株式会社ACCESSに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ACCESSに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1984年に設立された東京都千代田区に本社を置くIT関連企業である。インターネット接続機能を持つ家電や情報端末向けブラウザの開発・販売や、デジタルコンテンツ配信のプラットフォーム提供などを手掛けている。2001年2月に、東証マザーズに株式の上場を果たした。


1. ACCESSってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ユーザ・業界・地域の課題を解き続けるイノベーションソフトウェア会社

1-2 創業者と沿革

創業者 鎌田 富久

1961年、愛知県生まれ。東京大学大学院卒業。理学博士。1984年2 月、前CEO荒川亨氏と共に有限会社アクセス(現株式会社ACCESS)を設立。PC以外の情報端末向けソフトウェア開発を行い、1998年、世界初となる携帯電話のインターネットブラウザ「コンパクトネットフロント」を生み出す。同商品はNTTドコモのi モードの端末として採用され、翌年のサービス開始に大きく貢献した。2001年2月、東証マザーズに株式上場。2009年2月に代表取締役兼Co-CEOに、10月、荒川氏の死去に伴いCEOに就任。2010年1 月期連結決算は売上高324億円、経常利益28億6500万円。

創業者 荒川 亨

84年、東京電機大学を中退。在学中の79年、19歳でマイコンのソフトウエア開発の個人事務所を開設。84年に有限会社アクセスを設立。96年に株式会社とし社長就任。デジタル家電向けインターネットブラウザー(閲覧ソフト)で最大手。2001年2月に東京証券取引所マザーズに上場。

出典:http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090618/197973/?rt=nocnt

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都千代田区神田練塀町3番地 大東ビル
出典:
https://jp.access-company.com/company/office/

グローバルネットワーク | 株式会社ACCESS

https://jp.access-company.com/company/globalnetwork/

クラウドサービスをはじめとした、携帯電話端末・専用機向けのソフトウェア・組込みブラウザーの研究開発など、コミュニケーションの形を進化させ、人と未来の可能性をつなげる企業、株式会社ACCESS。

国内外の主要関連会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念

・Mission
我々は、ソフトウェアを人々の身近な存在にし、世界に新しい日常を提供し続けます。

・Vision
自らの技術力と人間力で『あらゆる機器・サービス・人』をつなげ、
ユーザ・業界・地域の課題を解き続けるイノベーションソフトウェア会社となる。

2. ACCESSって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年1月期 66億2700万円
2016年1月期 68億3700万円
2015年1月期 75億2000万円
2014年1月期 109億2200万円

▲営業利益
2017年1月期 5億9900万円
2016年1月期 △1億1400万円
2015年1月期 △10億7100万円
2014年1月期 8億200万円

▲当期純利益
2017年1月期 3億1400万円
2016年1月期 △13億1800万円
2015年1月期 △25億1800万円
2014年1月期 1億9300万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年1月期)
ソフトウェア事業(国内):36億500万円
ソフトウェア事業(海外):14億2,600万円
ネットワークソフトウェア事業:18億500万円

▲地域別売上高(2016年1月期)
日本:38億3,600万円
北米:8億2,400万円
欧州:10億600万円
アジア:11億6,900万円

2-3 主力製品

■WebKit対応ブラウザ「NetFront® Browser NX」
NetFront® Browser NXは、WebKitをベースとして、組込み機器向けにACCESSが独自に開発したハイパフォーマンス・ブラウザです。
累計15億台以上に製品提供してきたノウハウを活かし、開発されました。従来のウェブサイトの表示だけではなく、HTML5で目指している、Java™、Flash 、Silverlight® のようなリッチアプリケーションを置き換えるウェブアプリケーションのプラットフォームを、組込み機器向けに最適化したWebKitベースのソリューションとして、デジタルテレビ、車載インフォテインメント(IVI)、ゲーム機など、あらゆる機器向けに提供いたします。

■世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティング
NetFront® Agentは、異なる通信プロトコルのネットワークを中継するノードとなる、IoTゲートウェイ機器上で動作し、さまざまなIoT機器を束ね、データの収集や出力を司る、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジンです。

■次世代のデジタルコンテンツ配信ビジネスをサポート
EPUB3対応電子書籍ソリューション「PUBLUS®(パブラス)」は、次世代のデジタルコンテンツビジネスをトータルにサポート。

世界標準仕様のEPUB3に準拠し、活字、コミック、雑誌、教科書、参考書等のあらゆる電子書籍・電子教材コンテンツの配信を可能とする高品質なソリューションです。

3. ACCESSの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 兼子 孝夫
昭和22年7月21日生

昭和46年4月 富士通株式会社入社
平成2年12月 同社システム本部第5システム統括部自治体システム部長
平成9年6月 同社システム本部情報出版システム統括部長
平成13年6月 同社システム本部主席部長
平成14年6月 株式会社富士通テクノシステム代表取締役社長
平成16年6月 株式会社富士通ビー・エス・シー代表取締役社長
平成27年3月 当社顧問
平成27年4月 当社代表取締役社長(現任) 兼CEO

3-2 発言、ブログ、エピソード

前職の頃から何か問題があると私に声がかかります。とくに1990年頃から、トラブルプロジェクトを収束させる役回りが増えました。システム構築はトラブルがつきものです。お客様との認識にずれがあると、必ずトラブルが発生します。

