株式会社しまむらに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社しまむらに転職するなら知っておきたい情報まとめ

婦人・紳士向け実用衣料品の専門チェーンを全国に展開する企業。国内では業界第2位。ヤングカジュアルを扱う「アベイル」、ベビー・トドラー用品を扱う「バースデイ」、女性のファッション雑貨を扱う「シャンブル」の出店を加速し、グループ拡大を図っている。


1.しまむらってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

日本の主に郊外を中心に多数の店舗を持つ衣料品チェーンストアを展開する会社であり国内では業界第2位である。

1-2 創業者と沿革

島村恒俊

埼玉県比企郡小川町にあった島村呉服店を経営していたが、「商品回転率を基準に品揃えを考えるべきである」という理論に基づき、セルフサービスによる販売手法を展開。既製品、婦人ブラウスから寝具まで、総合的な品揃えの店となった。
その後、将来のチェーンストア時代を先読み、小川町に近い都市で、東京のベッドタウン地区でもあった埼玉県東松山市へのモデル的な出店を考え、1961年5月に東松山市材木町に「しまむら」チェーン1号店を出店する。その後、東松山店出店でのノウハウを生かし、鴻巣店(2号店)や小川町前店(3号店)をオープンして成功するなど、次第にその店舗数に強力に拡大していくことになった。

企業情報 沿革 しまむらグループ

https://www.shimamura.gr.jp/company/history/

しまむらグループの公式ウェブサイト。ファッションセンターしまむらをはじめ、各業態の店舗情報、今週のチラシ情報、株主様向け情報を掲載しております。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:埼玉県さいたま市北区宮原町2-19-4

店舗検索

https://www.shimamura.gr.jp/shop/

全国のしまむらグループのお店を検索できます。

しまむらグループ

https://www.shimamura.gr.jp/

しまむらグループの公式ウェブサイト。ファッションセンターしまむらをはじめ、各業態の店舗情報、今週のチラシ情報、株主様向け情報を掲載しております。

1-4 ビジョン・ミッション

ひとびとの生活が都市の中心から郊外に広まるにつれて、衣食住の全ての分野で郊外型店舗が続々と誕生しています。
そして、海外の例をとるまでもなく、消費者の利便性と激しい競争を乗り越えて、今まさに小売業の売り方の違いとしての新しい業態が続々と誕生し、発展してきています。
わたしたちは新しい業態の小売業として、独自のビジョンと技術を重視するチェーンストアとして、消費生活と生活文化の向上に貢献したいと考えています。

2.しまむらって何をする会社?

しまむらの2017年2月期の連結営業利益は、前の期比2割増の490億円前後だったようだ。従来予想(16%増の462億円)を上回り、4期ぶりに最高益を更新した。売れ行きに応じて人気商品を柔軟に値引きし、在庫処分による過度の値引きを避けたことで採算が改善した。

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
第61期(2014年2月期) 5018億9800万円
第62期(2015年2月期) 5118億9300万円
第63期(2016年2月期) 5460億5800万円

▲経常利益
第61期(2014年2月期) 440億1600万円
第62期(2015年2月期) 386億100万円
第63期(2016年2月期) 407億900万円

▲当期純利益
第61期(2014年2月期) 265億8300万円
第62期(2015年2月期) 232億8800万円
第63期(2016年2月期) 247億4700万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲商品部門及び事業別売上高(2016年2月期)
しまむら 4411億5200
 婦人衣料 1415億2100万円
 肌着 1088億6500万円
 寝装品 464億1400万円
 紳士衣料 361億100万円
 洋品小物 316億8800万円
 ベビー・子供服 297億2700万円
 インテリア 242億7200万円
 靴 225億6100万円
アベイル 495億円
バースデイ 385億5200万円
シャンブル 100億3100万円
ディバロ 9億8000万円

思夢樂 51億1300万円
飾夢楽 7億2800万円

2-3 主力事業

◆ファッションセンターしまむら

中核事業であるファッションセンターしまむらは、20 代~ 50 代の主婦を中心に大多数の家庭(=ファミリー)をターゲットとし、ファミリーが日常生活のために使用する衣料品を提供することを基本政策としています。
しまむらはこの日常の衣料品をデイリーファッションととらえ、ファッションレベルを向上させることが国民生活の中で一番大切なことと考えています。

◆CASUAL & SHOES アベイル

15 歳~ 35 歳をターゲットに、カジュアルとエレガンスの衣料品にシューズを加えた3分野を主力商品とし、最新のトレンドファッションとトータルコーディネートを提案することがアベイルの基本的な商品政策です。商品の幅を絞らず、広く取ることでお客様の多様性に応えます。
最新のトレンドファッションを低価格でしかもトータルコーディネートで提案するためには、商品管理力、情報収集力、変化対応力など高い技術力が必要です。ファッションセンターしまむらで蓄積したローコストオペレーションの技術を活用して、高感度・低価格を実現しています。
国内500 店舗の出店は可能と考え、日本全国のファッショントレンドに敏感なヤング層が気軽にショッピングに行けるよう店舗網の充実に努めています。

◆ベビー・子供用品 バースデイ

ベビー・子供用品の専門店として、実用衣料からトレンド商品、雑貨まで、出産から子育てまでのあらゆるシーンに対応できる幅広い商品を低価格で提供することで、子育て世代が安心感と満足感をもって利用できる店づくりがバースデイの基本政策です。
2000年11月に誕生して以来、実験と改善を積み重ね、チェーンストアとしての基盤を作り上げました。今後は出店のピッチを上げていき、ベビー・子供用品の専門店としてNo.1を目指していきます。

3.しまむらの経営者ってどんな人?

