ライフネット生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ライフネット生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ライフネット生命保険は2008年に開業したインターネット専業の生命保険会社。2017年2月、保有契約件数は23万件を突破した。インターネットの活用によって「わかりやすい保険」を目指し、「生命(いのち)のきずな」を広げている。2015年オリコン日本顧客満足度ランキング「生命保険部門」で2年連続総合1位を獲得。


1. ライフネット生命保険ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

内外の保険会社を親会社としないで設立された独立系生命保険会社である

1-2 創業者と沿革

出口 治明

2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。

出典:
http://www.lifenet-seimei.co.jp/profile/message/

2006年10月、創業者の出口治明と岩瀬大輔は「ふつうの消費者の視点に立った、まったく新しい生命保険会社を創りたい」という考えのもと、「ネットライフ企画株式会社」を設立しました。「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な商品・サービスの提供を追求する」ことを経営理念とする生命保険会社の設立を目指した準備会社です。

(有価証券報告書/沿革・2ページ)

会社沿革 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

http://www.lifenet-seimei.co.jp/profile/history/

ライフネット生命保険公式の「会社沿革」のページです。死亡保険、医療保険、就業不能保険、がん保障、先進医療保障などの生命保険のオンライン見積り、資料請求など、シンプルなネット手続きでご提供します。是非ご覧ください。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都千代田区麹町二丁目14番地2
麹町NKビル

1-4 ビジョン・ミッション

ライフネットの生命保険マニフェスト

「生命保険はむずかしい」
そう言われる時代は、もう、終りにさせたい

社名の由来
「ライフネット生命」という社名は、「ライフネットの生命保険マニフェスト」とともに、日本を代表するコピーライターの一人、小野田隆雄(おのだたかお)氏の手によるものです。
私たちは、わかりやすく、安くて便利な生命保険商品・サービスをインターネットを中心にお客さまに提供することを通じて、生命保険本来の目的である「共助」の仕組みを存分に生かし、人生を支える「セーフティネット」としてお役に立ちたいという気持ちを、この社名に託しました。
<インターネット×生命保険×セーフティネット>をひとつにし、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。

2. ライフネット生命保険って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲経常収益
2016年3月期 93億8700万円
2015年3月期 87億2900万円
2014年3月期 79億6300万円

▲経常損益
2016年3月期 △4億7500万円
2015年3月期 △15億3200万円
2014年3月期 △22億5800万円

▲当期純損失
2016年3月期 △4億2900万円
2015年3月期 △16億2400万円
2014年3月期 △21億9400万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

2-3 主力商品

定期死亡保険「かぞくへの保険」

お手頃な保険料でしっかり保障します
必要な時期に必要な保障が備えられます
健康診断書がなくてもお申し込みいただけます

終身医療保険「新じぶんへの保険」

短期入院にもしっかり対応!日帰り入院でも給付金は5日分
3大生活習慣病での入院は支払限度日数が無制限に
公的医療保険の対象となる手術を保障!
がんの診断・治療に最大5回まで一時金をお支払いします
全額自己負担の先進医療も通算2,000万円まで保障!
保障は一生涯!保険料はずっと上がりません

就業不能保険 「働く人への保険2」

病気やケガで働けなくなったときに生活費をサポートしてくれる保険です
病気やケガで長期間働けなくなり、収入が大きく減ってしまったときに、就業不能保険「働く人への保険2」が日々の生活費をサポートしてくれます。

3. ライフネット生命保険の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール


代表取締役会長 兼 CEO執行役員

出口 治明

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。

1948年4月18日生
1972年4月  日本生命保険相互会社 入社
1992年4月  同社 ロンドン事務所長、ロンドン現地法人社長
1995年4月  同社 国際業務部長
1998年4月  同社 公務部長
2003年4月  大星ビル管理株式会社 PFI担当
2005年6月  同社 取締役
2006年10月 当社 代表取締役社長
2011年7月  当社 代表取締役社長執行役員
2013年6月  当社 代表取締役会長兼CEO執行役員(現任)


代表取締役社長兼COO 執行役員

岩瀬 大輔

1976年埼玉県生まれ、幼少期を英国で過ごす。1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。
世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。

1976年3月17日生
1998年4月  ボストン コンサルティング グループ 入社
2001年12月 株式会社リップルウッド・ジャパン 入社
2006年10月 当社 取締役副社長
2009年2月  当社 代表取締役副社長
2011年7月  当社 代表取締役副社長執行役員
2013年6月  当社 代表取締役社長兼COO執行役員(現任)
      株式会社ベネッセホールディングス取締役(現任)
2013年9月  教保ライフプラネット生命保険株式会社(韓国)取締役(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

ライフネット生命は、今年、開業8周年を迎えました。現時点での売り上げ(トップライン)が約94億円、従業員数が約120名のまだ小さいベンチャー企業です。
生命保険業界の売り上げは40兆円を超えていますので、ライフネット生命は、マラソンで言えば、400mのトラックを1周して道路に出たぐらいの状況だと思います。時代は、大きく変わろうとしています。生命保険も決して例外ではありません。時代の変化に適応したサービスを提供するために、真摯な試みを続けていくこと、これこそが経営陣に課せられた使命だと考えています。
ここまでの道のりは、決して平坦ではなく、山あり谷ありの連続でした。それでも、ここまで来ることができたのは、ひとえにライフネット生命を応援し、支えてくださった皆さまのおかげです。改めて厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。(出口治明会長)

