ジャパンマテリアル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジャパンマテリアル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体や液晶工場の生産工程で不可欠な特殊ガスに関連したエレクトロニクス関連事業と、カナダのマトロック社製グラフィックボードなどパソコン関連部品の販売を行うグラフィックスソリューション事業の2つが柱。また、世界シェアNo.1のデジタルサイネージプレーヤーBrightSignの日本総代理店として、新サービスも手がける。


1.ジャパンマテリアルってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

半導体・液晶工場などに不可欠なライフラインを支える技術者集団です。

1-2 創業者と沿革

創業者情報はありません。

平成9年4月に半導体関連事業を行っていた株式会社東和商工(現 連結子会社)へ半導体関連部品及び材料の販売を目的として、三重県四日市市にジャパンマテリアル有限会社を設立しました。

1-3 本社所在地とネットワーク

三重県三重郡菰野町永井3098番22

1-4 ビジョン・ミッション

【ジャパンマテリアルグループ 企業理念】

・安全最優先
・お客様は良きパートナー
・お取引先と地域の皆様は良きサポーター
・社員は家族

当社グループは安全・安心を基軸とした「安全最優先」の意識のもとお客様の期待を超える質の高い商品やサービスの提供を目指し、お互いの深い信頼で、Win-Win関係を築くことはもちろんのこと更にお取引先や地域の皆様から常に応援して頂ける関 係を築き、社員一人一人が競い合い、協力しながら成長する「Win-Win-Win」(トリプルウィン)に到達することを目指しています。

ビジョン

トリプルウィンを次の世代へ。JMグループは、企業理念である「お客様」「お取引と地域」「社員」の Win - Win - Win(トリプルウィン)の実現を目指し、人、環境、地域、そして技術を次の世代につなぎます。

人、環境、地域、そして技術を次の世代につなげるため、JM CSRでは下記4つのビジョンを推奨し、Win - Win - Win(トリプルウィン)の実現を目指します。

2.ジャパンマテリアルって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
2014年3月期  92億9400万円
2015年3月期  118億6400万円
2016年3月期  187億4200万円

▲経常利益(連結)
2014年3月期  19億6200万円
2015年3月期  27億4300万円
2016年3月期  41億800万円

▲純利益(連結)
2014年3月期  12億1400万円
2015年3月期  17億3300万円
2016年3月期  26億9200万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年3月期)
エレクトロニクス関連事業    176億9200万円
グラフィックスソリューション事業  9億7000万円
太陽光発電事業            7900万円

▲地域ごとの売上高
日本 159億8513万8000円
台湾 14億8764万6000円
シンガポール 10億3486万1000円
その他 2億3445万6000円

2-3 主力事業

エレクトロニクス関連事業

エレクトロニクス関連事業では、半導体および液晶関連工場の製造工程において、不可欠な特殊ガスを主軸に、超純水、薬液等の供給に関連するインフラ事業を行っております。特殊ガス関連事業では、特殊ガスの販売から、特殊ガス供給装置の製造、供給配管設計施工および特殊ガス供給管理業務、供給装置メンテナンスに至る一貫した機能を「トータルガスマネジメント」として提供しております。
その他関連としては、「真空ポンプのメンテナンスサービス・中古販売」、各種薬液の管理・運搬等を行う「トータルケミカルマネジメント」、超純水プラント運転管理請負業務およびメンテナンスの技術サービスを行う「トータルウォーターマネジメント」を展開しております。

グラフィックスソリューション事業

弊社のグラフィックスソリューション事業では、グラフィックボードなどのパソコン関連部品や放送・映像分野の応用システムを輸入販売し、用途開発、保守サポートを手がけております。また、省エネ・省コストを実現する最適な照明システムの販売、3次元CADデータのトランスレート・3次元CADデータの高精度計測・図面化(3D → 2D)を実現するハンドリングツールの開発・販売を行っております。

スマートフォンをデジタルサイネージ化するソリューション『mD-Signage』の開発・販売する株式会社夢現舎(東京都八王子市、代表取締役:飯田公司)と、世界シェア No.1 デジタルサイネージプレーヤーBrightSign の日本総代理店であるジャパンマテリアル株式会社(代表取締役社長:田中久男、三重県三重郡)グラフィックスソリューション事業部は、デジタルサイネージとスマートフォンを連動することにより新しいサービス提供を可能にした高機能デジタルサイネージシステム『スマリサ』を共同開発しました。

太陽光発電事業

三重県員弁郡東員町に最大出力約1.5メガワットの大規模太陽光発電所を建設し、2016年2月から稼働いたしました。7000枚を超える太陽光パネルが約180万kwh(一般家庭約400世帯分の年間消費電力量に相当)の電力を作り続けます。
事業活動で使用するエネルギーを削減し環境にやさしい事業活動を推進しておりますが、メガソーラー発電所の建設によって再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります。

3.ジャパンマテリアルの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 田中 久男

昭和22年7月13日生
昭和45年4月 栗田工業㈱入社
平成15年7月 ジャパンマテリアル㈱入社 営業統括本部長
平成18年3月 同社代表取締役社長(現任)

出典:
http://www.nse.or.jp/listing/files/kaisya6055.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

江戸時代の近江(現在の滋賀県)商人の家訓で、「三方よし」というものがあります。日本古来からあるCSRの原点とも言える言葉で「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」という言葉。どれか一つが欠けても商売は成り立たないといったものです。ジャパンマテリアルグループ創業時に立てた『Win-Win-Win』の到達という経営理念もまた、近江商人の、商売と世の中に対して考えた「三方よし」のマインドと共通するものがあります。

