転職に関する企業情報


フレックスタイム制の営業職【柔軟な働き方】

フレックスタイム制の営業職【柔軟な働き方】

出社・退社時間が自由に決められる「フレックスタイム制」を導入している会社の営業職を集めてみました。


ノー残業デーのある会社の営業職【息抜きできる】

ノー残業デーのある会社の営業職【息抜きできる】

ノー残業デーを設定している企業に注目して集めてみました。


女性が活躍できる営業職【性別関係ナシ】

女性が活躍できる営業職【性別関係ナシ】

男女均等に力を入れている企業を集めてみました。


グローバル展開している会社の営業職の求人【成長期待】

グローバル展開している会社の営業職の求人【成長期待】

日本国内にとどまらず、ワールドワイドに活動している企業を集めてみました。


不動産・建設業の営業職の求人【高給なお仕事】

不動産・建設業の営業職の求人【高給なお仕事】

業種の中でも特に給料が高いと言われている不動産・建設業を集めてみました。


歩合制がある営業職の求人【ガンバリが収入に】

歩合制がある営業職の求人【ガンバリが収入に】

自分の頑張りが給料に反映される「歩合制」を採用している会社を集めてみました。


未経験者でも応募できる営業職の求人【人を育てる会社で働く】

未経験者でも応募できる営業職の求人【人を育てる会社で働く】

営業に興味があるけど、やったことがない…。そんな未経験者でも受け入れて育てて企業を紹介します。


年収500万円以上の営業職の求人【富裕層・法人営業でがっちり稼ぐ】

年収500万円以上の営業職の求人【富裕層・法人営業でがっちり稼ぐ】

数ある営業職の中でも、今回は年収に注目。500万円以上の収入が期待できる求人情報をご紹介します。


新潟県の転職事情-平均年収と主要企業【食品業界の求人多数】

新潟県の転職事情-平均年収と主要企業【食品業界の求人多数】

新潟県で転職するなら、気になるポイントは2つ。年収と企業です。県内男女別と、業種別の平均年収をデータを元に算出。そして、県内に本社を持ち売上の多い注目企業を掲載しました。



「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

新年度が始まって、2週間あまり。ツイッターには「今年の新入社員辞めた」というつぶやきが相次いでいる。入ってみてブラック企業と分かっても、辞められなかった就職氷河期と比べれば、恵まれた環境になったと喜ぶべきか。


企業口コミサイト「キャリコネ」のデータベースから「ブラック企業」を見つけるコツ

企業口コミサイト「キャリコネ」のデータベースから「ブラック企業」を見つけるコツ

「キャリコネ」の口コミは企業名だけでなく、自由なキーワードによって検索することが可能です。検索ワードの選び方によっては、ブラック企業疑惑のある会社をあぶり出すことも。いろいろな言葉を入れて、ぜひ試してみてください。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


株式会社サイバーエージェントにキャリア採用された人ならみんな知っている会社情報まとめ

株式会社サイバーエージェントにキャリア採用された人ならみんな知っている会社情報まとめ

サイバーエージェントへの中途入社を希望する人は多いが、その割には会社をきちんと調べずに勝手なイメージで受けてしまうケースが後を絶たない。最低限の情報を仕入れて、自分なりに「やりたい仕事」と貢献の具体像を持って臨むべきだろう。


面接で残業時間を聞かない人が「採りたくなる人材」って、おかしくない?

面接で残業時間を聞かない人が「採りたくなる人材」って、おかしくない?

うちの会社で正社員として働きたければ、長時間労働でもサービス残業でも受け入れるべき―ー。そう思っている採用担当者なら、面接で残業時間を聞かれたときに「やる気がない」と感じるのでしょうね。


「休日に会社の行事に参加するのが苦痛」と転職したアラサー女性、その驚きの理由は?

「休日に会社の行事に参加するのが苦痛」と転職したアラサー女性、その驚きの理由は?

社長が作った草野球チームに好きでも得意でもないのに無理やり入れられて、休みの日に外野を守っている――。そんなアラサー女性の胸の内は、いかばかりか。ツイッターには「会社の行事」に対する不満が渦巻いている。


【新入社員に知ってほしいこと】ブラック企業に長くいると転職に不利になる7つの理由

【新入社員に知ってほしいこと】ブラック企業に長くいると転職に不利になる7つの理由

日本には「石の上にも三年」という諺があるが、これは新卒でブラック企業に入社した若者たちにも当てはまることだろうか。ある人は、ブラック企業勤めによって「マイナス思考」が埋め込まれたため、転職の際にも「自分の強みが分からず自己PRができなくなった」という経験を明かし、警鐘を鳴らしている。


「最近の新卒はレベルが低い」は本当なのか? 企業が実務経験者の「中途採用」に力を入れ始める理由

「最近の新卒はレベルが低い」は本当なのか? 企業が実務経験者の「中途採用」に力を入れ始める理由

空前の「売り手市場」といわれる2017年卒の就職戦線だが、採用担当者にとっては頭の痛い話が多い。人手不足の人材獲得競争の中で、「満足する人材が質・量ともに確保できていない」という声が続出しているのだ。(この記事は2016.6.16付けキャリコネニュースの記事を加筆したものです。)


【衝撃】有給休暇が取れない会社でずっと働くと「会社以外での過ごし方」が分からなくなるらしい

【衝撃】有給休暇が取れない会社でずっと働くと「会社以外での過ごし方」が分からなくなるらしい

有休取得率99.8%の人もいれば、有休が取れずに平日の転職面接を受けることもできない人もいる。理不尽な格差だ。あるツイッターユーザーは「会社以外での過ごし方」が分からなくなった企業戦士を見て、「定年後はどうするんだろう」と不安を抱いている。


「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

今年1月17日付けの日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」には、「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」という求人サービス幹部の発言があった。転職可能性は年齢ではなく、どれだけの仕事ができるかということであり、学びの姿勢と大いに関係があるのではないか。