株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

広告代理店では、法人クライアントとの接点である営業職を「アカウント・エグゼクティブ(AE)」と呼ぶが、その右腕として現場リーダーの役割を担うのが「アカウントプラナー」だ。博報堂でこの職として働いていた30代男性に内情を明かしてもらった。


仕事内容・職場環境

現場リーダーとして、食品メーカー、金融などのナショナルクライアントに対する法人営業を担当しました。現場の提案企画の仕切り、実施取り回し、数字管理などを担当。ATL(Above the line=マス4媒体を使ったメディア施策)やBTL(Below the line=イベント、ダイレクトメール、店頭POPなどを使った販促施策)を通じて、営業メニューはひと通り経験しています。

仕事・職場にマッチする人物像

経営者の目線を持った人が活躍できる仕事です。自分で考え、人の仕事も自分事化して常に接する人。"上司が動かない、関係会社のスタッフが動かない、得意先が動かない"という言い訳をせず、全部自分で判断する気概で実際もやってしまうぐらいがいいでしょう。指示待ちや空気を読もうとしすぎて動かない人はマッチしません。

転職難易度

かなりの難関だと思われます。クリエイティブやマーケティングの専門職で、外部で賞を取っている人ならまだしも、実績がないのにポテンシャルで中途正社員はまずありません。年齢が30歳以上も厳しいです。正社員の募集なのに「契約社員ならOKだけど、どうする?」と打診された人も何人かいるようでした。

 

数年前の状況は契約社員が200名程いて、月に2~3名ずつ入っていました。その当時の契約社員の期間は東京5年、名古屋7年。正社員登用は、局ごとに局長推薦で1名ずつ候補を出し(あわせて30名ぐらい)、カンパニー単位で1名(あわせて8名ぐらい)に絞り、その後で書類審査が入り、最終的に5名ぐらいが面接に残り、毎年1~2名程度が正社員になっていました。契約社員から正社員になれるのは、最終的に1%程度。この割合は会社の業績によっても左右され、景気が悪いときには正社員登用数0名ということもありました。

職種別の転職ポイント

クリエイティブ職は受賞歴が重要です。そのうえでWEBやIT関連に強いと採用されやすいでしょう。マーケティング職は突き抜けた専門領域を持っていないと厳しいです。それに比べると営業職は入りやすく、商社やリクルートの出身者が多かったです。商社出身者は仕事の構造や扱う金額規模などが博報堂に近いので馴染みやすいでしょう。PwCやデロイトなどの外資系コンサル会社も競合として意識しており、経歴として不利にならないと思います。

 

自分が知っている年収の上がり方

窓際族の45歳ディレクターで、年収1400万円でした。意外と年功序列で、会社にいるだけで給与が上がります。ただ、単体赤字を出した2010年前後に、管理職の年収を一律200万円下げたことがありました。
また、2010年ぐらいからの新人事制度で、プレディレクター(係長級)に昇格した社員(通常32~33歳前後)は、2年以内にディレクター(課長級)になれないと一生ディレクターになれない人事制度になっています。ディレクターにはなれませんが、それでも年齢がいけば少しずつ年収が上がり1100~1200万円前後はもらえるので、一般企業と比べると恵まれていると思われます。

博報堂のよいところと、入社を勧めたい人

仕事は激務でしたが、会社は非常に安定しています。社会的な信用も高いです。規模の大きな仕事がほとんどなので、一つひとつの経験が他社では積めないものばかりです。いま会社は、ベンチャー気質がある人を求めていますので、そういう人にとっては安定が担保されている中でチャレンジできるので、とても良いと思います。逆に安定志向で会社に頼ろうとしている人は向いていませんし、周りもそういう人を見抜くでしょう。

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


博報堂 広告

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。




最新の投稿


【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【IT業界就職人気首位】株式会社NTTデータに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手。全国地方銀行協会システム(ACS)や全銀システム、アメダス、郵便貯金システム、社会保険システム、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS)、都銀キャッシュサービス(BANCS)など日本の基盤となるシステムを構築している。


中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中国塗料株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船底塗料の製造が主となる中国化学工業合資会社が前身で、現在は船底塗料の他にもプレジャーボート用塗料、コンテナ用塗料、プラスチック用機能性塗料など多岐にわたる塗料を製造している。錆防止や海洋生物の付着防止の性能に拘って製造された塗料は信頼も高く国内シェアNo1を誇っている。大正6年から研究され受け継がれた技術力も有数。


太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽インキ製造株式会社を前身としたソルダーレジストを主として取り扱う製造会社。ソルダーレジストについては海外へのシェア率が高く、海外売上比率が80%を超えている。多くの電子基板への使用率が高いのが当社の強みとなっている。他にも異方導電性接着剤、感光性カバーレイフィルムの製造等、幅広く事業展開している。


東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋インキSCホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

持ち株会社としてグループ企業の統括および戦略立案を行う、ホールディング会社。グループの主な事業は、「東洋インキ株式会社」が中心となって展開する、印刷・情報関連の事業、パッケージ製品の開発・生産をはじめ、「トーヨーカラー株式会社」が中心となって展開する印刷インキや塗料の製造などがある。


株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マンダムに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1927年で、80年以上の歴史がある男性化粧品の草分けメーカー。男性用整髪料をメインの商品として展開し、シェアは国内トップクラスを保持している。中でも「GATSBY」シリーズはブランド名として馴染みが深い。男性化粧品だけでなく、女性化粧品ブランドの「ルシードエル」「バリアリペア」なども展開している。


wiget_w300 wiget_w300