日立化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1912年に、総合電機メーカー(株)日立製作所の化学部門が独立し設立された。日立グループの主要企業の一角。選りすぐりの研究者や技術者が集い、材料技術、プロセス技術、評価技術からなる広範な基盤技術を元に、高機能材料を生み出し続けている。リチウムイオン電池に使われる「人造黒鉛」は、世界一のシェアを誇る。


1. 日立化成ってどんな会社?

映像で知る日立化成 : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/personnel/brand_movie.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

会社案内映像

1-1 ひとことで言うと

日本の化学メーカー(樹脂加工・機能性化学)。日立製作所の化学部門が独立した日立グループの代表的企業

1-2 創業者と沿革

1912年 (株)日立製作所において油性ワニスの研究を開始し、これをもって当社の創業としている
1952年 (株)日立製作所日立絶縁物工場(現 山崎事業所)が日立工場より独立
1961年 (株)日立製作所下館分工場が同社下館工場(現 下館事業所)として独立
1962年 日立化成工業(株)設立

沿革 : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/company/history.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

ワニッスのあしあと —日立化成50年の歩み—

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/ashiato/index.html

ワニス国産化の研究からスタートして100年、日立化成となって50年。「驚きを実現へ」を合言葉に、一歩ずつ、世界を切り開いてきた日立化成の歴史をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー

事業所一覧[国内] : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/company/office.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

事業所一覧[海外] : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/company/office2.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

日立化成グループ[国内] : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/company/group.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

日立化成グループ[海外] : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/company/group2.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

1-4 ビジョン・ミッション

企業スローガン

企業理念 Mission

時代を拓く優れた技術と製品の開発を通して社会に貢献すること。

ビジョン Vision

私たちは、未知の領域に踏み出すチャレンジ精神をもって、
化学を超えた「新たな価値」を創造し、
社会やお客さまの期待を超える「驚き」を実現します。

企業スローガン「Working On Wonders」は、日立化成グループ・ビジョンで定めている「未知の領域に踏み出すチャレンジ精神をもって、化学を超えた「新たな価値」を創造し、社会やお客さまの期待を超える「驚き」を実現します」という姿勢を、短く象徴的な言葉でまとめたものです。
「Working On」には“取り組む”“研究する”、「Wonder」には“驚き”“驚くような素晴らしいこと”“不思議”などの意味があります。

「Working On Wonders」は、お客さま、株主・お取引先・地域社会の皆さまのために、革新的な技術や製品の開発を通して、驚きを創り続けるという私たち日立化成の宣言です。

2. 日立化成って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上収益
2013年度 4887億円
2014年度 5267億円
2015年度 5465億円
(※2015年3月期の有価証券報告書における連結財務表から、国際財務基準IFRSを任意適用)

▲営業利益
2013年度 366億円
2014年度 292億円
2015年度 530億円
(※2015年3月期の有価証券報告書における連結財務表から、国際財務基準IFRSを任意適用)

▲当期利益
2013年度 295億円
2014年度 226億円
2015年度 385億円
(※2015年3月期の有価証券報告書における連結財務表から、国際財務基準IFRSを任意適用)

2-2 事業セグメントと業績

▲セグメント別売上収益(2015年度)
先端部品・システムセグメント 2767億円
機能材料セグメント 2698億円

▲地域別売上高(2015年度)
アジア 2579億円
その他 609億円

2-3 主力商品

ダイシング・ダイボンディング一体型フィルムとは

日立化成のダイボンディング材料の一つとして、ダイシング・ダイボンディング一体型フィルムがあります。これは、スマートフォンやタブレットPCなどの情報通信機器に使用されている半導体を作る工程に使用されます。ICチップと回路基板を、またはICチップ同士を接着する役割を担います。ICチップを確実に固定・保護し、半導体の小型化や薄型化に対応しています。

