シチズン時計株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

シチズン時計株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本を代表する時計メーカー。光発電時計販売40周年となる2016年10月1日、純粋持株会社から事業持株会社に移行し、それに伴い社名をシチズンホールディングスからシチズン時計株式会社に変更。代表的なブランドはエコ・ドライブ ワン、xC(クロスシー)など。


1. シチズン時計ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

日本の精密・電子機器の製造会社であり、シチズングループの中核を成す企業である。

1-2 創業者と沿革

創業者
山崎 亀吉

1918年(大正7年)に貴金属商で貴族院議員の山崎亀吉によって尚工舎時計研究所として創業した。1924年(大正13年)に懐中時計「CITIZEN」を発売し、これが「シチズン」ブランドの発端となった。
シチズンの名は、「市民に親しまれるように」の意味(そもそもシチズンは英語で市民の意味を表している)で山崎と親交の深かった貴族院議員で当時の東京市長であった後藤新平が名づけたとされる。

会社沿革|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/company/enkaku.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都西東京市田無町六丁目1番12号

事業所案内|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/company/access/index.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

グループ会社一覧(国内)|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/company/group/index.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

グループ会社一覧(海外)|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/company/group/group02.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念
「市民に愛され市民に貢献する」

シチズンの掲げる企業理念「市民に愛され市民に貢献する」とは、「市民に愛され親しまれるものづくり」を通じて世界の人々の暮らしに広く貢献することです。

■経営基本方針
平成25年2月に、平成31年3月期を最終年度とする中期経営計画「シチズングローバルプラン2018」(以下「本中期経営計画」という。)を策定し、本中期経営計画におけるスローガンを「真のグローバル企業を目指して~スピードと活力の溢れる企業グループへ~」と定めました。本中期経営計画の後期3年間(平成29年3月期~平成31年3月期)では、新たに以下の2項目を基本的な経営方針として、グローバルな市場において求められる「価値」を継続して提供できる「真のグローバル企業」を目指してまいります。

2. シチズン時計って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2014年3月度 3099億9400万円
2015年3月度 3284億5600万円
2016年3月度 3482億6700万円

▲営業利益
2014年3月度 237億600万円
2015年3月度 278億8900万円
2016年3月度 304億6700万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2014年3月度 174億3400万円
2015年3月度 175億7200万円
2016年3月度 132億100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年3月度)
時計事業 1812億4100万円
工作機械事業 515億1700万円
デバイス事業 806億3200万円
電子機器事業 233億7100万円
その他の事業 115億400万円

▲地域別売上高(2016年3月期)
日本 1137億8500万円
アジア 1174億5100万円
アメリカ 689億5100万円
ヨーロッパ 455億8100万円
その他 24億9700万円

2-3 主力事業

私たちは、時計一つひとつの小さな部品にいたるまで、すべてを自分たちの手で作っています。なぜなら、私たちの理想をあますところなく込めた時計で、お客様に感動やインスピレーションを与えたいからです。私たちはそれを「技術と美の融合」と呼んでいます。

時計製造で培った小型・精密加工技術を応用し、社会を支える様々な電子機器に製品を提供しています。低消費電力、長寿命でより地球に優しいLEDは、次世代照明として進化を続けています。携帯電話市場で積み上げた実績をもとに、ますます社会のニーズが高まる照明用LEDの開発に積極的に取り組んでいます。

関連業界向けの小径精密部品加工はもちろん、自動車、建機業界向けの中径短尺部品加工にも工作機械を開発し提供しています。

出典:http://www.citizen.co.jp/business/industrial_machinery.html

3. シチズン時計の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 戸倉 敏夫
昭和24年12月6日生
昭和48年4月 シチズン商事株式会社入社
平成14年6月 同社取締役
平成16年10月 同社執行役員
平成19年4月 シチズン時計株式会社株式会社常務取締役
平成21年4月 同社専務取締役
平成22年6月 当社常務取締役
平成22年6月 当社経営企画部長
平成23年6月 当社経営企画部・知的財産部・開発部担当
平成24年4月 当社代表取締役社長(現職)
平成26年3月 シチズン時計株式会社取締役
平成26年4月 同社代表取締役社長(現職)
平成27年5月 (一社)日本時計協会会長(現職)

3-2 発言、ブログ、エピソード

「面白い商品が登場すると何の罪悪感もなく、物まねの匂いがぷんぷんする商品ばかりになる。本来の腕時計が魅力を出すべきときに、これでは飽きられてしまい、時計全体の魅力を消してしまいますよ」

同社にとっては4代ぶりの時計事業出身の社長であり、世界の時計市場で高いシェアと収益力を誇るスイス企業と互角に勝負するため、国内市場依存型のビジネスモデルからの脱却を目指す

4. シチズン時計ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1万7046名
単体 93名(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 41.9歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 16.35年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 709万405円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

前田 花菜
2003年入社
CB事業部 企画経営部 商品企画担当

私は新人の時にxCのデザイン担当になった時から、xCブランドで使ってみたいと考えていました。そして、宣伝部を経て現在の商品企画部に異動。いよいよ、温めていた構想を実現できるチャンスがやってきたと感じました。

