昭和シェル石油株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和シェル石油株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和シェル石油は、石油元売の一つであった昭和石油と、石油製品の輸入・販売業務を行っていたシェル石油が1985年に合併して発足。「エネルギーソリューション・プロバイダー」として、石油事業と太陽電池事業を柱に、電力事業や次世代に向けた新規事業開発に取り組み、世の中のニーズに応じたエネルギーの安定供給に挑み続けている。


1. 昭和シェル石油ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

昭和シェル石油グループは、110年以上に渡ってエネルギーを安定的に供給してきました。現在、石油をはじめ、LNG、太陽電池、クリーンな発電による電力等からなるエネルギーミックスをお届けしています。

1-2 創業者と沿革

サミュエル商会創業者
マーカス・サミュエル

先代マ-カス・サミュエルがロンドンに東洋の貝殻を扱う店舗を開店。
これがシェルのトレ-ドマ-クの起源。

シェルの歴史は、ユダヤ人マーカス・サミュエル( 後の初代バーステッド子爵)が来日した際に横浜近郊の三浦海岸で見つけた貝があまりにも美しく、拾い集めた貝殻を持って帰国。貝殻細工の製造販売で財をなしてロンドンに開店した小さな骨董品店に始まる。カスピ海から輸入した貝殻が利益を上げ、次第に事業を拡大、世界最初の「タンカー王」となった。また、弟と横浜に開いたサミュエル商会は数回にわたり日本の外債を引き受けた。

1876 横浜にサミュエル商会を設立し、貿易業を開始。
1900 サミュエル商会の石油部門が独立し、ライジングサン石油(株)を設立。
1942 早山石油(株)、旭石油(株)、新津石油(株)3社の合併により、昭和石油(株)を設立。
1948 ライジングサン石油(株)が、シェル石油(株)に改称。
1951 シェルグループと昭和石油(株)、資本提携で調印。
1952 シェルグループ(アングロ・サクソン・ペトロリウム)が、昭和石油(株)の株式26%を取得。
1985 シェル石油(株)と昭和石油(株)が合併し、昭和シェル石油(株)として発足。

沿革 - 昭和シェル石油

http://www.showa-shell.co.jp/profile/history.html

昭和シェル石油株式会社の沿革です。

シェルの歴史 - 昭和シェル石油

http://www.showa-shell.co.jp/profile/shell/history.html

日本におけるシェルグループの100年のあゆみを、社会諸事象とともに10年刻みでご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地

東京都港区台場2-3-2
台場フロンティアビル

事業所 - 昭和シェル石油

http://www.showa-shell.co.jp/profile/locations.html

昭和シェル石油株式会社の事業所をご紹介します。

関係会社 - 昭和シェル石油

http://www.showa-shell.co.jp/profile/affiliates.html

昭和シェル石油の関係会社をご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

昭和シェル石油グループ経営理念
「私たちのエネルギーで未来を元気にします」

5つの企業活動規範
■社会的使命
社会が求めるエネルギーの安定供給を通じて、豊かな社会の発展に貢献します
■顧客志向
お客様から常に信頼され喜ばれることを目指し、お客様の立場で発想し行動します
■先進性
先進的なソリューションを開発し、品質やサービスの価値向上に挑戦します
■活力
グループに集う人びとのエネルギーを結集し、活力と働きがいのあふれる企業風土を実現します
■持続的成長
すべてのステークホルダーに対し誠実な経営を行い、社会と企業の持続的発展を目指します

今後、エネルギーに対する社会からのニーズは、ますます多様化、そして複雑化していきます。言い換えれば、エネルギー企業各社には今、未来の国内・海外のエネルギーポートフォリオをどのように見立て、戦略的に仕掛けていくのか、大きな難題が突きつけられているとも言えます。
そのような環境の中で、我々は変化するニーズを素早くキャッチし、お客様の求めるエネルギーを提案し続ける「総合エネルギー企業」となるビジョンを掲げ、会社一丸となって取り組んでいます。現在準備を進めている出光興産株式会社との経営統合は、その重要な第一歩です。
そして、このビジョンの実現のため、我々は、石油事業を中心とした既存事業の収益性、効率性で他社を凌駕し、「屈指の競争力を有する業界のリーディングカンパニーを構築し、日本のエネルギーセキュリティを支える」ことを第1の目標としています。
これは未来の新エネルギーへの投資にも繋がりますし、業界内で最も事業の効率性が高く、先進的な取り組みを行ってきた昭和シェル石油でしか成し遂げられないミッションであると考えています。「次の100年」の新たなエネルギー文化を創っていくという使命の中で、これからもチャレンジに邁進していきたいと思います。

