機械

自動車、建機・工機、重機・造船、電機・電子に携わる会社です。

機械に関連するキーワード

電機・電子 自動車関連
>>機械に関連するキーワード一覧

機械の企業情報一覧

ナブテスコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ナブテスコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年にそれぞれ長い歴史を持つ帝人製機とナブコが統合して生まれた機械メーカー。油圧機器を手がけており、産業用ロボットの間接等に使用される精密減速機は世界シェア6割、自動ドア開閉装置では世界トップシェア級。鉄道車両のブレーキ装置でも高いシェアを誇る。


宇部興産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

宇部興産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

土木や建築資材、医薬、エネルギー環境、機械など化学を中心にさまざまな分野の事業を行う製造メーカー。ナイロン原料では世界大手。登記上の本社は山口県だが、実質的な管理業務は東京本社で行われている。身近なデジタル家電や医薬品のほか、航空宇宙分野など幅広い分野の事業を手掛けている。


株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

事業として中古車オークションを行う会社の中では草分け的存在であり、業界全体で3割のシェアをもつトップ企業。全国各地にオークション会場を開設している。子会社には中古車買取専門店「ラビット」を展開する株式会社ラビット・カーネットワークや、バイクオークションを運営する株式会社ジャパンバイクオークションなどがある。


【衝撃】有給休暇が取れない会社でずっと働くと「会社以外での過ごし方」が分からなくなるらしい

【衝撃】有給休暇が取れない会社でずっと働くと「会社以外での過ごし方」が分からなくなるらしい

有休取得率99.8%の人もいれば、有休が取れずに平日の転職面接を受けることもできない人もいる。理不尽な格差だ。あるツイッターユーザーは「会社以外での過ごし方」が分からなくなった企業戦士を見て、「定年後はどうするんだろう」と不安を抱いている。


ソニー株式会社のネットワークサービス関連の業務経験者が語る「転職のススメ」

ソニー株式会社のネットワークサービス関連の業務経験者が語る「転職のススメ」

現在、ソニーが成長ドライバの筆頭として位置づけている「ゲーム&ネットワークサービス分野」。世界を網羅するソニーのサービスは、ユーザだけでなく社内外から高い注目を集めている。その巨大サービスの最前線では、どんな働き方をしているのだろうか。ネットワークサービス関連の業務経験者に、話を聞いた。


日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手自動車メーカー。1999年に経営危機に陥った際にフランスの自動車メーカー、ルノーから出資を受けた関係で、カルロス・ゴーン氏が代表取締役兼社長兼CEOが就任。しかし業績は日産がルノーを大きく上回る。なお、ゴーン氏は2017年4月1日付けで社長兼CEOを退き、後任に共同CEOの西川広人氏(63)が昇格予定。


ソニー株式会社の技術部門(電気回路設計)の勤務経験者が語る「転職のススメ」

ソニー株式会社の技術部門(電気回路設計)の勤務経験者が語る「転職のススメ」

革新的な商品・サービスで、1990年代まで国内外で圧倒的なブランド力を誇っていたソニー株式会社。近年、就活生からの人気は今ひとつだが、転職人気ランキング(DODA調べ)ではトップ10に入っている。その裏側について、ソニーの成長を支える技術者に話を聞いた。


ソニー株式会社の商品企画部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

ソニー株式会社の商品企画部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

ソニーの「ものづくり」への思いは、さまざまな製品や技術を通して、つねに時代をリードしてきた。創業から70年を迎え、エレクトロニクス、エンタテインメント、金融と多角的な成長を遂げた現在、その熱き思いは今なお、現場に息づいているのだろうか。商品企画部門の社員に話を聞いた。


本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁しており、世界中で高品質な製品を提供するとともに誇大な雇用も生み出している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


株式会社デンソーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社デンソーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2009年以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している世界最大手の自動車部品メーカー。トヨタ自動車の開発部門が前身で、現在もトヨタグループに属する。その一方で歴代社長には一貫してデンソー生え抜きが就任しており、トヨタグループの中では異例の企業である。


株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手電機メーカー。大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。三井グループの構成企業。連結での海外売上比率は59%、従業員20万人のうち海外の従業員が4割以上を占めているなど、グローバル化が進んでいる。不正会計問題を契機に経営危機に陥り、2017年4月の新卒採用を中止。東証2部への降格のおそれも出ている。


パナソニック株式会社の開発部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

パナソニック株式会社の開発部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「転職人気企業ランキング」(DODA調べ)でトップ10の常連となっているパナソニック。転職希望者にとっては憧れの職場のひとつだが、実際に働いている人の中には、いまひとつ満足できない状況もあるようだ。開発エンジニアの男性に内情を聞いた。


パナソニック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1918年創業の大手総合電機メーカー。パナソニックグループの事業持株会社であり、連結対象は475社を数える(2016年3月末時点)。家電メーカーとして長年親しまれてきたが、現在は家電・住宅・車載・B2Bの4つの領域を軸に国内外で多角的に事業を展開。特に近年、BtoB事業に注力しており、家電事業と2本柱での成長を目指す。


住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ダンロップ」「ファルケン」のブランドを展開する大手自動車タイヤメーカー。国内シェアはブリヂストンに次ぐ2位、世界シェアは6位。2015年10月にグッドイヤーとの提携を解消した。タイヤ事業が売上高の86%を占めるが、ゴルフ・テニスのスポーツ事業や、制震ダンパーや精密ゴムなどの産業品事業も行っている。


東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タイヤ事業が8割を占める大阪市のゴム製品メーカー。TOYO TIRES(トーヨータイヤ)およびNITTO(ニットー)のブランド名で展開。ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムに次ぐ国内第4位。2008年にブリジストンと資本・業務提携を締結。タイヤ事業以外で2007年、2015年に性能偽装問題が発覚した。


横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

「ヨコハマタイヤ」のブランドで知られる自動車用タイヤ事業が、売上の約8割を占める。航空機用・オートバイ用のタイヤからは撤退しているが、工業資材や航空部品、建築用シーリング材・電材、ホース配管などの事業も行う。ゴルフ用品の「PRGR(プロギア)」を展開。


日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のエンジンに使うプラグやセラミック製品を開発・製造する会社。1936年創業。主力製品のスパークプラグは世界トップシェアで、F1などモータースポーツにも供給されている。コーポレート・メッセージは「心と夢に火をつけろ」。業界では「ニットク(日特)」と呼ばれる。


株式会社SUMCOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社SUMCOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1999年創業の東京都港区芝浦にある半導体用シリコンウェーハの製造・販売会社。東証一部に上場しており、従業員の規模は7,480名(2015年12月31日現在)。住友金属工業(株)三菱マテリアル(株)三菱マテリアルシリコン(株)の共同出資により(株)シリコンユナイテッドマニュファクチュアリングが設立。


任天堂株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

任天堂株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治時代に花札などのかるたの製造元として創業。1902年に国内初のトランプ製造に着手し、1953年には日本初のプラスチック製トランプの製造に成功。現在はゲーム機のハードとソフトで総合首位。世界一の娯楽企業を目指す。


スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手四輪車および二輪車のメーカー。世界販売台数は世界第10位、国内販売台数は2015年度で国内第3位。2016年10月12日に業界首位のトヨタ自動車との提携実現に向け、鈴木修会長がトヨタ豊田章男社長と共同会見を行っている。