機械

自動車、建機・工機、重機・造船、電機・電子に携わる会社です。

機械に関連するキーワード

電機・電子 自動車関連
>>機械に関連するキーワード一覧

機械の企業情報一覧

【達成感が大きい】アイダエンジニアリング(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【達成感が大きい】アイダエンジニアリング(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プレス機械を中心とした成形システムを開発・製造している企業。創業90余年という歴史の中で、常に高い技術力を保持し、事業を拡大。1968年に日本初の工業用ロボットの開発・製造も手がけている。1970年代からは海外進出を開始し、グローバルネットワークを着実に広げ、現在、売上高は世界第2位の実績を誇る。


【ワークライフバランスを重視】デクセリアルズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ワークライフバランスを重視】デクセリアルズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2012年設立、ソニーケミカル(株)を前身とする企業。光学弾性樹脂(SVR)や光学関連フィルムをはじめとした光学材料部品、光ディスク用紫外線硬化型樹脂などの電子材料部品の製造・販売が主な事業である。韓国や台湾などのアジア圏、欧州・米州など、海外にも事業展開している。


【家賃の9割を補助】因幡電機産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【家賃の9割を補助】因幡電機産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

電線・配線器具等を扱う独立系の専門商社。因幡電機製作所として大阪で産声を上げたのが始まり。分社化を積極的に行い、別々の道を歩むことで専門性を高め、各事業の成長に寄与してきた。現在は電設資材事業、産業機器事業を中心とした事業を展開しており、創業時からの電機事業を主軸としたスタンスは変わらず、電設資材では業界首位を誇る。


【充実した生活を支える制度あり】黒田電気(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【充実した生活を支える制度あり】黒田電気(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独立系電子部品商社。エレクトロニクス商社の枠を超え、メーカー機能を備えたトータルコーディネーターとして事業を展開。国内25拠点、海外14カ国32拠点のグローバルネットワークを構築している。ディスプレイ事業や自動車関連のオートモーティブ事業を主力とし、2015年の上場電子部品・材料専業商社売上高では業界トップを記録した。


あいホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

あいホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本社を構える純粋持株会社。防犯カメラ及びシステム提供・管理を行う「ドッドウェルビー・エム・エス」と計測機器の製造・販売を行う「グラフテック」の両社が2007年に経営統合し誕生。積極的なM&Aが功を奏し、事業は年々拡大傾向にある。


【アットホームな雰囲気】(株)イトーキに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【アットホームな雰囲気】(株)イトーキに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1890年大阪で創業したオフィス家具メーカー。オフィス用の他にも医療施設や教育研究・図書施設、物流設備向け商品に加え、スチール建材、セキュリティ機器なども扱っている。大阪と東京の2本社制。オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートしている。


【午後8時まで退社】パナソニック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【午後8時まで退社】パナソニック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1918年創業の大手総合電機メーカー。パナソニックグループの事業持株会社で、連結対象は475社を数える(2016年3月末時点)。現在は家電・住宅・車載・B2Bの4つの領域を軸に、国内外で多角的に事業を展開、特に近年BtoB事業に注力。2017年2月より全従業員に原則「20時までに退社」を通達した。


【世界シェア6割】ナブテスコ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェア6割】ナブテスコ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年にそれぞれ長い歴史を持つ帝人製機とナブコが統合して生まれた機械メーカー。油圧機器を手がけており、産業用ロボットの関節等に使用される精密減速機は世界シェア6割、自動ドア開閉装置では世界トップシェア級。鉄道車両のブレーキ装置でも高いシェアを誇る。


【中途採用150人】(株)日立製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途採用150人】(株)日立製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業100年以上の歴史を持ち、グループ企業は900社以上、売上高は10兆円超と、電気機器メーカーとしては日本一の規模を誇る。革新的な製品を生み出すメーカーとしてだけでなく、情報・通信システム、電力システムなどの社会インフラを広く世界に提供するグローバル企業として社会に貢献している。中途採用は年150人程度で推移。


【造船はしていない】日立造船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【造船はしていない】日立造船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

社名に「造船」とあるが、現在造船事業は行っていない。戦後の財閥解体で日立グループから離脱している。主な事業は環境保全装置、プラント、水処理装置、機械、プロセス機器、インフラ設備、防災システム、精密機械等の設計、製作等。海外事業では欧州へに売り上げが半分以上を占めている。


