消費財

食品・飲料、アパレル、化粧品・生活用品、製薬に携わる会社です。

消費財に関連するキーワード

アパレル 食品・飲料 化粧品・生活用品 製薬
>>消費財に関連するキーワード一覧

消費財の企業情報一覧

ユニ・チャーム株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ユニ・チャーム株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社を東京都港区に置く、衛生用品の大手メーカー。海外展開も著しく、特にアジアでベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケアはシェアNo.1、紙おむつや生理用品で必要な不織布・吸収体の世界シェアはNo.3となっている(ともに2015年9月時点)。衛生用品の他にもペットフードなども取り扱っている。


【働き方満足度高し】塩野義製薬(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【働き方満足度高し】塩野義製薬(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

塩野義三郎が1878年、大阪で創業した製薬会社。売上全体の9割以上を占める医療用医薬品のほか、一般用医療品、臨床検査薬・機器の製造・販売も手がける。感染症領域・及び疼痛・神経領域に強みを持ち、抗生物質では国内首位のシェアを誇る。グラクソ・スミスクライン社と共同創薬した抗HIV薬は国内外で販売され、業績に貢献している。


大塚ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大塚ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大塚製薬(株)を中核事業会社とする総合ヘルスケア企業グループの純粋持株会社。本社は東京都千代田区。中枢神経領域・がん領域を中心に、輸液や医療機器などを手がける「医療関連事業」と、ポカリスエットやカロリーメイトなどの機能性食品の開発・製造を行う「ニュートラシューティカルズ関連事業」を柱に事業を展開している。


【社内保育施設あり】第一三共(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【社内保育施設あり】第一三共(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三共(株)と第一製薬(株)との共同持株会社として2005年に設立された。中央区日本橋に本社を置く。医薬品の研究開発、製造、販売等を手掛け、国内業界3位(2013年時点)の業績を誇る。がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業を目指し、がん事業を中心とするスペシャルティ領域に注力している。


小野薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

小野薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1717年創業、300年以上の歴史を有す製薬会社。本社は大阪市中央区。医療用医薬品に特化した研究開発型製薬企業であり、各種医薬品の研究・開発から、製造、仕入れ、販売までを手掛ける。独創的かつ革新的な創薬事業は高い利益率を誇る。2013年から韓国、台湾に100%出資の子会社を設立し、海外における自販体制の構築を推進。


エーザイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エーザイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の医薬品メーカー。「認知症関連・神経変性疾患」と「がん」の2領域に注力。主力製品であるアルツハイマー型認知症治療薬「アリセプト®」は世界90カ国以上で承認・販売され、認知症治療剤におけるリーディングカンパニーとして早期診断・早期治療を目指した活動を展開している。抗がん剤「ハラヴェン®」は60カ国以上で上市。


株式会社シンシアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社シンシアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

高度管理医療機器であるコンタクトレンズの製造・販売を手がけるメーカー。購入方法や価格、機能性やファッション性など、ユーザーが求める商品開発・販売を行う。安全性にこだわった製品はOEM展開もしている。アジアを中心にグローバルな販売網を開拓するなど、事業は拡大中。2016年12月、東証マザーズに上場した。


株式会社プラッツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社プラッツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

介護用ベッド・マットレスなどベッド周辺機器の製造・販売を展開している。高品質・高機能・低価格の製品づくりを強みとし、顧客ニーズを捉えた商品を企画・販売。在宅用介護ベッドの国内シェアは約30%で出荷台数は業界第2位を誇る。中国をはじめとしたアジア市場の開拓や医療分野への進出にも取り組んでいる。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


日本たばこ産業株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

日本たばこ産業株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

たばこ事業法により、国産葉タバコの全量買取契約が義務づけられる一方、煙草製造の独占を認められている。海外戦略にも積極的で、JTインターナショナルを含めた販売シェアは世界第3位。2007年に英ギャラハーを買収し、世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコに迫る。