2. 昭和シェル石油って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2014年度 2兆9979億円
2015年度 2兆1776億円

▲経常利益
2014年度 △167億円
2015年度 △132億円

▲当期純利益
2014年度 △97億円
2015年度 △274億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

石油事業売上高

エネルギーソリューション事業売上高

▲セグメント別売上高 2015年度
石油事業  2兆499億円
エネルギーソリューション事業 1194億円


出典:http://www.showa-shell.co.jp/ir/securities_report_104d.pdf

2-3 主力事業

石油事業

Shell V-Power。
それは、走るほどにエンジンを洗浄し、保護するように設計されたシェル製品の中で最も性能の高いハイオクガソリン。
クルマ本来の性能を引き出す。それこそが、この高性能ハイオクガソリンが開発された理由です。Shell V-Powerには、エンジンの性能を低下させてしまうエンジン内の汚れに対して効果的に作用し、走るほどにエンジンを洗浄し、保護する設計になっています。かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです。

エネルギーソリューション事業

当社は総合エネルギー企業として、グループが持つ事業間のシナジー効果を追求しています。電力事業においても、各事業とのシナジーを最大限発揮させ競争力が高く環境に配慮した電源を拡大することで、事業展開を進めています。

3. 昭和シェル石油の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

亀岡 剛(かめおか つよし)
(昭和 31 年 10 月18 日生)

昭和 54 年4月 シェル石油株式会社入社
平成 15 年4月 当社製品貿易部長
平成 17 年4月 当社理事近畿エリアマネジャー
平成 18 年3月 当社執行役員
平成 21 年3月 当社常務執行役員
平成 25 年3月 当社執行役員副社長石油事業 COO
平成 26 年3月 当社執行役員石油事業 COO(現職)

3-2 発言、ブログ、エピソード

ー約6年間トップの立場にあった香藤繁常会長(現顧問)からのバトンタッチです。

「本当に予期していなかったので驚いたが、会長も熟慮のうえで言ってくれているのだから、腹を決めてやるしかしゃあない、と覚悟を決めた。私は昭和シェルの社員およそ1000人のみならず、製油所や特約店、サービスステーション含め数千人の幸せを預かっている。この企業をどう成長させてみなの幸せにつなげられるか。責任の重さはあまりに大きく、日増しに強くなっている」

社員がガソリンスタンドで顧客と接する機会は少なく、店頭の若いスタッフが笑顔で頑張れるかが会社の生命線だ。大株主のロイヤル・ダッチ・シェルから作業服を世界共通の上下赤色にするよう求められたが、オイル交換や洗車で汚れが目立ってしまう。そこで、副社長に直談判して、日本だけデザインを変えてもらったら、スタッフから喜ばれた。全従業員一人一人が幸せに働けなければ良い会社とはいえず、顧客も満足しない。

「お客様・地域のために何が必要か」という目的に立脚する「顧客志向」です。
エネルギー資源の多くを海外に依存する日本にとって、日本のエネルギーセキュリティを支えることは、当社が果たすべき社会的使命であると考えています。当社は過去から、エネルギーを届けるだけでなく、お客様に安心・安全をお届けするというDNAを脈々と受け継ぎ、常に「お客様のために私たちがすべきこと」を社員一人ひとりが考え、実践しています。

4. 昭和シェル石油ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 4765人
単体 808人
(平成27年12月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均44.0歳(平成27年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均19.9年(平成27年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均925万8235円(平成27年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

平山 裕梨 2010年入社
石油事業本部 首都圏支店 アスファルト販売課
幅広い用途を持つアスファルト製品、その拡販を担う。
アスファルトは、道路はもちろん、高層ビルの軟弱地盤の基礎抗、床や壁の防音材、屋根防水など様々なシーンで使われています。道路用アスファルトでも、通行する自動車がきわめて多い高速道路には耐久性のある材料、橋梁にはたわみ性のある材料というように、用途に応じた性質の材料があります。そのようなアスファルト製品を拡販するのが、私の仕事です。