株式会社東海理化に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東海理化に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタグループ大手自動車部品メーカー。トヨタ関連をメイン顧客とし、自動車用各種スイッチ、キーロック、シートベルト、シフトレバーなど「運転席に座って手が届く」範囲の操作機器、制御装置を供給している。世界中に拠点を展開し、国内外でトップクラスの「ものづくり」を支える技術開発と生産技術を強みに、企業価値の向上を目指している。


【しっかり休める】三井造船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休める】三井造船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

造船業を核とし、プラント用の産業機械の製造やプラント建設を手掛ける重工業メーカー。1937年に三井物産から分離独立し、前身である(株)玉造船所を設立。2017年には創業100周年を迎える。LNG(液化天然ガス)船の造船では世界的に高い知名度を誇るほか、近年は海洋資源開発の分野にも進出するなど事業基盤の強化を図っている。


【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱自動車工業は1970年に三菱重工業から独立して設立された日本最古の自動車メーカーである。近年は電気自動車を中心に市場拡大を目指している。三菱グループに属していたが、2016年から日産自動車が大株主となり、ルノー・日産アライアンスの一員に加わった。


日産車体株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産車体株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産車体は、1949年に鉄道車両および自動車の車体生産メーカーとしてスタートし、1951年より日産グループの一員として、日産ブランドのクルマづくりを担い続けている企業。現在、日産ブランドのLCV・MPVを核として、開発から生産まで、全社一体となってグローバルに高品質なクルマを展開している。


【世界シェアトップ】NOK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェアトップ】NOK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOKは国内初のオイルシールメーカー。NOKの高度なシール技術から生み出される機能部品は、自動車業界にとどまらず、航空機や船舶、鉄道車両、産業機械、家電製品など様々な領域で活躍しており、各市場で国内70%、海外でも50%のシェアを誇る。スマホなどに使用される回路基板「フレキシブルサーキット」も世界トップシェアである。


【充実した福利厚生】豊田合成(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【充実した福利厚生】豊田合成(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊田合成は、主にゴム・樹脂製品の自動車部品を開発・生産しているメーカーである。トヨタ自動車工業(当時社名)のゴム部門を源流とする。ゴム・樹脂の技術を応用し、通信・空調・住宅向け製品の開発やLEDの開発・供給なども手がけている。自動車メーカーの現地車両開発に対応し、自社の営業体制・生産体制をグローバルに展開している。


【有給取得率99%】テイ・エス テック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【有給取得率99%】テイ・エス テック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

四輪車向けシートやドアトリム(ドアの内張り)を中心に、さまざまな自動車内装品の開発・生産を行う部品メーカー。二輪車向けシートや医療用チェアなども手がける。売上の約9割がホンダ車関連。生産拠点を北米、アジア、欧州に有しており、グローバルな製品供給体制に強みである。


【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用プレス部品の総合メーカーとして、国内外の大手自動車メーカー向けに車体プレス製品やトランスミッション用製品、樹脂プレス製品などの製造を手がけている。部品の設計、開発、試作から量産までを一貫して担う高い技術力を強みに、日本・米州・欧州・アジアの各拠点からグローバルに製品を供給している。


【M&Aで海外事業を加速】パーク24(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【M&Aで海外事業を加速】パーク24(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パーク24は日本国内でコインパーキング「タイムズ」を展開している企業。現在は駐車場事業のほか、カーシェアリングサービスやレンタカー事業なども手がける。2017年4月、憧れの名車を貸し出すサービス「Service X」をタイムズカーレンタル名古屋駅前店でサービスを開始。今後、東京・神奈川・愛知で計10店舗を展開予定。


【男性育休取得率44%超】(株)リコーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【男性育休取得率44%超】(株)リコーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

コピー機などの事務機器・光学機器を開発・販売するメーカーとして国内外で高い知名度を誇る企業。複写機、プリンター、デジタルカメラといった画像のソリューション商品に関しての品質の高さが特に支持されており、トップクラスのシェアを獲得している。今後は商用印刷と産業用印刷に経営資源を集中し、オフィス事業との3事業で成長を目指す。