株式会社UMNファーマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社UMNファーマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

独自技術を有する創薬ベンチャー企業。米国から導入した独自の製造プラットフォームBaculovirus Expression Vector System(BEVS)をベースに、バイオ医薬品開発および製造を行っている。主軸はインフルエンザワクチンの製造・開発である。秋田県秋田市に本社、神奈川県横浜市に横浜本社を置く。


アンジェスMG株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンジェスMG株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1999年12月設立、大阪大学医学部の研究成果を基に設立されたバイオベンチャー企業。遺伝子の働きを利用して治癒を目指す遺伝子医薬の開発と実用化を手がける。医薬品の販売については、国内バイオベンチャーや製薬企業と一部提携を行っている。


窪田製薬ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

窪田製薬ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

眼科に特化した医薬品・医療機器の研究開発を手がける企業。糖尿病網膜症、白内障など、失明を克服するための新薬を開発している。窪田良社長は自身も眼科臨床医であり、眼科疾患の執刀治療の経験を有する。学生時代に緑内障を発症する原因のひとつを偶然発見したことをきっかけに、治療法の研究・開発に取り組むようになった。


株式会社グリーンペプタイドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グリーンペプタイドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

久留米大学発の創薬ベンチャー。がん治療の新しいアプローチとして「がん免疫治療薬」の開発に取り組んでいる。米Science誌の2013年のブレークスルー・オブ・ザ・イヤーに選出された。手術、放射線療法、化学療法とは全く異なる作用メカニズである「がん免疫治療薬」は第4のがん治療法と期待され、世界中から注目を集めている。


そーせいグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

そーせいグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1990年設立のバイオ医薬品企業(株)そーせいの持株会社。アルツハイマー病、統合失調症、がん免疫、偏頭痛、依存症等のバイオ医薬品の研究・開発に取り組む。Novartis社、AstraZeneca社、MedImmune社、武田薬品工業など国内外の製薬会社と販売提携し、国際的なバイオベンチャーとして注目されている。


ナノキャリア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ナノキャリア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

がん領域に特化した創薬ベンチャー企業。1996年設立。独自のプラットフォーム技術である超微細粒子「ミセル化ナノ粒子」を応用し副作用の少ない新薬の研究・開発を目指す。高級化粧品のアルビオンと共同開発した化粧品向けに原料供給も行っている。


パス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通信販売から旅行事業、そしてコンサルティングと幅広い事業に着手している企業。通信販売を行っている商品は化粧品が中心となっており、子会社を通じて幅広い販売網で展開しているのが特徴である。旅行事業は企画や手配を行うことが中心になっている。


株式会社ファーストリテイリングに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ファーストリテイリングに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユニクロや株式会社ジーユー、株式会社リンク・セオリー・ジャパンなどのアパレル会社を傘下にもつ持株会社。グローバル展開に積極的で、カジュアル衣料で売上世界第4位。2005年の玉塚元一社長(現ローソン代表取締役会長CEO)の退任以降、柳井正会長が社長を兼任。本社は山口県だが、東京本部はミッドタウン・タワー。


株式会社リボミックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リボミックに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年8月に設立した東京大学発の創薬ベンチャーで、アプタマー創薬の開発・研究を行っている企業。アプタマーは病気の原因タンパク質に結合し、その働きを抑制する新素材として期待されている。リボミックは、世界初のアプタマー新薬の実現を目指し、研究・臨床実験を進めている。


サンバイオ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンバイオ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本発・世界初の再生細胞医薬品の実用化を目指すバイオベンチャー。治療法のない中枢神経領域の疾患を対象に、広範囲に応用できる再生医療薬の開発・製造・販売を目指す。米国に研究開発の主な拠点を構え、基礎研究から製薬までを自社で行う。脳損傷治療の新薬開発で注目されている。2014年本社機能を米国から日本へ移した。