株式会社上組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社上組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

上組は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く、港湾運送業・倉庫業・重量物運搬などを行う企業。創業は1867年、輸出入に関する法律が整備されるに伴い、関税事務をはじめ倉庫業・輸送業も行うようになった。神戸港を始めとする全国の主要港湾で業務を展開、六大港の取扱高は国内トップクラス。


1. 上組ってどんな会社?

TVCM動画
「歴史/世界の物流をデザインする」編
(2012年制作)

1-1 ひとことで言うと

世界の物流をデザインする 国際複合一貫輸送のグローバルパートナー

1-2 創業者と沿革

神戸港開港とともに、上組の前身である「神戸浜仲」が誕生。1873年、神戸港の上方(東方)を中心に貨物運搬を営むことになったことから名称を「上組浜仲」に改称しました。これが「上組」の由来です。

沿革|会社情報|株式会社上組

https://www.kamigumi.co.jp/company/history.html

株式会社上組の1867(慶応3)年の創業から現在に至るまでの、当社の歴史をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:
兵庫県神戸市中央区浜辺通4丁目1番11号

グループ企業一覧|会社情報|株式会社上組

https://www.kamigumi.co.jp/company/groups.html

株式会社上組のグループ企業一覧をご紹介します。当社グループを構成する、連結子会社の概要を掲載しています。

1-4 ビジョン・ミッション

企業理念
常に時代の風を読み、変化する社会の要請に即応しながら、一歩先のテーマに取組み、企業価値の向上と、経営の安定に努め、ひいては豊かな社会の実現に貢献する

経営方針
物流を総合的にマネジメントできる企業として、国内外のハード、ソフトの増強、人材の育成に努め、グローバル企業としての価値を高めるとともに、企業の社会的責任(CSR)を果たし、企業価値の更なる向上を図る

2. 上組って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲営業収益
2014年3月 2378億7100万円
2015年3月 2428億6100万円
2016年3月 2423億9900万円

▲営業利益
2014年3月 219億2900万円
2015年3月 223億6400万円
2016年3月 220億1000万円

▲純利益
2014年3月 152億6800万円
2015年3月 149億6200万円
2016年3月 160億1800万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(平成28年3月期)
国内物流事業 2008億9600万円
国際物流事業  331億400万円
その他事業  209億5600万円

2-3 主力事業

国内物流事業
神戸・東京の単独運営のコンテナターミナルをはじめとした豊富な港湾インフラを保有。国内6大港におけるシェアトップを誇ります。豊富な物流設備、効率的なITシステムに加え総合物流カンパニーとして培ってきた幅広いノウハウを基盤に、常に新しい物流を創造、提案します。

国際物流事業
当社の海外進出は、1968(昭和43)年にシンガポールやインドネシアの駐在員事務所開設から始まります。現在では中国・シンガポール・タイ・ベトナムなど、成長著しいアジア諸国を中心に、全世界に約30カ所の拠点を置く国際物流ネットワークを形成しています。今後も、グローバルネットワークを拡大し続けます。

その他事業
当社が保有する土地の有効活用の一環として、マンション建設やソーラー事業を展開しています。
賃貸マンション以外にも、商業施設の開発・賃貸、パーキング運営等を行っています。

3. 上組の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長 
久保昌三(写真右)

昭和38年4月 上組合資会社(現株式会社上組)入社
平成7年6月  当社取締役室長兼港運事業本部長
平成9年6月  当社常務取締役
平成11年6月 当社専務取締役
平成12年6月 当社代表取締役当社専務取締役
平成16年6月 当社代表取締役社長
平成24年4月 当社代表取締役会長、経営責任者、取締役会議長

代表取締役社長
深井義博(写真左)

昭和52年4月 当社入社
平成14年4月 当社執行役員鹿島支店長、常陸那珂支店担当
平成18年4月 当社常務取締役
平成22年4月 当社取締役常務執行役員
平成23年4月 当社取締役専務執行役員
平成23年4月 当社代表取締役社長、最高執行責任者

3-2 発言、ブログ、エピソード

代表取締役会長 久保 昌三
この度、図らずも旭日重光章を頂くこととなり、身に余る光栄と、家族共々感激致して おります。 この度の受章は、私一人に頂いたものではなく、港運業界に頂いたものと思っており ます。 港運の仕事に携わって半世紀余になりますが、その間、世界の主要港湾の変遷を見て 参りました。いささかでも日本の港湾にお役に立つ事が出来たのかとの思いはございます が、今回の栄誉は、永年に亘って私を支えてくださった、会社や港運業界関係者の皆様方 のご指導、ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。 今回の受章を機に、我が国港湾の国際競争力の強化を図る為、国際コンテナ戦略港湾に 対する「集貨」「創貨」そして、他国港湾との「競争力強化」の3本柱の施策に対応して、 港湾運送事業の効率化及びサービスの向上を図り、港湾と港運業界発展の為、一層の努力 をして参りたいと思います。 今後共、港運業界関係者、港湾に携わる皆様方の更なるご指導、ご鞭撻をお願い致し ます。

代表取締役会長 久保 昌三   代表取締役社長 深井 義博
私たち上組は、神戸港開港とともに神戸に産声を上げて以来、日本の港とともに現在まで歩んでまいりました。

港での荷卸しや貨物運搬に始まった当社は、倉庫保管、陸上輸送、重量貨物運搬など、徐々に活動の場を広げ、現在では高規格コンテナターミナルの運営やお客様の物流アウトソーシング、海外現地物流など、総合物流企業としてお客様ごとの最適物流をご提案する「上組デザイン物流」を掲げて、常に新しい物流の創造に取り組んでおります。

