株式会社サンドラッグに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンドラッグに転職するなら知っておきたい情報まとめ

「安心・信頼・便利」をモットーに、お客様に信頼される店作りを目指しているドラッグストアチェーンストア。ドラッグストアでは、多様化するニーズに対応しながら魅力あるお店作りを推進する一方で、専門教育を受けた薬剤師などによるカウセリングを積極的に実施し、付加価値を高めた医薬品の提供している。


1. サンドラッグってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東京都府中市に本社を置くドラッグストアチェーンストアである。

1-2 創業者と沿革

「一隅を照らす」。
これは、創業者故多田幸正名誉会長が、常々語っていた言葉です。社員ひとりひとりが自らを磨き高めていくことで企業自体も光輝くようになり、サンドラッグがドラッグストアとしての社会的役割を果たすことによって、社会の「一隅を照らす」ことができたら……そのような創業理念に基づいています。当社は昭和 32年(1957年)12月、世田谷区千歳船橋の商店街の一角に僅か5坪(約17m2)の個人薬局として産声をあげました。


1957年12月 故名誉会長 多田幸正が東京都世田谷区に創業
1965年 4月 (有)サンドラッグ設立 チェーン展開開始
1980年 7月 (有)サンドラッグを株式会社に改組し、(株)サンドラッグを設立

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都府中市若松町1-38-1

1-4 ビジョン・ミッション

私たちはドラッグストア・調剤薬局・化粧品店として、国民の『健康で豊かな暮らし』の実現を目指し、"毎日が明るく楽しい生活"の創造に貢献します。

・経営の理念・一隅を照らす。
私たちは、理想を高く持ち、まずは自分達で今できる事からすぐ始め、ひとりひとりが生き生きと輝く事で、たとえ世の中の一隅でも照らす事ができればと考えています。仲間が増え小さな灯りが集まって、より大きな灯りになれるようにと願っています。

・経営の姿勢・三方良し。
私たちは、顧客、社員、株主、ビジネスパートナー、コミュニティ、社会・地球環境のすべてにとって最善の判断をし、こころ配りを忘れずに行動します。経営の使命・安心、信頼、便利の提供。

私たちは、顧客を中心に考えることを第一義とし、安心・信頼・便利を提供すること、すなわち
常に顧客の満足に視点を置き行動します。

・経営の手段・一歩先を考え、半歩先に行動する。
私たちは、環境の変化に適応すべく、現状に満足せず、準備を怠らず、最適の時期に実行します。

2. サンドラッグって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高   
2014年3月期 4478億1900万円
2015年3月期 4458億1800万円
2016年3月期 5037億7300万円

▲経常利益
2014年3月期 287億8100万円
2015年3月期 265億500万円
2016年3月期 338億1700万円

▲親会社に株主に帰属する当期純利益    
2014年3月期 157億5400万円
2015年3月期 163億6200万円
2016年3月期 215億6900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

セグメント別売上高(2016年3月期)
ドラッグストア事業 3399億6500万円
ディスカウント事業 1638億700万円

2-3 主力事業

ドラッグストア事業


サンドラッグでは「安心・信頼・便利」をモットーに幅広い品揃えと、専門スタッフによるお客様の健康相談への対応や、病気や薬に関するきめ細かな説明を行い、付加価値を高めた商品(医薬品)を提供しています。

業界唯一の取り組みとして、"1店舗2ライン制。2つの役割"で、店舗で働くスタッフをカウンセリング販売スタッフと運営スタッフのふたつに分け、専門業務を分担することで、お客様により大きな「安心」「信頼」「便利」を提供しています。

効率的な店舗運営・商品供給システム・高度な人材教育システムを基盤に、全国展開を進めています。

ディスカウントストア事業

ディスカウントストア ダイレックス
取扱商品は食品、日用品から、灯油、酒類まで、約16,000品目を取り揃えています。
ダイレックスでは、食品を始め、化粧品、家電製品、衣料品、カー用品、スポーツ・レジャー用品、酒類、医薬品など、生活必需品を幅広く取り扱っています。これらに加え、多様化するお客様ニーズにお応えするため、生鮮食品、灯油などの販売 を行っている店舗もあります。

良いものをどこよりも安く ~EVERYDAY LOW PRICE~
ダイレックスの商品戦略の基本は、お客様に安心してご購入いただける高品質な商品を、いつでもより安くご提供することであります。

3. サンドラッグの経営者ってどんな人?

3-1 社長の プロフィール

代表取締役会長
才津達郎

昭和23年3月31日生
昭和48年4月 当社入社
昭和51年7月 当社取締役営業部長
昭和60年4月 当社常務取締役
昭和62年11月 当社専務取締役
平成5年6月 当社代表取締役専務
平成6年10月 当社代表取締役社長
平成25年8月 当社代表取締役会長(現任)

代表取締役社長
赤尾 主哉

昭和40年12月28日生
昭和59年3月 当社入社
平成7年4月 当社商品部課長
平成12年4月 当社商品部次長
平成13年6月 当社管理部長
平成14年6月 当社取締役管理部長
平成17年10月 当社取締役管理本部長
平成25年8月 当社代表取締役社長(現任)

3-2 発言、 ブログ、 エピソード

「すべてはお客様のためにある」。サンドラッグの経営を貫くのが、その顧客重視の哲学です。「いつも健康で生き生きと暮らすこと。いつまでも若々しく美しく生きること」――時代の変化とともにライフスタイルがいくら多様化しようとも、人々のこの変わらぬ願いを実現するために、サンドラッグは創業以来「安心・信頼・便利」をモットーとした店舗作りを進めてきました。

