株式会社博報堂の営業職(イベントプロデュース)経験者Dさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(イベントプロデュース)経験者Dさんが語る「転職のススメ」


 

仕事内容・職場環境

営業職として、ストラテジスト(戦略担当者)と共にマーケティング調査を実施し、仮説を立ててコンセプトを立案し、クリエイティブの企画進行やイベントのプロデュースなどを行っていました。

営業セクションは、発注先である広告主(クライアント)との折衝担当であり、広告ビジネスの起点になることが多いセクションです。担当する広告主ごとに人員は分けられ、一つの会社で同業種の広告主を持つ場合は、本部や局が分かれるようにするなど、情報の漏洩がないように配慮された組織になっています。また、メディア・セクションやスタッフ・セクションの人員に依頼をかけ、社内全体のコーディネート、プロデュースをしていくセクションともいえます。

出典:「最新 広告業界の動向とカラクリがよくわかる本」(秀和システム刊)

博報堂DYメディアパートナーズは、各メディア、コンテンツ領域に特化した専門スタッフにより、質の高い企画・提案を行うだけでなく、メディアやコンテンツを統合的かつ柔軟にとらえることで、生活者に響くコミュニケーションを企画します。
例えばJリーグ、箱根駅伝、世界柔道などのスポーツイベントや映画、ライブパフォーマンスなどのエンタテインメントのコンテンツを核にした生活者とのコミュニケーション機会の創出や、テレビ番組に企業の商品を登場させるプロダクト・プレイスメントやバーチャルCM等の新手法開発などにより、コミュニケーション価値を向上させる提案を行います。

仕事・職場にマッチする人物像

自分でぐいぐい仕事を進められる人が活躍しています。上司にも物怖じせず突き上げて進められる人、クライアントにも強く物申せる人にも向いています。

 

転職難易度

契約社員として、であれば条件さえ満たせば中途入社も難しくないでしょう。その理由は、最近はプロパー(新卒入社の正社員)が多く辞めており、現在かなり幅広い会社から求職者を募っているからです。

職種別の転職ポイント

営業職、特にデジタル系の人材が不足しています。ネット媒体やSNS、スマホアプリなどの電子メディアを通じて、製品やブランドのプロモーションを行う「デジタルマーケティング」の知見がある人であれば、どんな会社の出身者でも強いと思います。前職が広告代理店の人はもちろん、ネット系企業の人も増えています。

いまや、デジタルを度外視したマーケティングがあるのか、というくらいデジタルマーケティングはマーケティングと同義になりつつあります。

ブランドのターゲットとなる人が誰で、どこにいるのかというのを知るためにデータを活用することや、マーケティングの基盤がデジタル化することがデジタルマーケティングだとするなら、それはすなわちマーケティングそのものの進化と同じだからです。

 

自分が知っている年収の上がり方

40歳までに全員が1200万円をもらえますが、それ以上の年齢になると収入はかなり伸び悩みます。局長になっても、1600万円くらいでしょうか。

博報堂のよいところと、入社を勧めたい人

自由で、学閥がないところがいいです。やはり広告代理店なので、プレッシャーに耐えられるストレス耐性がある人が最低限必要です。その上で、自由にアイディアを作り上げ、それを推進する力がある人にお勧めします。

新卒で落ちた会社に再挑戦! - 博報堂へのリベンジ転職を果たした若手イケメンに突撃取材 (1) 新卒のときの悔しい気持ちをバネに

http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/19/jinjireport09/

新卒採用時の就職活動において、第一志望に落ちたときの落胆は計り知れないものがあります。まるで人生の終わりかのように落ち込み、あらゆることにやる気を失ってしまう人も少なくないでしょう。

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


博報堂 広告

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。



株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

クライアントの要望に応じて、必要となる人材やスキルも刻々と変化する広告業界。アカウント・エグゼクティブを経験したFさんによると、転職希望者にはADKや東急エージェンシーなど同業他社の出身者のほか、ロジックを持って資料作りとプレゼン実績のあるコンサル経験者にも向いているという。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300