日本発条株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本発条株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「ニッパツ」で知られる、ばねや自動車用座席シートなどの自動車部品を主に製造する大手メーカー。自動車の懸架ばねおよびハードディスクドライブの磁気ヘッド用サスペンションでは世界1位のシェアを誇る。横浜圏の各所の命名権を取得するなど地域に根差した活動も行う。


1. 日本発条ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ばね(発条、スプリング)や自動車のシートを中心に製造する大手自動車部品メーカー。

1-2 創業者と沿革

楓 英吉
高知商業から大正3(1914)年神戸高商卒。鈴木商店に入社。鉄材部に配属。鈴木破綻時は鉄材部長。新会社日商の設立にあたり高畑誠一の片腕として活躍。昭和7(1932)年取締役。昭和14(39)年の日本発条の設立に尽力し、初代社長に就任。

1-3 本社所在地とネットワーク

神奈川県横浜市金沢区福浦3-10

1-4 ビジョン・ミッション

<社訓>
躍進のニッパツ
根性のニッパツ
みんなのニッパツ

<企業理念>
グローバルな視野に立ち
常に新しい考え方と行動で
企業の成長をめざすと共に
魅力ある企業集団の実現を通じて
豊かな社会の発展に貢献する

2. 日本発条って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年3月期 6405億1600万円
2015年3月期 6014億3400万円
2014年3月期 5697億1100万円

▲営業利益
2016年3月期 350億4100万円
2015年3月期 327億200万円
2014年3月期 374億8000万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年3月期 215億9200万円
2015年3月期 238億7300万円
2014年3月期 246億7700万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業ごとの売上高
(2016年3月期)
懸架ばね事業 1245億1100万円
シート事業 2960億5400万円
精密部品事業 1429億4300万円
産業機器ほか事業 770億600万円

▲地域ごとの売上高(2016年3月期)
日本   3598億円
アジア  1674億円
北米ほか 1131億円

2-3 主力商品

スポーティーシート
優れた快適性と高い安全性を兼ね備えた自動車用シートです。

精密プレス品
自動車、電子機器、家電などに欠かせない精密部品を、プレス成形で提供します。特に数量が多く、かつ、機械加工を多用している製品についてはプレス加工にすることで、大幅なコストダウンが期待できます。

コイルばね
乗用車やトラックのサスペンションに使用するばねで、目的に応じて材料や形状が異なります。

3. 日本発条の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 玉村 和己
昭和47年3月 当社入社
平成10年6月 営業本部第二営業部長
平成11年6月 シート生産本部管理部長
平成15年6月 取締役、シート生産本部副本部長
平成16年6月 取締役、営業本部副本部長
平成18年6月 取締役常務執行役員、営業本部長
平成21年6月 取締役専務執行役員、営業本部長
       現在に至る
出典:http://www.nhkspg.co.jp/news/release/pdfs/20100412.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

─まだ進出していない地域で魅力的な国は。

 「インドには足回りのばねで出ているが、いずれシートも考えたいと思っている。新しい国といえばインドネシアだ。検討しなければいけないが、必ず出ていかなければならないという状況でもない」

 ─米国では電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)を駆動させるモーター用部品の新工場を建設している。狙いは。

 「駆動用モーター部品は当社が新規参入する分野だ。EVやHVの需要が増加し、(当社が生産している)エンジン関連部品の需要が減少した場合に備えたい。売り上げが落ち込んだら、同事業で補いたい」

「社会人としての心・技・体」は、(順番は逆になるが)「体=仕事をするうえでの基礎知識や基本動作」「技=さらに高いレベルの専門能力や応用技術」「心=『体』『技』を実現するための根幹となる自分自身の気持ち」。心身の健康を第一に、成長と活躍を期待する。

4. 日本発条ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結1万6819人(2016年3月31日現在)
単体4456人(2016年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均40.1歳(2016年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均16.7年(2016年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均709万3313円(2016年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