何卒、より一層のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

4. 上組ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結4147人
単体3723人(2016年3月31日時点)

4-2 平均年齢

単体平均37.6歳(2016年3月31日時点)

4-3 平均勤続年数

単体平均14.0年(2016年3月31日時点)

4-4 平均年間給与

単体平均537万2212円(2016年3月31日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

濱上 真一
入社年:2003年
配属先:港運事業本部
仕事の内容:外国貿易の玄関、コンテナターミナルで、コンテナの管理と修理を担当するセクションを任されています。

Q. 仕事の魅力・やりがいは?
コンテナをトラブルなく搬出入するため、多くの人が関わっている現場の一員として支えていることです。

呉座谷 高志
入社年:2001年
配属先:台湾上組有限公司
仕事の内容:台湾上組の社長として、現地スタッフを指導して顧客開拓を進めています。

Q. 仕事の魅力・やりがいは?
日本にいたら会えない人に出会え、経験できないことを経験できる。海外勤務の醍醐味です。

 

5. 上組の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

経験者採用
社会人として3年以上の実務経験のある方
・営業部門の経験のある方
・管理部門の経験のある方
・国際関連業務の経験のある方
・通関部門の経験のある方
・建築・土木・電機関連業務の経験のある方
・その他業務経験のある方

※通関士に関しては、苫小牧・志布志支店、勤務希望の方優遇
※語学力の高い方・海外経験のある方優遇
※1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士・1級管工事施工管理技士・1級電機工事施工管理技士・電気主任技術者等の資格・現場経験のある方優遇

5-2 育成に関する方針・施策

新入社員研修(入社時研修・現場研修・通関士研修・マナー研修 ほか)
海外研修、中間管理者研修 ほか

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

従業員の個性を尊重し、キャリア形成や能力開発を積極的に支援する。

給与 2016年実績 大卒・大学院卒 月給 21万円
諸手当 交通費(上限月4万円)、残業手当、資格手当 など
昇給 年1回
賞与 年2回(年間 約6ヶ月)

6. 上組出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

氏名:織田 満富
現在の肩書:行政書士 織田事務所代表
経歴:大阪産業大学 経営学部 経営学科 観光・交通コース 海運論専攻。
新卒で株式会社上組入社。後、議員秘書に転職。議員秘書時代に、相続・離婚・住宅等々のあらゆる生活相談及び各種許認可、法律相談、税務等、経営相談に応じる。その頃、弁護士、司法書士、税理士等と親交をもつ。
議員3期目の選挙当選後、転職し地域情誌(フリーペーパー)を発行。翌年に行政書士事務所開業。

7. 上組の福利厚生は?

持株会、住宅資金貸付、独身寮、社宅、保養所完備、永年勤続表彰 ほか

8. 上組の中途採用は?

キャリア採用募集要項|採用情報|株式会社上組

https://www.kamigumi.co.jp/recruit/career_guideline.html

株式会社上組のキャリア採用募集要項を掲載しています。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


株式会社イントランスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントランスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

不動産投資・再生、コンサルティング・売買仲介、プロパティマネジメントなど不動産関連事業を展開する企業。中核となる不動産投資・再生事業では、潜在的な価値を有する不動産を金融商品として再生後、事業法人や不動産ファンド等への販売を行い、高収益を目指している。リゾート等の開発を行うプリンシバルインベストメント事業にも注力。


株式会社エボラブルアジアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エボラブルアジアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

設立は2007年、社長は30歳代という若さあふれる企業。「AirTrip」「空旅.com」「CAS Tour」などの海外旅行予約サイト・格安航空券予約サイトの運営と、ベトナムを拠点としたITオフショア開発が2大柱。訪日旅行事業として、訪日外国人や民泊運営企業向けのサービスにも注力している。


最新の投稿


東レ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東レ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

3大合成繊維、プラスチック・ケミカルなどの化学製品や情報関連素材、炭素繊維を扱う大手化学企業で世界26カ国・地域で事業を展開している。三井グループの中核企業の一つで旧社名は東洋レーヨンだが現在、レーヨンは生産していない。第65回(平成28年度)化学技術賞受賞は、15度目の受賞。


株式会社NTTドコモに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NTTドコモに転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTドコモは、日本電信電話公社が民営化したのち、移動通信事業の分野が分社化されて生まれた企業である。1999年には「iモード」という名称で、携帯電話でメールの送受信やウェブサイトの閲覧ができるサービスを世界で初めて提供した。2016年2月時点で、NTTドコモの契約者数は7000万人を突破している。


旭化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旭化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

化学・繊維・住宅・建材・医薬・医療などの多岐にわたる事業の各会社を統括している持株会社で、グループ会社には旭化成、旭化成ホームズ、旭化成ファーマなどがある。キッチンでおなじみのサランラップやジップロック、戸建て住宅のへーベルハウスなど、日々の生活に密着した製品や素材を作り出している。


エーザイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エーザイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカー。コーポレート・スローガンは「ヒューマン・ヘルスケア(Human・Health Care)」で、ロゴのhhcはナイチンゲールの直筆サインから取り出したものである(会社ロゴの、赤は動脈を、青は静脈を意味する)。


塩野義製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

塩野義製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

塩野義三郎が1878年(明治11年)に創業し、1949年に東京証券取引所に株式の上場を果たした製薬会社である。大阪市中央区に本社を置く。一般用医薬品のほか、臨床検査薬・機器の製造・販売も手掛けているほか、事業の柱となる医療用医薬品の売上げは全体の9割以上を占める。


wiget_w300 wiget_w300