株式会社大塚商会に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大塚商会に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1961年設立。コンピュータ・ネットワーク関連のシステムインテグレーション事業、コンピュータ機器関連のサービス&サポート事業「たよれーる」、事務機器用品などのカタログ通販サービス&サポート事業「たのめーる」の3つが中核事業。障害者雇用に積極的な企業としても知られている。


1. 大塚商会ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

日本のソリューションプロバイダーで、コンピュータ・複合機・通信機器を主に取り扱う商社である。

1-2 創業者と沿革

創業者の大塚実。1922年栃木県生まれ。中央大学法学部卒業。理研光学(現リコー)などを経て、61年大塚商会を設立し社長。2001年に会長になり04年から大塚商会相談役・名誉会長。

1961年7月17日 大塚実により東京・秋葉原で創業(複写機事業)。12月に株式会社として発足

沿革 | 大塚商会

https://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/about/history/

創業した1961年から現在にいたるまでの大塚商会の歩みをご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都千代田区飯田橋二丁目18番4号

事業拠点・所在地 | 大塚商会

https://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/about/office/

全国にある大塚商会の事業拠点をご紹介します。

連結子会社 | 大塚商会

https://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/about/subsidiary/

大塚商会の連結子会社を、システム・インテグレーション(SI)事業、サービス&サポート事業ごとにご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

ミッションステートメント

■使命
大塚商会は多くの企業に、情報・通信技術の革新によってもたらされる新しい事業機会や経営改善の手段を具体的な形で提供し、企業活動全般にわたってサポートします。そして、各企業の成長を支援し、わが国のさらなる発展と心豊かな社会の創造に貢献しつづけます。

■目標
・社会から信頼され、支持される企業グループとなる。
・従業員の成長や自己実現を支援する企業グループとなる。
・自然や社会とやさしく共存共栄する先進的な企業グループとなる。
・常に時代にマッチしたビジネスモデルを創出しつづける企業グループとなる。

■行動指針
・常にお客様の目線で考え、お互いに協力して行動する。
・先達のチャレンジ精神を継承し、自ら考え、進んで行動する。
・法を遵守し、社会のルールに則して行動する。

2. 大塚商会って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2013年12月期 5645億9500万円
2014年12月期 6057億6600万円
2015年12月期 6090億4500万円

▲営業利益
2013年12月期 339億100万円
2014年12月期 370億9700万円
2015年12月期 373億1100万円

▲当期純利益
2013年12月期 202億7100万円
2014年12月期 234億5500万円
2015年12月期 237億500万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2015年12月期)
SI(システムインテグレーション)事業 3531億7000万円
S&S(サービス&サポート)事業 2554億9000万円
その他 3億8500万円

2-3 主力事業

システムインテグレーション事業

大塚商会は、ITにまつわるご要望や課題をしっかり伺い、ご希望に沿いながら、お客様にとってよりよい形で解決するためのシステム提案から設計・開発、環境構築まで、総合的なソリューションをご提供します。
この分野における当社最大の強みは、特定のメーカー・ベンダーに縛られず、さまざまな製品や技術からお客様に最適な組み合わせを選定し、ご提供できることです。お客様の企業規模や業種、業態、ITの活用度に応じた、最適なソリューションをご提供することが可能です。

サービス&サポート事業 「たよれーる」ITサポート・業務支援

「たよれーる」とは、企業における総務、人事、経理、情報システムなどに関わる効率化を人的サービスやWebサービスやプログラムのご提供で実現する、サービス&サポートプログラムの総称です。
情報システム導入後の保守や疑問の解決、トラブルの解消などを提供するのが「ITサポート事業」です。お客様が何かお困りのときや疑問・要望・問い合わせなどの際に、Web、電話、訪問のマルチチャネルですばやい解決にあたります。

その他事業

大塚オートサービス
整備(修理)をメインとし、板金・塗装、新車・中古車販売、損害保険の販売などを行っています。

3. 大塚商会の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 大塚裕司

1976年 立教大学経済学部を卒業
1976年 横浜銀行 入社
1980年 横浜銀行 退社、リコー 入社
1981年 リコー 退社、大塚商会 入社
1992年 大塚商会 取締役就任 経営企画室室長、バーズ情報科学研究所 役員就任
1993年 大塚商会 常務取締役就任、OSK 代表取締役社長就任
1994年 大塚商会 専務取締役就任
1995年 大塚商会 代表取締役副社長就任
2001年 大塚商会 取締役社長就任

3-2 発言、ブログ、エピソード

常にお客様に密着してその信頼に応えていくことは、お客様とともに成長するための最大の原動力です。先達のチャレンジ精神を継承して、創業以来の「お客様第一主義」により、皆様に愛される、新しい大塚商会グループを創造していくことは、私どもの大きな目標です。

当社の場合は、すべてのITソリューションを手がけています。複写機とFAXとIPネットワークとを連携したソリューションが提案できる。提案できるコストダウンの効果がまったく違います。これまではできなかった活用方法の提案も可能になる。例えば、電話、ネットワークインフラ、CTI(コンピュータと電話の融合)、そして当社が開発したERPパッケージ(統合業務パッケージ)の「SMILEシリーズ」を組み合わせれば、CTIと連動した財務管理、製品管理などが可能になるといった具合にです。

4. 大塚商会ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結8387人
単体6837人(平成27年12月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均40.2歳(平成27年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均16.2年(平成27年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均808万3949円(平成27年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

川口 広視
2012年入社
エリア営業として新規のお客様を中心に営業活動を行っています。

今後は、自分自身の成長だけではなく、チーム全体の士気を私たち若手が率先して作ることが大切だと思っています。頑張って成果を出している社員には、年齢に関係なく責任ある仕事を任せてくれるのが大塚商会。3年目の今年は、支店を引っ張っていけるような存在になるためにも、後輩の育成にも力を入れながら、自分は年間賞を獲得することを目指して今年も頑張ります!

