東京都港区に関する企業情報


理想科学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

理想科学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

理想科学工業株式会社は、1980年世界初の全自動孔版印刷機を開発した企業で、長年に渡るベストセラーとして愛され続けた家庭用製版用品「プリントゴッコ」が有名である。他にも低コストで拡張性に優れたビジネス向けの印刷用機械があり、世界最速プリントを実現したオルフィスGDシリーズなどを主力商品としている。


【2016年度最高益】伊藤忠商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【2016年度最高益】伊藤忠商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合商社。単体従業員数が5大商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)で最少ながら、2015年度に最終利益で三菱商事を抜いて業界でトップになった。2016年度は2位となったが、最高益を達成。2016年度の純利益で最大セグメントは食料カンパニー。次いで機械カンパニー、金属カンパニーが続く。


【時価総額1兆円】エムスリー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【時価総額1兆円】エムスリー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

医療情報専門サイト「m3.com」などを運営。「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らす事」を事業目的に掲げる。社長の谷村氏はマッキンゼー出身。2016年5月には時価総額が1兆円を突破。米フォーブス「世界で最も革新的な成長企業」で日本トップの5位に入った。


【部活動が盛ん】日鉄住金物産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【部活動が盛ん】日鉄住金物産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2013年10月、新日鉄住金グループの中核商社だった日鐵商事(株)と住金物産(株)が統合して誕生。「鉄鋼」「産機・インフラ」「繊維」「食糧」の4つの基軸事業を展開する複合専業商社である。


【人事評価は上司・同僚・部下から】トラスコ中山(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【人事評価は上司・同僚・部下から】トラスコ中山(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1964年設立。日本の製造現場に必要な作業用品、作業用消耗品、機器類などの「プロツール」の流通・販売事業を展開。「がんばれ!!日本のモノづくり」をスローガンに、日本のモノづくりを支える業界トップクラスの商社である。プライベートブランドの「TRUSCO」も手がける。長く対面販売を行ってきたが、近年はネット販売にも注力。


【若手社員に6カ月の海外研修】兼松(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【若手社員に6カ月の海外研修】兼松(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

老舗の総合商社。2015年度の売上高は1兆628億2200万円。鉄鋼・素材・プラント事業は3784億円、食料事業は3231億円と主力になっているが電子・デバイス事業も2777億円とここ数年、伸びてきている。地域別売上はアジア621億円と最も高く、次いで北米、ヨーロッパとなっている。


【報酬の満足度が高い】伊藤忠エネクス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【報酬の満足度が高い】伊藤忠エネクス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

伊藤忠グループの総合エネルギー商社。「社会とくらしのパートナー」として全国各地の地域に根ざし、生活に欠かせないエネルギーを提供している。主力のカーライフ事業では、燃料油販売を中心に、あらゆるカーライフに応える総合的なサービスを展開。ディーゼル車の排出ガス対策等、環境問題にも取り組む。


【話題の新商品を次々リリース】(株)ドウシシャに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【話題の新商品を次々リリース】(株)ドウシシャに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自社ブランド商品の企画・開発・販売、有名ブランド商品の仕入・販売および小売支援を中心とした事業を展開。「より良い商品をより安く、より専門的に」をモットーに、ニッチなマーケットに的を絞った商品供給に強みを持っている。ヒット商品としては年間150万個を売り上げる「のみごろタンブラー」がある。


【4年連続なでしこ銘柄に】トッパン・フォームズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ4

【4年連続なでしこ銘柄に】トッパン・フォームズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ4

ビジネスフォームの専門会社として設立された、帳票製造を主力とするメーカー。帳票を単に伝票として捉えず、さまざまな製品やソリューションに展開している。現在では、データ・プリント・サービス、ビジネス・プロセス・アウトソーシングなど、ビジネスの幅を広げている。


【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・汐留に本社を置く日本最大の広告会社。連結売上高は2兆円を超え、国内2位の博報堂の約2倍、3位のADKの約4倍を誇る。広告会社単体で世界最大の売上規模で、グループとしては5位。売上総利益に占める海外事業の割合は54.3%。社長の過労自殺に伴い交代した新社長は「最優先の経営課題は、労働環境の改革」と述べている。