親切で適切な商品説明や取扱い製品の品質に対する「信頼性」。お店の雰囲気やリーズナブルで高品質の商品が生みだす「安心感」。アクセスのよい立地で、好きなときに好きな商品が買えるという「便利性」。この3つの言葉を柱として、サンドラッグは独自の経営システムを確立し、確実に成長を遂げてきました。
これからもお客様の視点を失うことなく、積極的に声に耳を傾け、常に新しいニーズをキャッチし、優れたサービスを提供できるよう努力を重ねていきます。(才津会長)

最近のドラッグストアは、化粧品の構成比が高くなり、とくに商業集積が高いエリアでは若い女性が多く、男性や高齢者にとって入りづらい店になっている。このため男性や高齢者も入りやすい「昔ながらの薬局」を作ることにした。いま立川と浦和(埼玉県さいたま市)で実験している。浦和は、イトーヨーカ堂の前にあったサンドラッグが同店内にインショップとして移転したため、その跡に出店した。

 男性や高齢者を取り込むことで当社のシェアを高めることがねらいだ。商業集積が高いところには、サンドラッグに加え、こうした業態で客層を広げていきたい。(赤尾社長)

4. サンドラッグではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結4563人
単体2810人
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均32歳6カ月(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均7年3ヶ月(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均514万8153円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

谷口明子
調剤併設店薬局長

OTC 医薬品のカウンセリング販売を約2 年間経験した後、サンドラッグファーマシーズでの調剤研修を経て、調剤併設店の薬局スタッフとして従事してきました。
OTC で培ったコミュニケーション能力と幅広い健康知識が、調剤を学ぶうえで非常に大切だったと実感しています。まだ薬局長としての経験は少ないですが、薬局内での人の動きに気を配り、それぞれが高い意識を持って薬剤師としての役割を担えるように部下の指導もしていきたいと考えています。

菅原沙緒里
販売部トレーニングマネージャー

トレーニングマネジャーは現在約80人。ひとりで5~8店舗を担当し各店舗の薬剤師教育を行っています。そのやりがいは、後輩たちの成長を見ること。薬剤師は優等生が多く勉強は得意ですが、コミュニケーションを苦手とする傾向があります。
そんな若手薬剤師に、接客の大切さや面白さを伝えることが私たちの使命。昔は接客が苦手でよく弱音を吐いていた新人が、立派に薬局長や販売店長となって後輩を育てている姿を見ると本当に嬉しくなります。

 

5. サンドラッグの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

業界トップクラスの充実した研修制度で皆さんをしっかりとフォローいたします。専任の担当講師による集合訓練(勉強会)をはじめ、一人 一人の経験・実力に応じた教育を用意しています。安心してご応募ください。ドラッグストアのOTC販売では、若い方から年配の方まで 未経験の大勢の薬剤師の方々が、集合教育と現場教育を経験したうえで自信を持って活躍されています。貴方もサンドラッググループで新たな一歩を踏み出してみませんか?

5-2 育成に関する方針・施策

「人材育成こそが企業競争力の鍵」と考えるサンドラッグでは、業界随一の教育制度といわれる「入社15年教育カリキュラム」で、
個人の習熟度に応じたきめ細かい教育カリキュラムが設計されています。医薬品販売のための基礎知識から、あらゆる処方せんに対応できる調剤の専門教育まで、頭と身体を連動させた手厚い教育制度が社員を支え、プロフェッショナルへと導いていきます。

また店舗スタッフにとどまらず店舗責任者を経験した後は、店舗マネジメント部門、商品仕入れ部門、店舗開発部門など本部スタッフに進んだ後にもそれぞれの分野での教育が用意されています。店舗での経験を活かし会社全体を動かしお客様の豊かな生活に貢献していただきたいと思います。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

薬剤師
サンドラッグ正社員
328,600円~(薬剤師手当120,000円含む)
サンドラッグファーマシーズ正社員
308,600円~(薬剤師手当100,000円含む)

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)

店舗運営
月給17万9700円~50万円

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)

6. サンドラッグ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

楠 匡志
株式会社サザンツリー 代表取締役

株式会社サンドラッグ入社(1987年3月~2002年2月)
コンサルタント会社 サムライズ設立 代表取締役社長(2002年7月~2004年1月)
株式会社富士薬品在籍 薬局本部 副本部長として入社(2004年2月~2013年3月)
薬局本部 本部長 兼 株式会社コスモ21 兼 株式会社パワーズ代表取締役(2005年4 月  本部長昇格) 取締役 薬局本部 本部長(2005年6月取締役就任)
取締役ドラッグストア事業部 副事業部長兼商品本部長
(2007年7月薬局本部と全国子会社を統一し、ドラッグストア事業部設立、子会社3社の代表取締役と、本体とグループ会社経営責任者兼任しながら商品本部長就任)
取締役ドラッグストア事業部 事業部長兼各子会社の代表取締役
(2009年事業部長昇格兼各グループ会社代表取締役に就任)
2013年3月退任
株式会社サザンツリー設立 (2014年4月1日~)

7. サンドラッグの福利厚生は?

退職金制度、社員持株会、財形貯蓄、社員購買割引制度、住宅資金貸付制度、薬剤師国家試験準備休業制度、育児休業延長制度、育児短時間勤務延長制度、復職フォロー制度、ボランティア休暇制度、男子独身寮、借り上げ個室寮、独身マンション、保養所(蓼科山荘、南箱根山荘、山中湖リゾートマンション)、全国契約保養所、優秀販売員・優秀接客者表彰、弔辞見舞金、定期健康診断、社員懇親会、他

8. サンドラッグの中途採用は?

キャリア採用情報 | 株式会社サンドラッグ 社会を照らす、光になれ。

http://www.sundrug.co.jp/recruit/career/medicine/index.html

株式会社サンドラッグの採用情報(新卒/薬系)「キャリア採用情報」ページです。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300