樋口 文恵
2006年入社
SE(テクニカルエンジニア)。

入社から4年間はインストラクタ業務を中心に、お客様に対し商品の効果的な使用方法をお教えする仕事をしていましたが、2010年に今の部署に異動になりました。商品を導入するための計画を立て、その計画に忠実に仕事を進めていくなど、以前とは違った経験をすることも多く、毎日が充実しています。

前田 菜摘
2009年入社
営業担当者が契約してきた書類のチェックや、TOPS処理(契約データ送信)、請求書の作成、会社の内外からの電話応対などが主な仕事です。

さまざまな締め切りがあって毎月末は忙しくなりますが、乗り切ったときには達成感を味わっています。お客様や営業担当者から「ありがとう」と言われたときは嬉しいです。多忙なときでも気にかけてくれる先輩方にはとても感謝していますので、私も後輩に気持ちも知識も余裕を持って接することができるように、今後も成長していきたいです! 

 

5. 大塚商会の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

これから入社される方々には、何事も貪欲に吸収しつづけ、自らの市場価値を高めていっていただきたい。大塚商会には社員の成長意欲をサポートする仕事、環境、制度が十分に整っていると自負しています。やがて、知識や技術、経験が身につくことによって、それを運用しながら仕事がこなせるようになります。つまりベテランの境地ですね。しかし、大塚商会の社員には、そこで止まらないでほしいのです。常に現状に満足せず、飽くなき吸収意欲を持ちつづける、そんな方々に社員になってほしいと考えています。

5-2 育成に関する方針・施策

大塚商会には、自社の社会的役割、責任、存在意義を明確にし、その社会的使命達成のために目指すべき目標や行動指針を定めたミッションステートメントが制定されています。私たちは、このミッションステートメントを具現化できる人材を育成するため、内定者段階から役員・管理職に至るまで幅広い教育・研修制度を用意しています。

入社後の研修をはじめ、職種に必要なスキルを習得する「職種別研修」、社員の成長に合わせた「階層別研修」、より専門的な知識を身につけるための「部門別研修」など、社員の立場と状況にあわせきめ細かくバックアップします。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

当社では、頑張っている社員を正当に評価しようという考え方に基づいた評価制度を設けています。昇給・昇格についても年齢や性別に関係なく、努力している社員が報われる制度・体系になっています。

平均モデル年収
■営業
年齢      役職   月額固定給 年収試算
26歳(独身) 3年・一般社員 ¥252,700 ¥5,000,000
28歳(独身) 5年・主任 ¥282,100 ¥6,000,000
30歳(既婚) 7年・主任 ¥335,300 ¥7,300,000
33歳(既婚) 9年・係長 ¥362,800 ¥8,200,000
※上記データはあくまでも一例です。実際には、異なる場合もあります。
※インセンティブ(成果報酬)が含まれています。

昇給・賞与
昇給/年1回
賞与/年2回(7月・12月)

6. 大塚商会出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

田中 大地
株式会社パッションマテリアライズ 代表取締役 

2000年 東京大学 教養学部 基礎科学科 卒業
2000年 株式会社大塚商会 システムエンジニア職 入社
2006年 大塚商会を退社し、システムトレーダーとして独立
2007年 株式会社ライフブランディング創業
2009年 株式会社ライフブランディング 退社
2010年 経営コンサルティング業 スタート

鎌田 眞吾
株式会社栃木ブレックス 代表取締役社長

1977年9月5日、東京都中央区生まれ。
2000年白鴎大学経営学部経営学科卒。大学時はバスケットボール部に所属し4年時には主将を務める。
2000年株式会社大塚商会に入社、OA機器営業職。同社のバスケットチームであった大塚商会アルファーズ(当時JBL日本リーグ)に所属し、2004-2005シーズンから2006-2007シーズンまで主将を務める。
2007年4月に大塚商会を退社後、ドリームチームエンターテインメント栃木(現 栃木ブレックス)のスポンサー営業を担当として入社、2008年5月より取締役に就任。2012年6月代表取締役に就任。2014年、日本トップリーグ連携機構「トップリーグトロフィー」を受賞。

7. 大塚商会の福利厚生は?

リフレッシュ休暇、育児・介護中の社員向け両立支援制度(休職中のストック休暇利用による給与補助・子供が小学校3年生になるまで利用可能な短時間勤務制度など)、退職金制度・社員持株会制度・ストック休暇制度、社員再雇用制度・ホームヘルプ制度、自社健康保険組合および各種社会保険など

8. 大塚商会の中途採用は?

大塚商会中途採用情報

http://jinzai.otsuka-shokai.co.jp/career/index.html

トータルソリューションプロバイダーとしてIT業界で成長し続ける大塚商会の中途採用に関する情報のホームページです。

 
 

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

成長を続ける株式会社イグニス(本社:東京・恵比寿)。積極採用で社員数が増加する中、多様なメンバーが活躍するための「福利厚生制度」をリニューアルした。そのねらいについて、取締役CFOの山本彰彦氏に話を聞いた。(2016.7.20付けでキャリコネニュースに掲載された記事を基に、数字等を最新状況に加筆しています。)


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300