東洋水産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋水産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋水産株式会社は、日本の食品会社。「マルちゃん」のブランドで親しまれている。即席麺など加工食品の製造販売、魚介類の買付加工販売、冷蔵倉庫業のほか、海外事業も積極的に推進。北米や中国にも展開し、アメリカ、メキシコでは最も愛されている即席麺に成長している。


1. 東洋水産ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東洋水産は水産加工をはじめ、「マルちゃん」ブランドで知られる総合食品メーカーです。

1-2 創業者と沿革

森和夫
実家は元々漁業を営んでいたが、父の代で冷蔵製氷業に転じ、1919年(大正8年)に田子製氷株式会社(2007年(平成19年)に東洋水産に吸収合併される)を設立し、田子村で冷蔵庫を運営していた。

あゆみ | 企業情報 | 東洋水産株式会社

http://www.maruchan.co.jp/company/info/history.html

東洋水産の企業情報、採用情報についてご覧いただけます。

あゆみ | 採用情報(リクルート) | 東洋水産株式会社

http://www.maruchan.co.jp/recruit/company/history.html

東洋水産の採用情報サイトのあゆみページです。マルちゃんでお馴染みの東洋水産は「やる気」と「誠意」をモットーとしている当社では、真面目に誠意をもって何事にも果敢にチャレンジできる人材を募集しております。

写真・イラストでわかりやすく紹介した沿革

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:東京都港区港南2丁目13番40号

事業所・グループ一覧 | 企業情報 | 東洋水産株式会社

http://www.maruchan.co.jp/company/office/

東洋水産の企業情報、採用情報についてご覧いただけます。

国内外の事業所・グループ会社の一覧

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念
東洋水産は、1953年の創業以来「やる気と誠意」をもって事にあたり、「公明正大」であることを社是とし、「公正な経営」・「自主独往の経営」・「従業員が報いられる経営」を経営理念として掲げ、今日に至っております。
そのような中、時代が変わっても一貫して変わらないのは、「顧客第一主義」というお客様のことを第一に考えるという姿勢と想いです。
当社にとって商品やサービスを通じてお客様の笑顔に出会えることが最大の喜びであり、そのお客様の笑顔は社員一人ひとりの喜びにも繋がると考えます。
これからも大切にしていきたいのは、関わる全ての人が幸せであるということ。
それが私たち東洋水産の願いです。

すべては、笑顔のために。
”食を通じ、みなさまに笑顔をお届けしたい”
私たち東洋水産グループは、その想いをマルちゃんマークに込め、
品質とおいしさにこだわった食品づくりに取り組んでまいりました。
自然に笑顔がこぼれるようなおいしさを、食卓へ。
いつまでも変わらず、安心な製品を、世の中へ。
”すべては、笑顔のために。”
私たちはこれからも取り組んでまいります。

2. 東洋水産って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2013年度 3722億3100万円
2014年度 3812億5900万円
2015年度 3832億7600万円

▲営業利益
2013年度 305億9500万円
2014年度 250億7500万円
2015年度 283億1400万円

▲当期純利益
2013年 227億2300万円
2014年 169億100万円
2015年 183億6300万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2015年度)
国内即席麺事業 1238億7300万円
海外即席麺事業 773億4600万円
低温食品事業 679億7100万円
水産食品事業 330億7500万円
加工食品事業 197億8200万円
冷蔵事業 162億600万円
その他 449億7800万円
調整額 △4億3100万円

2-3 主力事業

国内即席麺事業
和風カップ麺「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」やノンフライカップ麺「麺づくり」、袋麺「マルちゃん正麺」など、ご家庭でお馴染みの商品をお届けしています。

海外即席麺事業
1972年にアメリカに進出し、現在では北米から広く中南米などにも展開しています。現地の嗜好を的確に捉えた「Maruchan」の即席麺は、アメリカ・メキシコ両国でトップブランドとなっています。

低温食品事業
チルド焼そばのトップブランド「マルちゃん焼そば3人前」をはじめとしたチルド麺、シュウマイなどのチルド惣菜、業務用冷凍麺など、鮮度感・素材感の高い商品をお届けしています。

水産食品事業
当社創業の事業として始まり、現在も世界中の海から良質な海の幸をお届けしています。量販店や外食産業等への販売、コンビニエンスストアのおにぎりやお寿司、即席麺の具材など身近な食品にも使用されています。

3. 東洋水産の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長 堤 殷
昭和20年1月25日生
昭和43年4月 入社 埼玉工場長等を歴任
平成元年6月 取締役に就任
平成5年6月 常務取締役に就任
平成11年4月 専務取締役(代表取締役)に就任
平成15年6月 代表取締役社長に就任
平成24年6月 代表取締役会長に就任(現)

代表取締役社長
今村 将也

1981年(昭和56年)4月 東洋水産入社。関西事業部長等を歴任。
2011年(平成23年)6月 取締役。
2012年(平成24年)6月 常務取締役。
2013年(平成25年)6月 専務取締役兼即席麺本部長。
2014年(平成26年)6月 代表取締役社長に就任。

