ANAグループ(全日本空輸株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ANAグループ(全日本空輸株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ANAホールディングス株式会社は、航空輸送事業を主力とするANAグループを統括する持株会社。全日本空輸(ANA)、ANAウイングス、エアージャパン、バニラ・エア、全日空商事、ANA Cargoを傘下に置く。ANAは世界最大の航空連合「スターアライアンス」に1999年に加盟し、旅客数で世界トップ20に食い込む。


1. ANAホールディングス株式会社ってどんな会社?

1-1. ひとことで言うと

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英:ANA HOLDINGS INC.、略称:ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の株式会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループを統括する持株会社である。

1-2. 創業者と沿革

第2次世界大戦により壊滅した日本の定期航空事業を再興することを目的に、1952年、ANAの前身となる日本ヘリコプター輸送株式会社は設立されました。当時、世界では国主導の航空会社経営が多くを占める中、役員12名、社員16名、ヘリコプター2機という小さな“純民間航空会社”としてのスタートは世界的にも珍しく、まったくゼロからの挑戦でした。そして、創業時に掲げられた「高潔な企業」「権威に屈することのない、主体性を持つ企業」「独立独歩できる企業」という経営理念に込められた創業者の想いは、現在もANAに“努力と挑戦のDNA”として息づいています。

1952年(昭和27年)12月 第2次世界大戦により壊滅したわが国の定期航空事業を再興することを目的に、日本ヘリコプター輸送株式会社(資本金1億5千万円)を設立
1953年(昭和28年)2月 ヘリコプターを使って営業開始
1953年(昭和28年)5月 不定期航空運送事業免許取得
1953年(昭和28年)10月 定期航空運送事業免許取得
1953年(昭和28年)12月 東京-大阪間の貨物輸送を始めとして逐次営業路線を拡大
1955年(昭和30年)11月 ダグラスDC-3型機導入
1957年(昭和32年)12月 社名を全日本空輸株式会社と変更
1958年(昭和33年)3月 極東航空株式会社と合併(新資本金6億円)

ANAホールディングスとしてスタート(2013-)
主な出来事
・2013年4月 持株会社制を導入しANAホールディングス株式会社としてスタート
・2014年3月 羽田空港の発着枠拡大に伴い3月30日から国際線を大幅増便

1-3. 本社所在地とネットワーク

〒105-7140
東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター

1-4. ビジョン・ミッション

グループ経営理念

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します

「安心と信頼」はANAグループとお客様との約束であり、経営の根幹に位置づけられる私たちの責務です。エアライン事業を中核とするANAグループは、「挑戦し続ける」「強く生まれ変わる」「いつもお客様に寄り添う」気持ち、「心の翼」をもって、永続的にこれからの社会の発展に貢献し、「夢あふれる未来」創りの一翼を担っていきます。

グループ経営ビジョン

ANAグループは、お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指します

ANAグループは日本発のエアライングループとして、2機のヘリコプターからはじまり、今やアジアと世界の国々をつなぐエアライングループとなりました。私たちが次に目指していくのは、数あるエアライングループの中からお客様に選ばれ、世界をリードし続ける確固たる地位を築くことです。
お客様の満足を高め、ひとつでも多くの笑顔を生み出し、価値創造を通じ自立した強い企業として発展していきます。経営から従業員まで一人ひとりが力を合わせ、グループ全ての事業活動において、より一層高い品質を追求し続けることでこの目標を必ず実現します。

グループ行動指針(ANA's Way)

私たちは「あんしん、あったか、あかるく元気!」に、次のように行動します。

グループ行動指針は、企業グループANAの全社員が理念・ビジョンの達成に向け、持つべき心構えや、取るべき行動をあらわしたものです。

「あんしん、あったか、あかるく元気!」は、ANAらしさとはなにかを探していた私たちがたどり着いた言葉であり、いつも変わらぬ心構えです。

2. ANAホールディングス株式会社って何する会社?

2-1. 業績推移・見通し

全日本空輸(ANA)は、2015年度(2015年4月~2016年3月)の輸送実績を発表した。
国際線の旅客人数は前年度比13.5%増の816万7951人と好調だった。国際線旅客人数が日本航空(JAL)を初めて抜いた。