蓮見 諭
2008年度入社
ばね生産本部第一設計部設計一課

現在、自動車用懸架ばね、具体的には主に乗用車のコイルばねやスタビライザの設計業務を行っています。仕事を始めるまでばねに関して知らないことばかりでしたが、日々の業務を通して少しずつわかるようになり、ばねの難しさを知ると同時に面白さを感じます。 お客様からの当社へのばねに対する要求はさまざまなものがあります。中には相反する性能に関わることもあり、両立が難しいものもあります。そんな場合、落としどころを探ったり、成り立たない仕様のどこを変更すればうまくいくのかを考えたりするときに、ばねというものの難しさ、面白さを強く感じます。

表野 愛美
2011年度入社
技術本部技術開発部

主に生産設備の設計を行っています。製造現場で人が行っている作業の装置化や、その現場で使用する装置をより使いやすいものにカスタマイズしています。現在は、世界で一番小さなばね“微細プローブ”を製造する機械装置の設計をしています。設計上、1000分の1ミリという非常に小さい単位を扱うため、創意工夫を重ねています。自分の設計した装置が導入され、目の前で稼働しているのを見る時が一番嬉しい瞬間です。様々な部門から依頼を受けるため、一つとして同じ仕事がありません。装置の使用目的によって求められる知識が異なるため、それぞれに合った機構を考えなければなりません。苦労も多いですが、やはり機械装置を作り上げたときの達成感は格別です。

 

5. 日本発条の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

ニッパツは「常に新しい考え方と行動で成長する」ことを企業理念に掲げ、成長を通じて社会の豊かな発展に貢献していく企業を目指しています。
そして困難にもあきらめずに挑戦する『熱い気持ち』と、互いを認め合って協力し合う『チームワーク』の企業文化・風土を築いてきました。
わたしたちが目指す姿や大切にしている文化・風土に響き合える、次の様なマインドを持つ皆さんとの出会いを楽しみにしています。
「新しい事にも興味を持って果敢にチャレンジする。」
「様々な方向から物事をみる。」
「仲間の個性を認め合い、ともにゴールを目指す。」

ニッパツグループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウェブサイトなどを参照してください

5-2 育成に関する方針・施策

人は会社にとって大切な財産です。
そのためニッパツでは人材を「人財」と呼び、さまざまなサポートを通じて、人財の成長を支援しています。
「ものづくりはひとづくり」との考えから、ニッパツではOJT・OFF JTによる社員教育を行い、面接を通じて会社と本人の方向性、志向に誤りが無いかを確認しています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与 2016年4月 初任給(実績)
●修士了 月給22万4000円
●大学卒 月給20万6000円
諸手当 超過勤務手当、通勤手当、家族手当、住宅手当ほか
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)

6. 日本発条出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

藤澤 秀行
株式会社ニットー代表取締役
横浜国立大学工学部卒業後、日本発条を経て
1997年にニットー入社
2006年代表取締役に就任

出典:
http://www.tvk-yokohama.com/business/1606.php

瀬下 清
九州大学テクニカルスタッフ(特別研究員)

1974年日本発条株式会社入社。
2002年日発販売出向
2005年技術コンサルタント業務の(株)ワイテクノを起業。
2011年九州大学大学院工学研究院テクニカルスタッフを経て2012年より現職。

7. 日本発条の福利厚生は?

年間休日120日以上、長期・リフレッシュ・慶弔休暇、育児・介護休業、社宅、食堂
ほか多数

8. 日本発条の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社テラプローブに転職するなら知っておきたい情報まとめ

DRAM、SoC、マイコン、イメージセンサ、アナログなど、各種半導体製品のテスト業務の受託を行っている。マイクロンメモリジャパン(旧エルピーダメモリ)の持分法適用会社であり、設立当初は旧エルピーダメモリで製造される半導体製品のテストを請け負うのがメイン業務であった。現在は画像認証技術の研究開発なども手がける。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300