出典:http://www.citizen.co.jp/recruit/story/story02_02.html

古内 悠介
2005年入社
技術開発本部 開発センター 時計技術部 ME技術課 生産技術担当

今回のプロジェクトにおける私の担当は、生産技術です。本格的な生産工程で必要になる設備や治具(加工の際にパーツを固定したり位置決めしたりするための専用工具)を準備し、製造ラインをつくる業務です。こうした量産に向けた技術の確立も、他社製品を分解して、パーツごとにトレースして、どのように製造されているのかを分析するところから始まります。

出典:http://www.citizen.co.jp/recruit/story/story01_03.html

 
 

5. シチズン時計の人材採用・育成方法

採用情報|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/recruit/index.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

シチズン時計グループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください

5-1 採用に関する方針・施策

私たちは決して過去の成果や実績に満足せず、改善を続けることを止めません。
時計を身に着ける楽しさや喜び、わくわくするような魅力をお客様に感じていただきたいという一心で、常に前進しているのです。
そんな当社が求めるのは、次の3点を兼ね備えた人財です。

・先頭に立って行動することを恐れない人
・問題意識があり向上心が強い人
・強い意志を持ってやり抜く人

5-2 育成に関する方針・施策

▼新入社員研修
社会人としての基本「自ら考え行動する」習慣をしっかりと身につけるとともに、数々の現場経験から会社理解を深め、
自らの果たすべき役割を認識してもらいます。
文理問わず、時計の分解・組立、販売の現場を体験することで、「製販一体」のグループの強みを理解します。

■ ビジネスマナー・仕事の基本 ■ マーケティング講習 ■ 工場見学 ■ 時計の基礎 ■ 製造現場実習 ■ 店頭販売実習 他
 ※新入社員研修は、2015年度実施のもので、2016年度以降は未定です。

【その他の研修】 入社3年目研修、中堅社員研修、指導員研修、新任上級職研修、考課者研修、女性キャリア研修、ダイバーシティ研修 他
【自己啓発】 語学講座、通信教育、時計学校

一言で表すと、「自由闊達」な社風です。個々人の意志を尊重し、社員一人ひとりが自分で考え行動していこうという風土が築かれています。そのため、上司部下に関係なく、本音で意見を言い合い、活発に議論をしている様子がよく見られます。また、挑戦してこそより良い成果が出ると考えているので、やる気があれば、若手であっても責任のある仕事を任せています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

初任給
▼大学院卒:235,300円
▼大学卒:213,800円
▼高等専門学校卒:182,300円
▼短期大学卒:175,900円
▼高等学校卒:162,100円
※2016年度実績
賞与 年2回(夏季・冬季)
昇給 年1回(4月)

6. シチズン時計出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

俣野成敏

ビジネス書著者/投資家/ビジネスオーナー
大学卒業後、シチズン時計(株)入社。
31歳の時にメーカー直販在庫処分業を社内起業。
年商14億円企業に育てる。
33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。

俣野氏は大手時計メーカーのシチズンで、02年、31歳の時に社内ベンチャー制度を利用して同社初のアウトレット販売を手がけ、大きく売り上げを伸ばして33歳にしてグループ130社の現役最年少役員に抜擢された。しかし、社内起業は決して前向きな気持ちからではなかった。

7. シチズン時計の福利厚生は?

▼設備:
各種グラウンド(野球、サッカー、テニス等)、シチズンプラザ(総合遊戯施設)、診療所、
クラブハウス(宿泊棟)、バーベキュー・キャンプ施設、軽音楽スタジオ、各種道場 他
▼リゾート:
プチカフェテリアプラン制度
(国内、海外旅行・フィットネスクラブ・スポーツジム・各種習い事、資格取得補助金) 他   ▼クラブ活動:
卓球(日本リーグ1部)、野球、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、ダンス、美術、写真、軽音楽 他
▼諸制度:
財産形成貯蓄制度、従業員持株会制度、各種保険制度、住宅融資利子補給制度、社内販売、
シチズンファミリーセール、シチズン納涼フェスティバル、社員親睦補助、シチズンゴールドカード 他
▼独身寮:
【借上寮/マンションタイプ】
各勤務地周辺 (寮費 13,000円/月)

採用情報|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/recruit/index.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

シチズン時計グループの福利厚生については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください

8. シチズン時計の中途採用は?

採用情報|シチズン時計株式会社

http://www.citizen.co.jp/recruit/index.html

シチズン時計の企業情報、IR情報・CSR・環境・社会活動、採用情報、シチズングループ情報の公式企業サイトです。

シチズン時計グループの中途採用については、各グループ会社(子会社)のウエブサイトなどを参照してください

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年7月に誕生した持株会社である。主なグループ企業には、ソフトバンク株式会社やヤフー株式会社、プロ野球チームを運営する福岡ソフトバンクホークス株式会社などがある。海外の企業の買収も積極的に行っていて、アメリカのスプリント・ネクステルやイギリスのARMホールディングスもグループ会社である。


日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。国際電機通信連合のセクターメンバーである。TOPIXCore30の構成銘柄の一つ。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

DRAM、SoC、マイコン、イメージセンサ、アナログなど、各種半導体製品のテスト業務の受託を行っている。マイクロンメモリジャパン(旧エルピーダメモリ)の持分法適用会社であり、設立当初は旧エルピーダメモリで製造される半導体製品のテストを請け負うのがメイン業務であった。現在は画像認証技術の研究開発なども手がける。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300