人気企業情報一覧


「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

新年度が始まって、2週間あまり。ツイッターには「今年の新入社員辞めた」というつぶやきが相次いでいる。入ってみてブラック企業と分かっても、辞められなかった就職氷河期と比べれば、恵まれた環境になったと喜ぶべきか。


M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

金融系でもコンサル系でもない、不動産業界出身者が設立したM&A仲介サービスを手掛ける企業。事業承継M&Aが中心。独立系というしがらみのなさと成功報酬型の料金体系を看板に中小企業を中心にクライアント数を順調に伸ばす。平均年収1900万円超という高給でも注目を集めている。


新日鐵住金株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新日鐵住金株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

粗鋼生産量で国内最大手、世界3位の鉄鋼メーカー。業界国内1位の新日本製鐵と同3位の住友金属工業が合併して2012年に発足。2017年3月をめどに日新製鋼を買収する予定。なお、統合後の新日鐵住金としては住友グループ広報委員会等に加入していない。


株式会社N・フィールドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社N・フィールドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

介護保険法に基づく居宅サービス・居宅介護支援・介護予防サービス、及びそれらに付随する業務を事業目的として平成15年に設立。精神疾患の患者に特化した訪問看護事業で成長。平成27年に東証一部に上場を果たす。支店を北海道(札幌市)・東京(杉並区)・大阪(大阪市)・福岡(福岡市)に開設する。


日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のエンジンに使うプラグやセラミック製品を開発・製造する会社。1936年創業。主力製品のスパークプラグは世界トップシェアで、F1などモータースポーツにも供給されている。コーポレート・メッセージは「心と夢に火をつけろ」。業界では「ニットク(日特)」と呼ばれる。


三菱商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱グループの大手総合商社。社員の平均年収(単体)は1400万円を超える高収入。近年は「事業投資から事業経営へ」を掲げる。2016年3月期の連結決算で初の最終赤字となった。人材には「信」「知」「力」の基本的資質を求める。これまで400人超をキャリア採用者として迎え入れている。


スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手四輪車および二輪車のメーカー。世界販売台数は世界第10位、国内販売台数は2015年度で国内第3位。2016年10月12日に業界首位のトヨタ自動車との提携実現に向け、鈴木修会長がトヨタ豊田章男社長と共同会見を行っている。


アサヒグループ(アサヒビール株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループ(アサヒビール株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループは、アサヒビール、アサヒ飲料、エルビー、アサヒグループ食品、ニッカウヰスキー、さつま司酒造などを擁する企業集団。持株会社はアサヒグループホールディングス。住友グループの企業として扱われることもある。貴金属事業などを行う「アサヒホールディングス」(神戸市・東証一部)とは無関係。


リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・板橋区に本社を置く粘着関連製品の総合メーカー。売上高では印刷材が最大だが、利益率は電子・光学関連事業が高い。「粘着応用技術」「表面改質技術」「特殊紙・剥離材製造技術」「システム化技術」を基盤とし、シール・ラベル用の粘着紙・粘着フィルムや、半導体チップの製造・実装工程に欠かせない特殊粘着テープ・関連装置が主力製品。


ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国ニューヨークを本拠地とする世界最大手の金融機関、ゴールドマン・サックスの証券部門における日本法人。投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、個人・法人の顧客ニーズに対応した幅広い金融サービスを提供している。


【自動運転で採用強化中】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【自動運転で採用強化中】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大手の自動車メーカー。世界販売台数は1000万台を突破し、2015年まで4年連続で世界首位、2016年は2位。「過去10年で売上高が増えた企業」1位。現在、自動運転、コネクティッドカーの開発に向けて、AI(人工知能)、画像認識、信号処理、機械学習、地図自動生成などのスペシャリストの採用を強化している。


富士通社員による不満口コミが急増 「優秀な若手がかなり辞めている」「海外の競合とやり合える体力がない」

富士通社員による不満口コミが急増 「優秀な若手がかなり辞めている」「海外の競合とやり合える体力がない」

若手社員からは「今後のIT業界の競争に打ち勝つためには、若い世代にもっとチャンスと良い待遇を与え、会社を引っ張っていくように経営方針の転換が必要」という声があがる。ベンチャーや外資の台頭に危機感を募らせる人も。これはありがちなグチなのか、それとも真摯な指摘なのか。


株式会社博報堂DYグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社博報堂DYグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

この項目では、電通に次ぐ国内広告業界2位の「博報堂DYグループ」の持株会社である博報堂DYホールディングスに関する情報をまとめる。2003年設立。博報堂、大広、読売広告社と博報堂DYメディアパートナーズを完全子会社として傘下に置く。グループポリシーに「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げる。


株式会社ほくほくフィナンシャルグループ(北陸銀行・北海道銀行)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ほくほくフィナンシャルグループ(北陸銀行・北海道銀行)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

北陸銀行と北海道銀行を傘下に持つ金融持株会社。本社は富山市。本店の所在地が遠隔地にある「飛び地統合」は国内初。ふくおかフィナンシャルグループと千葉銀行に次いで、地方銀行の総資産第3位。


株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

売上高の67%を清掃・衛生用品のレンタルなどのクリーン・ケアグループが、27%を「ミスタードーナツ」などのフードグループが占める。日本でいち早くフランチャイズシステムをとり入れた会社で、日本全国に多数の拠点を擁する。多角経営をしているが、現在は「ONE DUSKIN」というスローガンを掲げている。


株式会社リソー教育に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リソー教育に転職するなら知っておきたい情報まとめ

首都圏を中心に個別指導進学塾「TOMAS」を直営で運営する他、家庭教師派遣事業、名門幼稚園・小学校受験を指導する進学塾などを展開している。主力のTOMASは、1対1の完全個別指導において先駆者的存在であり、同市場のシェアはトップ。情操教育を行うことを目的にスキー合宿、サッカー・体操スクールなどのプログラムも運営。


株式会社群馬銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社群馬銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前橋市に本店を置く地方銀行。群馬県内の預金シェア34.0%、貸出金36.9%はともに1位。地方銀行全体の中でも、収益力や健全性でトップ10以内に入る。2016年に改定した人事制度では「役割給」を新設し、「すべての行員が上位職位にチャレンジできる制度」を実現した。バレーボール部、野球部、ラグビー部の活動が盛ん。


【東北最大】株式会社七十七銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【東北最大】株式会社七十七銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東北6県で最大の金融機関。宮城県内の預金シェアの56.4%、貸出金シェアの42.3%を占める。預金等の資金量は、地方銀行64行中7番目。読みは「しちじゅうしち」で、地元では「しちしち」と呼ばれる。現頭取の氏家照彦氏は創業家の流れを汲み、会長を約20年あまり務めた榮一氏の長男。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


富士通株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士通株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ITサービス国内首位の総合ITベンダー。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行う。理化学研究所などと共同研究したスーパーコンピュータ「京」は、大規模グラフ解析の性能を競うGraph500で世界第1位。