電気絶縁ワニスとは
電気の流れを遮るための樹脂で、エナメル線を作る際の、銅線をコートする用途などで使われます。

日立化成の電気絶縁ワニスの特徴
高温・高電圧などの過酷な条件下で使用され、例えばモーターなどのエナメル線が用いられる製品の信頼性を高めることに貢献します。

ディスクブレーキパッドとは
自動車の車輪とともに回転するディスクを両側から挟み、摩擦力で回転を止め、制動させる働きをします。ブレーキの効きの高さ、摩耗の少なさ、制動時の音・振動の少なさといったディスクブレーキパッドの性能は、自動車の安定性や快適性を評価する上で非常に重要な指標となります。

日立化成のディスクブレーキパッドの特徴
日立化成のディスクブレーキパッドは、さまざまな環境下において優れた安定性を持ち、日本国内のみならず海外の自動車メーカーにも採用され、高い評価を得ています。

3. 日立化成の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役会長 田中 一行(たなか かずゆき)

生年月日 昭和28年4月29日
出身地 京都府
学歴
昭和52年3月 京都大学工学部高分子化学科卒業
職歴
昭和52年4月 当社入社
平成8年8月 当社山崎工場開発部ポリエステル開発担当部長
平成11年6月 当社山崎事業所電子材料部長
平成13年10月 日立化成デュポンマイクロシステムズ(アメリカ)出向
平成14年12月 当社五井事業所長
平成16年4月 当社発泡成形材料事業部長
平成17年4月 当社執行役
平成18年4月 株式会社日立メディアエレクトロニクス専務取締役
平成18年6月 株式会社日立メディアエレクトロニクス代表取締役・取締役社長
平成20年4月 当社執行役常務、自動車部品事業部長

代表執行役 執行役社長 丸山 寿(まるやま ひさし)

生年月日 1961年3月8日
出身地 長野県
所有株式数 8,200株(2016年1月27日現在)
学歴
1983年3月 一橋大学法学部卒業
1999年3月 サザンメソジスト大学ロースクール(米国テキサス州)修了
職歴
1983年4月 当社入社
2000年6月 当社社長室広報・IR担当部長
2004年4月 当社コーポレート戦略室長
2006年3月 (株)日立製作所 出向
2008年4月 当社自動車部品事業部副事業部長
2011年4月 当社執行役、CSR統括部副統括部長
2014年4月 当社執行役、CSR統括部長
2015年4月 当社執行役常務(現任)、経営戦略本部長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

現執行役社長の田中一行は、2009年4月の社長就任以来、「事業の変革」「組織の変革」「人の変革」の3つの変革を社長方針に掲げ、成長戦略、構造改革の両面から、当社グループがグローバル市場で力強く成長していくための諸施策を推進してまいりました。この間、リーマン・ショック、東日本大震災等による経営・事業への打撃を余儀なくされましたが、高機能材料、自動車部品、蓄電デバイス等の全事業に亘り、経営資源をグローバル事業の強化へと機動的にシフトさせて業績の改善を図りました。その結果、2011年度245億円まで落ち込んだ当社グループの営業利益(日本基準)は2015年度500億円(国際財務報告基準(IFRS))に回復する見通しとなったほか、海外売上収益比率、海外従業員比率は2014年度までに共に50%を超え、2015年度を最終年次とする中期経営計画において一定の成果を達成しました。

グローバル化のなかで重要性が高まるのがコミュニケーションの活性化です。国籍や性別などにとらわれることがないダイバーシティ経営を推進することは、進化の根源であり企業の競争力強化に欠かすことのできない戦略です。私は、その実現のためにはコミュニケーションの強化が不可欠だと考えています。これからは、対話や情報発信の数を求める段階から質を大切にする段階へと進化させ、日立化成グループの新たな発展の歴史を創り上げていきます。(丸山社長)

4. 日立化成ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1万9117人
単体  6209人
(2016年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 40.7歳(2016年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 17.4年(2016年3月31日現在)
(注)「平均勤続年数」は、当社の関係会社における勤続年数を合算して算出している。

