【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用プレス部品の総合メーカーとして、国内外の大手自動車メーカー向けに車体プレス製品やトランスミッション用製品、樹脂プレス製品などの製造を手がけている。部品の設計、開発、試作から量産までを一貫して担う高い技術力を強みに、日本・米州・欧州・アジアの各拠点からグローバルに製品を供給している。


口コミ【リフレッシュ休暇という連続で5日間休暇をとれる制度がある。い...】-ユニプレス株式会社

https://careerconnection.jp/review/NTY2ODM3-kutikomiNode.html

【リフレッシュ休暇という連続で5日間休暇をとれる制度がある。い...】-ユニプレス株式会社の働く環境について

1. ユニプレスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ユニプレス株式会社(Unipres Corporation )は、神奈川県横浜市港北区に本社を置く総合プレスメーカーである。

1-2 創業者と沿革

当社は、平成10年4月1日の山川工業㈱及び大和工業㈱の合併を経て現在に至っております。従って、当該合併以前につきましては、山川工業㈱及び大和工業㈱の両社の経緯を記載しております。

出典
ユニプレス株式会社 第77期有価証券報告書 沿革(4頁)より 

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
神奈川県横浜市港北区新横浜1-19-20
SUN HAMADA BLDG. 5階

拠点一覧 | 会社案内 - ユニプレス株式会社

https://www.unipres.co.jp/company/list_base/

ユニプレスは世界の拠点で高効率と高品質を達成します。

国内外の拠点とグループ会社の一覧

1-4 ビジョン・ミッション

経営理念

プレスを究めて、プレスを越える。

<目指すべき企業の姿>
・市場ニーズを先取りした「技術開発型企業」
・競争力No.1を維持する「コスト開発型企業」
・自動車産業構造変化に対応したあ「グローバル戦略企業」

2. ユニプレスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2013年度 2894億9100万円
2014年度 3087億3900万円
2015年度 3254億2300万円

▲営業利益
2013年度 154億3500万円
2014年度 177億9600万円
2015年度 220億3300万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2013年度 82億800万円
2014年度 72億700万円
2015年度 97億5000万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲製品別売上高構成比
(2015年度)
車体プレス部品 86.9%
トランスミッション部品 11.2%
樹脂部品 1.3%
その他 0.6%

▲製品群別売上高
(2015年度)
車体プレス製品 2828億円
トランスミッション製品 365億円
樹脂製品 42億円
その他 19億円

▲地域別売上高構成比
(2015年度)
日本 29%
米州 38%
欧州 10%
アジア 23%

▲地域別売上高
(平成27年度)
日本 930億5400万円
米州 1230億5600万円
欧州 339億6200万円
アジア 753億4900万円

2-3 主力商品

フロントサイドメンバー
ハイテン材とテーラードブランク工法を活用し、前面衝突時の安全性と軽量化を両立しています。

車体プレス技術
軽さと安全性の「知恵の輪」を解く。
車体を軽くするために鋼板を薄くすると、衝突時の強度が損なわれ、安全性に問題が出てしまう。
軽量化と安全性は両立が困難なテーマです。ユニプレスでは、ハイテン成形技術と製品設計技術の2つのアプローチで、この難問を解決します。

精密プレス技術
この精密さも、プレスでつくる。
動力を伝達する自動車用のトランスミッション部品には、精密さと強度が求められます。
トランスミッション部品事業は、車体プレスで培った技術力を発展させた独創的な技術で、それまでの鋳鍛造と切削による工法をプレスに置き換え、高強度と1/1000mm単位の加工精度を実現し、大幅なコスト低減を図っています。
さらに、省資源、CO2削減に繋がる高効率なモノづくりの追求により、地球環境の保全に貢献しています。
これからのクルマづくりに欠かせない、究極のプレス技術がここにあります。

樹脂プレス技術
革新的な技術で、
世界一軽い製品を。
インジェクション(射出成形)工法が用いられていた樹脂部品を、プレスでつくる。
樹脂事業は、車体プレスで蓄積した技術を応用した革新的な技術で、グローバルNo.1の軽さや、従来工法をはるかにしのぐ生産性を実現し、コスト競争力のあるプレス製品を提供しています。
今後は、車体骨格部品の樹脂化など新たな領域にチャレンジ。クルマの軽量化に大きく貢献していきます。

3. ユニプレスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役・社長執行役員
吉澤 正信

略歴
昭和51年4月 日産自動車㈱入社
平成12年4月 同社第一調達部長
平成15年4月 当社入社 常務執行役員海外業務部長
平成16年6月 当社取締役・常務執行役員
平成17年4月 当社取締役・専務執行役員
平成19年4月 当社取締役・副社長執行役員
平成21年6月 当社代表取締役・副社長執行役員
平成23年4月 当社代表取締役社長兼社長執行役員
平成25年4月 ㈱ユニプレス技術研究所代表取締役社長(現任)
平成27年6月 当社代表取締役・社長執行役員(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

プレス技術は確立されたものではなく、課題は永遠のものです。製品・材料・金型・設備の全てを一貫してより高い次元で融合させる独創的な技術開発を通して、将来に対する夢を描きながら、いつの時代にもグローバルNo.1を目指す当社の姿がそこにあります。

「プレスを究めて、プレスを越える」の経営理念のもと、常に高い次元にチャレンジし、21世紀に求められる革新的なメーカーとしてみなさまに信頼していただけるよう努力いたしますので、よろしくお願いいたします。

近年、自動車業界では環境と安全の両立に対応する技術が求められる中、当社は冷間プレスによるハイテン材(高張力鋼板)加工技術の向上に加え、ホットスタンプ工法の適用をグローバルに拡大してきております。
 今般、自動車メーカーの多様なニーズに応えるため、中国で東風(武漢)実業有限公司とのホットスタンプ部品事業の合弁会社を設立することを決定いたしました。この合弁事業により、更なるホットスタンプ技術の深化を図り、受注拡大に取り組んでまいります。

4. ユニプレスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 9,350人
単体 1,637人
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体 43.1歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体 19.3年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体 611万3000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

市原 佑樹
2012年入社
車体技術開発センター メタル部品グループ

私が所属する車体技術開発センターでは、自動車の骨格となるプレス部品の製品設計・工程設計・技術開発・技術見積書の作成を行っています。具体的には、新車の開発段階から部品が製品化されるまでのプロセスで、お客様である完成車メーカーに直接出向き、技術的な提案や調整(すり合わせ)を行ったり、当社の営業がお客様へ提出する見積もりのベースとなる「技術見積書」を作成したり、また、受注から量産までの工程で技術的なフォローを行ったりと、その仕事内容は多岐に渡っています。
設計の仕事は、完成車メーカーとの新車の開発段階から始まります。当社はプレス技術ですべての製品を作るため、プレスをはじめとした“モノづくり”に関する知識が必要とされることはもちろんですが、自動車そのものに関する知識も問われる、非常に難しく責任の大きい仕事です。しかし、そうした難しさがあるからこそ、自分が設計に携わった車が街中を走る姿を見ると、何とも言えない感動を覚えますし、大きなやりがいを感じます。

関口 千尋
2012年入社
営業部 車体部品Ⅱグループ

営業部の主な仕事は、お客様である完成車メーカーとの価格交渉やそのための見積もり作成等を通じ、新たに開発される自動車の車体骨格部品を受注すること、そして、受注後もお客様と社内を繋ぐ窓口として、コミュニケーションをとることです。
私は、拡販営業の仕事に就いたからには、自分が担当しているお客様から高い信頼を得て、いつか会社の業績に貢献できるような大きな売上を受注したいと思っています。そのために、お客様のニーズとユニプレスの技術が合致しているかどうかを的確に見極め、お客様に対して適切な提案ができるよう、まずは、自動車や自社技術等に関する専門知識や、傾聴力や説明力等の営業スキルを積み上げていきたいと考えています。実際の仕事では、まだ先輩に頼りながら仕事を進めているところがあるので、できるだけ早く独り立ちできるよう、日々精進していかなければと感じています。

 

5. ユニプレスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

求める人物像について教えてください。
「創造性・革新性を発揮できる人」「チャレンジ・向上心が旺盛な人」「組織を率先してけん引できる人」「世界で通用する高い専門能力を有する人」「キラリと光る個性あふれる自立した人」の5つがユニプレスの求める人材像です。ただし、これらは、将来めざしてほしい人材像であり、必ずしも採用の基準ということではありません。

大切なのは、結果を恐れず、情熱を持って実直に取り組む姿勢であり、一歩一歩、着実に前進し、課題をクリアする前向きな気持ちです。この姿勢がある人なら、必ず、当社で力を発揮できます。どうか、みなさんが持っている可能性を狭めず、チャレンジしてください。私たちはみなさんの“情熱”と“チャレンジ精神”に大いに期待しています。

ダイバーシティ

人事方針として「ダイバーシティ」を掲げ、国籍・性別・年齢などにとらわれることのない採用活動を実施しています

5-2 育成に関する方針・施策

内定者研修(e-ラーニング&1泊2日の研修)
新入社員研修(1週間の集合教育&4カ月間の実習)
新入社員フォローアップ研修(2泊3日)
語学教育(英会話研修、海外語学留学制度【選抜型】 etc.)
自己啓発通信教育(会社補助あり)
階層別教育(入社3年目研修、中堅社員研修、新任基幹職研修 etc.)
課題別教育(ロジカルシンキング研修、ロジカルライティング研修、会議ファシリテーション研修 etc.)
テクニカル教育(日産ラーニングセンター、社外セミナー受講 etc.)