2016年3月期の業績
売上高は過去最高となり、増収・増益となりました。
●航空事業や商社事業において増収となったことから、売上高は過去最高の1兆7,911億円となりました。

連結売上高
2015年3月期実績 1兆7,134億円 
2016年3月期実績 1兆7,911億円

連結営業利益
2015年3月期実績  915億円 
2016年3月期実績 1,364億円

2-2. 事業セグメントと業績内訳

売上高構成比
航空事業で72.9%、航空関連事業で11.0%、旅行事業で8.3%。商社事業で6.2%、その他1.6%

2-3. 主力事業

ANAが担う「航空事業」は、文字通り航空機を運航して「人」や「物」を「安全に、快適に」輸送する事業です。ANAの事業基盤は国内シェア約50%を誇る国内線にありますが、更なる成長は国際線における「ネットワーク」と「グローバルビジネス」の拡大を通じて実現していきます。

世界のリーディングエアライングループへ
国内線からスタートしたANAは、1986年に定期国際線に進出、また1999年には世界最大の航空連合「スターアライアンス」にいち早く加盟するなどグローバルネットワークを拡充し、現在では旅客数で世界トップ20に入るアジアを代表するエアラインの一社に数えられるまでに成長を遂げてきました。ただし、これはあくまでも日本マーケットを中心とする事業展開の結果であり、世界ではまだまだ知られていないというのが正しいポジション認識です。だからこそANAは、日本のエアラインだからこそ実現できる「高いお客様満足」と「価値創造」の追求により世界でも競争力のある「品質が高く強い、真のグローバルエアライン」を目指し、新しい挑戦をスタートさせています。

3. ANAホールディングス株式会社の経営者ってどんな人?

3-1. 会長・社長のプロフィール

代表取締役会長 伊東 信一郎
昭和49年4月 当社入社
平成13年4月 当社人事部長
平成15年4月 当社執行役員
平成15年6月 当社取締役執行役員
平成16年4月 当社常務取締役執行役員
平成18年4月 当社専務取締役執行役員
平成19年4月 当社代表取締役副社長執行役員
平成21年4月 当社代表取締役社長
平成27年4月 当社代表取締役会長、取締役会議長、現在に至る

代表取締役社長 片野坂 真哉(カタノザカ シンヤ)
昭和54年4月 当社入社
平成16年4月 当社人事部長
平成19年4月 当社執行役員
平成21年4月 当社上席執行役員
平成21年6月 当社取締役執行役員
平成23年6月 当社常務取締役執行役員
平成24年4月 当社専務取締役執行役員
平成25年4月 当社代表取締役副社長執行役員
平成27年4月 当社代表取締役社長、グループ経営戦略会議議長、グループCSR推進会議総括、
グループ監査部担当、現在に至る

2016年11月10日 放送 全日本空輸(ANA)社長 篠辺 修 (しのべ おさむ)氏 |カンブリア宮殿: テレビ東京

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2016/1110/

全日本空輸(ANA)社長 篠辺 修(しのべ おさむ)氏 日本の航空業界で2番手が定位置だったANA。そのANAがついに売上高、旅客数ともにJALを抜いて日本一になった。その立役者が2013年に社長となった篠辺修。LCCのピーチ、バニラエアを成功に導き、本体ANAでも国際線で大攻勢を仕掛ける。そして今や世界でもトップクラスの航空会社として評価を受ける。篠辺が断行してきた驚きの改革の全貌に迫る。