この1年半の最大の眼目は、営業利益を黒字にすること。黒字体質に転換し、次の成長戦略を進める土台を作ることでした。

具体的には、販管費と言われる管理部門や営業部門のコストを落とし、それから仕損、いわゆるトラブルプロジェクトを徹底的に見直しました。

その結果、営業損は16年1月期に1億1400万円に縮小しており、今期(17年1月期)は1億5000万円の黒字を目標にしています。

4. ACCESSではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 573名
単体 218名(平成28年1月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 37.7歳(平成28年1月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 7年10ヵ月(平成28年1月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 688万4,748円(平成28年1月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

磯部 創一郎
IoT事業本部第1開発部1課

私が所属する部署では性能の高くない「組み込み機器」で動くソフトウェアを開発しています。
今は、スマートフォンといった高性能で小型な機器が増えてきていますが、家電やプリンターなどの電子機器が私たちのターゲットです。
高性能な機器上での開発と比べると、メモリやディスクサイズ、CPUの性能など、気にしなければいけないことがたくさんあります。
「本当にこの性能の機器で動くのか?」という不安がある分、実際に動くところを見たときには「動いた!」と感動します。
制限があり開発が難しい分、やりがいのある仕事です!

匿名
コーポレート本部総務部法務知財課

昨今IoTやAI、BD等がキーワードになっていますが、新しい技術・ビジネスであるが故に、収集されたデータの取扱い、ユーザーの位置情報等プライバシー情報の取扱い、AIの法令上の位置づけ等、法令で具体的、明確な規定がない論点もしばしばあります。

省庁が公開しているガイドラインや審議会、技術・業界・社会・世界動向等を踏まえ、どう整理、対応をすれば安全で新しいビジネスができるのかを分析していくことが求められますが、これらを整理したうえで製品・サービスが案件化していくことが、この仕事の難しい所であり、醍醐味でもあると思っています。

高橋 正樹
IoT事業本部第2開発部5課

業務アプリケーションの開発やそれらのアプリケーションが動作する基盤となるプラットフォームの開発をしています。
製品を作るにあたり、お客様が明確に作りたいもを決めていることは稀なことが多いです。
そのようなときに、積極的にコミュニケーションを取ることで、お客様の仕事や課題など本当に必要としているものを見つけ、最も適した形の製品を仕様レベルから提案し、共につくりあげていく仕事です。
しかしながら、ものづくりをする上では、相反する要件やお客様の予算の関係から全ての要望を完璧に満たすことはとても難しいことが多いです。
だけれども、そういった制限がある中から、最適かつお客様に満足していただけるような設計を提案できたときは、とても感動します。

 

5. ACCESSの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

ACCESSでは「IoT(Internet of Things)」、「電子出版」の発展と普及を目指し、人々に新しい体験や価値を提供する。そんなお仕事に共感出来る仲間を求めています。

5-2 育成に関する方針・施策

より良いサービスを目指してCTO(最高技術責任者)自らが主催する定期的な勉強会があります。そこでは多岐に渡る技術領域ごとにスぺシャリストが議論を繰り返し、今後の自社製品開発やサービス向上に努めています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【給与】
経験・能力・前給与などを十分考慮の上、決定します。

6. ACCESS出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

鎌田 富久
TomyK Ltd. 代表

東京大学大学院 理学系研究科 情報科学 博士課程修了。理学博士。
東京大の学生時代に、情報家電・携帯電話向けソフトウエアを手がけるベンチャー企業ACCESSを荒川亨氏とともに設立(1984年)、iモードなどのモバイルインターネットの技術革新を牽引。2001年に東証マザーズに上場、グローバルに積極的に事業を展開した。2011年に退任。2012年4月、これまでの経験を活かし、テクノロジーベンチャーを支援する会社TomyK Ltd.を設立。1961年生。

7. ACCESSの福利厚生は?

【待遇】
健康保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険、労災保険、財形貯蓄制度、団体生命保険加入

【休暇】
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12/30-1/4)、夏季、有給、慶弔、特別休暇・誕生日休暇他

8. ACCESSの中途採用は?

募集職種 | 株式会社ACCESS

https://jp.access-company.com/position/

クラウドサービスをはじめとした、携帯電話端末・専用機向けのソフトウェア・組込みブラウザーの研究開発など、コミュニケーションの形を進化させ、人と未来の可能性をつなげる企業、株式会社ACCESS。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


最新の投稿


東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京製綱は明治20年に山田昌邦や渋沢栄一らによって設立された東洋初のロープ製造会社。現在はワイヤーロープなど鋼索鋼線の製造を主力事業とするメーカーで、特につり橋や超高層エレベーターなどに使用されるワイヤロープに関しては国内1位の規模を有し、同社事業内で4割を超えるシェアとなっている。本社所在地は東京都中央区。


株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。また、AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TPR株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーである。関連会社は国内20社、海外34社の計54社。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界でトップシェアを誇る。ピストンリングは国内で2位となっており、トヨタ向けが約3割となっている。


日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本トムソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置くベアリングメーカー。国内で初めて自社技術によりニードルベアリングを開発した企業としても知られる。主力商品は「Cルーブ・メンテナンスフリー」シリーズ。また、ブランド製品「IKO」は産業界のさまざまな分野で高評価を得ている。


イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

イーグル工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離して生まれた東京都港区に本社を置く部品メーカー。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


wiget_w300 wiget_w300