3-2 発言、ブログ、エピソード

当社は2009年に、「Smiles for All.すべては、笑顔のために。」というスローガンを策定いたしました。東洋水産グループが一体となり、やる気と誠意を持ち「安全でおいしい商品」「確実なサービス」をお客様にお届けし、株主様をはじめステークホルダーの皆様が笑顔になれるようチャレンジし続けてまいります。
(今村社長)

当社グループは、平成 29 年 3月期からの 3 年間を対象とする3 ヶ年中期経営計画を策定し、その最終年度である平成 31 年 3月期において、売上高 430,000百万円、営業利益 30,500 百万円(売上高営業利益率 7.1%)、経常利益 31,500 百万円をそれぞれ達成することを目標としております。
(今村社長)

4. 東洋水産ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結4696人 単体2258人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均39.4歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均13.9年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均580万3000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

2006年入社
開発 総合研究所
チルド惣菜の開発を担当しています。本部からの「こういう商品を作ってください」という依頼に対し、諸条件をクリアできるよう試作を重ね、時には自ら提案し商品化につなげています。
実際に作ったものが店頭に並んでいるのを見たときには、とても達成感を感じます。苦労して作った商品が家族や友人に「おいしい」と言ってもらえると、嬉しくてこの仕事をしていて本当に良かったと思います。

2006年入社
営業(冷蔵倉庫) 大阪冷蔵部
現在、当社の冷蔵事業は約52万トンの冷蔵設備を保有し、様々な企業から食品の物流業務を受託しています。
取引先に提案する物流サービスは現場・事務の各担当者と協力して仕組みを作り上げていきます。一つ一つの案件に多くの人が携わっているので、実際に業務を受託出来た際は喜びもその分大きいです。

 

5. 東洋水産の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

-どんな人材を求めていますか?

真面目に誠意をもって何事にも果敢にチャレンジできる方を求めています。

-選考で重視することはなんですか?

人物重視です。面接での評価を重視させていただきますので、面接はすべて個人面接になります。

5-2 育成に関する方針・施策

企業が業績を上げ、維持、発展していくためには、従業員一人ひとりの成長が欠かせません。東洋水産にとっても社員教育は重要な経営課題と捉え、従業員の成長を支援する制度を整えています。
社員の成長を図る上で重要なのは、一人ひとりが自発的に成長していきたいという気持ちを生み出すことだと考えています。職場での職務遂行を通じて業務に必要な知識や経験、企業文化、組織マインドを育む「OJT」や、組織上の役割・期待に応じて求められる能力や意識の向上を図る「集合型研修・勉強会」を通じ、学びの意識を高めます。そして成長意欲の高い社員の能力開発を支援するための自己啓発制度の充実にも力を入れ、将来の東洋水産を担う人材の育成に取り組んでいます。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

*初任給
高校卒181,000円
短大・高専卒187,000円
大学卒213,000円
大学院了219,000円
( 初任給には地域手当6,000円を含む )

*昇給 年1回
*賞与 年2回( 6月 ・ 12月)
*利益分配制度 賞与とは別に業績比例による利益分配制度あり

6. 東洋水産出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

佐々木けんじ
株式会社 エス・アイ・エー 設立 代表取締役

1973年 4月 東洋水産株式会社 入社(営業、企画部門 勤務)[東京都 港区]
1977年 6月 マルチャンインク(東洋水産米国子会社 カリフォルニア州)勤務以来退社迄、6ヶ月間を除き、アメリカにて経理、総務部門に勤務
1982年 8月 東洋水産株式会社 退社
1985年 4月 Johnson and Johnson 入社 [米国採用で医薬品部門の営業、開発部門に勤務]
1986年 3月 Johnson and Johnson 退社
1986年 4月 日興証券株式会社 入社 退社迄国際金融部で課長としてユーロ債の引き受け、国際機関、各国政府、米国企業のファイナンス業務を行う。
1989年 8月 日興証券株式会社 退社
1989年 8月 佐藤食品工業株式会社 入社 顧問 経営企画室長
1989年12月 同社 取締役就任以来退社迄、経営企画室長、経理部長、製造部長、総務担当を歴任
1994年12月 同社 退社
1994年10月 佐々木インターナショナルアカデミー 設立 代表に就任
1996年10月 株式会社 エス・アイ・エー 設立 代表取締役に就任

7. 東洋水産の福利厚生は?

社会保険・労働保険
健康保険(東洋水産健康保険組合)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

各種制度
企業年金制度、従業員持株会制度、財形貯蓄制度、育児休業制度、介護休業制度、慶弔金制度、慶弔などの特別休暇制度、積立有給休暇制度

厚生施設
独身寮、社宅、社員食堂、契約施設

8. 東洋水産の中途採用は?

経験者 募集要項 | 採用情報(リクルート) | 東洋水産株式会社

http://www.maruchan.co.jp/recruit/jobs/midway.html

東洋水産の採用情報サイトの募集要項ページです。マルちゃんでお馴染みの東洋水産は「やる気」と「誠意」をモットーとしている当社では、真面目に誠意をもって何事にも果敢にチャレンジできる人材を募集しております。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300