小泉 光人 2010年キャリア入社
石油事業本部 原油船舶部 原油課
現在は原油の売買における成果のレポーティング、原油の民間備蓄の取りまとめなどを主に担当しています。
石油会社の原油購入における使命は、まず安定的に調達すること、そして競争力のある原油を調達すること。競争力とは、産地や特性が異なる原油の中から、その時々で最も石油製品のマーケットに合致し、自社の精製装置に適した原油を的確に購入することです。産油国は原油を安定的に買ってほしいので長期の契約も重要視します。長期の契約も短期的な売買も人間によって行われるわけですから、そこには当事国同士のマーケット観や判断が持ち込まれることもあります。そこをいかに交渉していくかが、ビジネスの面白いところであり、同時に難しいところでもあると感じています。

藤田 大介 2007年入社
シェルトレーディング出向(シンガポール) Crude Supply Trading Team 出向
様々な国籍の仲間たちと共に、世界中のマーケットに目を向ける毎日。
現在所属するチームは5名。アメリカ人の上司を筆頭にフィリピン、オーストラリア、中国、そして私と、皆それぞれ国籍の違う中でお互い切磋琢磨しています。その中で特徴的なのは、どのメンバーもはっきりと自分の意見を述べること。年齢も国籍も関係なく、論理性が高い意見を採用していくスタンスは、自分にとっても合っていると感じています。

 

5. 昭和シェル石油の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■自律考動
「自分が何をすべきか」また「なぜするのか」という役割を理解し、当事者意識を持って行動する。
自分で考え課題設定を行い、主体的に物事を進める。
より高い成果を求め、意欲的にチャレンジする。

■外向き志向
顧客ニーズを把握する姿勢を常に持っている。
業界や国境の垣根を越え、自ら外に向かって視野を広げる努力をする。
既存の考えにとらわれず、創意工夫を重ねる。

■チーム意識
周囲に働きかけを行い、チームを活性化させる。
チームとして最大限の成果に向け、自由闊達に徹底した議論を行う。
共に成長する姿勢を持ち、互いを尊重し、協力して物事を進める。

5-2 育成に関する方針・施策

人材ビジョンを実現するため「行動特性・思考特性の開発」「プロフェッショナル人材の育成」「グローバル環境へのアダプタビリティの向上」の各開発領域において、研修や教育支援等のメニューをそろえております。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

昭和シェル石油では総合職採用を行っており、最初の配属先は配属面談時の希望と適性を考慮して決定します。その後はジョブローテーション制度に則り、1年ごとに自身のキャリアプランを会社に伝える機会があります。幅広い知識と経験が身につけられ、プロフェッショナルとして成長できる場が昭和シェル石油にはあります。

6. 昭和シェル石油出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

新 将命(あたらし まさみ)
株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長

1936年東京生まれ。早稲田大学卒。
シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップ
など、グローバル・エクセレント・カンパニー6 社で社長職を3 社、副社長職を
1 社経験。2003 年から2011 年3 月まで住友商事株式会社のアドバイザリー・
ボード・メンバーを務める。「経営のプロフェッショナル」として50 年以上にわ
たり、日本、ヨーロッパ、アメリカの企業の第一線に携わり、今も尚、様々な会
社のアドバイザーや経営者のメンターを務めながら長年の経験と実績をベースに、
講演や企業研修、執筆活動を通じて国内外で「リーダー人財育成」の使命に取り
組んでいる。

7. 昭和シェル石油の福利厚生は?

仕事と家庭の両立を支援しています!
昭和シェル石油では、育児介護休業法を上回る制度(育児・介護休職や短時間勤務制度など)や、在宅勤務制度などを設け、育児や介護を行う社員の仕事と家庭の両立をサポートしています。また、全社員に対しても、フレックスタイム制度や自己啓発休職制度、ボランティア休暇・休職制度を設けるなど、産業界でも先進的な取り組みをしています。

借上社宅(含む独身者向け)、保養所、診療所、各種運動施設、財形制度、年金制度、持株制度、各種社会保険、会員制福利厚生システム

8. 昭和シェル石油の中途採用は?

採用情報 - 昭和シェル石油

http://www.showa-shell.co.jp/profile/recruit/index.html

昭和シェル石油の採用情報です。2016年3月までに卒業の方、就業経験のある方、障がいをお持ちの方を対象にした採用情報と、インターンシップ制度の紹介になります。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東京都港区 東証一部 石油

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300