【少数精鋭主義】興銀リース株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【少数精鋭主義】興銀リース株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧日本興業銀行系の総合リース会社で業界大手。現在はみずほフィナンシャルグループに属する。製造業向けの設備機器リースを中核に、船舶・航空機・鉄道車両等の大型物件のファイナンスや、建設機械のベンダーリースなどをいち早く手掛けた。


【喜びを感じる仕事】(株)乃村工藝社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【喜びを感じる仕事】(株)乃村工藝社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

乃村工藝社は、日本の大手ディスプレイデザイン会社。主に博物館等の展示空間や博覧会等のイベント空間、商業空間等の企画・デザインや施工を手がける。丹青社と並ぶ、日本の店舗施工・ディスプレイ業界の2大業者のひとつである。培った施設イベントのノウハウを活かし、コンサルティング、運営管理業務なども行っている。


【やりがいも面白みも感じる】(株)社丹青社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【やりがいも面白みも感じる】(株)社丹青社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

丹青社は、商業施設・展示施設の内装・恒久展示ディスプレー等の製作(企画、製作、施工)を手がける企業。商業施設、商業テナント、博物館業務に関する研究活動や、各施設・店舗に対するコンサルタント業務も行っている。乃村工藝社と並ぶ、日本のディスプレー業界の2大業者のひとつである。


【慶應大学と共同研究を開始 】テクノプロ・ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【慶應大学と共同研究を開始 】テクノプロ・ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内最大規模を誇る技術系人材サービス企業の持株会社。機械、電気・電子、組込制御、ITインフラ、ソフト開発・保守、化学、生化学、建築施工管理など幅広い技術領域で、ワンストップソリューションを提供している。テクノプロ中国グループでは、現地日系法人を中心とする多くの企業をサポートしている。


【営業益1割増】株式会社タケエイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【営業益1割増】株式会社タケエイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1977年設立。廃棄物の処理・リサイクル事業をメインとして、再生可能エネルギー発電事業などにも積極的に取り組む。リサイクルの対象となる資源(廃棄物)は、紙くずや金属くず、セメント燃料、土木資材など多岐にわたる。「総合環境企業」への成長を目指すことを目標としている。


【ホワイト度が高い】(株)エス・エム・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ホワイト度が高い】(株)エス・エム・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年創業。介護・医療分野の人材紹介・求人情報サービスを主軸に、介護・医療・ヘルスケア・シニアライフなどの領域に特化した様々な情報提供事業等を展開している企業。国内のみならず、医療・ヘルスケア分野のニーズが急拡大しているアジア・オセアニア地域にも進出し新規事業に取り組んでいる。


【顧客満足度1位】ディップ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【顧客満足度1位】ディップ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1997年設立、人と仕事を結ぶ日本最大級の求人情報サイトを運営している企業。「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」のWEBサービスなどを通して、企業の採用活動の支援を行っている。


【福利厚生が充実】日本通運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【福利厚生が充実】日本通運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大手の総合物流企業。陸・空・海全てを駆使した総合物流能力の高さから国内外の法人より絶大な信頼を得ている。国内では引越しサービス最大手として、「引越しは日通」のキャッチフレーズで業績をけん引する。近年では世界中の拠点を駆使し、物流コンサルティングやロジスティック事業を拡大中。社会人野球の老舗企業としても有名。


【少数精鋭】東海カーボン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【少数精鋭】東海カーボン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カーボン材料の開発などを手がける炭素製品の総合メーカー。世界最高水準の性能を持つ製品やトップシェアを誇る分野を数々持ち、最先端分野の材料研究に取り組むなど、時代のニーズを先取りした製品開発を行っている。2018年に創立100周年を迎えるにあたり、真のグローバル企業を目指すため、「人材」と「教育」に注力している。


【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱自動車工業は1970年に三菱重工業から独立して設立された日本最古の自動車メーカーである。近年は電気自動車を中心に市場拡大を目指している。三菱グループに属していたが、2016年から日産自動車が大株主となり、ルノー・日産アライアンスの一員に加わった。