3-1 社長の プロフィール

野中正人 代表取締役社長
1960年、群馬県生まれ。84年中央大学法学部卒後、しまむら入社。商品四部長、経理部長などを経て2003年に取締役就任。05年に社長に就任。

3-2 発言、 ブログ、 エピソード

まず社員にとって最高の会社にする -野中正人

社員にとっていい会社であるために、しまむらは自由と公平を大切にしている。パート社員を含めて約14000人の社員からは、毎月4000件を超える改善提案がある。雇用形態にかかわらず、あらゆる社員が、自由な発想で提案できる風土がある。

4.しまむらではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結2547人 単体2430人(平成28年2月20日現在)

4-2 平均年齢

単体平均39.8歳(平成28年2月20日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均13.1年(平成28年2月20日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均586万5000円(平成28年2月20日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

石橋 凌太朗 2014年入社
栢山FM店 店長
しまむらは、とにかく自分自身が成長できる会社です!
それは、若い頃から様々な店舗や部署を経験できるという点にあります。
私は、「一度きりの人生、若い内から様々な経験を積みたい!」と考え、しまむらに入社しました。私自身、入社2年目で3店舗目を経験でき、また、本社で活躍されている先輩方の話を聞くと、しまむらに入社してよかったなと改めて感じます。今後も自身の成長を、会社の成長に繋げていきたいです。

大原 梨紗 2009年入社
貿易部 主任
入社のきっかけの一つでもありますが、しまむらには様々な部署があり、同じ会社で全く違う仕事を経験できます。
どの部署も慣れるまでは大変ですが、それぞれにやりがいがあり、成長を実感できます。
また、女性が多く活躍している会社です。
店舗だけではなく本社の各部署でも女性が多く活躍しており、男女関係なく公平に仕事ができる環境です。

 

5.しまむらの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

誠実で正義感があり、謙虚な人。

何事にも興味を持ち、チャレンジ精神がある人。

採用情報 しまむらグループ

https://www.shimamura.gr.jp/recruit/

しまむらグループの公式ウェブサイト。ファッションセンターしまむらをはじめ、各業態の店舗情報、今週のチラシ情報、株主様向け情報を掲載しております。

しまむらグループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウェブサイトなどを参照してください

5-2 育成に関する方針・施策

会社は社員の集まり以外の、なにものでもありません。 社員が会社を動かし発展させます。
つまり会社を動かすうえで最も重要なことは、「人を育てる」ことです。
しまむらの人材育成は「新入社員」「階層・職種別」「社内セミナー」と3つの大きなカリキュラムに分け、教育効果を最大限に上げます。

【新入社員】 内定者→1年目→2年目→3年目
■内定者教育(1回)
■入社後研修合宿(1泊2日)
■入社1年目集合教育(14回)
■入社2年目集合教育( 7回)
■入社3年目集合教育( 2回)

【階層・職種別】
■主任(店長、コントローラー、バイヤー、各間接部署)
■主幹(ブロックマネージャー、チーフコントローラー、
 チーフバイヤー、各間接部署)
■部長

【社内セミナー】
■通信教育制度
■アメリカセミナー
■海外トレンド調査

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

初任給 2016年度入社社員実績
大学・大学院卒/月給23万5,000円

手当 通勤交通費・配偶者手当・管理職手当・時間外手当

賞与 年2回(7月・12月)
※業績により決算賞与の別途支給あり。

昇給 年1回(4月)

6.しまむら出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7.しまむらの福利厚生は?

ホームベース制度
財形貯蓄制度
社員持株会制度
退職年金制度
社員買物優待制度
祝金
社員旅行・ニューイヤーパーティー
健康保険組合の施設利用とレジャー施設の優待補助を受けることができます。
(例:東京ディズニーランドの特別利用券など)

8.しまむらの中途採用は?

採用情報 しまむらグループ

https://www.shimamura.gr.jp/recruit/

しまむらグループの公式ウェブサイト。ファッションセンターしまむらをはじめ、各業態の店舗情報、今週のチラシ情報、株主様向け情報を掲載しております。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


埼玉県 東証一部 アパレル

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年7月に誕生した持株会社である。主なグループ企業には、ソフトバンク株式会社やヤフー株式会社、プロ野球チームを運営する福岡ソフトバンクホークス株式会社などがある。海外の企業の買収も積極的に行っていて、アメリカのスプリント・ネクステルやイギリスのARMホールディングスもグループ会社である。


日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。国際電機通信連合のセクターメンバーである。TOPIXCore30の構成銘柄の一つ。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


株式会社大泉製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大泉製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年創立。1952年よりサーミスタの開発を始め、サーミスタおよびサーミスタ関連の製品開発・生産を主な事業とする企業。サーミスタとは温度センサなどに用いられる半導体セラミックスで、自動車部品メーカーや空調・家電メーカーなど幅広い分野で活用されている。サーミスタのリーティングカンパニーとして固たる地位を築いている。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300