4-4 平均年間給与

単体平均 708万5545円(2016年3月31日現在)
(注)「平均年間給与」は、基準外賃金及び賞与を含んでいる。

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

入社5年目
情報通信・ディスプレイ分野担当

生産技術職は、研究・開発部門が手がけた製品について、現場で製造するための技術を検討することが主な業務です。研究開発時にフラスコで作っていたものを量産スケールにあてはめたとき、どの程度の規模の設備が必要なのか、現在の設備でできることとできないことを踏まえ、生産具現化のための施策を講じます。
私は、スマートフォンなどのディスプレイのカバーガラスと液晶の間に充填する充填剤となる液状の樹脂を主に担当しており、現行設備の改善や新製品量産設備の導入を手がけています。取り扱う設備は小さなものでも半年程度、大型のものなら一年以上にわたって関わり続けることになります。

一言でいえば、「任されながら、フォローし合える」という空気感がある会社だと思います。基本的に一人、もしくは数人で一つのテーマを担当する中で、意見交換や相談がとてもしやすいです。責任感、公平感、チームワークのバランスがとてもとれている会社だと、入社後すぐに思いました。
また、一般的に機電系出身ですと「生産技術部=設備技術」とイメージされがちですが、材料関連の仕事まで広く関われるのは、日立化成の面白いところだと思います。

入社3年目
情報通信・ディスプレイ分野担当

2年前に新設されたばかりの開発棟で、電子材料の一つであるダイボンディング用フィルムの開発に取り組んでいます。ダイ(シリコンチップ)を接着(ボンディング)するフィルム、つまりCPUのメモリパッケージのシリコンウェハを積層する接着フィルムです。
CPUの機能向上に伴い、メモリ増設の要求も年々高まる中でシリコンウェハを重ね合わせていくというニーズから生まれた製品です。携帯電話やスマートフォンの高機能化、小型化、薄型化のニーズに対応するため、フィルムもより薄くすることが求められています。製品の形状やプロセスが変更された際にも、安定した品質で接着力を発揮させていくのが私の仕事です。

ダイボンディングフィルムの材料を、他の人が見たら「なぜ?」と思うようなものに変えて試してみることです。そうすることで、意外に面白い物性が得られることがあるのです。「これはきっとダメ」とブレーキをかけずに色々試していくところから、自分なりの発見を得ていくことが私なりの挑戦でしょうか。全く知らなかった分野だからこそ先入観を持たずに仕事ができる、それがもしかしたら私の一番の強みなのかも知れませんね。

 

5. 日立化成の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

これから社会人としての一歩を踏み出そうとしている皆さんは、「自分は何がしたいのか」「仕事のやりがいとは」などなど、とても沢山の事を考えながら、時には悩んだり不安になったりしながら就職活動を進めているのではないかと思います。
しかし、就職活動の時期はこれまでの人生を振り返り、本当の自分を再発見する良いチャンスです。
是非とも真剣に自分に向き合って頂きたいと思います。
我々の採用スタンスとしては、等身大の皆さんを知りたいと思っています。
ぜひ皆さん自身について、我々採用スタッフにお伝えください。
皆さんが今後どんな挑戦をしていきたいのか、ぜひ教えてください。
我々はそんな皆さんと出会えることを本当に楽しみにしています。

5-2 育成に関する方針・施策

Q.入社後の新入社員教育はどのようになっているのでしょうか
A.まず入社後すぐに約1ヵ月の新入社員研修があり、ビジネスマナー、社会人としての基礎知識や会社の仕組みについて学びます。
弊社では入社後2年間を育成期間と定めており、配属先では新入社員ごとに育成担当者がつき、一緒に仕事をしながら仕事の進め方を学んでいきます。
また新入社員研修も含め2年間で合計4回の全体研修を実施し、ひとり一人の成長度合いをチェック、レビューする機会を設けています。

Q.海外での研修や留学制度について教えて下さい
A.弊社はグローバルに活躍出来る人財を育成する為、海外研修や留学制度にも力を入れております。具体的には、語学研修を始めとした留学制度、海外のグループ会社で現地スタッフと働く派遣制度、海外大学院MBAコース派遣制度など、海外での挑戦や成長を促す機会を多数設けております。入社後はこういった制度を活用し、是非世界で活躍出来る人財となってください。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

日立化成は、公正かつ公平な人財評価は企業の成長を支える要であると考えています。この認識のもと、報酬と能力・成果の連動を図ることを前提に、「求められる能力と各人の能力のギャップを明らかにする」「ギャップを縮める機会を提供し、成果達成に向けた動機付けを行う」「成果に対して公平に処遇する」の3点を人財評価の基本方針としています。

初任給
博士了 260,400円 2016年度実績額
修士了 234,500円 同 上
学士了 217,700円 同 上

諸手当
交通費全額支給、扶養地域手当、時間外手当、ライフサポート手当、食事手当、子ども手当など

賞与
年2回支給(6月、12月)

6. 日立化成出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. 日立化成の福利厚生は?