(参考)事業子会社である全日空(ANA)の社長は、整備出身の篠辺修氏。

3-2. 発言・エピソード

―― ご自身の「強み」と言えばどんなところですか。

片野坂 グランドデザインでしょうか。そのために「改善」が好きなんです。今日より明日をより良くしていきたいと。働く環境を効率的に改善していき、社員にもっと余暇を楽しむ時間を捻出できればと思っています。
 例えば、資料は多く作るなと言っています。ほかにも、営業本部長の時、稟議書の回覧にすごく時間がかかっていましたので、ある時、判を押すところに日付けを入れました。そしたら、驚くほど早くなりました。

―― 最後になりますが、オンとオフの切り替えは。

片野坂 今は、音楽と落語を手放せないです。趣味の時間は限られていますから、わりと集中するんです。ガーデニングに凝ったこともありますし、音楽もモーツァルトに凝りますとモーツァルトばかり。そして、今は落語です。お気に入りは、古今亭志ん朝と立川談志です。新作落語の立川志の輔さんもいいですね。ANAの機内で聴ける全日空寄席も人気がありますから、ぜひ機内で聴いてほしいです。

4. ANAホールディングス株式会社ではどんな社員が働いているの?

4-1. 従業員数

連結 36,273人(臨時従業員数平均 3,767人)
単体 141人(平成28年3月31日現在)

4-2. 平均年齢

48.4歳(単体、平成28年3月31日現在)

4-3. 平均勤続年数

2.04年(単体、平成28年3月31日現在)

4-4. 平均年間給与

853万6,000円(単体、平成28年3月31日現在)

4-5. 社員インタビュー・コメント

全日本空輸株式会社 アジア・オセアニア室マーケティング&セールス
平山 直 さん
2007年入社 人間科学部健康福祉学科卒
海外のマーケット、特にアジアは予測を超える速度で伸びている実感がありますが、まだまだANAの認知度は高いとは言えません。だからこそ、このタイミングでこのポジションを任されたことに大きな責任と期待を感じます。日本ではNo1となったANAを、今度はアジアでNo1のANAに。日本で培った経験を、海外の最前線で活かすことができたらと考えています。

全日本空輸株式会社 整備センター部品事業室原動機整備部エンジン整備第1課
石川 俊明 さん
2007年入社 理学部物理学科卒
最近では、20年以上前から整備している在来機のエンジンに加え、787型機に装備されるTRENT1000エンジンの導入も経験できました。新しいシステムが搭載された新機種のエンジンを、その導入段階から自分たち自身で整備体制を整えられることに仕事の面白みと充実感を感じますし、自ら担当した新規導入エンジンを無事に後工程に引き渡せた時は、チーム全体で取り組んだ一体感と安堵感でいっぱいです。

全日本空輸株式会社 板橋 恵美 さん
2001年入社 国内線・国際線チーブバーザー
出産を経験して、よりいろいろな人の気持ちがわかるようになったと思います。これまでも妊婦さんを見て「大変そうだな」と思っていましたが、具体的に何が大変かは理解していませんでした。例えば、お子さんを抱えながら機内で食事をするのはすごく大変です。そういうお客様を見かけたら、今はフォークやスプーンを使いやすいように全部並べたり、容器のふたを取って差し上げたりと、自然に手を差し出せるようになりました 。

全日本空輸株式会社の評判・口コミ・評価の一覧 | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/8205-kutikomiList.html?utm_source=tenshock&utm_campaign=tenshock_kutikomiList&utm_medium=banner

全日本空輸株式会社の評判・口コミ・評価などに関する情報です。「女性社会、縦社会のため、下の意見は通らず風通りが悪い。 人手不足で、若手でも責任者としてのスキルを身につけよ...」のような転職に役立つ口コミ・評判が観覧できます。

5. ANAホールディングス株式会社の人材採用・育成方法

ここでは主力事業会社の全日本空輸(ANA)の採用方針等について紹介します。

5-1. 採用に関する方針・施策

経営ビジョン「世界のリーディングエアライングループ」を目指し、ANAではその実現を担う人財を「①グループ」「②グローバル」「③ダイバーシティ&インクルージョン」の3つのキーワード」をもとに、採用し、開発・活用しています。

5-2. 育成に関する方針・施策

「教育訓練が充実している」部門 第1位に選ばれました!