幼少期を英国で過ごす。1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。(岩瀬 大輔社長)

4. ライフネット生命保険ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体121人(2016年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均38.4歳(2016年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均3.6年(2016年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均635万5853円(2016年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

酒寄 香純
事務企画部
ライフネット生命の「お客さま目線第一主義」に共感して入社。入社後は給付金請求手続きがオンラインで完結できる仕組み作りに参画し、気の遠くなる数の検証を実施。使いづらいと感じる部分を徹底的に磨き上げた。

田中 真吾
システム企画部
事業の基盤となるシステムの開発を担当。急遽期間が2カ月短縮されたプロジェクトでも、圧倒的なプロジェクトマネジメント力を発揮して期限内にリリースまでこぎつけた実力派。前職の経験から自らプログラミングもできる。

岡部 祐介
人事総務部
陸上競技で培った桁はずれの体力を活かし、普段はシステム運用部でネットワークの監視業務に従事。外部のウイルスや攻撃からライフネット生命を守る守護神の顔も持つ。

 

5. ライフネット生命保険の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

一人ひとりの個性を尊重することの大切さに、たくさんの人が気づきはじめています。
すべての人が、自分らしく生きられる社会は、すべての人が、自分らしく働くことのできる社会とも言えるはず。ライフネット生命はあなたの個性に正面から向き合う採用を行っています。

応募者一人ひとりが持ち前の個性を活かし、企業は採用や就労環境に関する情報をフラットに開示しながら、お互いが正直に、本音で選び合う。
それがライフネット生命の目指すあるべき採用のかたちです。
その実現を目指して取り組んでいるのが、「インクルージョンリクルートメント」。
3つの取り組みを紹介します。
1.30歳未満のすべての人を採用対象とします
2.すべてのセクシュアリティが、ありのまま働ける土壌をつくります
3.障がいのある方も、能力を最大限発揮できる職場にします

5-2 育成に関する方針・施策

ライフネット生命では、複数のセミナープログラムを開催します。
あなたとお会いできることを楽しみにしています。
1.ライフネットセミナー
人事が採用にこめる想いや求める人物像について、先輩社員がリアルな働く姿について語ります。
重い課題のレクチャーと、社内見学会も同時開催。とことん生のライフネット生命に触れられるセミナーです。
2.孤独な人生とお金のゲーム
「自分と人生」「自分とお金」についてじっくりと考え、向き合うプログラムです。
20代~40代の人生の中で、どのようにお金を使っていくのか真剣に考えていただきます。

・入社後の3ヶ月間は、社会人として保険会社に必要なスキルを身につけるための研修があり、
その後は、コールセンターや保険事務全般の研修を行いお申し込みや問い合わせを肌身で感じることになります。

・メンター制度 あり

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

総合職採用(応募資格 入社時に30歳未満であること)
▪給与
四大卒等 月給250,000 円(みなし時間外手当含む)
※みなし時間外手当は40時間相当62,500円、みなし時間外手当超過分は別途支払う
院卒等 月給300,000 円(みなし時間外手当含む)
※みなし時間外手当は40時間相当75,000円、みなし時間外手当超過分は別途支払う

・昇給 年1回
グレードごとに昇給の基準を設け、社内制度の充実を図っています。
・賞与 なし

6. ライフネット生命保険出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

吉沢 康弘
インクルージョン・ジャパン株式会社 取締役 
1976年生まれ。東京大学工学系研究科機械工学修了。P&G、コンサルティング・ファームを経て、ライフネット生命(当時、ネットライフ企画)の立ち上げに参画し、主にマーケティング、主要株主との新規事業立ち上げに従事。同社上場後、インクルージョン・ジャパン株式会社を設立し、ベンチャー企業への立ち上げ段階からマーケティング・事業開発で支援することに従事。同時に、大企業へのベンチャー企業との協業をメインとしたコンサルティングを行っている。

1999年 東京大学工学部機械工学科 卒業
2001年 東京大学工学系研究科機械工学専攻 修了(専門分野:流体力学・振動)
2001年 プロクター・アンド・ギャンブル・ファーイーストインク 入社
2004年 株式会社ヒューマンバリュー 入社
2008年 ライフネット生命保険株式会社(当時 ネットライフ企画) 入社
2011年 インクルージョン・ジャパン株式会社 設立

7. ライフネット生命保険の福利厚生は?

・休日休暇
完全週休2日制、祝日、年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、
産前産後・育児休業、連続休暇など
・保険
社会保険(健康保険・厚生年金保険)、労働保険(雇用保険・労災保険)完備

・従業員持株会
従業員持株会とは、社員がお金を積み立てて、共同で自分の会社の株式を購入していくしくみです。 社員が頑張ることで会社の業績がよくなり、会社の価値が上がれば株価も上がり、自分の資産形成につながります。参加する社員には、拠出金に応じて会社から奨励金を出しています。

8. ライフネット生命保険の中途採用は?

採用情報 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

http://www.lifenet-seimei.co.jp/profile/recruit/

ライフネット生命保険公式の「採用情報」のページです。死亡保険、医療保険、就業不能保険、がん保障、先進医療保障などの生命保険のオンライン見積り、資料請求など、シンプルなネット手続きでご提供します。是非ご覧ください。

 
 

関連する投稿


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300