戸田”と呼ばれることも。平均勤続年数が長く、2008年には業界2位の長さを誇った。国内だけでなく海外にも事業所を配置している。


三井住友建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本社をおく準大手ゼネコン。三井グループと住友グループに属する唯一のゼネコンで、合併時の存続会社は三井建設。売上高に占める建設工事と土木工事の割合は6対4。海外売上の比率は16.6%。施工したパークシティLaLa横浜で杭打ちデータに虚偽が見つかった件で、2016年1月に国交省から1か月の指名停止処分。


株式会社奥村組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社奥村組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

準大手ゼネコン。大阪・浪速の二代目通天閣を施行したことで知られる。竹中工務店・錢高組・鴻池組・淺沼組と並ぶ在阪ゼネコンの一つ。経営理念は「堅実経営」と「誠実施工」。売上構成比は建築56%、土木39%。免震工法など独自の建築・土木技術を持つ。


前田建設工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前田建設工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1919年創業の準大手ゼネコン。創業時より土木事業が主体だったが、民間大型建築やインフラ運営など、事業領域の拡大を図っている。前田社長は「海外を成長の柱に据えるのは不可欠だ」と語る。


西松建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

西松建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

西松建設は明治7年の創業以来、140年を超える長い歴史と伝統によって培われた高度な技術力を強みに、ダム・トンネル等大型官庁土木を得意とする会社。ゼネコンとしては準大手Aゼネコンの一角として強固な財務体質を備え、同じく準大手Aの建築を主体とする戸田建設との業務提携を結んでいる。


株式会社長谷工コーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長谷工コーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和12年の長谷川工務店創業後、昭和21年には株式会社長谷川工務店が設立され、現在の長谷工コーポレーションに改称されたのは昭和63年のこと。特にマンション建築において有名であり、平成2年からは浦安AMCプロジェクトと呼ばれる大規模都市開発に着手する。


株式会社LIXILグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LIXILグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

戸建住宅・マンションからオフィス・商業施設まで、多岐にわたる建材・設備機器と幅広い住関連サービスを提供するLIXILグループの純粋持株会社。グローバルなネットワークと長年培ってきた知見・ノウハウを生かし、社会・環境に配慮しながら、美しいデザインと長きにわたり信頼されている質の高い商品を提供している。


三和ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三和ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1956年に尼崎で設立された国内屈指の建材メーカー。グループ傘下には三和シヤッター工業株式会社や昭和フロント株式会社といった子会社が名を連ね、国内シャッターではシェアNo.1。シャッターやスチールドアを主力に世界24ヵ国で事業活動を行っているが、近年ではシャッター以外の分野を強化している。


大東建託株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大東建託株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「いい部屋ネット」で知られ、賃貸住宅の管理戸数で業界トップの大手。「賃貸経営受託システム」(いわゆる収益保証型のサブリース)を展開する。売上構成比の42.2%は建設事業だが、売上総利益では69.3%を占める。熊切社長のコメントでは「顧客開拓方法は飛び込み営業」。


東邦レオ株式会社の採用広報担当者が紹介する「うちの会社のいいところ」

東邦レオ株式会社の採用広報担当者が紹介する「うちの会社のいいところ」

建設業界からライフスタイル産業へ変化を一大決心。利用者目線のもと「クリエイティブ」とこれまで培った「空間活用」の技術力で、『街の居心地』を長期的に良くするソリューションビジネスを実践することに。その背景を東邦レオの採用広報担当者がご説明します。


シーティーエス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

シーティーエス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1972年創業の有限会社中部測機を前身としたICTの専門企業。建設現場向けITインフラの提供を柱に、測量計測機器、各情報化施工商品のレンタルと販売を全国で展開している。2002年3月にJASDAQ上場、2014年11月に東証二部上場、2015年8月に東証一部に上場。


タカラスタンダード株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タカラスタンダード株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業以来実に1世紀。世界最高水準にあるホーロー技術を基盤としたシステムキッチン、バス、洗面化粧台、トイレ、エコキュート等の事業を展開し、ホーロー製品のパイオニアとしての地位を不動のものにしている。このコア技術を武器に世界初の商品を次々に送り出し、ホーローキッチンでは圧倒的なシェアを獲得している。


株式会社岡村製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社岡村製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オフィス用家具・収納などを扱っている国内企業の一つである。オフィス家具・商環境の店舗用什器では国内シェアトップ。また、オフィス家具では売上高が世界4位である。他企業とのアライアンス・共同開発も積極的に進めている。特に海外企業との技術・販売提携、海外拠点の開設を積極的に行い、グローバルブランドへの飛躍を図っている。