ANAは、世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッド社の「ランスタッドアワード2014」において、「教育訓練が充実している会社」として表彰いただきました。「最も大切な経営リソースは人」と考えるANAにとって、大変嬉しい受賞となりました。

ANAの海外実務研修員制度

ANAには若手社員を対象とする「海外実務研修員制度」があります。これはグローバル人財を開発する一環として、20代を中心とする若手社員を実務研修員として海外に配置する制度です(配置は原則1年間)。担当する仕事はセールスや総務、整備など職種により様々ですが、現在は総合職(事務職・技術職)を中心に約50名の若手社員がこの制度で海外に出て経験を積んでいます。

ANAグループの「Good Jobカード」

ANAグループには、グループ全社員が共有する「Good Jobカード」というものがあります。仕事の中でちょっとした「いい仕事=Good Job」を見つけたら、カードに“お褒めのメッセージ”を書いて相手に渡します。人間誰しも褒められたら嬉しいものですよね?ANAグループはこうして社員同士で「ほめる⇔がんばる」サイクルを生み出すカルチャーを創っています。

5-3. 評価・報酬に関する方針・施策

経験・スキルを考慮の上、当社規定により処遇

6. ANAホールディングス株式会社出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

宇宙飛行士 大西 卓哉(おおにし たくや)
1975年 東京都に生まれる。
1998年3月 東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。
1998年4月 全日本空輸株式会社入社。
2009年2月 JAXAよりISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として、油井亀美也とともに選抜される。
2009年4月 JAXA入社。
2011年7月 ISS搭乗宇宙飛行士として認定される。
2013年11月 ISS第48次/第49次長期滞在クルーのフライトエンジニアに任命される。
2016年7月~10月 ISS第48次/第49次長期滞在クルーのフライトエンジニアとしてISSに約113日間滞在。
滞在中は、日本人初のシグナス補給船のキャプチャを遂行。「きぼう」船内に新たな利用環境を構築するとともに、JAXAの利用実験活動を実施した。

磯崎 仁彦 自由民主党所属の参議院議員
香川県丸亀市出身。香川県立丸亀高等学校を経て、1983年(昭和58年)3月、東京大学法学部卒業。同年4月、全日本空輸に入社。大阪や本社で27年間勤務、2010年3月、CSR推進リスクマネジメント部長を最後に退社。同年、自民党香川県連の公募に一般人で唯一応募し、第22回参議院議員通常選挙の自民党公認候補予定者として選ばれる。 同年4月、自由民主党香川県参議院選挙区第1支部支部長に就任

7. ANAホールディングス株式会社の福利厚生は?

8. ANAホールディングス株式会社の中途採用は?

ANAホールディングスは持株会社であり、求人は事業会社である各グループ会社で行っているので、そちらを参照のこと。

採用情報|Air Japan 株式会社エアージャパン

http://www.air-japan.co.jp/recruit/ca.html

採用情報:株式会社エアージャパンの採用サイトです。

ANAウイングス株式会社 採用サイト

http://www.anawings.co.jp/recruit/

ANAウイングス株式会社の採用情報ページです。

全日本空輸株式会社の転職・求人情報 | キャリコネ

https://careerconnection.jp/review/8205-jobInfo.html

全日本空輸株式会社の転職・求人情報です。 | 企業の評判、年収、口コミ、転職情報をチェックするならキャリコネ

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルウェイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」をはじめ、求人領域に特化したインターネット・メディアの運営と、企業向けクラウド・アプリケーション「Voxer」の開発・提供などを行っている。(株)ディスコが運営する転職Webサービス「キャリタス転職」の事業譲受やミャンマーでのインターネット事業支援など、積極的に事業を展開中。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300