 「労働集約型の職種のため、事業で中心となる人材の確保が課題だ。上場か非上場かで求人での応募数が圧倒的に違ってくる。新たな人材確保には上場が一番いいと考えた。本社は三重県菰野(こもの)町にあり、名古屋の人材も欲しいので、東証と名証に同時上場した」

4.ジャパンマテリアルではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 578人
単体 176人
(2016年3月31日時点)

4-2 平均年齢

単体平均 41.2歳(2016年3月31日時点)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.9年(2016年3月31日時点)

4-4 平均年間給与

単体平均 601万3622円(2016年3月31日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

伊藤 記士
工事本部 工事部
平成23年4月入社

液晶ディスプレイ工場の生産設備工事の施工管理!
主に供給機器から生産機器までの配管工事を行っていて、この仕事で一番大切なことは「事前段取り」と痛感しています。顧客の要望・材料の手配・納期確認・工具(機材)の選定などと施工開始前には多くやることがあります。施工が上手く進むかどうかは、事前に段取りが上手くできたかどうかに比例すると言えます。

赤司 理
管理本部 関連企業統括室

関連企業の統括。各企業の状況把握及び体制強化。
今年度から新設された部署のため、手探り状態で業務を行っています。具体的には、グループに参画した海外企業に、当社や日本の基準を説明し、遵守いただくように交渉しています。以前は、経営企画室という部署で内部統制(社内の各部署の予算や数字の管理)を行っていたので、それに共通する部分も多く、簿記の知識なども役立っています。仕事を進める上では意見が食い違うこともありますし、お互いの都合がありますので、解決には根気が重要です。ただ前例がないため、自分の考えで仕事を進めることが必要な一方で、自分の思うようにすることもできるため、難しい半面、やりがいも感じています。
また、半導体液晶工場向けのオンサイトサービス事業の契約書作成等も担当しており、事業の基本要素に関われていることについて面白さを感じています。

 

5.ジャパンマテリアルの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

年齢、性別、人種、国籍に関係なく、多様な社員が適材適所で快適に働くことができる企業グループでありつづけます。

<求める人物>

 ・ 周りとの協調を大切にできる人
   (チーム、組織の大切さが分かる)
 ・ 他人に依存しない、自律的志向をもつ人
   (自分で考え行動できる)
 ・ チャレンジを続けている人、チャレンジできる人
   (学業、スポーツ等に情熱を注いできた )

当社が展開する事業は、個人の力だけでは成し遂げることが難しい大規模な仕事がほとんどです。お客様や社内はもちろん、協力会社など様々な人とコミュニケーションをとり、たくさんの人を巻き込みながら、大きな工場を機能させていく必要があります。
ですから、ジャパンマテリアルは周りにポジティブな影響を与え、チームを率いて成果が出せる人物を求めています。積極的に働きかけ、組織やチームの能力を高められる人こそが活躍可能です。さらに、中長期的な計画として、海外展開を視野に入れているので、異国の地で活躍できるタフさも大歓迎です。

5-2 育成に関する方針・施策

社員教育を継続的に行い、モラル、技術、サービスのバランスのとれた人財の育成を行うことで、 ステークホルダーから信頼していただける企業グループでありつづけます。

新入社員教育(マナー研修)
事業別教育
現場研修
新入社員フォローアップ教育(入社後半年)
入社2年目プレゼンテーション研修(入社後1年)
CSR教育
階層別研修
保安教育(高圧ガス関連)
資格取得補助制度 など

ジャパンマテリアルは資格取得に向けてがんばる社員を応援します!
 1.資格受験費用を会社が全額負担
 2.資格講習会費用を全額負担もしくは補助
 3.資格試験、講習会の参加は勤務とする
 4.試験に合格した場合は報奨金や資格手当を支給
 ※受験費用・講習会費用負担には回数制限があります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与
高専/専門卒:総合職月給183,000円+諸手当  一般職月給173,000円+諸手当
大学卒: 総合職月給204,000円+諸手当 一般職月給184,000円+諸手当
大学院:総合職月給210,000円+諸手当

昇給 年1回の能力考課による昇給制度あり

賞与 年2回(4ヶ月)2015年度実績

6.ジャパンマテリアル出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7.ジャパンマテリアルの福利厚生は?

住宅について
 ・寮社宅制度:通勤圏外にお住まいの方は、職場近くの借り上げ寮を利用いただけます。
 ・住宅手当:ご自身で住宅を契約されている方、持ち家がある方に手当があります。

保養施設等の利用について
 ・健康保険組合:健康保険組合で契約している保養所、レジャー施設を利用可能です。

その他代表的な福利厚生について
 ・社会保険完備 
 ・資格取得費用補助制度
 ・資格取得報奨金制度 
 ・慶弔見舞金制度 
 ・社員持株会 
 ・表彰制度 
 ・退職金制度など

女性が長く会社で活躍できる環境整備に力を入れています。
例えば、出産後業務復帰した従業員は、お子さんが小学校を卒業するまでの間、短時間勤務をすることが可能です。この制度を利用して、仕事と、育児両方にも力を入れることができます。直近5年間の出産後の職場復帰率は100%です。

8.ジャパンマテリアルの中途採用は?

ジャパンマテリアルグループ(ジャパンマテリアル株式会社) の求人一覧

https://hrmos.co/pages/jmgroup/jobs

ジャパンマテリアルグループ(ジャパンマテリアル株式会社) の求人一覧です。| HRMOS

 
 

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


キャリコネ
wiget_w300 wiget_w300