自動車関連に関する企業情報


マツダ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

マツダ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

広島県に本社を置く自動車メーカー。かつては世界で唯一のロータリーエンジン搭載の車を生産していた。米国、欧州等、海外でも展開、2015年度はグローバル販売台数153万台を突破している。2016年にはMX-5がワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。


いすゞ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

いすゞ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術を得意とする。1930年代からトヨタ自動車・日産自動車と鎬を削っているが、現在でも日本を代表する自動車メーカーとして大きな影響力を持っている。


日野自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日野自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トラックやバスなどの商用車の生産を手がける自動車メーカー。トヨタグループの傘下であり、トヨタブランドの小型乗用車や小型・普通トラック、SUVなどの受託生産も行っている。早くから海外市場に進出し、2016年現在、アジアでの販売台数が日本国内と並ぶ勢いで拡大している。


トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大手の自動車メーカー。世界販売台数は1000万台を突破し、2015年まで4年連続で世界首位、2016年は2位。「過去10年で売上高が増えた企業」1位。求める人材には“あえて「困難で高い目標」を自分で掲げ、現場の事実をしっかり見据えたうえで、泥臭く、愚直に、そして主体的にやり抜いていける人”など2点を掲げている。


日本発条株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本発条株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「ニッパツ」で知られる、ばねや自動車用座席シートなどの自動車部品を主に製造する大手メーカー。自動車の懸架ばねおよびハードディスクドライブの磁気ヘッド用サスペンションでは世界1位のシェアを誇る。横浜圏の各所の命名権を取得するなど地域に根差した活動も行う。


株式会社ジェイテクトに転職するなら知っておきたい情報のまとめ

株式会社ジェイテクトに転職するなら知っておきたい情報のまとめ

トヨタグループ主要13社に属する大手機械・自動車部品製造会社である。2006年に光洋精工と豊田工機が合併して誕生した。主力製品は自動車のステアリング、駆動系部品、軸受(ベアリング)、工作機械、メカトロニクス製品など。「世界を感動させるモノづくり」を目指している。


NTN株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTN株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

軸受(ベアリング)を主力商品とし、グローバルに事業を展開する精密機器メーカー。産業機械分野では、あらゆる種類の軸受に新技術を付加して販売。アフターマーケット市場では、補修市場を対象とした事業を、自動車市場では新しい技術と新商品の提案、電気自動車関連商品の開発にも注力している。


株式会社ニフコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ニフコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車精密生成品やプラスチック工業用ファスナーを主力とする大手部品メーカー。工業用ファスナー部門では約70%のマーケットシェアを有する。海外への進出も積極的に行い、北米、アジア、ヨーロッパの各国で事業を展開している。連結子会社に英字紙「ジャパンタイムズ」、高級ベッド「シモンズ」がある。


株式会社オートバックスセブンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社オートバックスセブンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

快適なカーライフを提供し、豊かなクルマ社会の発展への貢献を目指す業界最大手企業。カー用品の卸から小売り、メンテナンスまで幅広く取り扱う自動車関連総合専門企業である。2016年3月末時点で国内に599店舗を構えており、台湾進出を皮切りに世界各地にも事業を拡げている。


株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

事業として中古車オークションを行う会社の中では草分け的存在であり、業界全体で3割のシェアをもつトップ企業。全国各地にオークション会場を開設している。子会社には中古車買取専門店「ラビット」を展開する株式会社ラビット・カーネットワークや、バイクオークションを運営する株式会社ジャパンバイクオークションなどがある。


日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手自動車メーカー。1999年に経営危機に陥った際にフランスの自動車メーカー、ルノーから出資を受けた関係で、カルロス・ゴーン氏が代表取締役兼社長兼CEOが就任。しかし業績は日産がルノーを大きく上回る。なお、ゴーン氏は2017年4月1日付けで社長兼CEOを退き、後任に共同CEOの西川広人氏(63)が昇格予定。


本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁しており、世界中で高品質な製品を提供するとともに誇大な雇用も生み出している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


株式会社デンソーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社デンソーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2009年以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している世界最大手の自動車部品メーカー。トヨタ自動車の開発部門が前身で、現在もトヨタグループに属する。その一方で歴代社長には一貫してデンソー生え抜きが就任しており、トヨタグループの中では異例の企業である。


KeePer技研株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

KeePer技研株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オリジナルの洗車用ケミカルと機器等の開発・製造・販売を行う会社である。全国の主なガソリンスタンドを対象とし、カーコーティング技術認定店「キーパープロショップ」を展開。そして車をキレイにする様々なサービス商品を、ハイレベルな技術で直接消費者に提供する、カーコーティング&洗車の専門店「キーパーLABO」の運営も行っている。


住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ダンロップ」「ファルケン」のブランドを展開する大手自動車タイヤメーカー。国内シェアはブリヂストンに次ぐ2位、世界シェアは6位。2015年10月にグッドイヤーとの提携を解消した。タイヤ事業が売上高の86%を占めるが、ゴルフ・テニスのスポーツ事業や、制震ダンパーや精密ゴムなどの産業品事業も行っている。


東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タイヤ事業が8割を占める大阪市のゴム製品メーカー。TOYO TIRES(トーヨータイヤ)およびNITTO(ニットー)のブランド名で展開。ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムに次ぐ国内第4位。2008年にブリジストンと資本・業務提携を締結。タイヤ事業以外で2007年、2015年に性能偽装問題が発覚した。


横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

横浜ゴム株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

「ヨコハマタイヤ」のブランドで知られる自動車用タイヤ事業が、売上の約8割を占める。航空機用・オートバイ用のタイヤからは撤退しているが、工業資材や航空部品、建築用シーリング材・電材、ホース配管などの事業も行う。ゴルフ用品の「PRGR(プロギア)」を展開。


日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のエンジンに使うプラグやセラミック製品を開発・製造する会社。1936年創業。主力製品のスパークプラグは世界トップシェアで、F1などモータースポーツにも供給されている。コーポレート・メッセージは「心と夢に火をつけろ」。業界では「ニットク(日特)」と呼ばれる。


スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手四輪車および二輪車のメーカー。世界販売台数は世界第10位、国内販売台数は2015年度で国内第3位。2016年10月12日に業界首位のトヨタ自動車との提携実現に向け、鈴木修会長がトヨタ豊田章男社長と共同会見を行っている。