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与
ご経験・スキル等を考慮のうえ、当社規定により決定します。
(経験者優遇)

諸手当
家族手当、超過勤務手当、通勤手当 他

昇給
年1回 (4月)

賞与
年2回 (7月・12月)

6. ユニプレス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

Kein物流改善研究所
代表 仙石惠一

1982年 慶應義塾大学経済学部卒業、同年日産自動車株式会社入社。九州新工場、いわき新工場プロジェクトで物流企画・設計業務に携わる。物流業界としては初の物流工程作業表、物流標準時間を導入。物流の生産性を客観的に評価できるしくみを構築した。
2001年 ルノー・日産共同購買会社出向。仏ルノー社と連携し、サービス(部品・資材以外の購入品全て)購買業務に携わる。日米欧で共通の購買業務ルールを構築するとともに、グローバル集中購買の確立により30%を超える大幅なコストダウンを実現。物流購買の目玉として部品を自ら引き取る(ミルクラン)調達物流改革を実施。
2005年 東風日産乗用車公司(中国広州市)出向。購買部副部長として中国にグローバル購買のしくみを導入。併せて物流会社指導を行い、改善手法の伝授と大幅な業務効率化を実現。
2008年 ユニプレス株式会社出向。監査室長として内部統制のしくみを、総務部長として全社リスクマネジメンのしくみを構築。
2013年 Kein物流改善研究所設立。過去の経験をもとに物流人財育成、物流改革、物流改善指導にあたる。

7. ユニプレスの福利厚生は?

■休日休暇
完全週休2日制 (土日)
年間休日121日 (会社カレンダーによる)
ゴールデンウィーク、夏季、年末年始 (各10日間前後、年度によって変更)
年次有給休暇 (初年度10日/年、2年目15日/年、最大20日/年)
5日連続年休取得制度 (年に1回、土日合わせて9日間連続休暇がとれます)
慶弔休暇、産前産後休暇、赴任休暇、子の看護休暇、介護休暇、不妊治療休暇 他

■福利厚生
選択型福利厚生制度(マイセレクト)
財形貯蓄
マイカー購入援助
従業員持株会
独身寮・社宅
退職金制度(企業年金基金あり)

福利厚生制度
・マイセレクト:選択型福利厚生制度で、毎年一定金額がポイントとして支給され、人間ドックや各種スクール受講料、旅行費用など、各自のニーズに合わせて利用できます。
・慶弔見舞金:結婚をはじめとする慶弔や休業、災害の際に見舞金などが支払われます。
・マイカー購入補助:社員本人や家族が車を購入する場合、ユニプレスの金利優遇ローンを利用する事ができます。
・永年勤続表彰・永年勤続慰労旅行:長年ユニプレスに勤めている方に、祝儀と記念品を授与します。また、勤続20年で家族旅行の補助が出ます。
・その他:独身寮・社宅、持株会、財形貯蓄などがあります。

8. ユニプレスの中途採用は?

採用情報 - ユニプレス株式会社

https://www.unipres.co.jp/recruit/

ユニプレス株式会社の採用情報です。“情熱”と“チャレンジ精神”のあるみなさまからの応募をお待ちしています。

ユニプレス株式会社の転職・求人情報 | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/4828-jobInfo.html?utm_source=tenshock&utm_campaign=tenshock_jobInfo&utm_medium=link

ユニプレス株式会社の転職・求人情報です。 | 企業の評判、年収、口コミ、転職情報をチェックするならキャリコネ

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

DRAM、SoC、マイコン、イメージセンサ、アナログなど、各種半導体製品のテスト業務の受託を行っている。マイクロンメモリジャパン(旧エルピーダメモリ)の持分法適用会社であり、設立当初は旧エルピーダメモリで製造される半導体製品のテストを請け負うのがメイン業務であった。現在は画像認証技術の研究開発なども手がける。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300