独身寮・単身赴任者寮あり、単身住宅手当・家族用住宅手当、各種体育館、
財形貯蓄、住宅融資、社員持株制度など

Q.出産や育児をサポートする制度はありますか?
A.産休、育児休暇、短時間勤務、在宅勤務、保育施設など、子育てをしながら働きやすい制度を整えており、多くの社員がそれらの制度を活用しながら継続して働いています。

Q.住宅補助などの制度はありますか?
A.各事業所・営業拠点には寮または借り上げマンションが用意されており、独身者の方は安価で住居を確保することが可能です。その他、独身・既婚問わずご自身で住居を確保する場合は、一定額の住宅補助を支給することで、安定した生活基盤づくりの一助とさせて頂いております。(但し、年齢制限あり。)

8. 日立化成の中途採用は?

キャリア採用情報 : 日立化成株式会社

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/personnel/career/index.html

日立化成(株)は、半導体用・ディスプレイ用材料、プリント配線板、銅張積層板、感光性フィルム、機能性樹脂、粘着フィルム、カーボン・セラミックス、自動車関連製品など幅広い分野で事業を展開している化学メーカーです。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年7月に誕生した持株会社である。主なグループ企業には、ソフトバンク株式会社やヤフー株式会社、プロ野球チームを運営する福岡ソフトバンクホークス株式会社などがある。海外の企業の買収も積極的に行っていて、アメリカのスプリント・ネクステルやイギリスのARMホールディングスもグループ会社である。


日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。国際電機通信連合のセクターメンバーである。TOPIXCore30の構成銘柄の一つ。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

首都圏を中心に多数の保育所や学童クラブなどを運営する、子育て支援事業を行う企業。2015年に(株)グローバルキッズと(株)ろくの2社の持株会社として誕生した。「豊かに生きる力を育てる」を理念とし、独自のノウハウを活用した保育は保育士業界でも人気。2016年度末現在で、約100施設を運営している。


最新の投稿


【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内生産100万台】日産自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

横浜市に本社を置く大手自動車メーカー。1933年創業。1999年にフランス・ルノーと資本提携。国内市場シェア(登録車)は14.8%でトヨタに次ぐ2位。2016年10月から西川廣人氏が社長兼CEOに昇格、カルロス・ゴーン氏が会長に。同月、三菱自動車を子会社化。2016年度のグローバル生産台数は過去最高を記録した。


アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アンリツ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ICTサービスに関わる最先端の企業。各種通信システムやサービス・アプリケーションの開発、品質保証に欠かせない計測器や食品・医薬品用異物検出機や重量選別機、遠隔監視制御システム、帯域制御装置などを提供し、幅広い分野で暮らしやビジネスを支えている。


TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TDK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独創的な製品開発力と高品質なモノづくり力で、多種多様な製品を作っている世界屈指の電子部品メーカー。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地に研究開発・生産拠点を有する。確かな基盤技術をもとに15の事業分野で幅広いビジネスをワールドワイドに展開している。


株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャパンディスプレイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業革新機構主導で、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの3社の事業を統合し設立された中小型液晶ディスプレイ事業を主体とする会社。15年の中小型液晶の出荷額シェアではトップを誇り、有機ELを含めても2位の事業規模を備える。


アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルプス電気株式会社は日本を代表する電子部品・音響機器を製造販売する企業。IT環境にとって必要不可欠な電子部品も製造しており、ノートPCに使われているグライドポイントやスティックポインタは、どちらもアルプス電気の登録商標である。また、自作ラジオを作っている人には、バリコンメーカーとしても名が知られている。


wiget_w300 wiget_w300